「体温アップ 熱ショックたんぱく質/ためしてガッテン」

最近注目されている、体温アップ。

体を温めて健康になるという本が、たくさん出ています。

そうすれば病気が治るとか、免疫力がアップするとかいいますが、本当のところはどうなんだろう?

そもそも、そのメカニズムは?

何がいいのか? どうしたらいいのか?


それをガッテンが教えてくれました。


5月11日放送の「ためしてガッテン」より、「大検証! 体温アップで超健康の真実」からのメモ書きです。





体温アップ 熱ショックたんぱく質





体温を上げると、どうなるの?


・体温を1~2℃上げると、ある物質が増えるといいます。
・その物質は、小瓶に入ったもので、約12万円。
・高~~い!

・トマトを一度38℃まで温めると、4週間たってもツヤツヤでした。
・ただし、これは実験段階で、家庭ではまだお勧めできない。
・同じく、レタスを一度50℃のお湯に入れたら、2日ほど日持ちした。
・これも、体温と関係するある物質が増えたからだといいます。
・この物質は、いわば「細胞を強化する物質」。

・その物質とは、“熱ショックたんぱく質”
“Heat Shock Protein(ヒート ショック プロテイン)、HSP”

・この物質は、ほぼすべての細胞に存在します。
・体温の上昇で増えるそう。




熱ショックたんぱく質の効果


・熱ショックたんぱく質は、免疫機能の制御に、重要な役割を果たしていることが分かってきた。
・白血球の一種である、T細胞。
・異物をやっつける免疫システムの主役です。
・この中にも、熱ショックたんぱく質がいる。

・T細胞を、がん細胞の中に投入すると、T細胞は がん細胞を攻撃。
・12時間で、およそ12%をやっつけました。

・次に、39℃に温めて、同じことをします。
・すると、熱ショックたんぱく質が、2倍以上に増えた。
・結果、12時間で、およそ44%のがん細胞をやっつけました。

・ただし、これは現在のところ、試験管レベルの実験。
・実際の治療効果ではないそうです。


・では、熱ショックたんぱく質は、どうやって細胞を強化しているのだろう?

・細胞は水分を除くと、ほとんどが たんぱく質からできている。
・ところが、このたんぱく質は傷つきやすい。
・そんな時、熱ショックたんぱく質は、傷を修復してくれる。

・細胞を傷つけるものとしては、以下のようなものが。

・圧力、精神的ストレス、活性酸素。
・放射線、紫外線、低酸素。
・ph、熱。

・日々傷ついては、修復されています。




体温を上げる方法


・では、体温を1~2℃上げるには、どうしたらいい?

・愛知医科大学では、熱ショックたんぱく質でガンの化学療法の副作用を抑える実験をしている。
“マイルド加温療法”というらしい。
・小型のサウナのような装置で、上からは遠赤外線で温め、下にも40℃のシートを敷きます。
・ただし、この機械を使うには医師の立ち合いが必要で、血圧や心拍数もチェックする。

・実験したところ、開始5分で、0.2℃上昇。
・40℃の中に入ったわりには、上昇がゆっくり。
・10分後では、額が汗ばんできました。
・でも、これで 0.3℃のアップ。
・18分を過ぎたころには、額は汗でビッショリに。
・体温が急激に上がりはじめました。
・ここで加熱はストップ。
・機械を外して、タオルなどで熱を逃がさないようにします。
・ここからさらに20分、余熱で温める。
・実験開始から40分で、やっと体温は38℃まで上昇しました。

・体温上げるのって、たいへんです。

・体温の上昇をグラフで見ると、15分頃から、急に上がっている。
・これは人間が恒温動物であるためで、一定の体温を維持しようとするから。
・体温が上がるシグナルが、汗。
・汗が玉のように見えだすのが、その印。
・本来、汗は気化することで体温を下げるのですが、それが間に合わなくなって、玉のような状態に。
・さらに、水滴状態では気化による効率が、大幅にダウンする。

・人間の体温調整の限界を超えてから、体温は上がりはじめるよう。


・効果が期待される熱ショックたんぱく質。
・理論的には事実ですが、人間に効果があるかは慎重に検証する必要があるといいます。

・また、注意が必要で、体温をむやみに上げると、健康を害することも。
・のぼせでふらついたり、
・血栓ができやすくなったり、
・熱中症になるおそれもある。

・高齢者はお風呂場での事故が多いので、注意。
・子供や高齢者は体温調節がうまくいかなることがあるので、これも注意。
・何事も、やりすぎに注意です。
・血小板は通常丸いのですが、血液の温度が2℃以上あがると、偽足が出てくる。
・こうなると引っかかりやすくなって、詰まりやすくなるそう。




若返り効果?


・鹿児島大学病院では、“和温療法”が行われている。
・60℃に設定されたサウナのような部屋に入り、15分。
・これで体温は、およそ1℃上昇する。
・サウナを出たら、30分間保温。

・和温療法で若返るのが、血管。
・足先の血流も、大幅に改善されるといいます。

・慢性の心不全の場合、血液が滞って、いろんな症状が出る。
・なので血流が改善されると、症状が改善されるそう。

・血管が若返るとは、血管がやわらかくなること。
・血管が硬くなると高血圧になり、心筋梗塞や脳梗塞の危険も。

・血管が硬い状態で体を温めて深部体温が上がると、熱を逃がそうとして、血流がよくなる。
・この時、一酸化窒素が血管の内壁から出てくる。
・一酸化窒素は血管を広げようとする働きがあるので、それを繰り返すうちに内部の筋肉がほぐれて、血管はやわらかくなる。




お風呂で体温を上げるには?


・40℃のお湯に入浴した場合、
・さら湯の時は、平均13分で体温が1℃上昇。
・炭酸の入浴剤を入れると、平均9分半で1℃上昇。
・炭酸が肌から吸収されると、血管が広がって、温まりやすくなるのだそう。

・ただし、湯あたりする恐れがあるので、無理に長時間入るのは避けた方がよさそう。
・心疾患のある方は、お医者さんに相談を。




運動で、体温を上げる


・運動でも、体温は上がる。
・鼻歌ウォーキングを1日30分、週3日を3週間続けると、血管弾力が15%アップする。
・運動でも血流がよくなるので、一酸化窒素による血管若返り効果が。


・熱ショックたんぱく質は、熱以外にも、いろんなストレスで増加する。
・ジョギングのように一定以上の負荷がかかる運動なら、熱ショックたんぱく質は増える。

・熱ショックたんぱく質は、ストレスで起こる障害を防御してくれるタンパク質。
・なので、大学生に協力してもらい大事な試験の前に測定したところ、テストが近づくにつれ、熱ショックたんぱく質が増えた。
・そしてテストが終わると、下がった。


・温め効果は、運動でも得られる。

・血管の健康には、鼻歌ウォーキングでもOK。
・ただし、継続が大事。

・熱ショックたんぱく質を増やすには、ジョギングなど、一定以上の負荷のある運動を。





加温生活 「ヒートショックプロテイン」があなたを健康にする



からだを温めるとなぜ病気が治るか―HSPが元気をつくる







体を温める健康法というのは題名では知っていたけど、中身は知りませんでした。

なるほど、熱ショックたんぱく質というのがあるのか。

でも、個人で体温を上げるのは難しそうですね。年齢によっては危険な場合もあるので、注意が必要。

運動ができれば、運動の方がよいかも。

そういえば、ヨーガって、すごく汗を掻きます。

体の中がカッとなって、熱くなる。

汗がすごく出て、気持ちいいんですよ。

肌つやもよくなるし、髪にハリが出てくる。

腰がもう少しよくなったら、ヨーガ再開しようかな。





TIPNESS presents Work Out series POWER YOGA [DVD]




関連記事


tag : ためしてガッテン


<スポンサードリンク>


web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

アラフィフ日記ランキング





プロフィール (Who is)

荒巻ケンコー

 

管理人 : 荒巻ケンコー

50歳代に突入し、健康の話題を口にすることが多くなりました。老眼が始まったり、白髪もチラホラ。筋肉痛は、2~3日遅れる。

老化は止められないけど、緩やかにしたい。できるだけ健康でいたい。できれば、生活を楽しみたい。そういう気持ちで、情報を集め、分かりやすく記録に残しています。

おいしい食材や簡単料理にも、興味あり。


過去の病気 : 腰痛(椎間板ヘルニア 手術暦あり)
現在の病気 : 花粉症。  

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【駄菓子屋(2)】 昭和ジュース 中編 【古いのも欲しくなる】 Feb 21, 2024
【駄菓子屋(1)】 ジュース 飲み物 前編 【花粉症はつらいよ】 Feb 17, 2024
【リンパ(2)】 流す方法 問題 【顔 目の周り 足】 Feb 10, 2024
【リンパ(1)】 どこにある問題 【むくみとの関係は?】 Feb 07, 2024
【選ぶという幸せ】 へそを曲げる? 【頑固者 対応】 Feb 03, 2024
タグ リスト
  

 

  
食べ物   
      
認知症   
   
肩こり   
  
胃腸   
  
睡眠   
 
   
  
高血圧   
  
眼科   
   
掃除   
 
糖尿病   
 
美容   
 
便秘   
 
冷え性   
 
長寿   
 
脳卒中   
 
ヨガ   
 
皮膚科   
 
肝臓   
   
癒し   
 
心臓   
 
栄養素   
  
頭痛   
  
花粉症   
  
熱中症   
 
腎臓病   
 
目次   
 
がん   
   
   
 
かゆみ   
 
バトン   
 
下痢   
   
Diet7   
  
痛風   
  
老い   
  
洗濯   
  
思い出   
 
更年期   
 
お茶   
 
   
 
   
  
   
 
映画   
 
弁当   
   
運動   
  

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
カテゴリ
アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム Google

↑ 記事が見つからない時、こちらをどうぞ。
Google
注目記事 [1]
注目記事 [2]
忍者



注目記事 [3]
食べ物の記事
注目記事 [4]
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
FC2拍手ランキング
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター


QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村