【メガネの選び方】 毛様体筋と処方箋/ガッテン


今までのメガネは、ベストではない可能性が!

もっと楽に見えるものがある。


そのカギとなるのが、「調節機能解析装置」。

それをもとに、「メガネの処方箋」を発行してもらえます。


「無理した視力」から「楽な視力」へ。

毛様体筋を休ませてあげよう。



解説:日本眼光学学会 理事 梶田雅義。



2018年2月28日放送の「ガッテン」より、「あなたの目にベストマッチ! “幸せメガネ”スペシャル」からのメモ書きです。




ためしてガッテン ベストなメガネの選び方




よく見えるメガネは楽じゃない?


エノキ
さあ、今回のテーマは何でしょうか?

ササミ
「メガネ」について。


メガネを使っている人は、日本だけで「7500万人以上」。

近視や遠視、老眼など、様々な人がいます。


でも、ある専門家は言いました。

8割~9割くらいの人は、メガネが合ってないのではないかと。


メガネが合ってないと、様々な症状が出るといいます。

疲れ目に、頭痛、肩こりなど。

その原因は、メガネかもしれないのだ。


対策のカギとなるのが、私たちの目が持っている、ある「個性」だという。

その個性をもとに自分に合った最適メガネを作ると、もう別世界。

すごく楽になるらしい。



この週のゲストのみなさんは、みんなメガネで出演。

裸眼の視力は、こうらしい。


 山根千佳さん:0.05 (視力検査の時、一番上のが見えない)

 ビビる大木さん:0.1 (20歳過ぎたあたりから、急に悪くなった)

 麻木久仁子さん:0.1 (最近、遠近両用を作った)



と、ここで問題が…。

当たり前にかけているメガネですが、ベストなメガネではないかもしれないのです。

というのも、ある大事な検査が、今まで できてなかったから。


逆に言えば、今はできるようになってる。

メガネ新時代の到来です。


ここでスタジオに、ある機械が運ばれてきました。

眼科やメガネ屋さんで、よく見かけるような気もしますが…。


調節機能解析装置


機械の名前は、「調節機能解析装置」

外観は似ていますが、今まで測ってなかったものを、測っているらしい。

視能訓練士の片桐奈海さんによれば、今 日本にあるのは、500台前後。

まだまだ少ないんですね。



都内のある眼科。

眼精疲労、頭痛、肩こり、めまいなど、目の悩みを抱えている人が、やって来ます。

ここで受ける検査が、調節機能解析装置を使ったものなのだ。


その結果をもとに発行してもらえるのが、こちら。

「メガネの処方箋」


メガネの処方箋


この処方箋をもってメガネ屋さんに行けば、検査結果をもとにしたメガネを作ってもらえます。


これまでのメガネを外し、検査結果をもとにしたテストレンズをかけたら、みなさん驚いてました。


 「あっ、全然。すごく楽ですね。かけた瞬間に分かりますね。別世界です。すごく目の周りが楽になるんですね。顔にギュッと力を入れていたものが、フッと無くなるので、すごく楽です」

 「あっ、すごい楽です。もう、スッキリと見えてます」

 「やっぱり、メガネかけてて、疲れない。もう、肩コリも頭痛もない」


みなさんの意見を要約すると、こういうことらしい。

 今までのは、よく見えるメガネ

 それが、楽に見えるメガネになったと。


ただし、これ、必ずしも、度を下げるということではありません。

中には、度を上げた方がいいというケースもある。


どうも、「よく見える」ということを優先し過ぎると、「楽に見える」を犠牲にしていることが、あるようです。


上で紹介した都内の眼科では、特別な検査を行い、そのデータをもとに、問診を行います。

その時、先生は、こんな言葉をおっしゃった。

「これ、かなり無理した 1.0 だと思うんですね」


 「かなり無理した 1.0」


1.0 見えてるんだけど、それはかなり無理した状態だと。


ということは、「視力」以外に、何か要因があるということなのか…。




毛様体筋との関係


ササミ
人によって違うのは、視力だけじゃないようです。

どうも、ある「個性」が隠れているらしいですよ。



というわけで、ガッテン名物、大実験だ!


参加してくれたのは、視力「1.0」という男女15名。

監修してくださったのは、日本眼光学学会 理事の 梶田雅義 先生だ。


まず最初に、裸眼の視力を測定します。

使うのは、おなじみの「ランドルト環」。

「C」の形をした輪っかですね。

切れ目がどの方向にあるか、答えていく。

これを 5メートルの距離から少しずつ近づけて、向きが分かったら、手元の矢印で答えてもらいます。


次が本番なのですが、照明を落としちゃいましたよ。

そう、電気を消して、暗闇の中、一瞬だけ、ランドルト環に光(フラッシュ)を当てます。

そんな状態で、視力検査を行ったのだ。


結果は、こうなりました。

通常の状態では「視力1.0」なので、横並び。

しかし、後者の実験だと、バラつきが出た。


この実験は、何を見るためのものだったのでしょう?


梶田先生の解説。

「どこを見るともなく、ボ~ッと見てる時に、どこにピントが合ってるかを探す実験ですね」




<メカニズム>


人間がものを見る時、水晶体の厚さによって、光の屈折が変化。

網膜で焦点を結ぶことで、ハッキリ見ることができます。


まずは、普通の視力検査の場合。

遠くにあるランドルト環を見るために、「毛様体筋(もうようたいきん)」が頑張ってくれるんですね。

レンズの役割をする水晶体を、引っ張って薄くすることで、ピントを合わせます。


 「視力」=毛様体筋が限界まで力を振り絞った時に、どこまで見えるか?


これが先述の「無理した視力」。



では、暗闇の中の実験では、どうなるか?


暗闇の中では、毛様体筋は休んでいます。

リラックスした状態。

この時に、どこまで見えるかというのが、後者の実験というわけ。

電気がついたことに毛様体筋が気づかないうちに、測定します。


 「楽な視力」=毛様体筋がリラックスしている時、どこまで見えるか?



今までは、この楽な視力を測ってなかったんです。


そして、あの機械だと、楽な視力を測定できるのだ。





<メガネをかけると疲れやすいのは、どんな時なの?>


毛様体筋の力を借りずに、レンズのおかげで遠くまで見えるようにするのが、メガネの役割です。

水晶体の仕事を、助けてあげるってわけ。


このおかげで、楽な視力は遠ざかります。

楽に見える範囲が、遠くになる。

(それまでは、楽に見える範囲は近かった)


しかし、本を読んだり、スマホを使ったり、近くで作業する時は、どうなるか?

この時、毛様体筋は、水晶体を厚くすることで、ピントを合わせようとします。


 楽に見える範囲が遠くにあるので、近くを見る時には頑張らねばならない。


つまり、こういう可能性があるのだ。


 よく見えるメガネ=遠くを見るメガネ。

 近くを見ると → 疲れる。



メガネをかけることで、楽に見える範囲が遠くに。

すると、近くを見る時、負担が大きくなる可能性が!




遠くを見るために、毛様体筋は頑張って、レンズを薄くする。

また、近くを見るために、毛様体筋は頑張って、レンズを厚くする。

この状態が続き過ぎると、毛様体筋が疲れて、疲れ目、肩コリ、頭痛などの症状に、つながってしまうことがあるんです。



暗闇の中の実験ですが、「楽に見える範囲」は、人それぞれでしたよね。

実は、メガネによって特に問題が起きやすいのは、楽に見える範囲が遠い人なんです。


というのも、楽な距離が遠いほど、近くを見る時に、毛様体筋が頑張る必要があるから。

それだけ負担が大きいんですね。



メガネが合ってないと、知らず知らず、目を酷使している可能性が!

それが様々な症状を生んでしまうのです。




梶田雅義先生の解説


ここでスタジオに、専門家の先生が登場。

日本眼光学学会 理事の 梶田雅義 先生です。



さて、「調節機能解析装置」についてですが、これは毛様体筋が頑張っているか見える装置なのだ。

この装置で、毛様体筋にストレスのない近視の度数が把握できます。


昔は、遠くさえ見えればいい、という感じでした。

しかし、今の時代、ライフスタイルに変化が。

仕事でパソコンを使う人も、多いですよね。

プライベートでスマホを使う時間も、増えています。


梶田先生は言いました。

「臨床の経験上でいきますと、メガネが適切でない方は、8割から9割ぐらい」




視力検査にまつわるお話


ササミ
むか~し、昔のことじゃった。

アラビアでは、こんなもので視力を検査しておったそうな。


それは、夜空に輝く「北斗七星」。

(死兆星ではないぞ)


「ミザール」と呼ばれる星をよく見ると、隣に「アルコル」という もう一つの星があるんです。


北斗七星 ミザール アルコル


この2つの星が ちゃんと見えるかどうかが、優れた兵士を見極める基準だったのだそうな。


昭和17年の日本でも、同じようなことが。

徴兵検査において、視力検査は、とても重要な項目の一つだったといいます。


歴史的には、「遠くがよく目る目」こそが、「優れた目」と されてきたようです。


そして、現代。

テレビやパソコン、スマートフォンなど。

近い距離を見る時間が、生活の大部分を占めるようになりました。


おかげで、「遠くがよく見えるメガネ」が、「眼精疲労の原因」になっている可能性も。


そこで登場したのが、今回紹介した装置「調節機能解析装置」。

測定は、覗くだけ。

片方の目につき、8段階の測定を行います。

遠くから近くまで、8段階の距離を見た時の「毛様体筋の負担」が分かる。


その人その人で、「どの距離で負担がかかっているか?」を見極め、必要なら、メガネを調節します。

ある人は度数を上げ、ある人は度数を下げて、目にかかるストレスを軽減させるってわけ。




メガネを作る際のポイント


ササミ
今までのことを踏まえて、よいメガネを選ぶには、どうしたらよいのでしょうか?


梶田先生のお話。

視力値だけにこだわらないことが大事ですね」

「いい視力が出るメガネを要求するのではなくて、自分が今、何に使いたいか?」

「自分がしたい作業をするのに、どのくらいの距離を見る必要があるのか?」

「その距離が一番楽に見えるメガネを作りたいということ」


メガネをかけて長時間見る距離と、毛様体筋が楽に見える距離を、一致させることが大切。


「どのくらい目の負担がかかってるか?」

「それを見つけて、そこに負担がかからないような度数のメガネを、処方してあげる」


そして、先生は言いました。

「メガネって、かけるお薬」

「見えるだけじゃなくて、楽になるというのが大事だと思ってます」



意識しないところで頑張ってくれている、毛様体筋くん。

疲れているようなら、休ませてあげましょう。





<メガネを新しく作る際のポイント>


頼りにしたいのは、やっぱり、目の専門家である眼科医です。


例えば、次のようなケース。

長時間運転してると目が疲れる。

デスクワークなどで、ずっと近くを見続けると、肩コリや頭痛がする。


メガネをかけた時に、このような症状がある場合は、眼科医の問診時に、症状をできるだけ具体的に伝えることが大事。

その上で、新しいメガネを作ることになったら、「楽に見えるメガネにしたい!」とひと言、伝えてみましょう。


どんなレンズにすると目が楽になるか、総合的に判断したメガネの処方箋を、書いてもらえるのだそうです。


これは、近視の人も、老眼や遠視の人も、同じなのだそう。

覚えておいて、損はありません。




レンズの最新情報


ササミ
今、注目されているのは、これ。


「境目の無い遠近両用レンズ」

楽に見える範囲を、広げることができます。


外出などで遠くを見る時は、レンズの上側。

本を読むなど、近くを見る時は、レンズの下側を使います。

最近では、家事など室内の作業に便利な「中距離用」のものや、デスクワークでの目の疲れを軽減する「近距離用」のものも。


遠近両用は、老眼用?

だと思ったら、大間違い。

最近は、幅広い世代で使われるようになりつつあるのだとか。


原料であるプラスチックの厚みやカーブを、精密に調整。

様々な種類が出ているので、眼科医とよく相談したうえで、自分に合ったレンズを見つけてくださいね。


なんでも、コンタクトレンズにも、遠近両用タイプが出ているらしいですよ。




手作りレンズ職人


ササミ
目にも個性があって、人それぞれ。

ということは、メガネも人それぞれ。


そのために、人一倍、レンズにこだわって、日々努力を続ける職人さんがおられます。

手作りレンズを作り続けて15年の職人、伊藤靖樹さんだ。

作っているのは、強度の近視用レンズ。

非常に強い度数が、求められます。


使う素材は、昔ながらのガラス。

プラスチックだと屈折率が、どうしても若干弱くなるのだとか。

ガラスじゃないと、難しい部分がある。


一人ひとりの目に合った度数のレンズを、オーダーメイドで削っていきます。

厚みやカーブなど、機械では加工できないものが、ほとんど。

手作業で、精密に仕上げていくんですね。


伊藤さんのお話。

「非常に視力の弱い方の、日常の生活の手助けに、少しでもなればというような形が、一番やっぱり、モチベーションの部分ですね」




自分に合ったメガネを作って、余計な負担を軽減しましょう。





NHKガッテン!  2018年 春号



眼精疲労のブロック&ケア 眼鏡・コンタクトレンズ処方ハンドブック



人生が変わるメガネ選び (経営者新書 121)






[関係する記事]

 → 【疲れ目の原因】 寄せ目チェックと対策
 → 「トゲトゲ型 白内障 手術と初期症状」

 → 【目の病気】スマホ老眼&隠れ斜視
 → 「ビジョントレーニングで疲れ目改善」




関連記事




tag : ためしてガッテン 眼科


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村








FC2カウンター


アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【イチゴ もやし】 傷んだものを復活させる方法/ビーバップ 後編 Sep 20, 2018
【野菜】 栄養を効率よく摂る方法/ビーバップ 前編 Sep 19, 2018
【たんぱく質】 1日の必要量と目安 Sep 11, 2018
【スタンフォード式(2)】 寝付きを良くする4つのコツ Sep 07, 2018
【脂肪肝とメタボ解消】 体重マイナス3%の効果/ガッテン Aug 30, 2018
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
注目記事
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
FC2拍手ランキング
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村