【お風呂の温度】 冷え・腰痛改善 1℃の方程式/ゲンキの時間




健康になれるお風呂の温度は?

カギは、自律神経の境界線となる「42℃」。


<肩コリ・腰痛改善>

<気管支炎・鼻炎>

<手足の冷え症>

それぞれに効く、お風呂の入り方を、紹介します。


血行を良くしたいなら、<温冷交代浴>がおススメ。

免疫力をアップする入浴温度。



<危険な入浴法>と注意点。



ドクネット:東京都市大学 人間科学部 早坂信哉(温泉療法専門医)。

ゲンキスチューデント:滝裕可里。

ゲンキリサーチャー:あべこうじ。



2017年11月26日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~ 1℃の違いが大違い ~ 健康になれる入浴法」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 健康入浴法




たった1℃の違いで


エノキ
さあ、今回のテーマは何でしょうか?

ササミ
11月26日、「いい風呂の日」にちなんで、「入浴法」です。



血流促進、冷え症改善、肩コリ解消に、デトックス。

様々な健康効果が期待される、お風呂。

その際、最も重要になるのが、「温度」だといいます。


街の人に聞いてみると、温度へのこだわりは、まちまち。

というか、気にしてない人も多いみたい。


でも、専門家は言いました。

「普段から温度を気にされている方は少ないと思いますが、実は、1℃温度が変わるだけで、身体に与える影響は 大きく変わるんです」


では、いったい、何℃が良いのでしょうか?


ちなみに、番組出演者が普段入る温度は、こちら。

渡辺満里奈さんは、42℃。

三宅裕司さんは、43℃。

滝裕可里さんは、40℃くらいで長く入るとのこと。




まずは恒例の基礎クイズから。


Q)お風呂に入る際、身体にかかる水圧は、どれくらいでしょう?(成人の男女の場合です)

 A:500kg。

 B:700kg。

 C:1t(1000kg)。











答えは、「B:700kg」

人の表面積は 約1.4㎡。水深50cmの お湯の水圧は、約700kg となる。


また、入浴時には、水圧の影響で、手足に溜まった血液やリンパ液が、心臓に押し戻され、循環も良くなります。




<お風呂の健康効果>


水圧で、血液と体液が循環し、新陳代謝がアップ。

さらに、温かい血液が末端まで行き渡り、肩コリや冷え症を改善してくれる。




でも、そのような効果は、すべて、温度に左右されるといいます。


まず向かったのは、神奈川県は横浜市にある入浴施設、「綱島源泉 湯けむりの庄」。

東京都市大学 人間科学部の 早坂信哉 先生に、教えていただきます。

早坂先生は、これまでに 1万人以上の入浴を調査してきた、お風呂のスペシャリストなのだ。


「人それぞれによってですね、適切な温度というのは、変わってきます」

先生はそう言いますが、具体的には、どうなるのでしょう?


というわけで、3人のゲンキチャレンジャーに協力してもらい、見ていくことになりました。


 Aさん:43歳男性。

 手足が冷えやすいのが、悩みです。

 お風呂は、限界まで熱くして入る。


 Bさん:62歳男性

 肩コリ・腰痛が、悩み。

 筋肉をほぐすために、熱い風呂に入る。

 (熱すぎて、妻に叱られた経験あり)


 Cさん:51歳男性

 悩みは、気管支炎と鼻炎。

 ぬるめのお湯に、ゆっくり つかるのが好き。



まずは、好きな温度のお風呂を、選んでもらいました。


Bさんが選んだ湯船の温度は、42℃と熱め。


早坂先生によれば、「42℃以上になると、血圧が上がったり、脈が速くなったりする」とのこと。


というわけで、実験することになりました。


<42℃が身体に与える影響>


手首に巻くタイプの血圧計で、実験します。

「平常時」「42℃」「41℃」

それぞれ、血圧と心拍数は、どのように変化するでしょうか?



Aさんの平常時。

 最高血圧:140

 最低血圧:92

 脈拍:90


Aさんが 42℃のお湯に入った時。

 最高血圧:158

 最低血圧:99

 脈拍:98


血圧と脈拍が、上昇しました。


Aさんが 41℃のお湯に入った時。

 最高血圧:137

 最低血圧:85

 脈拍:85


こちらは、血圧と脈拍が下がっていますねえ。


BさんとCさんでも、同じような結果に。



早坂先生によれば、こういうことらしい。


 42℃=自律神経の境界線


自律神経とは、人間の意思とは無関係に、内臓や血管などの機能を自動的に調節する、神経系のことです。

交感神経と副交感神経からなる。


 興奮したり緊張したりする時は、交感神経が優位に働いています。

 安静・リラックスしている時は、副交感神経が優位な状態。


このように、交感神経と副交感神経は、それぞれ、別々の働きをしています。


血圧は、交感神経優位で高くなり、副交感神経優位で低くなる。

また、交感神経優位で速くなり、副交感神経優位で遅くなる


これが、先ほどの実験に、作用していたんですね。


 42℃以上 → 交感神経優位 → 血圧が上昇

 41℃以下 → 副交感神経優位 → 血圧が低下


これが、「1℃で違いが出る」ってこと。




1℃の方程式


ササミ
お風呂の温度が、42℃と41℃。

それぞれが与える影響が分かりました。


それを健康に応用するため、早坂先生は、このようなキーワードを出してくれた。


 「1℃の方程式」


1℃の温度の違いを使って、様々な身体の悩みに対して、適切な入浴方法で、答えを導き出します。




熱めのお湯で、筋肉をほぐす。

そんな方、いませんか?

でも、それ、本当に 効果的なんだろうか?



<風呂の温度と、筋肉の硬さ>


「筋硬度計」で、違いを検証します。


 平常時:31

 42℃の湯:37

 41℃の湯:27


早坂先生の解説。

「42℃を超えてきますと、筋肉が収縮し、硬くなるんです」

「41℃以下の ぬるいお湯の方がですね、筋肉をやわらげるという点では、効果的なんです」



<肩コリ・腰痛改善>


 41℃×10分。



肩コリや腰痛で悩んでいる人は、41℃以下で、10分つかる。

熱めのお湯は逆効果なので、気をつけましょう。





<呼吸器改善>


 42℃×5分



この狙いは、「交感神経を刺激して 気管を広げる」こと。

ぬるいお湯よりは、高めのお湯に短時間入ると、呼吸が楽になるそうです。


気管支は、交感神経優位で拡張するので、42℃以上の熱めのお湯に入り、蒸気を吸うことで、呼吸がしやすくなるのだ。



鼻炎で悩んでいるという、ゲンキチャレンジャーの Bさん。

鼻腔(びくう)を見ると、正常な状態より、狭くなっていました。


そこで、42℃以上の蒸しタオルで、20秒間、蒸気を鼻から吸ってみました。


すると、たった20秒なのに、鼻腔が広くなっていることが、確認できたんです。


蒸気で鼻腔が広がる


交感神経の影響で、毛細血管が収縮し、鼻腔内の腫れが取れたようです。

鼻が通って、呼吸がしやすくなったとのこと。





<手足の冷え症>


 41℃以下×15分




42℃と41℃のお風呂。

それぞれに5分入り、入浴後と1時間後の体温を、サーモグラフィーで比較しました。


42℃の場合、入浴1時間後には、全体的に 体温が下がっていました。

一方、41℃では、1時間後でも、体温がキープされていた。


42℃と41℃の比較


42℃の入浴で体温が下がるのは、交感神経の影響で 血管が収縮し、血流が滞ってしまったから。

さらに、42℃では、発汗が促され、早く冷えてしまうことも一因です。


熱いお湯だと、温まりが長続きしないようですね。

なので、41℃以下にして 15分ぐらい入った方が、結果として、冷えの改善になる。


冷え症の人は、低めの温度で、ゆっくりと身体を温めましょう。




加えて、もうちょっといい方法があると、早坂先生。


その名は、「温冷交代浴」


温冷交代浴とは、41℃のお湯に3分入った後、25℃くらいのお湯で 手足を30秒冷やし、それを3回繰り返す方法のこと。


温冷交代浴


温度差の影響で、毛細血管が拡張と収縮を繰り返し、ポンプ作用で、末梢の血行まで、良くしてくれます。

冷え症の方には、おススメの方法なのだ。




41℃で免疫力アップ


ササミ
たった 1℃ の差なのに、こんなに違ってくるんですね。

なんと、それは、免疫力にも出るといいます。


41℃と42℃の入浴で、唾液中の免疫物質(分泌型免疫グロブリンA)の変化を、調べました。

すると、41℃の方が、高くなっていたんです。


温度による免疫物質の変化



アスリートの免疫に詳しい専門家に、聞いてみましょう。

国立スポーツ科学センター スポーツ研究部の 清水和弘 先生。

「免疫力は、副交感神経が高まる、特にリラックスしたような状態で、上がると言われておりまして」

「41℃というのは、副交感神経が高まる入浴の温度とも、研究でも言われていますので、続けてもらえれば、免疫力の維持というところに、関係してくると思います」



 41℃で入浴 → 副交感神経優位に → リラックスした状態 → 免疫力が上がる。
 



ドクネット


引き続き、東京都市大学 人間科学部の 早坂信哉 先生(温泉療法専門医)に、教えていただきます。



<どうしても熱い湯に入りたい時は?>


「健康のことを考えたら、できれば、温度は下げていただきたいなと思うんですけど」と、早坂先生。

「まあ、どうしてもということであればですね、いきなり高い温度ではなくて、徐々に温度を上げていくというのがポイントです」


湯船での温度調節が難しい場合、シャワーを使い、40℃くらいから始めて、徐々に温度を上げていく方法が、よいのだそう。

その場合は、手足など、身体の端から かけることを、心がけましょう。




<長風呂の影響は?>


「特にですね、長くお風呂に入ってますと、皮脂だとか、保湿成分というのがですね、皮膚から流れ出てしまいますので、むしろこの、肌の乾燥を進めてしまうということがありますので、あまりおススメではないということです」


長い時間お風呂につかっていると、保湿成分が流れてしまうので、肌の乾燥を進めてしまう!





間違ったお風呂の入り方は、大変危険です。


1年間で 入浴中に死亡した人数は、約1万9000人


実はこれ、交通事故での死亡者よりも、数が多いんです。
 



危険な入浴法


ササミ
最後に向かったのは、東京は大田区にある「鎌田温泉」。

創業は、昭和12年。

ナトリウム炭酸水素塩、塩化物鉱泉で、神経痛、冷え症、疲労回復に効果あり。

古くからの地元ファンの要望に応え、お湯の温度は、かなり熱めの設定だという。

時には、46℃を超す時もある。

熱さが癖になると、評判の銭湯なのだ。




さて、危険な入り方とは、どのようなものなのか?




<熱いお湯に、急に入る>


熱いお湯に急に入ると、血圧が一気に上がり、血管や心臓に大きな負担が かかってしまいます。

脳卒中や心筋梗塞になれば、死に至る可能性も。


入るなら、最初に低い温度の湯に入り、次に熱いお湯につかる時も、急に入るのではなく、まずは腰まで。

そして苦しくなければ、胸まで入ってみましょう。


 低い温度のお湯に入る → 高い温度のお湯に腰まで入る → 大丈夫なら 胸まで入る。


ただし、長湯はしないこと。




<急に立ち上がる>


お風呂の中では、血管が広がっている状態。

なので、湯船で急に立ち上がると、血液が下半身に流れてしまうんですね。

結果として、脳貧血を起こし、倒れてしまう可能性が。


立つ時は、「手すり」につかまるとか、浴槽の縁に手を置き、ちゃんと支えるとか。

そうしながら、ゆっくりと立ち上がってください。


あと、出る前に、手に冷たい水を少しかけて、血管を収縮させるのも、よいのだそう。

あるいは、冷たい蛇口を触ってから立ち上がると、血圧が急に下がらないのだそうです。





お年寄りは、熱いお湯に入りたがる傾向がありますよね。

昭和の時代、銭湯には、水でうめようとすると怒るおじいちゃんがいたりしました。


どうも、それにも理由があるようですね。


「温度感受性の加齢変化」というグラフ。

20代と80代を比べると、特に下半身に、5℃以上の感覚の違いがあることが分かります。


温度感受性の加齢変化


年を取ると、どうしても、センサーが鈍ってしまうようです。



肌感覚の違いは、大きな事故につながることも。

熱中症やヒートショックが原因で起こる、「浴槽内での溺死」は、年間 およそ 5000人。

11年間で、1.7倍増加しているらしい。

その9割が、65歳以上の高齢者。

さらに、その5割が、12月から2月の冬の時期に発生しています。


これは注意したいですね。


お風呂に入る前には、コップ1杯の水を飲み、脱水状態を作らないことを、心がけましょう。


他にも、事故を防ぐため、注意したいことがあります。


 ・入浴前に脱衣所や浴室を暖める。

 ・長湯をしない。

 ・急に立ち上がらない。

 ・アルコールを飲んだら、時間を空ける。



「今まで大丈夫だったから」は、通用しません。

たった1回で、大変なことになるかもしれないのです。





たった1℃が体を変えるほんとうに健康になる入浴法 (角川フォレスタ)



入浴検定 公式テキスト お風呂の「正しい入り方」






[関係する記事]

 → 【睡眠の悩み解消】 質を良くする枕やお風呂
 → 【水中運動】 ART&お風呂ストレッチ 須藤明治

 → 【血圧を下げるツボ】合谷(ごうこく)
 → 入浴時間は3・5・8分 & 別府 2湯巡り




関連記事




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間 スキンケア 冷え性 腰痛・関節痛


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ








FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【かつお節 後編】 アレンジ料理 オイル&バター&アイス/ガッテン Jul 12, 2018
【かつお節 前編】 パックは使い切るのが基本/ガッテン Jul 12, 2018
【唾液 後編】 ドライマウス対策に 昆布ドリンク/ガッテン Jul 06, 2018
【唾液 前編】 育毛~ドライマウスの悩み/ガッテン Jul 05, 2018
【トロトロわかめ】 ペースト“わかぺ”の作り方/ガッテン Jun 28, 2018
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
注目記事
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村