【命を守るドリル】 ノロウイルス・インフルエンザ編/ゲンキの時間


感染したら大変なことになる、インフルエンザにノロウイルス。

2大感染症の予防法を、ドリル形式で紹介します。


<インフルエンザ編>

看病する時に、してはいけないこと。

 ・携帯電話やマスクに触れる。

 ・患者の近くで眠る。


<ノロウイルス編>

 ・トイレのフタを開けたまま流さない。

 ・消毒は、塩素系漂白剤で。


<正しい手洗い>

 ・水は流しっぱなし。

 ・爪もしっかり洗う。



ドクネット:東京女子医科大学 感染制御科 満田年宏 教授。

ゲスト:山村紅葉。

ゲンキスチューデント:滝裕可里。

ゲンキリサーチャー:X-GUN(西尾季隆&さがね正裕)。



2017年12月3日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~ 命を守るドリル ~ インフル・ノロ 感染症編」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 命を守るドリル インフル・ノロ 感染症編




インフルエンザ


エノキ
さあ、今回のテーマは何でしょうか?

ササミ
「命を守るドリル」

今回は、「インフルエンザ」「ノロウイルス」についてです。





これからの時期、気をつけたいのが、「ノロウイルス」に「インフルエンザ」。

インフルエンザの患者数は、毎年 約1000万人。

そのうち、年間 約1万人が、命を落としているといいます。

様々な施設で集団感染を引き起こすノロウイルスも、毎年、ニュースで報道されますよね。


インフルエンザとノロウイルスの流行時期は、どうなっているのでしょうか?

東京都は新宿区にある、「国立感染症研究所」。

感染症疫学センターの 大石和徳 センター長に、聞いてみましょう。

「インフルエンザの流行時期についてはですね、だいたい 12月から、ピークは 1~2月にくるんですけども、こういった時期に流行するだろうということは、予測できると思います」


一方、ノロウイルスは、11月頃から流行が始まり、12月から年末年始にかけて、ピークを迎えるのだという。


インフルエンザとノロウイルスの流行時期


ということで、今回は、「命を守るドリル~感染症編~」を紹介!

キーワードは、「うつらない! うつさない!」。

感染症予防対策を、学んでいきましょう。




番組MCの 三宅裕司さんと渡辺満里奈さんは、共に2年前、インフルエンザにかかったのだそうです。

三宅さんは、人生初だという。

ゲンキスチューデントの滝裕可里さんも、2年前にかかってる。

一方、ゲストの山村紅葉さんは、生まれてから一度も かかったことがないとのこと。

山村さんの予防策は、うがい薬を持ち歩くことと、人混みの中ではマスクを着用すること。

また、車に消毒液を常備し、乗り降りの際には、手を消毒。

さらに、インフルエンザの予防接種を、年に2回受けているそうです。






さあ、感染症予防対策ドリル。

まずは、インフルエンザ編からです。



インフルエンザに感染すると、ウイルスが体内に入り、気管支などに病巣(びょうそう)を作ります。

たった1個のウイルスが、24時間後には、約100万個と爆発的に増殖。

突然、38℃以上の高熱や頭痛、関節痛、咳(せき)、筋肉痛などの症状に、見舞われてしまう。


もし、家族がインフルエンザに感染した場合、自分自身が感染しないために、どうすればよいのでしょうか?



<インフルエンザで看病する時、気をつけること>


ドクネットを通して教えてくださるのは、東京女子医科大学 感染制御科の 満田年宏 教授です。


インフルエンザの感染ルートの1つは、飛沫感染(ひまつかんせん)。

患者さんのクシャミや咳によって飛んだ「しぶき」に含まれるウイルスを吸い込むことで、感染してしまいます。

そして、もう1つは、接触感染。

患者さんが触れたドアノブやスイッチを触り、その手で 顔や口、鼻まわりに触れることで、感染してしまう。




× 携帯電話に触れる

インフルエンザウイルスは、プラスチックの上では、約2日間生存できるのだそう。

患者さんが触ったものに触れ、その手で 目や鼻をこすると、接触感染のリスクが高くなります!



× 感染者のマスクに触れる

これも同じ。

たとえ表側でも、ウイルスが付着しているので、触らないようにしましょう。

感染者が自分で捨てられるよう、ゴミ箱を近づけてあげてください。


ちなみに、自分が使ったマスクを捨てる時も、耳かけの部分を持つようにしましょうね。



× 感染者の近くで眠る

飛沫感染予防のためには、最低1メートル50センチ離れなければならない。

それ以内だと、咳やクシャミの飛沫を吸い込み、感染の危険性が!


なので、別室で眠るのが、ベストです。

それが難しい場合は、頭を反対向きにして眠るとよい。

(患者さんの顔が、隣で寝る人の足の方にくる格好)





加湿器ですが、湿度が高すぎると、ダニやカビが増えるので、要注意。

適切な湿度は、50~60%とのこと。




ノロウイルス編


ササミ
さあ、お次は、ノロウイルスについて。


従来、ノロウイルスというのは、食べ物が汚染されていて発症すると、考えられていました。

しかし、事例を分析していくと、実は、半分くらいは、人から人にうつっていたそうです。

つまり、集団生活している中で、誰かが感染してしまい、嘔吐や下痢で生活環境を汚染することで、感染すると。


<ノロウイルスの感染経路>

主に、経口、飛沫、接触などがある。




ノロウイルスの感染力は、インフルエンザの およそ 1000倍。

脱水症状によって、最悪の場合、命を落とすこともあります。

(特に、お年寄りと幼児は、要注意!)


感染すると、24~48時間ほどの潜伏期間を経て、発症。

ノロウイルスは体内に侵入すると、他の臓器には目もくれず、腸を攻撃します。

その結果、激しい下痢や嘔吐などの症状を引き起こすのでした。



<ノロウイルスにかかった時、家族にうつさないためには、どうすればいいの?>


 × トイレのフタを開けたまま流してはいけない。



蛍光塗料を希釈した液を使い、実験しました。

フタを開けたまま流すと…。


フタを開けたまま流すと


上げていた便座の上の方まで、飛び散ってますね。

さらには、壁やペーパーホルダーまで。


ノロウイルス患者の便の中には、1g あたり、多い時で 約10億個のウイルスが生息しているのだそう。

そして、そのウイルスが数十個 体内に入るだけで、感染してしまうんです。


フタを開けて流すと、飛び散った1滴1滴に、大量のウイルスがいるかもしれないのだ!

手が触れやすい場所にウイルスが付着すると、接触感染の危険性が高まってしまいます。

さらに、マットの線維にノロウイルスが染み込んで乾燥すると、人が動くと舞い上がって、それを吸い込む形で感染するようなケースも。




<汚染されたトイレは、どうすればいいの?>


インフルエンザの場合、消毒用アルコールは効果があります。

けれど、ノロウイルスの場合、アルコールでは十分な消毒ができない可能性がある。

なので、より徹底するために、塩素系漂白剤による消毒をおすすめしているとのこと。



<ノロ対策 汚物を直接拭きとる場合>


2リットルの水に、ペットボトルキャップ8杯分の塩素系漂白剤を入れます。

十分に換気し、手袋やエプロンなどを着用して、使用してください。



ノロ対策 汚物を直接拭きとる場合





正しい手洗い


ササミ
感染症の基本的な予防といえば、手洗いですよね。


でも、ちゃんと洗えてるんだろうか?


「手洗いの方法について、学んだことありますか?」

この質問を 2000人にしたところ、回答の割合は、こうでした。


 ・学んだことは無い:45.2%

 ・学んだことはあるが、覚えていない:28.6%

 ・学んだことはあるし、覚えている:26.2%


学んだことが無い人と、覚えていない人を合わせると、73.8%に。

つまり、およそ 7割の人が、正しい手洗いの知識を、持っていないのです。




実際、丁寧に洗っているつもりでも、洗い残しが…。


洗い残し





<満田先生の正しい手洗い>


医療現場でも実践しているという正しい手洗いを、満田年宏先生が教えてくれます。


(1) まず、コックをひねって、水を流します。

ここでのポイントは、水を最後まで流しっぱなしにすること。

(2) 最初に軽く手を濡らし、泡立て、手のひら、手の甲をこする。

(3) 次に指先。

指を曲げて洗うことで、指先の細かいシワが伸び、中の汚れを落とせるとのこと。

(4) 次は、指を組んで、両手の指の間を、こする。

(5) さらに、親指を反対の手でつかみ、ねじるように洗います。

(6) 手首を洗う時は、手の両側も こすること。

(7) 最後に、手首から指先にかけて、約20秒間、水で洗い流しましょう。

(8) ペーパータオルや清潔なタオルで、水分をしっかりと拭き取る。

(9) そのまま、ペーパータオルで、水道の栓を閉めてください。


直接、水道のコックを触らないこと。


満田先生の正しい手洗い

満田先生の正しい手洗い




かかってしまうと大変な、インフルエンザにノロウイルス。

先手を打って、撃退しちゃいましょう!





風邪とごはん―ひく前ひいたひいた後



ノロウイルス感染対応マニュアル―あじさい荘における拡大抑止の考え方とテクニック






[関係する記事]

 → 「お風呂OK 汗NG? インフルエンザ対策」
 → 【ノロウイルス対策】 感染経路 手の洗い方

 → 「ノロウイルスと血液型 渋柿スプレー」
 → 「ノロウイルス 嘔吐物の処理方法」




関連記事




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間 胃腸 下痢 インフルエンザ


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ









FC2カウンター


アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【アルコール】 二日酔いしない飲み方とおつまみ Dec 16, 2018
【低血糖】 血管のダメージを 間食で防げ Dec 13, 2018
【インフルエンザ対策のまとめ】 2018 Dec 11, 2018
【月報】 2018年12月 Dec 08, 2018
【小松菜が変身】 ゆで時間と漬物風レシピ Dec 06, 2018
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
FC2拍手ランキング
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村