【大豆と健康(2)】 豆腐の認知症予防レシピ/ゲンキの時間


大豆の七変化、後編です。


味噌には、血糖値の上昇を抑制する効果が。

そして、赤味噌と白味噌で、おススメの食べるタイミングがある。


納豆のビタミンKは、骨を丈夫にしてくれる。

また、ナットウキナーゼには、血液サラサラ効果が。



<脳をイキイキ! 育脳レシピ>

 頭の回転スピードUP → 豆腐とホウレンソウのグラタン。

 脳の老化を防ぐ → 豆腐とサバ缶のアヒージョ。


料理:管理栄養士 豆腐マイスター 平沼亜由美。



2018年2月4日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~ 血管・メタボ・脳によし! ~ 大豆の七変化パワー」からのメモ書き。

その後編です。




ゲンキの時間 豆腐を使った認知症予防レシピ




味噌


ササミ
大豆の健康パワーをさらに増幅させるのが、「発酵」。


「発酵」とは、微生物などの力を利用し、元からある成分をパワーアップさせたり、新たな成分を作り出す、いわば、人間の知恵です。


そんな発酵を利用して作られる大豆製品の代表格が、そう、「味噌」「納豆」だ。



大豆七変化その(4)は、「味噌」。

期待される健康効果は、血糖値の上昇抑制です。


その秘密は、発酵や熟成の過程で作られる、褐色成分「メラノイジン」

このメラノイジンが、食後の血糖値の上昇を、緩やかにしてくれる。



味噌には、「赤味噌」と「白味噌」がありますよね。

実はこの2つ、それぞれ、おススメの食べるタイミングがあるのだとか。


 赤味噌 → 朝食に!

 白味噌 → 夕食に!



赤味噌に豊富なイソフラボンは、基礎代謝を活発にしてくれます。

そのため、朝食にとることで、身体にエンジンをかけてくれるのだ。


一方、白味噌には、脳の興奮を抑えてくれる「GABA」という成分が豊富。

夕食にとることで、寝付きを良くする効果が期待できます。
 



納豆


ササミ
大豆七変化その(5)は、納豆。


東京都は青梅市にある、「菅谷食品」。

こちらで作っている納豆「つるの子納豆」は、2015年の納豆品評会で 最優秀賞に輝いた一品。

さらに、農林水産大臣賞まで 受賞しています。


菅谷食品 つるの子納豆



こちらでも、納豆の製造工程を見せてもらいました。


まず、一晩水に浸けた大豆を、蒸します。

菅谷食品では、この蒸しの工程で、一部の商品に、特殊な蒸し方を採用しているのだとか。

それが、「せいろ蒸し」という製法。

通常の釜だと、上から蒸気をかけて大豆を蒸します。

しかし、こちらは、蒸気を下から上げて蒸す。

つまり、大豆を包み込むように蒸すんですね。

そのおかげで、大豆の養分が 非常に逃げにくいというわけ。


蒸しあがったら、温かいうちに、納豆菌が噴霧されます。

それをすぐさま、容器に詰める。

そして、室温40~41℃の発酵室で、18~20時間保存します。

この間に、納豆菌が大豆の養分を分解し、発酵を促進してくれるのだ。


この発酵によって、いろんな成分が増えてきます。

例えば、骨を作るのに大切な「ビタミンK」は、発酵前の蒸し大豆に比べ、50倍以上に。


<100gあたりのビタミンK>

 納豆 vs 蒸し大豆

 600mg > 11mg




さらに、納豆菌による発酵で、新たに生まれる成分もあります。

それが、「ナットウキナーゼ」


ナットウキナーゼとは、血液サラサラ成分で、血中にできた血栓を溶かす働きが。

つまり、納豆を食べれば、脳梗塞や心筋梗塞の予防になるってわけだ。


そんな納豆の中でも、発酵で生まれる成分が多いのが、「ひきわり納豆」だという。

ひきわり納豆は 大豆が割ってあるので、納豆菌が付きやすくなるんですね。

その分、菌による分解が進みやすく、生まれる成分も多くなるってわけ。
 



大豆もやしとテンペ


ササミ
さあ、いよいよ、おおづめですね。

大豆七変化その(6)は、「大豆もやし」。


大豆もやし


大豆もやしには、美肌効果があるのだとか。

というのも、発芽することで、美肌に欠かせない「ビタミンC」が生成されるんですね。

また、その他のモヤシには見られない「イソフラボン」は、肌の弾力をアップさせ、しわが改善したという研究データもあるそうな。




そして、大豆七変化その(7)は、「テンペ」。

テンペとは、インドネシア発祥の大豆製品。

ゆでた大豆にハイビスカスなどの葉に付く「テンペ菌」をふりかけた発酵食品です。

インドネシアの納豆とも呼ばれる。


テンペ


テンペは、納豆のような強いニオイがなく、肉や魚の代わりに、炒め物に重宝するのだとか。


白澤先生によれば、テンペはお酒好きにおススメ。

というのも、発酵の過程で「ナイアシン」という物質をたくさん作るんですね。

このナイアシンは、アルコールの代謝に重要な成分なんです。
 



豆腐の育脳レシピ


ササミ
ここからは、豆腐を使ったレシピを紹介!


教えてくれるのは、管理栄養士で豆腐マイスターの 平沼亜由美さんです。

テーマは、「脳をイキイキ! 育脳レシピ」だ。


カギとなる成分は、豆腐の「レシチン」

人間の脳内には 神経細胞が張り巡らされ、そこを行き来する神経伝達物質の材料となるのが、レシチンなんです。

豆腐をはじめ大豆製品には、このレシチンが豊富に含まれているんですね。



まずは、「頭の回転スピードUP」から。



<豆腐とホウレンソウのグラタン>


材料:2人分

 豆腐:150g

 ホウレンソウ(ゆで):30g

 ホワイトソース:150g

 ピザ用チーズ:30g

 ベーコン:20g


(1) 豆腐、ゆでたホウレンソウ、ベーコンを、食べやすい大きさに切っておきます。

(2) 耐熱皿に、豆腐、ホウレンソウ、ベーコンをのせる。

(3) さらに、ホワイトソースと ピザ用チーズをのせ、オーブンなどで、焦げ目がつくまで焼けば、できあがり。



豆腐とホウレンソウのグラタン


ポイントは、カルシウム。

レシチンは 単体では神経伝達をスムーズに行うことができません。

その手助けをするのが、カルシムというわけ。




続いてのテーマは、「脳の老化を防ぐ」


脳の神経細胞は、加齢と共に減少し、重度の場合、認知症を招くことも。

それを食い止めるのが、「サバ缶」だという。

サバなど青魚に含まれる「DHA」や「EPA」には、加齢で減少した脳の神経細胞を再び増やし、それぞれをつなげる働きがあるんです。



<豆腐とサバのアヒージョ>


材料:2人分

 豆腐:100g

 サバの水煮缶:1缶

 オリーブオイル:適量

 すりおろしニンニク:小さじ1


(1) 豆腐は、食べやすい大きさに切っておきます。

(2) 鍋か直火可能な耐熱容器に、豆腐、ほぐしたサバ缶、オリーブオイル、すりおろしたニンニクを入れて、火にかける。

たった、それだけ。



豆腐とサバのアヒージョ


パンなどにつけて食べても、おいしい。




大豆製品を食べて、健康になりましょう!





豆腐があればごちそうレシピ―「豆腐マイスター」のプレミアムメニュー



シンプルで“大人かわいい






 前編 → 【大豆と健康(1)】 豆乳で乳がん予防




[関係する記事]

 → 【薬膳スープ】 素材&レシピ

 → 【豆みそ レシピ】 みそだまりの作り方

 → 【クリーム豆腐】作り方とアレンジ料理




関連記事




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間 食べ物 認知症 生活習慣病


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ









FC2カウンター


アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【アルコール】 二日酔いしない飲み方とおつまみ Dec 16, 2018
【低血糖】 血管のダメージを 間食で防げ Dec 13, 2018
【インフルエンザ対策のまとめ】 2018 Dec 11, 2018
【月報】 2018年12月 Dec 08, 2018
【小松菜が変身】 ゆで時間と漬物風レシピ Dec 06, 2018
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
FC2拍手ランキング
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村