【グミで】 かむ力アップ 【噛み応え早見表】


お菓子のグミに、新しい可能性が出てきました。

食べることで、ある部分へのダメージを減らせるかもしれないのです。

直接的ではない何かに、間接的につながっていくのだ。



 番組名 : ガッテン!
 テーマ : 気にしてますか? “かむ力”
 放送日 : 2021年10月13日(水曜)




ためしてガッテン グミと噛む力 噛み応え早見表




かむかむ力


エノキ
さあ、今回のテーマは何でしょうか?

ササミ
「噛む力」について。





ササミ
エノキさんは普段、どんなものを食べてますか?

エノキさん
普段、食ってるもの?

道草とか?

ササミちゃん
いや、そういうんじゃなくて…。




では、みなさんに質問です。

硬いものは、好きですか?

あるいは、硬いものを噛めますか?

普段、硬いものを食べてますか?


というのも、今回のテーマは、「噛む力」なのだ。



昭和の時代、こんな事が語られることがありました。

昔の人は、せんべいとか、スルメイカとか、硬いものを好んだもんだ。

それが今の子たちは、ケーキとか、チョコレートとか、やわらかいもんばっかり食べてる。

これじゃあ、アゴの力がなくなっちまうぜ。

専門家の中には、将来(あるいは未来)、アゴが小さく尖っていくんじゃないかと予想する人までいた。





噛む力が弱いというと、けっこうなお年寄りを想像しますよね。

でも、実際に調べてみると、そうではなかった。

70代の人が弱いのは、イメージ通り。

でも、40代、50代と同じくらい、20代も弱かったのだ。

若いから噛む力が強いというわけでは、なかったんです。

(もちろん、個人差がありますが)



そもそも、噛む力は、測定する機会がありません。

握力や背筋力なら、体力測定などで調べますが、噛む力なんて項目は どこにもありませんからね。

健康診断の項目にもない。



問題は、これ。

「噛む力が弱いと、何に困るの?」

「何が悪いの?」



実は、硬いものが食べられないとか、そんな単純な話じゃなさそうなのだ。




いろんな噛む子たち






注目したのは、ここです。



<噛む力が弱い人の、食事の特徴>

 ・ やわらかい料理を好む。

 ・ そんな料理は、脂質の量が多い傾向がある。

  (総エネルギーに比べ、脂質の割合が高い)
  (20~30%の間におさまるのが理想)

 ・脂質の量が多いと、血管にダメージを受ける。

これが、万病のもとに。


いきなり「血管のダメージ」という言葉が出て、ビックリしたかもしれません。

でも、けっこう シンプルな話なんです。


噛む力が弱い人は、知らず知らず、やわらかい食材を求めるようになる。

硬い食材は、苦痛だから。

その やわらかい食材には、脂質が多く含まれる傾向にある。

だから、脂質を摂り過ぎることになり、その過剰な脂質が、血管を傷つけるのです。


若い頃なら、大丈夫かもしれません。(表に現れないという意味で)

しかし、ダメージは蓄積するので、若くなくなった頃、突然に、症状が現れることもあるのだ。


若い頃、おいしいと感じるものには、糖質と脂質が多い。

けれど、脂質が多い食事は、血管をいじめているのと同じなんです。


身体の内部は声を上げないけれど、見えないところで、泣いているかもしれないのだ。



  食べにくい、噛みにくい → うれしくない、心地よくない。

 だから、やわらかいもの中心に → それは脂質が多い。

 それが続くと、血管にダメージが。


無意識に、こうなりがちなのです。




グミに期待されること


ササミ先生
噛む力が弱いと、上で述べたようなことが起こります。

それが将来のリスクにつながる可能性が。




<噛む力が弱くなる原因>

・ 歯周病などのダメージ。
・ 噛み合わせの悪さ。
・ 入れ歯が合ってない。



若い人も、安心できません。

・ やわらかいものだけを食べる習慣。
・ 硬いものを噛む機会の少なさ。





 お年寄り : 噛む力が弱いから → やわらかいものを好む。

 若い人 : やわらかいものばかり食べているから → 噛む力が弱くなる。


出発点は逆ですが、行きつく先は同じ。

将来の血管ダメージなのだ。




と、ここで、グミが登場。

グミに、希望の光が隠されていたんです。

硬いグミを食べていると、噛む力を取り戻せる。



グミの発祥は、日本でもアメリカでもなく、ドイツ。

「 Gummibonbon 」というらしい。

「 Gummi 」という言葉も、ドイツ語で「ゴム」の意。

最近、CMでも見かける「ハリボー」という会社が有名だ。


ドイツで グミが作られたのは、子どもたちの噛む力を強くするため、だったんです。

昔は、自然と噛む力が鍛えられていました。

しかし、子らが やわらかいものを好むようになり、歯の病気が増えた。

そこで、噛む力が必要な菓子が、開発されたんですね。



市販のグミ



 グミはもともと、噛む力を強くするためのものだった!



グミ



注意!

お菓子のグミには、糖質が多いものもあります。

糖質に制限がある人などは、注意してください。




早見表


ササミ先生
必ずしも、グミにこだわる必要はありません。

要は、噛み応えのあるものを意識して食べて、鍛えればいいのだ。





<噛み応え早見表>


噛み応えがあるものを食べると、噛む力がアップする。

では、何を食べればいい?


噛み応えのある食材は、単に硬いだけではありません。

「硬さ」の他に、「弾力性」や「凝集性」(ばらけにくさ)も関係する。

なので、油揚げや ゆでだこなども、噛み応えがあるのだ。

ニンジンなどの野菜も、繊維が多いので、ポイントが高い。



噛み応え早見表


全部が全部、噛み応えのあるものにする必要はありません。

なんなら、1つ加えるだけでいい。

表の ポイント7 以上のものを、1つか 2つ、食事に組み込んでみましょう。

ただし、続けることが大事です。





<歯との兼ね合い>


以前、歯科検診の時、歯科衛生士さんに、こんな話を聞きました。

最近、家飲みが多くなって、ナッツ類をたくさん食べる人が多い。

その影響か、奥歯を痛める人がいると。


そういえば、正月とかに スルメをよく食べていて 歯が痛くなった、という人の話を小耳にはさむこともあります。

人によっては、あまり硬すぎると、歯を痛めるのかもしれない。

そんな時は、歯医者さんに相談しましょうね。


あと、噛み応えのある食材は、硬いものばかりじゃないので、自分に合ったものを選んだら、どうでしょう。

ニンジン、キャベツなどの野菜。

鶏もも肉、イカの刺身。

油揚げやラッキョウ。

そんなに硬くないものも、ありますから。













歯といえば、お笑い芸人の「錦鯉」さんのギャグに、こんなのがある。

「キャ~ラメルは! 銀歯泥棒!」


確かに。

そして、ミルキーも。





硬いものといえば、関西では、宝塚の「かたせんべい」「かたやき」があります。

清荒神さんのあたりに、店がある。


かたせんべい 堅焼き


昔はよく食べてたけど、今はもう、食べる自信がないな。

木槌が付属するくらいだし。




[関係する記事]

 → 【たんぱく質】 1日の必要量と目安

 → 【スウェーデン流】 新歯磨きのコツ




関連記事


tag : ためしてガッテン 生活習慣病


<スポンサードリンク>


web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ







プロフィール

荒巻ケンコー

 

管理人 : 荒巻ケンコー
健康番組を見て、これだと思った情報を、詳しくメモ。

おいしい食材や料理にも、興味あり。  

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【カミソリの使い方】 意外なコツ 【肌を傷つけない方法】 Dec 02, 2021
【内臓脂肪】 高野豆腐とゆるジャンプ 【撃退ポイント】 Nov 28, 2021
【もやし】 シャキシャキにならない理由 【酢漬け】 Nov 25, 2021
【夜中のトイレ】 回数を減らす方法 【尿のお悩み】 Nov 21, 2021
【朝食】 たんぱく質 20gの法則 【筋肉を増やす方法】 Nov 18, 2021
タグ リスト
  

 

  
食べ物   
      
認知症   
  
胃腸   
 
肩こり   
  
睡眠   
 
高血圧   
  
   
   
糖尿病   
  
眼科   
 
掃除   
 
便秘   
 
長寿   
 
冷え性   
  
脳卒中   
  
肝臓   
  
心臓   
  
栄養素   
 
頭痛   
 
癒し   
  
腎臓病   
 
皮膚科   
 
熱中症   
 
花粉症   
 
がん   
 
目次   
  
バトン   
 
かゆみ   
 
下痢   
  
美容   
  
Diet7   
 
痛風   
     
洗濯   
  
更年期   
 
   
 
   
  
お茶   
 
   
 
弁当   
   
運動   
  

カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム Google

↑ 記事が見つからない時、こちらをどうぞ。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
FC2拍手ランキング
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター


QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村