【高木ゑみ流】 野菜長持ち法&冷蔵庫テクニック


買い物に関する 2つのコツを守れば、冷蔵庫がスッキリ。

さらには、鮮度を保つことで、野菜も長持ち。

「主菜カレンダー」と、応用の利く「手作りダレ」で、献立にも悩まない。



2018年12月8日放送の「助けて! きわめびと選」より、「買い物・保存・献立 冷蔵庫スッキリ術」




助けてきわめびと 冷蔵庫整理&野菜保存術




冷蔵庫をスッキリ


エノキ
さあ、今回のテーマは何でしょうか?

ササミ
「冷蔵庫」に関してです。


ついつい、ムダ買いしてしまう。

あと、入れたのを忘れて、野菜を腐らせちゃったりとか。

冷蔵庫のトラブル、ありますよね。


そこで今回は、料理研究家で 予約の取れない料理教室が人気の「高木ゑみ」さんに、冷蔵庫整理に関するテクニックを教えてもらいます。





<買い物編>


<買い物を 週1回にする>


 [ 週1でまとめ買いする → それを1週間で使い切る → 無駄なものが残らない ]

このサイクルを目指します。



まずは、2つのコツから。



コツ(1) → 献立は決めなくても OK!


スーパーに行ったら、家族の人数を思い浮かべて、食材を買い物カゴへ。

例えば、魚の切り身は 1人 1枚、厚切り肉も 1人 1枚 。

薄切り肉なら 1人 100g とか、鶏もも肉なら 2人で1枚、という風に。

(食べ盛りがいたら、多めに。高齢なら、ちょっと少なめにとか。各家庭に合わせて、調整します)


基本は、「家にあるもの」を使うこと。

在庫を、どんどん消費していく。

次の週に、持ち越しません。




コツ(2) → 使い勝手がいいものを選ぶ!


ゑみさんは、お買い得で使い勝手がいいものを、選ぶようにしている。

食材を見ただけで、料理が頭に浮かぶのが理想です。

要は、よく使うもので OK。

他にも、野菜だと、安くて旬なものを優先するとか。




<その他>

人手がなければ、家族と一緒に行くとか。

あるいは、週1にこだわらず、週2回で使い切るようにするとか。

状況に合わせて、柔軟性を持つのもいい。

要は、1週間でおおむね使い切ることを、しっかりと意識する。

残っているものを見つけたら、さっさと使う。



<使い忘れ防止>

冷蔵庫の扉に取りつけるタイプの、小さなホワイドボードとか、ありますよね。

100円ショップとかで売ってる、マグネット付きのやつ。

あれに使い切りたい野菜を、メモしておくとか。

これはヤバいと思ったら、メモ。

消費期限が近づいてたら、メモ。



<買い忘れ防止術>

レシートの裏にメモするなどして、財布の見える場所に挟んでおく。

スーパーについたら、その紙を手にするクセをつける。

これで、買い忘れを防げます。


チラシでお買い得品を見つけたり、買い置き品が切れてたりしたら、その度にメモするクセをつけちゃいましょう。




野菜を長持ちさせる方法


ササミ
せっかく買っても、使う前に傷んだら、もったいない。

1週間で使うとしても、鮮度は維持したいですよね。

そこでお次は、野菜をできるだけ長く保存できる方法を、紹介します。




<冷蔵庫に入れるものと入れないもの>


土の中で育つもの → 冷蔵庫に入れない。

 例:ジャガイモ、サツマイモ、タマネギなどは、常温保存。

湿気をとるために新聞紙で包み、風通しのよい、日陰に置きましょう。



葉物野菜やトマト、アスパラガス、ニンジンなどは、冷蔵庫で保存します。

ただし、大事なポイントがある。

それは、「水分の蒸発を防ぐ」こと。




<ほうれん草>

 根を中心に 水洗い → 水気をしっかり切る → ペーパータオルで包む → ジップロックなどの保存袋に入れる → 冷蔵庫で保存


ほうれん草の保存法


洗ってからペーパータオルで包むことで、適度な湿度を保ち、水分蒸発を防ぐことができます。




<アスパラガス>

 最初に、ペーパータオルを湿らせる(濡らして、絞る) → そのペーパータオルで、根元を巻く → 封ができる袋に入れ、立てて保存する。


アスパラガスの保存法




<ブロッコリー>

 茎の飛び出た部分を切り落とす → 水を入れたコップに、茎を差し込む → さらに、ポリ袋で覆って、水分の蒸発を防ぐ。


ブロッコリー



 * アスパラガスも、ブロッコリーも、茎の切り口から 水分補給するようにします。




<キュウリ>

キュウリは水気に弱く、腐る時に、水が出てきます。

この出てくる水分が、キュウリが悪くなる原因になる。


 キュウリを、乾いたペーパータオルで包む → 保存袋に入れて、冷蔵庫へ。


キュウリの保存




<トマト>

トマトは、ヘタの部分から水分が出て傷む、という特徴があります。

 保存用袋に、ペーパータオルを敷く → ヘタを下にして置き → 冷蔵庫へ。


トマトの保存法




<レタス>

レタスは、芯の切り口から水分が蒸発する。

なので、そこに対策を施します。

 芯の表面を、少し切り取る → 芯の切り口に、小麦粉をつける → 保存袋に入れ、切り口を下にして、冷蔵庫で保存する。


レタスの保存法


小麦粉でフタをして、水分の蒸発を防ぐってわけ。




エノキさん
野菜がシオシオになるのって、水分が失われるからなのかな~。

ものによっては逆に、水分を吸い過ぎたりとか。




ササミ先生
いろんな保存法を学びましたが、できれば、鮮度が落ちないうちに使うのがいい。

少なくとも、1週間で使い切っちゃいましょう。

そうすれば、冷蔵庫もスッキリします。




主菜カレンダー


ササミちゃん
買い物し、保存したら、あとは料理です。


高木ゑみさんが勧めるのは、主菜カレンダー。

「食材」「調理法」「タレ」という、3つの項目があります。

これは、1週間分 買い込んだ食材を使い切るための、予定表なのだ。


まず、1週間分の食材を、月曜日から日曜日まで、振り分ける。

バランスを考えて、並べましょう。

調理法は、「生」「焼く」「炒める」「蒸す」「煮る」「揚げる」。

忙しい日は、手間のかからない料理にしておくのも、いいかも。


主菜カレンダーの例



最後は、「タレ」です。

これで、味付けを決める。




<手作りダレのレシピ>



<甘酢ネギダレ>


材料 :

 白ネギ : 1本
 しょうゆ: 大さじ3
 酢 : 大さじ2
 砂糖 : 大さじ2
 紹興酒 : 大さじ1 (酒でもいい)
 ごま油 : 大さじ1
 白ごま : 大さじ1


(1) 白ネギをみじん切りにし、すべての材料を混ぜるだけ。



甘酢ネギダレ


このタレを絡めて焼けば、アジアン風味の「鶏のもも焼き」ができる。

「厚揚げ」「から揚げ」などにも、合います。

揚げ物総菜にかけるのも、ありかも。




<トマトダレ>


材料 :

 トマト : 2個
 タマネギ : 半分
 しょうゆ : 大さじ2
 酢 : 大さじ2
 サラダ油 : 大さじ2
 砂糖 : 大さじ1


(1) トマトとタマネギを、みじん切りにします。

(2) それと調味料を、しっかり混ぜるだけ。



トマトダレ


ブリの塩焼きにかければ、イタリアンに。

他にも、「蒸し鶏」「オムレツ」に合う。

赤が加わるので、彩りもよくなります。




<甘辛みそダレ>


材料 :

 味噌 : 200g
 しょうゆ : 大さじ1
 みりん : カップ1/2
 酒 : 大さじ3
 水 : 大さじ3
 砂糖 : 大さじ3


(1) 材料をすべて鍋に入れて、ひと煮立ちしたら、弱火にする。

(2) 弱火で、20分 煮詰めましょう。



甘辛みそダレ


コクが魅力です。

「豚肉のソテー」にかけるのもよし。

「ホイコーロー(回鍋肉)」「さば味噌」にも使える。



市販のつゆやタレを使う手もあります。

メーカーのホームページに行けば、レシピも記載されている。

「味ぽんのさっぱり煮」とか。



タレを記入すれば、夕食主菜カレンダーが完成!

夕食主菜カレンダーの例






高木ゑみさんのやり方を参考にしつつ、みなさんのライフスタイルに合った方法を、編み出すのがいいのだと思います。

〇曜日と△曜日が特売だから、この日に買うぞ、とか。

各人が自分に合う方法を見つけるのが、よさそう。



ちょっとだけ手間をかけて、おいしく、スッキリを目指しましょう。





やる気の続く台所習慣40



もう献立に悩まない






[関係する記事]

 → 【冷蔵庫ダイエット】やせる買い物とは?

 → 【野菜】 レタスの長期保存法&甘いピーマンの見分け方




関連記事




tag : 食べ物 掃除


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ










FC2カウンター


アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【食べても 食べても 太らない法】 まとめ Jan 07, 2019
【開運2019】 ベストな手相はどれだ? Jan 01, 2019
【亥年 年賀イラスト】 Word で書いてみる Dec 28, 2018
【ショウガ緑茶】 で高血圧予防/ ゲンキの時間 Dec 23, 2018
【高木ゑみ流】 野菜長持ち法&冷蔵庫テクニック Dec 19, 2018
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム Google

↑ 記事が見つからない時、こちらをどうぞ。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
FC2拍手ランキング
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村