【もの忘れと血糖】 簡単チェック&改善法/ガッテン




脳が糖不足になってないか、知る方法がある。

簡単チェック法=「1分間で動物を何種類言えるか?」。

作業記憶というものに、関わっています。


もの忘れと HbA1c 値。

何%以上だと、注意が必要なの?


認知機能を改善する=脳でインスリンを効きやすくする。

そのためには、食事や運動など、生活習慣の改善を!


最後は、最新研究を紹介。

歯状回の細胞について。




解説:東京医科大学 高齢総合医学分野の 羽生春夫 教授。



2018年5月23日放送の「ガッテン」より、「物忘れ&認知症を予防! “記憶物質”大発見SP」からのメモ書き。

その後編です。




ためしてガッテン もの忘れと血糖値




脳の糖不足 簡単チェック法


ササミ
ひと口に もの忘れと言っても、いろんなタイプがありますよね。


「ほら、アレだよ、アレ」

名前が出てこない、「アレアレ」タイプ。


「あれ? 何しに来たんだっけ?」

目的地まで行ったのに 何をするのか忘れてしまう、「すっかり抜け落ち」タイプ。



実は、高血糖が原因で起こる もの忘れで多いのは、「すっかり抜け落ち」タイプだという。




<もの忘れ しやすさチェック>


脳が糖不足になっていないかどうか、目安を知る方法があります。

(あくまで目安ですが)

東京の立川病院など、実際の医療現場でも、血糖値の高い患者さんに対して、行われているのだとか。


立川病院 糖尿病・内分泌代謝内科の 矢島賢 医長のお話。

「普段、使っているお薬を、飲み忘れるとか」

「こういったことを察知するために、できる限り認知機能の検査を行うようにしています」


さて、いったい、何をするのでしょう?

それは、ゲームのようなものらしい。




<もの忘れ しやすさチェック>


1分間の間に、動物の名前を、言えるだけ言ってください。

(紙に書く必要はありません)

(子・丑・寅・卯とか、干支は禁じ手です)


何種類 言えたかを、覚えておいてくださいね。




先生が解説してくれます。




羽生春夫先生の解説


ここでスタジオに、専門家の先生が登場。

東京医科大学 高齢総合医学分野の 羽生春夫 教授です。


さて、先ほどのチェック法ですが、何個 言えればいいのでしょう?


羽生先生の解説。

「通常、この動物テストは、大体 14~15個 言えるのが、正常なんですね」

「特に、若い方は、もうちょっと言えないといけない」



<動物テスト>

1分間で 13種類以下だと、注意が必要。


(ただし、あくまで目安であって、13種類以下だと即危険というわけではありません)



「ただ、これは動物の課題ですので、動物に得意な人と、得意でない人がいます」とも。

知識などに個人差があるため、目安の一つとして使われるのだとか。

例えば、果物が得意であれば、果物のテストなら、もっと言えるかもしれません。


「このテストは、広い意味では、記憶を反映した機能を見る検査なんですね」

動物を思い出しながら、既に言った名前を憶えていられるかが、ポイントになる。



「作業記憶」という言葉があります。

作業記憶とは、何らかの作業をしている時、一時的に覚えておくために使う記憶力のこと。

(短期記憶、作動記憶とも)

血糖値が高くなると、この作業記憶が低下しやすくなる のだ。




では、この作業記憶の低下は、どのくらいの血糖値から、注意すべきなんでしょうか?


見てほしいのは、血液検査表の「HbA1c」という値です。

これは、1~2か月の平均の血糖値を示している。


HbA1c


6.2%以上が糖尿病予備群ですが、羽生先生によると、もの忘れでは、5.7%以上は注意が必要。

生活習慣の見直しが求められます。



 <もの忘れと HbA1c>


65歳未満の場合、5.7%以上は注意。

65歳以上の場合は、6.2%以上で注意。





そして、もう一つ目安となるのが、「食後の血糖値」。

普段の健康診断では測らない、ごはんを食べ終わったあと 2時間後の血糖値のことです。

この値が 140以上だと、脳でインスリンが十分機能していない可能性がある。



<食後の血糖値>


食後 2時間後の血糖値が 140g/dL 以上は注意。



血糖値は、市販の検査キットで測定可能。

糖尿病の疑いがある方は、専門の病院にご相談ください。




血糖値と認知症の関係


ササミ
やっぱり、気になるのが、血糖値と認知症の関係ですよね。


羽生先生の解説。

「認知症、特にアルツハイマー病と血糖との関係、インスリンとの関係は、かなり確かなことだと言われてます」

「やはり、身体の中でインスリンがどんどん消費されてしまいますので、脳の方にインスリンが行かなくなってる」

「この段階でも作業記憶の低下は生じるんですが、まだこれは、神経細胞が完全にダメージを受けて崩壊しているわけじゃありませんので」

「まだ、可逆的に、食事のコントロール、血糖のコントロールで、良くなり得るんですね」

「ところが、こういう状況が長く何年も続いてしまいますと、やがては神経細胞も死滅して、脳のダメージが完全に完成してしまいますので」

「そうしますと、認知症という、不可逆的な病態まで発展しますから、その可逆的な血糖値が高い段階で、どうやってコントロールできるかというのが、キーポイントになるだろうと思います」



<血糖値と認知症の関係>


脳にインスリンが届かないと、神経細胞にダメージ。

長く続くと、死滅し、認知症の原因にも。


早めに血糖値をコントロールすることで、改善する可能性がある。





先生からは、こんな話も出ました。

「人の頭に直接 注射はできないんですが」

「今、海外では、インスリンを吸入する治療が、認知症の治療として臨床試験されて、ある程度の効果が得られています」

「といいますのは、インスリンを鼻から吸入しますと、海馬にダイレクトに到達するんですね」

「海馬っていうのは、インスリンの作用を最も受けなきゃいけない細胞ですから、そこでインスリンの作用が低下して、認知機能が低下してますので、インスリンを直接 鼻から吸入することによって、海馬の神経細胞が活性化されて、記憶が改善する、そういう臨床試験がされています」



インスリンを使った認知症治療が、海外で臨床試験中。

ただし、日本で行うことはできません。




では、具体的に、どうすればいいのか?


「要は、食事の仕方、あるいは、食事の量、種類」

「それと共に、やっぱり、運動ですね」

「運動は、インスリンの働きを高めますので」

「それをうまくやっていただくと、糖質と関係した認知機能低下・認知症予防には、一番いいだろうと思います」



<脳でインスリンを効きやすくするためには>

食事や運動など、生活習慣の改善が、最も大切!






ササミ
もの忘れが気になったら、血糖値をチェック。

生活習慣の見直しが、認知症予防になる!

エノキ
ガッテン! ガッテン!




血糖値コントロールで 認知症予防


ササミ
大切なのは、自分自身のインスリンを、脳に届きやすい身体にすることです。


前編の体験談で紹介した、AさんとBさん。

共にもの忘れが改善したのですが、何を行ったのか、紹介しましょう。


お二人が住んでいるのは、新潟県魚沼市。

ここでは、10年前から、町ぐるみで、糖尿病対策を行っているのだ。

これまで、食事の方法などを学ぶ市民講座や、高齢者を対象とした運動教室を、開いてきました。


AさんやBさんが、熱心に取り組んできたもの。

それは何か?



<もの忘れ対策(1)>

週2~3回の有酸素運動。


座ったままでもできる 少し汗ばむくらいの体操を、週に2回 行っています。


<もの忘れ対策(2)>

適度な糖質制限。


ごはんは 1回につき、100g まで。


<もの忘れ対策(3)>

野菜を先に食べる。


食べる順番は、野菜から。

それだけで、血糖値が上がり過ぎるのを、防いでくれます。



こうした努力を続けたところ、お二人には、医師も驚くような変化が現れたってわけ。


(* 糖尿病の人は、自分で判断せず、医師と相談してください)


実は、AさんとBさんは、高血糖と共に、認知力の低下、つまり、認知症の予備軍である「MCI(軽度認知障害)」と診断されていました。

ところが、その後、血糖値が下がると、なんと、認知力がアップしたんです。



<認知機能テスト(HDS-R)の変化>

 ( )内は、HbA1c の変化。


 Aさん : 23 → 26

  ( 7.7 → 6.8 )

 Bさん : 25 → 27

  ( 7.2 → 6.4 )





MCIになると、5年で半分以上の人が、認知症に進行すると言われています。

その中で、この回復は、驚くべきものでした。


二人の主治医、上村医院の 上村伯人 院長のお話。

「ほとんどの方が、少しずつ、もの忘れが進んできたりするんですけど」

「中に、もの忘れの進みが遅かった、あるいは、一時悪かったけど ちょっと良くなったって方も いらっしゃったのが、僕にとっては驚きでした」



 生活習慣の改善 → 血糖値が下がる → 認知機能が改善。




規則正しい生活で、もの忘れ改善。

いつまでも、元気でいたいものです。




インスリン最新研究


ササミ
なんと、インスリンに、脳の神経細胞の新生を促す力があることが、分かってきたのだとか。


その神経細胞が生まれる場所は、海馬の中の「歯状回(しじょうかい)」と呼ばれるところ。


海馬の歯状回




最新の科学では、次のような仕組みで、記憶を作り出すと考えられている。


例えば、誰かの顔を記憶する時。

その情報は、電気信号として、歯状回にやって来ます。

すると、歯状回が電気を発生させる。

その電気が 次々と海馬の中の細胞を伝わり、1つのルートが出来上がります。

これが、記憶の正体。

つまり、何かを記憶する時は、新たな1つの電気信号のルートが必要になると、考えられているんです。


そうなると、この歯状回で どれだけ新しい細胞が増えるかが、記憶力のアップに関わることになりますよね。

で、ここで登場するのが、インスリン。

インスリンが脳に届いている時と、届いてない時を比べると、届いている方の歯状回では、新しい細胞が、グーンと成長していました。


歯状回の細胞




にしても、インスリンって、すごい力を持ってるんですね。


食事や運動など、生活習慣を改善して、脳を元気にしちゃいましょう!





NHKガッテン!  血糖値をラク~に下げる! 科学の特効ワザ (生活シリーズ)



認知症にならない人がやっている スッキリ脳のゴミ掃除


 



来週の放送は、お休みです。

ガッテンの代わりに、「ボディーミュージアム」が放送される予定。


次回は、これ。

寝たきり原因物質って何だ?

長生きの本当の秘訣とは?

「筋肉&血管を強くする! 世界が証明した究極の寝たきり予防法」

放送は、6月6日 夜7時半。





 前編 → 【血糖値と認知症】 HbA1c インスリンとの関係





[関係する記事]

 → 【糖尿病】食物繊維で血糖値コントロール&すい臓がん発見

 → 「脱糖尿病 野菜と腸内細菌 腸のスイッチを増やす」

 → 「糖尿病 食べる順番と血糖値」

 → 「インスリンで糖尿病が完治する?」




関連記事




tag :


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ








FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【胃酸の逆流】 危険度チェック 春間賢/ガッテン Jun 14, 2018
【新型胸やけ】 胃酸で 歯が溶ける?/ガッテン Jun 14, 2018
【脊柱管狭窄症】 三宅裕司さんの体験/健康カプセル! ゲンキの時間 Jun 11, 2018
【ビタミンC】 1000mg 摂取の理由/健康カプセル! ゲンキの時間 Jun 09, 2018
【人とのつながりチェックシート】 飯島勝矢/ガッテン Jun 07, 2018
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
注目記事
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村