【熊本県】 肝臓によい食材/健康カプセル! ゲンキの時間


お酒(焼酎)の消費量が多いのに、肝疾患での死亡率が全国でも低い、熊本県。

その秘密は、どこにあるのだろうか?


<食材>

 ・グリコーゲンやカルノシンが豊富な、馬肉。

 ・豆腐の味噌漬け(山うに)。

 ・お酢とクエン酸。

 ・晩白柚(ばんぺいゆ)。


<運動>

 ・週250分程度の速歩きで、脂肪肝が改善。


<趣味>

 ・カラオケ。

 ・釣り。



ドクネット:日本大学医学部 内科系消化器肝臓内科学分野 松岡俊一 教授。

 国立健康・栄養研究所 栄養代謝研究部 田中茂穂 部長。

ゲスト:湯山玲子。

ゲンキスチューデント:足立梨花。

ゲンキリサーチャー:レッド吉田。



2017年12月24日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~ 暴飲暴食の年末年始 ~ 肝臓健康県・熊本に学ぶ!」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 熊本県に学ぶ肝臓によい食材




肝臓健康県 熊本


エノキ
さあ、今回のテーマは何でしょう?

ササミ
「肝臓健康県 熊本」について。




これからの季節、忘年会や新年会が続く人も、多いのでは?

となると、気になるのが、肝臓の健康です。


そこで今回は、「肝臓ゲンキの秘訣」を、熊本県から学んじゃいます!


熊本県は、焼酎の消費量が 全国3位。

にもかかわらず、肝疾患での死亡率の低さが、男性で2位、女性で1位なんです。

たくさん飲むのに、なぜか肝臓が健康な県なのだ。




まずは恒例の基礎クイズから。


Q)次の内、肝臓にやさしい お酒の飲み方は、どれでしょう?

 A:お湯割り。

 B:ソーダ割り。

 C:ロック。












答えは、「全部同じ」

摂取するアルコール量が同じなら、どんな飲み方でも、肝臓にかかる負担は同じなんですね。





肝臓がゲンキな秘訣を探るために、まず向かったのは、熊本一の繁華街。

熊本市の居酒屋「さんじゅまる」で、手掛かりを探します。



常連さん二人に話を聞くと、一晩で飲む量は、毎日 焼酎 7~8杯だという。

にもかかわらず、健診結果を見せてもらうと、肝臓の値は正常です。


<肝臓の検査項目と基準値>

 AST/GOT:10~40

 ALT/GPT:5~45

 γ-GTP:男性 0~75 女性 0~35




毎日お酒を飲んでいるのに、なぜ、正常範囲内なのでしょうか?



その日、お二人が食べていたのが、「馬づくし料理」。

どうやら、馬肉に秘密がありそうだぞ。


メニューは、「馬刺」「馬スジの大根煮込み」「馬串(馬肉の串焼き)」。


馬づくし料理


馬肉は 戦国時代から食されており、現代では、ここ熊本が、馬肉生産量・消費量ともに、日本一なのだ。




熊本では、お酒の席だけでなく、普段から 馬肉がよく食べられているといいます。

地元のスーパー「イワサキACE 上熊本店」の食肉売り場を見ると、馬肉専用コーナーが。

「タテガミ」「フタエゴ」「霜降り3枚バラ」などが売られています。


地元の人によれば、魚の刺身と同じ感覚で食べるのだそう。

牛スジより 馬スジの方が使う、という人も。


そして、馬肉コーナーには、なぜか、納豆が置かれている。

というのも、納豆と馬肉を混ぜた「桜納豆」が、熊本県民の大好物なんです!


桜納豆


納豆を刻んで、馬肉に、ネギと卵を加え、箸でぐ~るぐると混ぜまぜ。



熊本の人が馬肉を愛していることは分かりましたが、肝臓とどのような関係があるのでしょうか?



東京都は板橋区にある、「日本大学医学部附属 板橋病院」。

内科学系消化器肝臓内科学分野の 松岡俊一 教授に、教えていただきます。


「馬肉には、グリコーゲンが多く含まれますので、肝臓にとっては、とても良い食材だと思います」


グリコーゲンとは、人間の体内に存在する物質で、肝臓では アルコールを分解するために使われます。

ところが、お酒を飲み続けると、グリコーゲンが不足してしまうんですね。

すると、肝臓に負担がかかり、肝機能の低下につながることも、あるのだとか。


だから、食べ物でグリコーゲンを補うことは、とても大切ってわけ。


馬肉に含まれるグリコーゲンは、牛肉の3倍! 豚肉の5倍!


<グリコーゲン含有量>

 馬肉:2290mg

 牛肉:674mg

 豚肉:432mg




さらに、松岡先生が教えてくれました。

カルノシンというペプチドが豊富で、これは抗酸化作用に優れております」


肝臓のサビつきや炎症を防ぐ成分も、含まれてるってわけだ。




<熊本の肝臓健康食材(1)>


グリコーゲンとカルノシンが豊富な馬肉。




お酒をよく飲むにもかかわらず肝臓がゲンキなのは、馬肉をよく食べるからだったようですね。


ただし、注意点も。

鉄分も多いため、肝臓に疾患がある人は、控えめに。




釣りと健康


ササミ
馬肉以外にも、肝臓によい定番メニューがあるといいます。


それが、「豆腐の味噌漬け」

熊本では、「うに」と言うのだとか。


豆腐の味噌漬け 山うに


水切りした豆腐を、味噌に10日間ほど漬け込んで作る。

熊本の山間(やまあい)でよく食べられていたそうで、ウニのような滑らかな食感から、「山うに豆腐」とも呼ばれる。



松岡先生の解説。

「お味噌と豆腐の組み合わせっていうのは、肝臓にとっては、最強だと思います」


たんぱく質やミネラルが豊富な味噌は、肝臓のアルコール分解作用を高めてくれるのだとか。

豆腐は、サポニンと亜鉛が 肝細胞を活性化させ、肝臓の機能を高める働きが期待される。


というわけで、豆腐の味噌漬けは、いいとこどりなのだ!

肝臓をゲンキにする、最強タッグなんですね。



<熊本の肝臓健康食材(2)>


味噌と豆腐。





「さんじゅまる」の店長さんも、酒をよく飲みます。

焼酎を毎日、10杯以上。

にもかかわらず、肝臓の数値は、すべて基準値をクリアしています。


それを支えるメニューが、「ガラカブ(カサゴ)の一夜干し」


ガラカブ(カサゴ)の一夜干し


といっても、料理そのものよりも、別のところに、秘訣があるらしいですよ。


週に1回は釣りに行くという、店長さん。

でも、釣りと肝臓に、どんな関係があるの?



実は、熊本の人たちは、釣りが大好きなんです。

釣り人口比率は、全国2位!

(過去1年間に釣りをした人の割合 10歳以上)

そのため、魚介類購入費が、全国48位なのだ!

(52都市での順位)



じっとしているイメージのある釣りですが、実際は、かなりアクティブ。


人の身体活動を研究する専門家に、教えてもらいましょう。

国立健康・栄養研究所 栄養代謝研究部の 田中茂穂 部長です。

「(釣りは)川岸ですとか、海岸を立って歩いたりするような場合ですと、だいたい、やや速めの歩行ぐらいの強度になります」


不安定な岩場を歩いたり、しゃがんだりなどの動作が多い釣りは、なんとか会話ができる速さの歩行と、同じ程度の運動効果があるんですね。

この歩行を、週に250分、1日30分ほど行うと、脂肪肝が改善したというデータもあります。


速歩きを 週250分程度行うと、脂肪肝が改善。



ちなみに、店長さんは釣りに出かけると、毎回 4~5時間は続けるそうです。




カラオケと健康


ササミ
前述のとおり、大都市における肝疾患による死亡率の低さで、熊本の女性は 堂々の第1位。

その秘密は、忘年会につきものの、ある楽しみと関係しているらしいですよ。


レッド吉田さんが、ご陽気な主婦たちの集まりに、参加させてもらいました。

みなさんお酒が大好きなのに、肝臓の値は全員、基準値の範囲内です。


その秘訣は、よく行く場所にあるらしい。


今回、向かったのは、「ビッグエコー 熊本下通り店」。

そう、「カラオケボックス」です。


熊本市は、カラオケボックスの店舗数が、人口比率に対して、全国2位の多さなのだ!

みなさん、カラオケが大好き。

水前寺清子さんの「365歩のマーチ」で、大いに盛り上がるといいます。

振り付けありで、大熱唱!



田中先生の解説。

「リズムに合わせてステップを踏むようなことがあれば、普通に歩いているような強度にもなりますし、激しい踊りを入れるような場合ですと、早歩き以上の強度にもなりますので、運動と同様な効果が得られると思います」


カラオケも、運動効果が抜群なんですね。

楽しく歌って踊れば、肝臓もゲンキになって、とっても お得なのだ。
 



ドクネット


肝臓の働きに詳しい先生に、教えてもらいましょう。

日本大学医学部 内科系消化器肝臓内科学分野の 松岡俊一 教授です。



MCの三宅裕司さんは、二日酔い対策として、お酒と同じ量の水を飲んでいるのだそう。

これに効果はあるのでしょうか?


松岡先生の解説。

「アルコール自体がですね、細胞内の水分を減らして、外に出してしまいます」

「それから、飲酒による利尿作用なんかもありますので、この点で、水分補給は非常に重要だと思います」

「(しかし)アルコール摂取量が減らないんだったら、肝臓にかかる負担は同じなんです」


「水分を摂ってもアルコールが減らなければ、肝臓にかかる負担は大きい」


結局、アルコールの量が問題になるようです。




<遅れて二日酔いがくることがありますか?>

<二日酔いにタイムラグはありますか?>



加齢とともに、アルコールの処理能力は、どうしても低下してしまいます。

そのため、二日酔いが遅くやってくることはある。
 



酢の効果


ササミ
カラオケに引き続き、レッドさんは女子会に誘われました。

そう、酒盛りです。


お酒も楽しみですが、食べ物も楽しみ。

テーブルには、熊本の名物が、ずらりと並んでますぞ。


黄色くて大きいのは、「辛子レンコン」だ。

レンコンの穴に辛子味噌を詰め、ウコンで色付けした衣で、揚げたもの。


辛子レンコン


お土産のイメージがありますが、熊本では手作りすることも多く、家庭ごとに味の違いもあるといいます。


レンコンには、肝臓に良い成分が豊富なんですよ。

「タンニン」「ビタミンC」を、たくさん含む。


レンコンと脂肪肝



<熊本の肝臓健康食材(3)>




続いての料理は、「トマト&酢」

なんでも、トマトに甘酢をかけるのが、熊本流なのだとか。

玉ねぎサラダにも、酢をたっぷりかけます。


居酒屋さんでも、「酢キャベツ」や「酢モツ」など、お酢を使ったメニューが定番だという。


熊本市は、酢の購入費が、全国第2位なのだ!

(なんか、2位が多いな)




熊本県は宇城市(うきし)にある、「松合食品」。

酢や醤油、味噌などを製造して 190年の、老舗(しにせ)醸造元です。


酢の元になる「種菌(たねきん)」を発酵させている「酢醗酵室」を見せてもらいました。

お酢は、米麹(こめこうじ)を醗酵(はっこう)させたお酒の中に、酢の種菌を入れ、さらに 1~2か月じっくり醗酵させて、造ります。

この種菌は、190年もの。

強い菌だけが残って、種菌として移し替えているのだとか。



そんな酢の主成分である「酢酸(さくさん)」や「クエン酸」には、肝臓を助ける様々なパワーがあるのだという。


お酢は、脂肪や たんぱく質をエネルギーに変えることで、肝臓の負担を軽減してくれます。

また、酢酸やクエン酸は、肝臓の代謝を促進してくれる。

毎日 大さじ1杯の酢をとれば、肝臓の脂肪が減少し、血中コレステロール値が下がったというデータも。


大さじ1杯の酢の効果



さらに、酢を使うことで、健康に良いある工夫ができるといいます。


お酢を使った郷土料理のひとつ、「つなし寿司」


つなし寿司


晴れの日に出されるお寿司らしいですが、酢を使うことで、塩分摂取を減らせるとのこと。


お酢は塩味を引き立てるので、少量の酢で 12.5~25%の減塩効果があるのだとか。

わずかな塩でも、しっかり味付けできるんですね。


実際、熊本県の塩分摂取量は、男性で41位、女性で40位。

かなり低めです。


<熊本の肝臓健康食材(4)>


酢酸やクエン酸を含む、お酢。





最後に登場したのは、デザート。

とっても大きな、「晩白柚(ばんぺいゆ)」だ。


晩白柚とは、熊本が名産の、世界最大級の柑橘類のこと。

ザボンの一種らしいですね。

「晩」は晩生のこと、「白」は果肉の色、「柚」は中国語でザボンのことらしい。


断面を見ると、ワタが かなり分厚いぞ。


晩白柚


そして実は、これがポイントなのだとか。


松岡先生の解説。

「ワタに含まれるナリンギンという物質があるんですが、これは ビタミンCの効果を増強させて、血液をサラサラにしたり、もちろん肝臓にも良くて、抗酸化作用や脂肪燃焼作用も強いんですね」


しかし、ワタはとっても苦いため、熊本では数時間砂糖で煮詰めた「砂糖漬け」にして食べられています。


<熊本の肝臓健康食材(5)>


ナリンギンが豊富な、晩白柚のワタ。






様々な健康食材が、熊本県にはありました。

肝臓のためにも、健康のためにも、熊本を見習って、忘年会シーズンを乗り切りましょう!


ねっ、くまもん。





コミックくまモン 熊本から元気を・・・編



肝機能の数値が悪い人がまず最初に読む本 最新版 健康図解シリーズ






[関係する記事]

 → 【福井県】 肝臓健康食材は油揚げとおろしそば

 → 【尿の色】赤・緑・オレンジ・乳白色 どんな病気?

 → 【肝臓がパンパンに!】 ダイエットと脂肪肝




関連記事




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間 肝臓


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ









FC2カウンター


アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【アルコール】 二日酔いしない飲み方とおつまみ Dec 16, 2018
【低血糖】 血管のダメージを 間食で防げ Dec 13, 2018
【インフルエンザ対策のまとめ】 2018 Dec 11, 2018
【月報】 2018年12月 Dec 08, 2018
【小松菜が変身】 ゆで時間と漬物風レシピ Dec 06, 2018
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
FC2拍手ランキング
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村