【呼吸の回数】 減らすと健康に/ガッテン


呼吸の回数で、身体にうれしい変化が!

冷え症改善、肩こり解消、血圧低下、快眠、ストレス減などの効果が期待できる。


甲賀流忍術にも、同じような極意が。

第二十一代目当主、川上仁一さんが教えてくれた。

「息長」といって、呼吸回数を極限まで減らす技だ。


カギとなるとは、脳の中の「呼吸中枢」と「偏桃体」。

そのメカニズムとは?


解説:

 東京有明医療大学 保健医療学部 高橋康輝 准教授。

 三重大学 大学院 医学研究科 小森照久 教授。



2018年4月11日放送の「ガッテン」より、「肺ストレッチで体が変わる! 呼吸コントロールSP」からのメモ書きです。




ためしてガッテン 呼吸コントロールSP 前編




呼吸の回数


エノキ
さあ、今回のテーマは何でしょうか?

ササミ
ズバリ、「呼吸」について。

「肺ストレッチ」の効果とは?





誰もが無意識に行っている、呼吸。

しかし、そこに、健康効果が潜んでいたんです。

普段の呼吸で、あることを意識するだけで、身体に様々な変化が現れるというのだ。


 ・冷え症改善!

 ・肩こり解消!

 ・血圧が下がる!


でも、なんで そ~なるの?




おっと、今週の始まりは、変わってるぞ。

ゲストのみなさんが並んで座り、胸にバンドを巻いて、何かを測定してる。


実はこれ、「呼吸数」を測っていたんです。

1分間に、何回呼吸したか?

あまりすることのない、珍しい検査ですよね。


実は、この呼吸の回数こそが、今週のテーマと深く関係するのだ。


普段、何気なく行っている、呼吸。

呼吸の回数がちょっと変わるだけで、人間の中に眠っている様々な力が、目覚めるのだという。




アメリカはカリフォルニア州。

ここに、早くから呼吸の力に注目してきた人たちがいるんです。

マーク・ディバインさん、54歳男性。

筋骨隆々で、すごく強そう。

それもそのはず、この方、アメリカ軍の元司令官なのだ。

しかも、率いていたのが、「ネイビー・シールズ」ときている。

アメリカ軍の中でも、エリート中のエリートが集まる、特殊部隊ですよね。

なんと、彼らのトレーニングの中で、ひときわ重視されているのが、「普段の呼吸のコントロール法」らしいのです。


マーク・ディバイン元司令は言いました。

「我々シールズ隊員は、極限のストレスの中でも、常に冷静沈着でなければなりません」

(大塚明夫さんの声がピッタリ)

「そのために、毎日呼吸をコントロールする様々なトレーニングを行っています」

「呼吸の制御こそ、最強の戦士になるための秘密兵器なのです」




そして日本でも、これと同じことが行われているのだ。

しかも、子どもからお年寄りまで簡単にできる体操らしいぞ。

一見、呼吸とは何の関係もなさそうな動きなんですが、無意識に行っている呼吸の回数を変え、身体に様々なうれしい変化が現れるのだとか。




さて、冒頭の測定ですが、結果はこのようになりました。


 <1分間の呼吸回数>

 大島麻衣さん : 11回/分

 古坂大魔王さん : 24回/分

 柴田理恵さん : 10回/分


ちなみに、成人の平均呼吸回数は 約15回/分です。





京都市にある介護福祉施設。

ここで、呼吸の回数に関しての、最新研究が行われています。


研究を進めているのは、呼吸の生理学の専門家。

東京有明医療大学 保健医療学部の 高橋康輝 准教授です。


高橋先生のお話。

「1分間にどれぐらい呼吸をしているかという、回数を確認しております」

「(呼吸が)減ると良い、ということですかね」

「普段の呼吸が減るっていうところが、とても重要なポイントになります」



先生たちが研究しているのは、「普段の呼吸の回数を減らすためのトレーニング」なんです。

これまで、全国で 1000人以上の方に協力していただき、成果を上げてきたのだそうな。


この日、参加してくれたのは、施設職員のみなさん。

身体に様々な変化を感じたといいます。


 「寝覚めが悪かったのが → スッと起きられるようになった」

 「冷え症なのが → 身体がポカポカに」

 「肩コリだったのが → なくなった」

 「上の血圧が 137 → 116 に」


つまり、「快眠」「冷え症改善」「肩こり解消」「血圧低下」などの効果が出たってわけ。

さらに、みなさん感じたのが、「ストレス減」だという。


でも、呼吸の回数が減るだけで、なぜ こうなるのだろうか?




さて、施設職員のみなさんの呼吸回数ですが、このように変化しました。


(16人の平均)

 平均呼吸回数が「 15.0 → 13.7」回/分に。



研究開始時「15回」だったのが、トレーニング後には「13.7回」になってました。

大きな変化というわけではありませんが、これで効果が出るのか。




ここでちょっと目線を変え、深呼吸に注目してみましょう。




<深呼吸の効果>


呼吸と血圧の関係を調べた、有名な論文があります。

この研究には、全国の医療機関が協力しました。

2万5千人以上を対象にした、大規模な調査だという。


すると、血圧を測定する際、1分に12回のペースで深呼吸してもらったところ、そうでない時に比べ、血圧がほぼ確実に低下するという結果が出ました。


 呼吸数 12回/分 → 平均 8.13低下

 (最高血圧100以上の人)


血圧測定する時、深呼吸すれば、血圧は下がります。

これは、かなり前から分かっていたこと。



そして、ここからがポイントです。

深呼吸を時々 意識してやらなくても、常に深呼吸しているような身体になってしまう。

そんな方法があるというのだ。




忍者の呼吸法


ササミ
呼吸の回数でポイントとなるのが、「脳」のある部位だといいます。


それが、「呼吸中枢」「偏桃体(へんとうたい)」


 呼吸中枢 : 呼吸をつかさどる。

 偏桃体 : ストレスを検知する。


この2つと呼吸との関係を探るために、ある場所へ向かいました。

呼吸で偏桃体は、どう変わるのでしょうか?




三重県は伊賀市。

忍者の里として、有名ですよね。

実はここに、呼吸を極限まで少なくした、現代の忍者がいるのだ。

ガッテンボーイの常住富大くんが、現地に飛んでくれたぞ! ニンニン!


甲賀流忍術を現代に受け継ぐ、甲賀流 伴党 二十一代目 川上仁一さん(69歳)。

戦国時代など、歴史の様々な場面で活躍し、数百年にわたって 密かに発展してきた、忍術。

川上さんは現在、大学で忍者の歴史を教えています。

(現代的だな~)


物心つく頃から、師匠に弟子入りし、忍術の厳しい修行を行ってきたという、川上さん。

結果、古くから伝承されてきた忍術特有の奥義を、身につけることができました。

実は、その一つこそ、呼吸法なんですね。



呼吸法はたくさんあるのですが、その基本的なものに、「息長(おきなが)」があります。

息長とは、普段の呼吸回数を、極限まで減らすワザ。

時に、その回数は、1分間に1回以下。

呼吸を極端に減らすことで、自らの気配を消すことができると、伝えられています。


川上さんのお話。

「ハッキリ覚えているわけじゃないですけども、本当に小さい時、小学校行く ちょっと前ですからね」

「気がついた時には、もう、こういうやり方でやっているという」

「何ていうかな、自然と一体化したみたいな感じで」

「何となく、空気みたいな存在になったような感覚ですね」

「呼吸はもう、ほとんど止まったような状態」


まさに、明鏡止水の境地ってわけだ。


【明鏡止水】

くもりのない鏡と波立たない静かな水の意。心にやましい点がなく、澄みきっていること。 「 -の心境」

(大辞林より)





実は、この忍者独特の呼吸法について、研究している人がいるんです。

三重大学 大学院 医学研究科の 小森照久 教授。

呼吸回数を減らすことが、身体にどんな影響を与えるのか?

特に注目しているのが、脳の活動だ。


今回、こんな実験を行いました。

川上さんに息長をやってもらい、その時の偏桃体の活動を詳しく調べます。


頭部の MRI画像。

赤いところは、活動が活発になっている部分。

青いところは、活動が低下している部分です。


普通の人は、MRIに入って ちょっと不安になったのか、偏桃体部分が活発に(赤く)なっています。

一方、息長をしている川上さんの場合、偏桃体部分は青だけ。これは、ストレスを感じてないことを表している。


MRI画像 偏桃体



偏桃体は、ストレスを検知する場所。

不安や恐怖、怒りといった感情を、生み出します。

自分が危険な状態に置かれていると、逃げなければならない。

あるいは、ケガに備えねばならない。

いろんなことが考えられるので、偏桃体は「危険!」というモードに、スイッチを変換するのだ。

身体を緊張させ、危機に備えます。


すると、人間の身体に、いろんな変化が起こるんですね。

それが、これ。


 ・呼吸数UP!

 ・血圧UP!

 ・心拍数UP!

 ・交感神経が興奮!



これらは、言ってみれば、「本能」。

よって、コントロールすることが難しい。


でも、この中で 一つだけ、自分で何とかできるものがある。

そう、それが「呼吸数」なんです。



偏桃体が「危険だ!」と緊急モードに入っている時、隣にいるのが「呼吸中枢」。

呼吸中枢が呼吸を抑えていくことによって、偏桃体に「大丈夫。全然大したことないよ」という合図を送ることになる。

そうすると、偏桃体が緊急モードを解除。

結果、心拍数、血圧、自律神経などが、正常になるってわけ。


 呼吸回数を減らすことで、偏桃体を落ち着かせる。



こんな経験、ありませんか?


 興奮する → 呼吸が荒くなる。

 呼吸をゆっくりにする → 落ち着いてくる。



呼吸中枢と偏桃体は隣り合っていて、影響し合っているようです。

なので、呼吸回数を減らすと、偏桃体に働きかけ、身体への影響を正常化させることができる。





NHKガッテン!  2018年 春号



忍者「負けない心」の秘密 (青春文庫)


 



後半に続きます。

呼吸回数で、ストレスまで減らす試み。

肺ストレッチの方法と効果について。




関連記事




tag : ためしてガッテン 健康の新常識 呼吸器科 心身の健康


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村








FC2カウンター


アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【イチゴ もやし】 傷んだものを復活させる方法/ビーバップ 後編 Sep 20, 2018
【野菜】 栄養を効率よく摂る方法/ビーバップ 前編 Sep 19, 2018
【たんぱく質】 1日の必要量と目安 Sep 11, 2018
【スタンフォード式(2)】 寝付きを良くする4つのコツ Sep 07, 2018
【脂肪肝とメタボ解消】 体重マイナス3%の効果/ガッテン Aug 30, 2018
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
注目記事
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
FC2拍手ランキング
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村