【食物アレルギー】 食べてなくても発症?/ガッテン 前編




新情報!

ニンジン、ハチミツ、魚など。

食べたことが原因でないのに、ある日突然、食物アレルギーになってしまう。

そのメカニズムは、どうなっているのでしょうか?


ラック博士がロンドンで行った「ピーナッツ・アレルギー」の調査で 明らかになった、その原因とは?

カギとなるは、樹状細胞とT細胞。


アレルギー回復の体験談。

対策は、「〇〇しないこと」だった。




解説:藤田保健衛生大学 総合アレルギー科 矢上晶子 教授。



2018年1月31日放送の「ガッテン」より、「食べてないのに突然発症!? 食物アレルギーの新常識」からのメモ書き。

その前編です。




ためしてガッテン 食物アレルギーの新常識




食べていなくても 食物アレルギーに?


エノキ
さあ、今回のテーマは何でしょうか?

ササミ
「食物アレルギー」について。

ちょっと常識が覆されますよ。




加工食品のパッケージを見ると、こんな表示、見かけませんか?


 「アレルギー表示」

 「本製品に含まれるアレルギー物質」

 「アレルゲン」



中には、このような表示も。


 「乳を含む製品と共通の設備で製造しています」

 「えび、かにの生息域で採取しています」



加工食品のアレルギー表示




では、みなさん、食物アレルギーの原因を、ご存知でしょうか?


ここで、新情報!

なんと、食べたことが原因でないのに、ある日突然、食物アレルギーになってしまうことが、判明したというのです。


アレルギーの専門医は、言いました。

「食物アレルギーの新たな原因が分かったことによって、今 アレルギーの世界は、180度転換しています」


また、別のアレルギー専門医も、こう言った。

「これまで以上に、患者さんたちを、救うことができる可能性があります」


その新たな原因とは、何なのでしょうか?





スタジオに運ばれたのは、現在 食物アレルギーに指定されている食材です。



<アレルギー表示対象品目>


 卵、乳、小麦、そば、大豆、

 ごま、落花生、カシューナッツ、くるみ、

 えび、かに、あわび、いか、いくら、

 さけ、さば、鶏肉、牛肉、豚肉、

 オレンジ、キウイフルーツ、バナナ、もも、りんご

 まつたけ、やまいも、ゼラチン。



これらは、ひどいアレルギーを起こすものや、報告の頻度が多いことから表示対象になっている、27品目。




さて、今回のテーマは、今まであまり聞かなかった話。

食べたことが原因ではないのに、食物アレルギーになってしまう。


3人の方が、体験談を話してくださいました。




[体験談(1)]


「体質が変わった?」


主婦のAさん。

40歳の時、ある意外な食べ物のアレルギーになりました。

その食べ物とは、「ニンジン」


Aさんは、25歳で結婚。

子どもの頃から、まったく ニンジン・アレルギーはなく、普通に食べていました。

ところが、結婚から15年のある日、突然、ニンジンを食べた時に、アレルギー症状が出たのです。

ニンジンを生で すりおろしたジュースを飲んだら、ノドが かゆくなった。


その後、病院を受診し、検査したところ、ニンジン・アレルギーだと判明しました。

以後、ニンジンを食べられない状態に。


これは、どういうことなんでしょう?

突然、ニンジンが身体に合わない体質に、なってしまったのでしょうか?




[体験談(2)]


「たくさん食べていたら…?」


神奈川県に住む主婦、Bさん。

3年前のある日、食後に、謎の胃痛に襲われたといいます。

立ってられないような、胃の痛みだった。

まるで、中が腫れて、臓器がぶつかり合うような感じだったという。


何度か同じ症状が続いたため、病院で検査することに。

すると、「ハチミツ・アレルギー」だと診断されました。


実は、Bさんには、思い当たる節があった。

ごはんを炊く時に入れると おいしくなると聞いて、ずっと実践していたのです。

また、砂糖の代わりに、ハチミツで調理していました。


Bさんは食べ過ぎを疑いましたが、本当の原因は、別にあったようですよ。




[体験談(3)]


「体調不良のせい…?」


33歳の男性、Cさん。

19歳の時、魚アレルギーになってしまったという。


高校卒業後、家を出て、ホテルのレストランに就職。

ですが、仕事に慣れず、体調不良の時に、最初の症状が出ました。

味見で魚を口にしたのですが、食べてしばらくすると、ノドがむせるというか、かゆくなった。

これは何だろうと、Cさんは考えました。

風邪だろうか? 体調が悪いのだろうか?


ところが、十分な休息をとったにもかかわらず、症状は悪化。

次々に、いろいろな魚で、症状が出るようになってしまいました。

ついには、魚のスープ(ブイヤベース)を飲んだだけで、パタッと倒れてしまった。


Cさんは、退職せざるを得ませんでした。

アレルギーで、人生に影響が出てしまったのです。





3人のきっかけや経緯は、バラバラです。

なぜ、突然、食物アレルギーに なってしまったのでしょうか?

共通する原因は?




原因は さわり過ぎ?


ササミ
今から10年ほど前、ある食物アレルギーに関するイギリスの研究が、世界に衝撃を与えました。

それは、「ピーナッツ・アレルギー」

当時、子どもたちの間で、急増していたんですね。



大学院生のポール・ジョーンズさん。

アレルギーを発症したのは、3歳の頃。

初めてピーナッツを食べたところ、体中に発疹が出て、病院に搬送されたといいます。

診断は、ピーナッツ・アレルギーでした。

それからは、誤ってピーナッツを食べてしまった時のために、症状を抑える注射を持ち歩いているのだそうな。


ポールさんのお話。

「これ(症状を抑える注射)が、僕の命綱です」

「絶対に、手放せません」

「おかげで、僕は、知らない場所には、行けなくなりました」


当時、イギリスなどでは、ピーナッツ・アレルギーの患者は、10年間で 2倍にもなっていたらしい。



この原因を調べようと立ち上がったのが、ロンドン大学の ギデオン・ラック 教授です。

ラック博士は、ロンドンに住む1万2千人以上の子ども達を調査。

すると、意外な事実が浮かび上がってきました。



<当時考えられていた、食物アレルギーのメカニズム>


カギを握るのは、身体の免疫をつかさどる「T細胞」。

何らかの原因で、このT細胞が ピーナッツを誤って 敵だと認識。

ピーナッツを攻撃するための細胞が、できあがります。

そして、再びピーナッツを食べた時、体中で その細胞に出会うと、アレルギー反応が起きるというわけ。



しかし、ラック博士が 子どもたちの生活習慣や血液などを詳しく検査したところ、食べたことが原因ではない新しいメカニズムを、発見したのでした。


ラック博士のお話。

「この結果には、とても驚きました」

「そして、〇〇〇がアレルギーの原因だと考えたのです」


ロンドンに住む 1万2千人以上の子どもを調べたところ、ピーナッツ・アレルギーにかかっている子どもの「91%」が、生後半年以内に、あるものを使用していたんですね。


そのあるものとは、「ピーナッツオイル入りの保湿クリーム」

当時は、アレルギーを起こすピーナッツの成分が精製しきれずに、残っていたそうなんですね。

それが原因だと、ラックさんは結論付けました。

(現在では、ほとんどの商品が、きちんと精製されているそうです)



体験談で紹介した、3名の方々。

その原因は、「さわり過ぎ」だと思われます。



ハチミツ・アレルギーの Bさん。

実は、ハチミツを、あることにも使っていました。

「はちみる美容法」なるものを雑誌かテレビで観て、実践していたそうなんです。

洗顔クリームやボディソープにちょっと足して、使っていた。


ハチミツを3年間、肌に使用してたというわけ。


その後、食べても、アレルギーが起きるようになってしまいました。



魚アレルギーの Cさんは、どうでしょう?


Cさんはレストランで働き始めて、魚を触る機会が増えたようです。


1年後、魚を食べると症状が出るようになりました。



主婦の Aさんは、どうでしょう?


いろんな料理に、ニンジンを使いますよね。

当然、触る機会は多い。

Aさんは、15年間 調理でニンジンを触っていたというわけ。




<さわり過ぎとアレルギーのメカニズム>


T細胞くんは、リンパ節にいる免疫細胞。

体内を監視しています。

役目を例えるなら、交番のおまわりさんのようなもの。

T細胞くんが食べ物を敵だと認識すると、体中に攻撃用の細胞が増えます。


例えば、精製が不十分なピーナッツ入りの保湿クリームの場合。

精製が不十分でも、肌に塗っているだけでは、普通、敵だと認識しません。

ところが、皮膚のすぐ下にいる「ある存在」が、アレルギー発症のカギを握っているのでした。


肌から食物アレルギーが起きてしまった皮膚を、特殊な顕微鏡で見た画像。

光っているのは、「樹状細胞(じゅじょうさいぼう)」というもの。

立体的に横から見てみると、「活性化した樹状細胞」は バンザイしているような形になっています。


樹状細胞


バンザイしているということが、どんなたいへんなことを引き起こすか?



先ほどの、精製が不十分なピーナツオイル入り保湿クリームを肌に塗った場合。

もともとの樹状細胞であれば、何も起きません。

しかし、活性化した(バンザイした状態の)樹状細胞の場合だと、保湿クリームの成分を捕まえてしまうのです。

そして、T細胞に、報告しちゃうんですね。

結果、攻撃用の細胞が増えてしまうのでした。


この状態で食べると、たいへんなことに。

アレルギー物質が攻撃用の細胞と出会い、蕁麻疹(じんましん)などのアレルギー症状が出てしまいます。



では、なぜ、樹状細胞が活性化してしまうんでしょう?




矢上晶子先生の解説


ここでスタジオに、専門家の先生が登場。

藤田保健衛生大学 総合アレルギー科の 矢上晶子 教授です。


体験談で紹介した 3人のうち、2名は、炎症のある部位で触っていたと、矢上先生は言います。

例えば、ニンジンを触っていた Aさんには、手湿疹がありました。


炎症のある肌で触れると、危険大!

食べ物に触れる量が多かったり、頻度が高いほど、注意が必要!



肌は免疫の器官なので、炎症があるところに、樹状細胞がバンザイするのだそうです。



また、長期間 塗ることでも、起こります。

自分では肌荒れと思っていなくても、実際は肌が荒れていることがある。


気がつかない肌荒れもあるので、長期間 肌につけるものには、特に注意が必要!



樹状細胞が活性化する理由、それは、肌荒れや湿疹などの炎症だったのです。

皮膚で炎症が起きると、「何が起こっているんだろう?」と、樹状細胞が活性化して、手を伸ばします。

その結果として、皮膚表面の食べ物を捕まえることがあるのだ。


実際に、全国 3500人以上の調理に携わる人を調査したところ、手に重度の肌荒れなどがある場合、職業的に食べ物を触る調理師などで「32%」、主婦では「7%」の人が、何かしらの食物アレルギーだと診断されたという研究があります。


<重度の肌荒れ(湿疹)と食物アレルギーの関係>

 主婦:7%

 調理師など:32%


(一般的には、成人の場合、1~3%)



しかし、食べ物由来の成分が入った商品は、いろいろありますよね。

石鹸、ソープ類、化粧品など、頻繁に触れたり、肌につけるものも、多い気がします。


矢上先生の解説。

「決して、すべてのものが 怖いことを起こすわけではないんですね」

「今は、多くの方は、安全に使えると思います」

「しかも、企業や行政、大学とかが組んでですね、すぐに情報をキャッチできるようなシステムを作っています」


現在、肌に使う商品の多くは、アレルギーが出ないように製造されているとのこと。


製品以外にも、注意が必要です。

キュウリでパックするなど、「食べ物を使った自己流の美容法」は、要注意。


製品であれ、自己流であれ、肌に異常が出たら、いつもつけているものを考え直した方が良いのかもしれません。

症状が強かったり、気になったりしたら、皮膚科を受診してください。




また、食べ物に触れて かゆみが出始めたら、初期症状かもしれません。

アレルギーが専門の皮膚科を受診しましょう。





<治療>


ニンジン・アレルギーでお困りの、Aさん。

実は、アレルギーになる前から、手の湿疹に悩んでおられました。

ひび割れも、ひどかったのだそう。

その頃、アレルギーの度合いを示す数値、血液検査の結果は、比較的重い「3」というクラスでした。


Aさんは、アレルギー専門の皮膚科医を受診し、湿疹の治療を受けました。

すると、症状が改善し、手の湿疹が減ったといいます。

(横浜市立大学附属病院 皮膚科の 猪又直子 先生)

また、手荒れが改善するまで、ニンジンには触らないようにしました。


その結果、数値は、軽度の「1」にまで改善したんです。

もうちょっと頑張ると、ニンジンをまた食べられるようになるとのこと。


(* すべての原因が肌荒れというわけではありません。また、改善しないこともあります)




他にも、原因となる食べ物を触らないことで、アレルギーを克服した人がいます。



[体験談(4)]


Dさんという女性が、その人。

当時、パン屋さんだったDさんは、3年前、小麦アレルギーを発症。

お店を続けることが、できなくなってしまいました。


それからは、生活が一変。

お医者さんからのアドバイスで、小麦粉に触れるのを、一切、やめたという。

仕事も、パン屋さんからギョーザ屋さんに転向。

ギョーザの皮は小麦粉ですが、皮を触る作業は、別の人(親戚)に やってもらっています。


小麦粉を触らなくなって、2年。

先日、血液検査で、小麦アレルギーが陰性になったのだそうな。

ついに、大好きだったパンも、解禁です。




でも、実は、食物アレルギーには、もう一つ落とし穴が…。





NHKガッテン! 2018年 02 月号



食物アレルギーのすべてがわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)


 



後編では、子どもの食物アレルギー対策と、経口負荷試験などについて、紹介します。




関連記事




tag : ためしてガッテン 健康の新常識 アレルギー


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ








FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【かつお節 後編】 アレンジ料理 オイル&バター&アイス/ガッテン Jul 12, 2018
【かつお節 前編】 パックは使い切るのが基本/ガッテン Jul 12, 2018
【唾液 後編】 ドライマウス対策に 昆布ドリンク/ガッテン Jul 06, 2018
【唾液 前編】 育毛~ドライマウスの悩み/ガッテン Jul 05, 2018
【トロトロわかめ】 ペースト“わかぺ”の作り方/ガッテン Jun 28, 2018
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
注目記事
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村