「すい臓が溶ける? 急性すい炎とアルコール/ためしてガッテン」

今日のガッテンは、怖そうなタイトル。

え? 内臓が突然 溶けるの?

ちょっと、待ってよ~~

それも、かなり苦しいらしい。


何?

最近、芸能人で、その病気になった人が?

しかも、一人じゃない?


5月25日放送の「ためしてガッテン」より、「内臓が突然、溶ける!」からのメモ書きです。





内臓が突然、溶ける? 急性すい炎とアルコール





ある日、臓器が溶けた?


・ある日、気分が悪くなった男性。
・強烈な吐き気と腹痛に襲われ、体を小さく丸めていないと耐えられない状態に。
・すぐに病院に搬送され、そのまま入院しました。

・しかし、それでは おさまりませんでした。
・病院でも、激痛に襲われる。
・実はこの時、この男性の臓器は溶けはじめていたのです。

・すぐに集中治療室に運ばれた、男性。
・さまざまな臓器に、異常が発生していました。
・人工透析が必要になり、人工呼吸器も付けた。
・一時、危篤状態にも陥ったという。

・そして20日後、奇跡的に一命を取り留めました。
・改めてCTで内臓を調べてみたところ、驚くべきことが分かった。
・ある臓器が溶けて、通常の半分ほどになっていたのです。


・その臓器は、料理界では非常に珍重されているらしい。
・一頭からとれる量が少ないため、貴重です。
・フランス料理界では、“パンクレアス”と呼ばれる。

・また、焼き肉屋さんでは、“シビレ”と呼ばれます。
・シビレという名の語源は、英語の“スイート ブレッド”(sweet bread)。
・breadはパンと同じ綴りですが、古語で、お肉をローストするという意味が。

・スイートブレッド、スーブレッド、スープレッ、スプレ、シビレ…
・バンザーイ! バンザーイ!

・パンのようでパンではない! ベンベン!
・血行障害のようで血行障害でない! ベンベン!
・それはなにかとたずねたら、
・スイートブレッド、スーブレッド、スープレッ、スプレ、シビレ…
・バンザーイ! バンザーイ!

(失礼しました m(_ _)m )


・シビレとは、牛のすい臓。

・というわけで、溶けたのは、人間のすい臓。
・画像で確認された男性のすい臓は、溶けて、ひとまわり小さくなっていた。




すい臓の働き


・すい臓の働きは、膵液(すいえき)を出すこと。
・膵液とは、すい臓で作られ十二指腸に運ばれる、消化液です。
・酸性のまま食物を腸に送るわけにはいかないので、胃から送られたものを中和する働きを持つ。
・故に、膵液は、アルカリ性。
・また、胃で消化されたものを、さらに細かくする働きも。
・炭水化物分解酵素として、アミプロシン、マルターゼなどを。
・タンパク質分解酵素として、トリプシン、ペプチダーゼなどを。
・脂肪分解酵素として、ステアプシンなどを、それぞれ持つ。

・まず、胃によって、食べた物を、おかゆ状にまで分解。
・その後、アミノ酸レベルまで分解するのは、膵液の仕事だったんですね。
・消化の8割は、すい臓のおかげらしい。




なぜ、すい臓が溶けるの?


・すい臓は膵液(すいえき)の中に、たくさんの消化酵素を入れて、すい管から、十二指腸の方に送り出します。
・胃から消化された食べ物が十二指腸まで来ると、すい臓は管から膵液を出す。
・この時、酵素が変化します。
・十二指腸に入った時、酵素の安全装置が外れて、食べ物を分解できる状態になる。

・すい臓の消化酵素は、脂質、タンパク質、炭水化物、それぞれを分解するために、数十種類あります。
・そして、この中のたった一つの酵素に異変が起きると、たいへんなことになる。
・その酵素とは、“トリプシン”。
・通常、トリプシンも、すい臓の中では安全装置が働いています。
・しかし、あることが起きると、安全装置が外れて、さらに、他の酵素の安全装置を外してしまいます。

・酵素は、脂質やタンパク質、炭水化物を分解するためにある。
・したがって、安全装置が外れてしまった酵素は、すい臓自体を分解してしまいます。
・これが、溶かすということ。
・だんだんと、酵素がすい臓を溶かしてしまいます。

・この状態が、“急性すい炎”なのだそう。
・最近よく聞く、病気です。




急性すい炎の原因


・急性すい炎の原因は、以下の通り。

 3位:特発性(原因不明)
 2位:胆石

   (胆石が すい管を塞いでしまって、すい臓内部の圧力が高まり、それをきっかけとして、酵素の安全装置が外れてしまう)

 1位:アルコール


・急性すい炎の原因、第1位は、アルコールなのか。
・では、どれくらい飲むと、急性すい炎になりやすくなるのでしょう?

・アルコールを毎日 60g 以上飲み続けると、急性すい炎の高危険に。
・これは、ビールだと1.2リットル(ビール大ビン約2本)、
日本酒だと2合強(1合徳利2本)、
ワインだと、グラスに3杯
(合計ではなくて、それぞれで)

・また、一度に100g 以上飲むと、これも急性すい炎の高危険に。
・これは、ビールで2リットル
日本酒で、4合弱
ワインで、グラスに5杯

・アルコール100gを一度に飲むと、24時間以内の急性すい炎発症のリスクは、飲んでいない人に比べて、4.4倍に。

・ただし、みんながみんな、こうなるわけではない。
・なぜなら、体質がそれぞれ違うから。
・すい臓がアルコールに弱い体質の人は、飲むほど危険。
・ただし、そのタイプを見つける検査は、今のところない。
・また、今大丈夫でも、慢性的に飲み続けると、いろんな危険が。
・内臓がまいってきます。


・すい臓は、壊死してしまうと、元に戻らない。
・ただし、完全に壊死になる急性すい炎は1割程度で、残りは腫れる(はれる)だけ。
・そして、軽傷の急性すい炎は、腫れても元に戻る。




もっと怖い すい炎


・急性すい炎は悶絶するほどの激痛を伴うようなのですが、そうでないすい炎もあるらしい。
・だけど、悶絶しない代わりに、分かりにくい。
・そしてその患者数は、急性すい炎の8倍にものぼるという。

・お腹が痛くなって病院を訪れた、女性。
・検査しましたが、特に異常なし。
・経過を観察することに。
・しかし、1ヶ月経っても痛みは引かず、背中や腰の痛みが出てきました。
・再度病院を訪れた女性は、そのつらさを切実に訴える。
・そして、徹底的な精密検査をすることに。
・そこで判明したのは、すい臓から出る酵素である“尿アミラーゼ”が異常値であること。
・すい臓の専門医に診てもらったところ、“慢性すい炎”だったことが分かります。

・この時、女性のCT画像を見てみても、すい臓は小さくも溶けてもいませんでした。
・でも、怖いことが起きている。
・本来やわらかいすい臓が、ごつごつと硬くなってしまう。

・すい臓の細胞は、傷ついて死んでしまうと、そこをコラーゲンが穴埋めする。
・だから、その状態が続くと、すい臓はコラーゲンだらけになって、がちがちに。
・これを“線維化”という。
・こうなると消化ができなくなって、栄養失調になったりする。
・また、インシュリンを十分に出すことができなくなって、糖尿病を併発することも。




慢性すい炎の原因


・慢性すい炎の原因は、以下の通り。

 2位:特発性(原因不明)
 1位:アルコール



・慢性すい炎は、今までは、進行した状態でないと、見つけることができませんでした。
・それが最近、早期発見が可能になってきたらしい。

・その方法とは、“超音波内視鏡”。
・それを胃の壁に押し当てて、調べる。

・エコーなどの超音波検査だと、すい臓は調べにくかった。
・すい臓の前には、胃や腸があるから。
・しかし、超音波内視鏡だと、至近距離なので、詳しく調べられる。


・慢性すい炎だと診断されると、基本的には戻らないそう。
・しかし、早期発見できれば、それ以上の進行を食い止めることができる。
・また場合によっては、早期治療でまれに治ることも。




自宅でできる慢性すい炎のチェック


・すい炎の特徴的な症状は、以下の二つ。

 ・みぞおち付近の腹痛
 ・背中が痛い


特徴としては、

 ・みぞおちとへその間が繰り返して痛む
 (すい臓は背骨にのっているので、背中を張ると、余計に痛む。したがって)
 ・腰を浮かせると、痛みが強くなる
 ・また、体を横にして背中を丸めると、痛みが和らぐ
 ・そして、腹痛だけでなく、背中も痛む





すい炎にならないために


・飲酒量を抑える。
・そのために、ゆっくり飲む。
・味わいながら。
・休肝日のように、休すい日を作る。


・アルコールによるすい炎だと診断された人、アルコールで急性すい炎を繰り返す人は、お酒との関係は片想い。
・いくらこちらが好きでも、相性が悪い。
・それよりは、他の楽しみを見つけた方がいい。


・また、ストレスを発散するような飲み方はしない。














芸能人でもなったと最近よく耳にする、急性すい炎。

確かに、復帰後禁酒していると、聞きます。

アルコール自体は悪くないけど、度を超えて飲むのは、やっぱりまずいみたい。

すい臓が悲鳴を上げているかも。

結局は、生活習慣か。

頭では分からないうちに、体のどこかが傷んでいるのかもしれない。

頭と体の対話って、大切なんですね。

あと、ストレスを解消するのも、本当に大事みたい。

“ストレス → 酒”で病気になったら、よけいにつらいもの。

そうならないために、生活習慣や生活態度、生き方なんかも、見直す必要があるのかもね。




関連記事


tag : ためしてガッテン


<スポンサードリンク>


web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

アラフィフ日記ランキング





プロフィール (Who is)

荒巻ケンコー

 

管理人 : 荒巻ケンコー

50歳代に突入し、健康の話題を口にすることが多くなりました。老眼が始まったり、白髪もチラホラ。筋肉痛は、2~3日遅れる。

老化は止められないけど、緩やかにしたい。できるだけ健康でいたい。できれば、生活を楽しみたい。そういう気持ちで、情報を集め、分かりやすく記録に残しています。

おいしい食材や簡単料理にも、興味あり。


過去の病気 : 腰痛(椎間板ヘルニア 手術暦あり)
現在の病気 : 花粉症。  

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【駄菓子屋(2)】 昭和ジュース 中編 【古いのも欲しくなる】 Feb 21, 2024
【駄菓子屋(1)】 ジュース 飲み物 前編 【花粉症はつらいよ】 Feb 17, 2024
【リンパ(2)】 流す方法 問題 【顔 目の周り 足】 Feb 10, 2024
【リンパ(1)】 どこにある問題 【むくみとの関係は?】 Feb 07, 2024
【選ぶという幸せ】 へそを曲げる? 【頑固者 対応】 Feb 03, 2024
タグ リスト
  

 

  
食べ物   
      
認知症   
   
肩こり   
  
胃腸   
  
睡眠   
 
   
  
高血圧   
  
眼科   
   
掃除   
 
糖尿病   
 
美容   
 
便秘   
 
冷え性   
 
長寿   
 
脳卒中   
 
ヨガ   
 
皮膚科   
 
肝臓   
   
癒し   
 
心臓   
 
栄養素   
  
頭痛   
  
花粉症   
  
熱中症   
 
腎臓病   
 
目次   
 
がん   
   
   
 
かゆみ   
 
バトン   
 
下痢   
   
Diet7   
  
痛風   
  
老い   
  
洗濯   
  
思い出   
 
更年期   
 
お茶   
 
   
 
   
  
   
 
映画   
 
弁当   
   
運動   
  

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
カテゴリ
アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム Google

↑ 記事が見つからない時、こちらをどうぞ。
Google
注目記事 [1]
注目記事 [2]
忍者



注目記事 [3]
食べ物の記事
注目記事 [4]
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
FC2拍手ランキング
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター


QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村