【シワ たるみ 改善体操】 あなたは何タイプ?


肌を脅かす、冬の2つの敵。

それは、「乾燥」と「肌冷え」。

さらには、「姿勢」や「筋膜」も影響する。

簡単チェックでタイプ分けし、体操で改善しましょう。



2019年2月17日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~ 10歳若返る! ~ シワ・たるみ 撃退術」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 しわ たるみ 対策と体操




冬の2つの敵


エノキ
さあ、今回のテーマは何でしょうか?

ササミ
美容から、「しわ たるみ 二重あご」について。




気になる「ほうれい線」や「マリオネット・ライン」。

「目尻のシワ」や「頬のたるみ」。

これ、どうにかならないだろうか?


というわけで、「老け顔改善」について学んでいきます。



一人目の専門家(シワ消し職人)は、この方。

東京銀座スキンケアクリニックの 三浦麻由佳 院長です。


冬の肌には、「2つの敵」がいるという。


 第一の敵 : 「乾燥」


空気が乾燥するこの時期は、角質層の水分保持機能が低下し、硬くなって、キメが乱れることで、小じわが できやすくなるのだ。


三浦先生によれば、季節によって、スキンケアの方法は、変えた方がいいのだそう。


 夏は、「化粧水」「乳液」 など、さっぱりしたもの。

 冬はそれに加え、「クリーム」「ワセリン」といった、保湿力が高いものを使用するとよい。

 また、ファンデーションは、保湿力が高いリキッドに、さらに乳液を混ぜると、効果がアップする。

 冬は、日中も化粧の上から 崩れない程度に、「化粧水」 をスプレーし、保湿を維持しましょう。




<男性の注意点>

男性は、脂性(あぶらしょう)だと思う人が多い。

しかし、髭剃りの際、皮脂まで取れてしまい、より乾燥しやすくなる傾向があるので、要注意。

(T字カミソリを使う人、皮脂が一緒に取れてませんか?)


皮脂は、水分の蒸発を防ぐために大切なものです。

髭剃り後は、クリームを塗るなどしましょう。




まだ、大敵がいますよ。


 第二の敵 : 「肌冷え」


皮膚には、「TRPV4(トリップ ブイ フォー)」という、たんぱく質があるんです。

この TRPV4 には、温度センサーの役割があると言われてきました。

さらに 新たな研究で、33℃ で活性化し、皮膚のバリア機能を高める効果があると、分かってきたのだ。


 肌の温度が 33℃ → 皮膚のバリア機能が回復。

 肌の温度が 28℃ → 回復力が低下する。



では、具体的に、どういう対策をすればいいのでしょうか?



<肌冷え対策>

外出時は、マスクで 保湿・保温すること。

室内では、蒸しタオルなどで、温めるとよい。

女性の場合、化粧の前と化粧落としの後、蒸しタオルで温めると効果的。

男性なら、髭剃りの前後がいい。


(床屋さんで、やってくれますよね)




タイプ別の体操


ササミ
続いては、運動生理学からのアプローチを。


二人目の専門家は、この方。

首都大学東京 健康福祉学部 理学療法学科の 竹井仁 教授です。

(テレビでおなじみの先生だ)


先生は、顔だけでなく、全身のバランスに注目。

例えば、猫背姿勢が、顔にも影響を与えるのだという。


竹井先生といえば、「筋膜リリース」ですよね。

「筋膜」は、全身で複雑につながっています。

例えるなら、まるで、全身タイツのよう。


猫背の場合だと、首の後ろが縮み、首の前が 下に引っ張られる格好に。

筋膜がつながっているとすると、つまり、こんな感じに。


顔のたるみと筋膜


ちょっと大袈裟かもしれないけど、怖いですよね。

たるむのは、重力のせいだけでなく、筋膜の引っ張りもあると。


下に引っ張られる → 無理に目を開けようとする → 額にシワが。


また、「モダイオラス(車軸点)」といって、顔の 上部の筋肉と下部の筋肉をつなぐ点が、下に引っ張られて、下がってしまいます。


竹井先生が言いたいのは、こう。

 顔の体操をするときは、姿勢が良くないと、意味がない。




さらに、シワや たるみは、習慣や癖で、できやすい場所があるのだとか。

これにより、4つのタイプに分類される。

それがこれだ。


 ほうれいブル : ほうれい線

 でこジワサル : おでこのシワ

 アゴなしセイウチ : アゴのたるみ

 目だるみタヌキ : 目周辺のたるみ



(な…なかなかキツイ、言い方ですね)




<老け顔動物セルフチェック>

 (1) 片側だけで噛む癖がある。

 (2) 口呼吸になっている。

 (3) パソコンやスマホを見る時間が長い。

 (4) 会話が少ない。

 (5) 太っている。

 (6) やわらかいものばかりを食べる。

 (7) 目を大きく開くことができない。

 (8) よく眉間にシワを寄せている。



みなさん、どれに当てはまりますか?


(1) と (2) に該当する人は、口や頬がたるみやすい → ほうれいブル。

(3) と (4) に該当する人は、目がたるみやすい → 目だるみタヌキ。

(5) と (6) に該当する人は、アゴがたるみやすい → アゴなしセイウチ。

(7) と (8) に該当する人は、おでこの筋肉がうまく使えていない → でこジワサル。



ということで、ここからは対策編です。



まずは、4つのタイプに共通する体操から。


<猫背改善 筋膜リリース>


(1) 姿勢を正して、アゴを引きます。

腕を肩の高さに上げ、左右の人差し指を、くっつける。

(2) そのまま、ヒジを支点にして、手の平が前を向くように、肩甲骨を引き上げて、10秒キープする。

(3) アゴを引いたまま、舌を 前に 斜め上に突き出し、10秒キープ。

(4) 次に、姿勢はそのままで、口角を耳の方向に引き上げ、10秒キープ。

(5) さらに、口角は上げたまま、目を見開いて、10秒キープ。

(6) 最後に、顔全体を大きく開いて、10秒キープする。



猫背改善 筋膜リリース

猫背改善 顔体操

(見られたら、ヤバイ)


単に変顔をしているわけではありません。

良い姿勢で、顔の体操をすることで、下に引っ張られたものを、上に持ち上げてるんです。


頭皮あたりが持ち上げられている感じ、しませんか?





続いては、口や頬がたるみやすいタイプに。


<ほうれいブル 改善体操>


(1) 背筋を伸ばし、アゴを引きます。

(2) アゴの真ん中に、両手の 人差し指・中指・薬指を当てる。

(3) 唇の下側に沿って、口角の横まで、指を滑らせて持ち上げ、30秒キープ。



ほうれい線 改善体操





続いては、目がたるみやすいタイプ用。


<目だるみタヌキ 改善体操>


(1) 両手の 4本の指で、眉の下側、目の下の順に、数回 さすりましょう。



目のたるみ 改善体操





次は、アゴがたるみやすいタイプ用。


<アゴなしセイウチ 改善体操>


(1) アゴの下のくぼみに、両手の 人差し指・中指・薬指を 置く。

(2) そのまま、アゴの下を滑らせ、エラに向かって、ゆっくり、指で数回さすりましょう。



アゴのたるみ 改善体操





最後は、額の筋肉がうまく使えないタイプ用。


<でこジワサル 改善体操>


(1) 姿勢を正して、アゴを引きます。

(2) 右の手の平を おでこに、左の手の平を 後頭部に当てる。

(3) 右手で おでこを 引っ張り上げながら、目を大きく開き、左手は 後頭部を引き下げて、30秒キープ。



額のシワ 改善体操



回数の目安は、4つの体操とも、それぞれ 3セットを、朝昼晩に分けて行うとよい。

余裕が出てきたら、キープする時間を延ばしましょう。




耳のシワが病気のサイン?


ササミ
3人目の専門家は、東海大学医学部 基礎診察学系 健康管理学の 山田千積 講師です。

山田先生によると、シワやたるみと言っても、身体の中で 良くないことが起きているケースがあるのだとか。



先生が注目したのは、「糖化(とうか)」

糖化とは、体内のたんぱく質と 摂取したブドウ糖が 結合すること。

進行すると、「AGE(最終糖化物質)」という悪玉物質に変化するのだ。



皮膚のたんぱく質である「エラスチン」が 糖化されると、シワや たるみの原因になる。

そして怖いのが、血管も糖化のダメージを受けること。

血管が糖化すると、動脈硬化へと つながってしまうんです。


 耳たぶのシワは、動脈硬化のシグナル。


耳には動脈が多く、動脈硬化で血流が滞ると、栄養が届かず、斜めのシワができやすくなる。


耳のシワと病気




<糖化しやすい生活習慣>

 ・ カロリーオーバー。

 ・炭水化物や糖質の摂りすぎ。



気になる人は、生活習慣を見直しましょう。




<糖化対策>

 ・ ビタミンB1とビタミンDを摂る。


食材では、ビタミンB1が豊富な「豚肉」。

ビタミンDが豊富な「鮭」や「キノコ類」がおススメ。


今の季節だと、これらを食材とした「鍋」にするとよい。

野菜もたくさん食べられるし、湯気が 保湿・保温になります。


保湿鍋




糖化予防には、「ベジタブルファースト」もおススメ。

食事の際、最初に野菜を食べるようにしましょう。

血糖値の急上昇も、予防できますよ。

早食いを控え、よく噛みましょうね。





1日5分 頭皮を引き上げれば、シワ、たるみ、シミがなくなる HIGUCHI式 頭筋ストレッチ






[関係する記事]

 → 【糖化 AGE】 チョイ足し&体操で予防

 → 【たるみ解消エクササイズ】 おなか 二の腕 お尻 編

 → 【若く見られる姿勢】




関連記事


tag : 健康カプセル!ゲンキの時間 ビューティー スキンケア 美容


<スポンサードリンク>


web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

アラフィフ日記ランキング





プロフィール (Who is)

荒巻ケンコー

 

管理人 : 荒巻ケンコー

50歳代に突入し、健康の話題を口にすることが多くなりました。老眼が始まったり、白髪もチラホラ。筋肉痛は、2~3日遅れる。

老化は止められないけど、緩やかにしたい。できるだけ健康でいたい。できれば、生活を楽しみたい。そういう気持ちで、情報を集め、分かりやすく記録に残しています。

おいしい食材や簡単料理にも、興味あり。


過去の病気 : 腰痛(椎間板ヘルニア 手術暦あり)
現在の病気 : 花粉症。  

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【ストレスを軽減する】 3つの方法 【NHK チョイス】 Apr 16, 2024
【たまのれん】 台所のジャラジャラ 【兵庫県発祥だった?】 Apr 13, 2024
【靴底の減り方チェック】 アキレス腱伸ばし Apr 11, 2024
【足の話】 アーチの崩れ 予防法 【ゲンキの時間】 Apr 10, 2024
【餃子】 あんの作り方と包み方のコツ 【フライパンの思い出】 Apr 06, 2024
タグ リスト
  

 

  
食べ物   
      
認知症   
    
肩こり   
  
胃腸   
 
睡眠   
 
高血圧   
  
   
   
眼科   
 
掃除   
  
便秘   
 
糖尿病   
 
美容   
 
冷え性   
 
長寿   
 
ヨガ   
 
脳卒中   
 
皮膚科   
 
肝臓   
   
栄養素   
 
癒し   
 
心臓   
  
思い出   
 
頭痛   
  
花粉症   
  
熱中症   
 
腎臓病   
 
目次   
 
がん   
   
   
 
かゆみ   
 
バトン   
 
下痢   
   
Diet7   
  
痛風   
  
老い   
 
洗濯   
   
更年期   
 
   
 
   
 
お茶   
  
   
 
映画   
 
弁当   
   
運動   
  

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム Google

↑ 記事が見つからない時、こちらをどうぞ。
Google
注目記事 [1]
注目記事 [2]
注目記事 [3]
食べ物の記事
注目記事 [4]
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
FC2拍手ランキング
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター


QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村