【子どものアレルギー対策】 経口負荷試験について/ガッテン 後編


島根で発生した、肉アレルギー。

その原因は、身近にいる存在でした。

また、医療従事者やサーファーにも、意外なリスクが!


<子どもの対策>

実際に、原因物質を食べて調べる、「経口負荷試験」。

期待される効果と、問題となっている課題について。



解説:藤田保健衛生大学 医学部 客員教授 宇理須厚雄。

島根大学 皮膚科 千貫祐子。

国立病院機構 相模原病院 臨床研究センター 副センター長 海老澤元宏。




2018年1月31日放送の「ガッテン」より、「食べてないのに突然発症!? 食物アレルギーの新常識」からのメモ書き。

後編です。




ガッテン 子どもの食物アレルギーと経口負荷試験




意外な落とし穴


ササミ
10年ほど前、島根県で、ある食べ物のアレルギー患者が、次々に見つかったことがありました。

それは、牛肉などの、「肉アレルギー」



患者さんのお話。

「その時は、蕁麻疹(じんましん)が出たけども、最初は(原因が)分からなかったんです」


別の患者さん。

「気分が悪くなって、ここ(サッシ)を開けた途端に、ひっくり返って…」

「2時間半くらいは、空白です」



この肉アレルギーの原因を突き止めたのが、この方。

島根大学 皮膚科の 千貫祐子(ちぬき ゆうこ)先生。

偶然、肉アレルギー患者を診察したことがきっかけで、研究を開始しました。


患者さんから聞き取りなどをすること、実に10年。

ある共通点を発見したという。


それが、イヌやネコ。

そう、ほとんどの人が、ペットを飼っていたんです。


そして、ペットと肉アレルギーを結びつける原因が、ついに判明しました。

犯人は、「マダニ」だったんですね。

ペットについていたマダニが、人に付着。

血を吸う時に皮膚から入るマダニの唾液と、牛肉に含まれる成分とが、同じであることを突き止めたんです。


千貫先生のお話。

「マダニに気をつける方法を徹底したところ、1年半くらいで、あっという間に 2名が 牛肉アレルギーが治って、本当に良かったなって思って…」


このように、意外な原因で食物アレルギーになることって、実は、他にもあるんです。




<食物アレルギーになる意外な原因>


 飼い主 → ペットのマダニ → 肉(牛、豚など)。

 医療従事者 → 手袋の天然ゴム → バナナ、栗、アボカド。

 花粉症の人 → 花粉(シラカバ、ハンノキなど) → リンゴ、キウイフルーツ、桃など。

 サーファー → クラゲ → 納豆。




お医者さんがよくつける、手袋の天然ゴム。

これに、バナナや栗、アボカドと同じアレルギーのもとが入っているのだそうです。

天然ラテックスゴムといって、樹液からできている手袋の中に、それが入っている。


天然ゴム(ラテックス)でアレルギー反応のある人が、共通の物質を含む果物で、食物アレルギーを起こすことがある。



また、シラカバやハンノキなどの花粉にも、リンゴやキウイ、桃などと同じアレルギーのもとが入っています。

発症すると、口がイガイガしたりするとのこと。


花粉症の種類によって、果物の食物アレルギーになることがある。



海でサーファーがクラゲに刺されることで、起きることも。

納豆のネバネバ成分と同じなんですね。


クラゲと納豆のネバネバ成分に、共通のアレルギー物質が含まれていた。



このように、思わぬ原因で食物アレルギーになることがあります。

気になる方は、専門医に相談してください。






ササミ
「食物 皮膚からアレルギー」

身体の外側から入ってくるアレルギーも、あるんですね。

肌荒れと触り過ぎに、注意しましょう。

エノキ
ガッテン! ガッテン!




子どもの対策


ササミ
続いては、子どもの食物アレルギー対策を、紹介します。

ここ10年ほどで、大きく変わったと言いますが…。


おととし発行された、「食物アレルギー 診療ガイドライン 2016」

アレルギーの原因となる食べ物を避けるのではなく、安全な範囲で摂取することを勧めるように、なってきたのだとか。

(* 決して、家庭で判断せず、医師の指示に従ってください)


ガイドラインの作成に携わった専門家に、話を伺いました。

作成委員会の顧問、宇理須厚雄 先生です。

「最近は、安全量でもいいから 食べていた方が、より早く耐性がつくかもしれないと」

「『安全量の範囲でも食べましょう』と、こういったような指導が、今は、普通になされるようになってきたんですね」



一方、去年11月、子どもの食物アレルギーの臨床研究や検査で 重い症状が出たケースがあることが、発表されました。


今、医療の現場では、どういった 子どもの食物アレルギー対策が、行われているのでしょう?


愛知県は尾張旭市にある、子どもの食物アレルギー対策行っている病院。

「うりすクリニック(URISU CLINIC)」


病院に、4歳の男の子、Eくんが やって来ました。

Eくんは、生後3か月で、牛乳アレルギーだと診断されたのだそう。

なので、その後、乳製品を、一切 食べてきませんでした。


別の、8歳の男の子、Fくん。

Fくんも、生後3か月で、牛乳アレルギーを発症。

以来、7年間、牛乳を避けてきました。

お母さんは毎月、給食のメニューをチェックします。

牛乳が含まれている場合は、お弁当を作って、持たせる。

飲食店に行ったり、旅行に行く時も、気を遣うことが多いのが現状です。



一般的に、子どもの食物アレルギーの多くは、小学生になるまでには改善するといわれています。

そのため、これまで ふたりは、症状がよくなることを待って、牛乳を完全に避けてきました。

しかし、なかなか改善せず、食事制限の負担も大きいため、専門の医師のもと、半年前から、新しい食事法を始めたのです。

そこでまず行うのが、「経口負荷試験」と呼ばれる検査。

問診や血液検査などで、アレルギーの程度を把握し、実際に アレルギーである食品を、少しずつ摂取。

どこまでなら食べても症状が出ないか、安全量を見極めるテストです。

それを定期的に繰り返し、安全な量が増えているかを調べる。

保険適用されていて、子どものアレルギーが専門の全国の病院で受けられるとのこと。



<経口負荷試験>

医師の管理のもと、実際に原因物質を摂取し、安全量を定期的に調べる検査(保険適用)。




上で紹介した ふたりの男の子も、半年ぶり 二度目の検査を受けました。


まずは、Fくんから。

用意されたのは、牛乳です。

200mlで問題がなければ、ほとんどの乳製品が食べられるらしい。


牛乳を飲んで、その後、30分間。

身体に症状が出ないか、様子を見ます。


結果は、問題なしでした。


2回目は、さらに量を増やします。

お母さんが作った牛乳入りホットケーキを、食べてみる。


ここで、咳(せき)が出ました。

アレルギー反応です。

すぐに症状を抑える薬を飲み、症状が落ち着くまで、病院で安静にしました。


この日は、半年前より、10ml多い 50mlまで、飲んでも大丈夫だと分かりました。



続いては、Eくん。

牛乳 50mlから、スタートだ。

30分後、さらに、牛乳 50mlを飲みました。

3回目は、100ml。合計で 200mlになります。


飲み終わってから、2時間。

身体に症状が出ないか、チェックする。


結果は、OK。

前回より、大幅に改善していました。


しかし、検査は、これで終わりではありません。

お医者さんから、詳しい注意事項の説明を受けます。


<注意(症状が出やすい要因)>

入浴や運動の後。

風邪や喘息(ぜんそく)による体調不良など。



実は、この試験で調べた安全な量は、体調などによって、減ってしまうことがあるんです。

そのため、患者さん自身や家族も、日常での注意点を知っておく必要があるのだ。



こうして、細心の注意を払って行われている、新しい食事法。

専門家に、さらに詳しく教えてもらいましょう。


藤田保健衛生大学 医学部 客員教授の 宇理須厚雄 先生です。

「(先ほど紹介したのは)経口負荷試験といって、どこまで飲めるかということを確かめるテストなんですね」

「以前はですね、経口負荷試験で 陽性だと、もうそれは全部 除去しましょうという指導をしてたんですけれども、今は 安全量の範囲ならば 飲んでも食べても いいですよと」

「ひょっとするとですね、その安全量、少ない量ですけども、摂取してた方が 早く治るかもしれないと」



<現在の 子どもの食物アレルギー対策>

経口負荷試験で、安全な量を細かく測定。

可能な範囲で摂取することが、勧められている。



子どもの免疫機能は未発達なため、安全に摂取することで耐性がつくと、考えられているのだそうです。


安全な量が分かることで、食べられる食品の種類が増えるとも。

それによって、お子さんにとっても、生活が楽しみになるのではないかと。



<注意点!!>

自己判断では、決して行わないこと!

必ず、医師の指導のもとで、行ってください!






一方、去年11月、食物アレルギーの臨床研究で行われている治療で、一時 子どもが心肺停止になったことが分かりました。

それを受けた学会は、全国の専門病院などに調査。

今回紹介した経口負荷試験でも、重い症状が出ていたことを発表しました。


287の施設からの回答を得た結果、食物アレルギーの重い症状の報告が、18件あったといいます。


重篤なアレルギー症状の概要


「誤食」、患者さんが誤って食べてしまって症状が出たものが、8件。

臨床研究で行われている治療に関連するものが、4件。

今回紹介した経口負荷試験の検査中にも、5件。

一時、呼吸困難などの重い症状が出ましたが、現在は全員、回復しているとのこと。

後遺症も、ありませんでした。


発表の内容について取りまとめた、学会の食物アレルギー委員会の委員長に、話を聞きました。

国立病院機構 相模原病院 臨床研究センター 副センター長の 海老澤元宏 先生です。

「経口負荷試験において 重い症状が出てしまうというのは、あってはいけないことだと思います」

「ですから、そういう事例が発生してしまったというところの、根本的な原因を追究して、そういうことが起きないように心がけたいと思います」


しかし、経口負荷試験をやめ、原因となる食品を完全に除去するにしても、問題があるといいます。


「除去すればするほど、逆に 治りにくくなっていくことも、最近、分かってきてます」

「重い症状が出ないように、我々 十分気をつけて、安全性の確保について、各施設の先生方に注意喚起したところです」




一方、食物アレルギーに悩んでいる方々は、今回の件について、どのように受け止めているのでしょうか?


患者さんや その家族の支援をする方に、聞いてみました。

NPO法人 アレルギーを考える母の会、園部まり子 代表です。

「せっかく、よくなりたいと思って 医療機関に行ったのに、そこで一度でも怖い思いをしますと、次の受診や負荷テストが、恐怖に感じてしまいます」

「トラウマになってはいけないので、やはり、病院に行ったら、安心・安全で、希望の持てるような診療であってもらいたいと願っています」


そして、患者側も 十分納得した上で、食物アレルギーの対策を、医師と共に 行うことが大切だと。


「不安なことや疑問や質問があったら、先生に納得のいく ご指導を受ける」

「双方で、納得して慎重に、負荷テストを進めていく必要があるのではないかと思います」



現在でも、学会では、個々の事例について 問題点を調べ、より安全な方法を目指そうとしています。



昔とは違った、よりよい方法を研究している最中。

それだけに、課題もあるようですね。



少しでも多くの人が、食物アレルギーで悩まない世の中になりますように。





アレルギー医療革命 花粉症も食物アレルギーも治せる時代に!



たまひよ赤ちゃん・子どものアトピー&アレルギー大百科―ひよこクラブ (ベネッセ・ムック―たまひよブックス)



図解 食物アレルギーの悩みを解消する! 最新治療と正しい知識


 



次回は、2月28日の放送です。

メガネが合ってないことで、頭痛、肩こり、目の疲れ、倦怠感が?

「あなたの目にベストマッチ! 幸せメガネSP」。





 前編 → 【食物アレルギー】 食べてなくても発症?




[関係する記事]

 → 「手足のかゆみ 全身型金属&連鎖型花粉果物アレルギー」

 → 「お好み焼き粉とダニ、お風呂のカビ、女性の水虫」

 → 「気づかないかぶれと樹状細胞、オープンテストで判別」




関連記事




tag : ためしてガッテン かゆみ アレルギー


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ


健康と医療ランキング






FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【乾燥肌対策】 かゆみの原因&入浴法/健康カプセル! ゲンキの時間 Feb 13, 2018
【歯は磨いてはいけない?】 森昭/ビーバップハイヒール Feb 08, 2018
【大豆と健康(2)】 豆腐の認知症予防レシピ/ゲンキの時間 Feb 06, 2018
【大豆と健康(1)】 豆乳で乳がん予防/ゲンキの時間 Feb 05, 2018
【子どものアレルギー対策】 経口負荷試験について/ガッテン 後編 Feb 02, 2018
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村