【巨大血栓】 原因は心房細動 脈の測り方/ガッテン


特効薬も効きにくい、重い脳梗塞が増加!

その原因は、ネーハイシーザーも経験したという「心房細動」にあった。


予防には、脈拍を測ること。

正しい脈の取り方も、紹介!

対策には、処方薬を忘れずに飲むことと、適度な運動。

カテーテルアブレーションという手術もある。




解説:大分大学医学部附属病院 循環器内科 高橋尚彦 教授。



2018年3月7日放送の「ガッテン」より、「巨大血栓を作らない! 脳梗塞・寝たきり予防SP」からのメモ書きです。




ためしてガッテン 巨大血栓と心房細動




巨大血栓


エノキ
さあ、今回のテーマは何でしょうか?

ササミ
「巨大血栓」について。



動脈硬化などが原因で、巨大な血の塊ができてしまう。

それが脳の血管に詰まり、脳梗塞に。

そんな人は、年間 16万人もいるのだとか。


最近では、血栓を溶かす「脳梗塞の特効薬」も開発され、これで一安心。

と思いきや、そうも言ってられないらしい。

中には、特効薬が効きづらい「重症化しやすいタイプ」があり、その割合が増えているらしいのだ。

発症すると、およそ半数の人が、寝たきりや車椅子生活に。

命を奪われる人も、少なくないのだという。


この重いタイプの脳梗塞とは、いったい、どんなものなのでしょう?



1年後の生存率を調べたデータがあります。


 <1年生存率>

 軽~中程度の脳梗塞:80%

 重度の脳梗塞:50%



ここでスタジオに、あるものが運ばれてきました。

何かというと、それは「血栓」の模型。


血栓の大きさ


およその大きさは…


 <血栓の直径>

 軽~中程度:およそ 2~6ミリ

 重度:およそ 3センチ


重度になる血栓は、まるで梅干しみたいな大きさですね。

こんな大きいものが、血管の中に?


それを教えてくれるのが、知っている人も多い、有名人。

いや、有名馬。

JRAのGIレースでも活躍した、「ネーハイシーザー」だ。

1994年には、秋の天皇賞を勝利。

ビワハヤヒデやナリタタイシンと、一時代を築きましたよね。


クラシック三冠競走の最終戦、菊花賞。

そこで事件は起こりました。

先頭集団にいたネーハイシーザーが、第3コーナーで失速しだしたのです。

ずるずると後退し、結果は最下位でした。


騎手を務めていた塩村克己さんは、こう振り返ります。

「向こう正面で、さあ これから勝負に出るぞ! っていう時に、馬と会話してて、じゃあ行くぞ! って合図を出した時に、いきなり、こう、プツっと、馬との通信が途絶えたというか」

「冷たい機械で動いている大きな乗り物に乗っているような、ホントにそんな感じでしたね」


突然の失速、その原因は、心臓にありました。

実は、「心房細動(しんぼうさいどう)」を発症してたんです。



今回伝えたいのは、こういうこと。


「心房細動が、重度の脳梗塞の原因」


あの大きな血栓は、血管で生まれるのではなく、心臓で生まれるんです。

それと心房細動が、大きく関係してるってわけだ。


ちなみに、これは人間の場合であって、馬の場合は違います。

馬の赤血球というのは、人間のものと違って、小さいんですね。

なので、血栓ができにくいと考えられている。


ネーハイシーザーも、その後、レースに復帰。

古馬になってから、天皇賞(秋)に勝ち、見事、GⅠホースになりました。

脳梗塞になることもなく、引退後は、北海道の牧場で、元気に余生を過ごした。

没したのは、28歳。

人間でいえば、100歳ほどまで長生きしたという。



では、人間の方に話を戻しましょう。


なぜ、心房細動が起きると、血栓ができるのでしょうか?


専門家に協力していただき、実験することになりましたよ。

協力してくださったのは、東京医科歯科大学の 高谷節雄 名誉教授です。


やり方は、こう。

人工心臓で 心臓の動きを再現し、超音波で 中の様子を観察する。


心臓の動きが正常な場合、血液はスムーズに流れていました。

次に、人工心臓を、細かく震えた時の状態に近づけた。

すると、流れが淀んだみたいになったんです。

そして何やら、白いものが現れました。

高谷先生は、「ドロドロして固まり始めているんじゃないですかね」と。


人工心臓の中から出てきたのは、大きな血栓。

大きな血の塊が、できていたのでした。


実験でできた巨大血栓



では、心臓でできた巨大な血栓が、どのように動くのか、見てみましょう。


左心房を出た血栓は、左心室を通り、大動脈に入り、そこから 脳へと向かう血管へ進みます。

この時、血栓は やわらかいため、細長く形を変えて、侵入していくんです。

首を抜けると、やがて血栓は、脳へ。

血栓が大きいため、脳の血管の上流部分に詰まり、広い範囲にダメージを与えます。


巨大血栓の行方



脳梗塞だけではありません。

今、心房細動と認知症の関連性が、世界で報告され始めているのだという。


心房細動がある認知症患者の「脳のMRI画像」を見ると、異なる場所で 小さな脳梗塞がいくつも起きていました。

これが何を意味するのかというと、心臓でできた血栓が、大きくなる前に 次々に飛び出して、脳にダメージを与え、認知症を引き起こした可能性が、あるらしいのだ。


国立循環器病研究センター 猪原匡史 先生のお話。

「小さな脳梗塞が、ちょっと時間はズレてると思うんですけど、パラパラッと、心房細動の人は起こすと」

「1個1個だと無症状なんですけど、これが積み重なると、認知症の引き金となる可能性は、十分にあると思います」




深刻な病気につながる、心臓の震え。

では、いち早く異常に気づくには、どうしたらよいのでしょうか?




心房細動に気づくには?


ササミ
このようなデータがあります。


日本で心房細動が起きている人は、推定 170万人。

検査で初めて心房細動だと分かった人たちの自覚症状の有無は、こうだったんです。


 <心房細動の自覚症状>

 自覚なし:38%

 動悸 息切れ など:62%



お医者さんに言われるまで何も感じてなかった人が、約4割もいたようです。



不整脈専門医 桑原大志 先生のお話。

「発症初期の心房細動というのは、ずっと頻繁に発作が起きるわけではないんですね」

「たまにしか起きない場合が、ほとんどなんです」

「実際、医療機関を受診しても、(震えが)起きてないと、心電図を取っても、正常としか出てこないんですね」

「ですから、見逃されてしまう可能性が、十分にあるということです」



これは困りました。

見つけるには、どうしたらいいんでしょうか?





[体験談]


熊本県にお住いの男性、Aさん。

異変が起きたのは、2年前の春でした。

剣道の練習から帰ったのですが、いつもより少し疲れを感じる。

毎晩 欠かさず飲んでいるビールを前にしても、あまり飲む気がしません。

口にしても、おいしくない。

普段よりも、疲れが取れるのに時間がかかりました。

季節の変わり目で、体調を崩したのだろうか?

そう思い、その時は、あまり気にしなかったという。


しかし、3日後、体調不良が続くAさんを見て、奥さんがあることを思い出しました。

実は、Aさんの母が 心房細動だったんです。

それを看病で見てきているから、ピンときた。

ひょっとして、心房細動ではないか?

奥さんは、とっさに、Aさんの脈を取りました。

すると、脈が不規則なのが分かりました。

「タタタタッ、タタタタタタタッ」みたいな感じ。




正常な脈は、規則正しいリズム。

それが心房細動の場合、速かったり、不規則だったり。


心房細動の脈


では、詳しいことを、スペシャリストに教えてもらいましょう。




高橋尚彦先生の解説


ここでスタジオに、専門家の先生が登場。

大分大学医学部附属病院 循環器内科の 高橋尚彦 先生です。



<脈を正確に取るには?>


左手の親指の、付け根のところ。

動脈が走っている部分に、人差し指、中指、薬指を、少し立てて、当てます。

見つけづらい場合、少し強めに押さえるとよい。


脈の取り方


詳しいポイントは、最後にも紹介します。


なお、15秒間 脈拍を数え、それを4倍すると、1分間の脈拍になります。



高橋先生のお話。

「私たち、通常、15秒間 測りますけれども、その間に脈が、トットト、トットトト、というような乱れた脈を打っている場合は、心房細動が強く疑われるわけです」




<血圧計は役に立ちますか?>


血圧計には、脈拍も測れるものが多い。

脈拍が 普段「70」ぐらいの人が、急に「120~130」になってしまう。

そういう時は、心房細動が起きている可能性が。

あるいは、「エラー」「測定不能」になる場合も、要注意とのこと。

いつもと違ったら、再度 計測しましょう。




<心臓の震えが起こりやすい条件は?>


副交感神経が優位な時に 心房細動が発症する人も、いるのだそう。

(例えば、リラックスしている時)


150件のデータがあります。

心房細動を起こした人に 24時間計を付けてもらい、調べました。

それによると、心房細動がよく起きる時間帯は、「夜」でした。


心房細動の起きやすさ


朝6時~夜18時にかけては、少ないですね。

逆に、眠っている時間に、多い。

リラックスしている夜間に起きやすいようです。

高橋先生によると、特に 60歳未満の若い人を中心に、夜中に起きやすい傾向があるそうな。


というわけで、脈を取るなら、朝起きてすぐや、寝る前がよいとも。

心房細動が起きやすい時に、確認してみると。




<心房細動が起きやすい人は?>


心房細動は、高齢者に起きやすい病気。

しかし、最近、50~60代くらいの比較的若い世代にも、心房細動が多くなっているのだそう。

その原因として、生活習慣病との関係が挙げられています。


下の画像は、心房細動患者の心臓です。

黄色い部分は、心臓脂肪(心臓周囲脂肪)。


心臓についた脂肪


心臓の周りの脂肪が多い人ほど、心房細動が起きやすいのだ。



<心房細動が起きやすい人>

 ・高血圧。

 ・お酒をよく飲む。

 ・肥満。



高血圧の人は、心臓に負担がかかるので、起きやすい。

お酒をたくさんよく飲む人は、副交感神経などの自律神経に乱れが出て、心房細動が起きやすくなるのだそう。

肥満の人は心臓周囲脂肪がつきやすいし、心房細動も起きやすい。





こまめに脈を取る → 心房細動が起きてないかチェック → 健康状況(高血圧、深酒、肥満)をちょっと気にかけるようになる → 生活習慣病の改善に。




心房細動 対策編


ササミ
では、心房細動が見つかった時、どうすればよいのでしょうか?


埼玉県にお住いの男性、Bさん。

18年前、心房細動が見つかりました。

しかし、重い脳梗塞を起こすことなく、今も元気です。

それには理由が。


テーブルには「薬」という大きな字が。

娘さんが、座れば薬が思い出せるようにと、書いてくれたのだそう。

というわけで、健康な理由は、「処方薬をきちんと飲み続けること」

Bさんは、「抗凝固薬」という血液を固まりにくくする薬を、服用しています。

血栓さえできなければ、心房細動とうまく付き合いながら、日常生活を送ることが可能ってわけだ。

(処方薬のため、服用の判断は 主治医の指示に従ってくださいね)


Bさんにはもう一つ、続けている日課があります。

それが、「運動」。

ウォーキングが中心だという。

1日30分ほどの適度な運動で 症状の軽減が期待できるのだとか。



 <心房細動の対策>

 ・処方薬を忘れず飲む。

 ・適度な運動を心がける。





さらに、心臓の震え自体を起こさなくする方法も、あるのだという。


それが、「カテーテルアブレーション」という手術。


まず、足の付け根の血管から、左心房へ、カテーテルと呼ばれる細い管を通します。

そして、震えの原因となっている部分を 内側から焼いて、震えの発生を防ぐ。


カテーテルアブレーション


近年は、手術に使う設備の性能が年々向上しており、治療の成功率アップにつながっているのだとか。


済生会熊本病院の 奥村謙 先生のお話。

「初期の心房細動であれば、多くの患者さんが治ります」

「90%以上の方で再発しない、つまり、根治が得られる」


しかも、手術翌日には、自分で歩くことも可能らしい。

早ければ、2日後には退院できるのだそう。


この手術を受ける人は、年間におよそ 5万人。

手術には当然、リスクも伴いますので、主治医とよく相談してくださいね。




脈の正しい取り方


ササミ
最後に、おさらいしましょう。



<脈の正しい取り方>


手首を曲げると シワが寄るあたりに、薬指、中指、人差し指の3本を、置きます。

この時、指を立てて、少し強めに押さえると、見つけやすい。

必ず、安静時に測定してください。



脈の正しい取り方


<心房細動を疑う脈>

 (1) 脈のリズムが不規則。

 (2) 脈の回数が、15秒間に 25回以上。

   (1分間に 100回以上)

 (3) 脈の回数が、15秒間に 10回以下。

   (1分間に 40回以下)。



脈が弱くて数えられない場合も、注意が必要です。


心房細動を疑う脈




<脈を取るタイミング>

リラックスしている時 = 朝起きてすぐや寝る前に。



まずは、1週間測定。

異常な脈を複数回確認したら、循環器内科を受診してください。





NHKガッテン! 「血液のチカラ」で若返る。「血流力」アップの実践術 (生活シリーズ)



発作ゼロ・再発ゼロをめざす 「心房細動」治療


 



次回は、これ。

慢性便秘症診療ガイドライン!

数をかぞえて解消するって、本当なの?

「最新報告! 便秘の新タイプ解消SP」。




[関係する記事]

 → 【強い心臓を作る方法】 心拍数110

 → 「血栓を生む心房細動 壊死まで6時間」

 → 「エイリアン脂肪撃退! 特製ジュース&ゾンビ体操」




関連記事




tag : ためしてガッテン 動脈硬化 心臓


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村








FC2カウンター


アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【イチゴ もやし】 傷んだものを復活させる方法/ビーバップ 後編 Sep 20, 2018
【野菜】 栄養を効率よく摂る方法/ビーバップ 前編 Sep 19, 2018
【たんぱく質】 1日の必要量と目安 Sep 11, 2018
【スタンフォード式(2)】 寝付きを良くする4つのコツ Sep 07, 2018
【脂肪肝とメタボ解消】 体重マイナス3%の効果/ガッテン Aug 30, 2018
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
注目記事
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
FC2拍手ランキング
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村