【血圧サージ 対策編】 タオルグリップ法/NHKスペシャル


「交感神経が過敏になる要因」と「引き金」が重なって、血圧が急上昇。

これを避けることが、カギになる。


<対策(1)> 測る → 意識するようになる → 引き金や要因の解消につながる。(南三陸町の取り組み)

<対策(2)> 握る → カナダのハンドグリップ法 → 日本用のタオルグリップ法。



解説:

 自治医科大学 苅尾七臣 教授

 久留米大学 甲斐久史 教授

 京都府立医科大学 牛込恵美 講師

 南三陸病院 西澤匡史 副院長



2017年10月29日放送の「NHKスペシャル」より、「“血圧サージ”が危ない ~ 命を縮める血圧の高波 ~」からのメモ書き。

その後編です。




血圧サージ タオルグリップ法




交感神経との関係


ササミ
血圧サージの怖さは、分かりました。

では、対策は、どうしたらよいのでしょう?



まず大事なのは、なぜ血圧サージが起きるのか?

それを知ることだという。



異常な血圧の変動、それが「血圧サージ」。

カギを握るのは、身体の活動を高める、「交感神経」です。

手や足にある「末梢血管」

その周りを取り囲むようにあるのが、交感神経なんですね。


交感神経が興奮すると、「ノルアドレナリン」という物質が出されます。

すると、末梢血管が収縮し、血圧が上昇。

これによって、身体の活動性が上がるのです。


例えば、朝起きた時。

活動に備え、交感神経が働き、血圧が上がります。

一方、夜になると、眠りに備えて 交感神経は働きを鎮め、血圧は下がる。


健康な人の血圧



ところが、血圧サージの可能性がある人では、以下のようなことが起きているかもしれません。


朝起きた時、交感神経が働き過ぎて、血圧が急上昇。

夜に、交感神経の働きが収まらずに、かえって血圧が上昇。

こうして、血圧サージが起こる危険性があるのだ。


血圧サージの人の場合




<交感神経は、なぜ、敏感になるの?>


甲斐先生の解説。

「実は、いくつかの要因が知られています」


<交感神経が過敏になる要因>

 ・加齢。

 ・肥満。

 ・塩分。

 ・飲酒。

 ・喫煙。

 ・ストレスなど。



「実は先ほど(前編)のチェックは、こういった点を見てるんですね」




苅尾先生のお話。

「こういった交感神経が高進する(高ぶる)ような要因があると、すると体質が変わるわけですね」

「血圧がちょっとしたことで、上がりやすい体質っていうのになるんです」

「そういう体質のところにですね、誘因となるようなトリガー、すなわち引き金が引かれて、初めて血圧が、どわ~っと、上がってしまうんですね」

「両方必要なんです」


加齢や生活習慣などの「要因」があると、交感神経がいわば、過敏な状態に。

そこに「引き金」が加わると、血圧サージになってしまうんです。



<引き金の例>

 ・力仕事。

 ・会議。

 ・医師の診察。

 ・怒り。


 ・コーヒー(カフェイン 300mg)。

 ・月曜日。

 ・飛び起きる。

 ・冷たい床。



 ・トイレ(大)。

 ・ダッシュ、筋トレ。

 ・くしゃみ、せき。

 ・気温が低い。


 ・冷水で洗顔。

 ・タバコを吸う。

 ・睡眠時無呼吸症候群。

 ・降圧剤の切れ目。






<降圧剤の切れ目>


牛込先生の解説。

「(例えば)朝に飲んだお薬の効き目が、次の日の朝まで効かなくって、翌日の朝、(血圧が)ぐ~っと上がってしまうことがあったり」

「もしくは、お薬の飲み忘れ等もあると、そういう場合は、お薬の効果が切れてきますと、そこから、ぐっと上がることがあるので、気をつけないといけないと思います」
 



対策(1) はかる


ササミ
対策としては、要因を解消し、引き金を避けることになりそう。

では、具体的に、どのようにすれば、よいのでしょう?



対策は、2つあるといいます。



まずは、1つ目から。


南三陸病院 副院長の 西澤匡史 先生。

西澤先生は、東日本大震災で被害を受けた南三陸町で、血圧サージを予防する取り組みを進めています。

町の住民300人に血圧計を配り、毎日、測定してもらっているのだとか。



<血圧サージ対策(1)>

 はかる(測る)。




西澤先生が取り組みを始めたきっかけは、6年前。

災害の後には、脳卒中や心臓病の患者が増えることが、知られていました。

その背景に、「ストレスによる血圧サージの増加」があることを、西澤先生は疑ったのです。


調べてみると、大勢の人に、血圧サージが見つかりました。


ところがその後、不思議なことが起こったのだそうな。

測り続けていくと、血圧サージを起こす人が、減っていったのです。


その結果は、南三陸の救急車の出動記録にも、現れています。

取り組みの前、脳卒中や心臓病での出動は、48回でした。

それが 2014年には、23回に。


測るだけで下がる?


半分以下にまで、減ったのだ。



なぜ、測ることで、血圧サージが減ったのでしょうか?




[体験談]


この取り組みに参加した、男性。

毎日血圧を測ってみると、朝に度々、血圧サージが起きていることに、気づきました。

時には、180を超えることもあったという。


さらに、何をすると起きやすいのかも、分かりました。


仕事をすると、血圧が上がる。

以前は、朝起きてすぐに、農作業をしていたそうです。


寝起きは、活動に備えて、交感神経が敏感な状態になっています。

そんな時にしていた力仕事が引き金になり、交感神経が過剰に興奮。

血圧サージを引き起こしていたと、考えられます。


そこでこの男性は、朝起きたら、朝食を摂り、ゆっくりしてから、畑に出るようになりました。

こうして「引き金」を、解消したんですね。


さらに、タバコを控え、味の濃い食事を避けるなど、「要因」の解消にも努めるようになりました。


以前は「180」を超えることもあった上の血圧は、「100前後」に安定したといいます。

測ることで自分の血圧を意識するようになり、血圧サージの改善につながったんですね。



西澤先生のお話。

「朝晩、血圧を測定することで、どのようなことをすると血圧が上がって、どのようなことをすると血圧が下がるかということを、知ることができるんですね」

「そうすると、自然に、血圧が上がるような行為をですね、避けるようになります」

「こうして、血圧サージを防ぐことができるようになるんですね」



苅尾先生のお話。

「測らないと分からないんですね、血圧は」

「症状がなかなか出ることは、少ないんでね」

「予防においても、治療においても、測ると」

「その血圧をガイドにしながら、生活を組み立てていくと」

「生活習慣を改善していくということが、大事になってきます」


「この11月、12月、1月、2月ぐらいまでが、循環器の疾患って、増えていくんですね」

「血圧も上がっていくんです。変動しやすくなりますから」

「この番組を契機として、朝を測っていただいて、リスクを知って、脳卒中や心不全というものが減らせたらなと、思いますね」
 



対策(2) にぎる


ササミ
さあ、対策の2つ目は、何なのでしょう?


キーワードは、「にぎる」。

世界最先端の対策らしいのですが、どういうこと?



カナダはトロント。

高血圧や心臓病など、病気を抱える人専用の施設があります。


そこに、何かの器具を握っている人がいるぞ。

インストラクターに指示されて、握る。


名前は、「ハンドグリップ法」

器具を、全力の30%で、2分間 握るだけです。


カナダのハンドグリップ法



やってみた男性のお話。

「ただ握るだけで血圧が下がるなんて、信じられないよ」


でも、スタッフの女性は言います。

「場所を取らず、どこでもできるし、お金もかかりません」

「普段の生活に取り入れるには、とてもよい方法です」



ハンドグリップ法を2か月半続けた結果があります。

血圧サージの頻度が、半分以下にまで下がってますね。


ハンドグリップの効果




<メカニズム>


物を握ると、腕の血圧が、一時的に高くなります。

その情報は、神経を通じて、脳に届けられる。

すると脳は、血圧が上がり過ぎていると判断し、交感神経の活動を抑えるんです。

これを繰り返すことで、交感神経の異常な興奮が抑えられ、血圧サージが減ったと、考えられる。


ゲルフ大学の フィリップ・ミラー博士。

「ハンドグリップ法は、脳に働きかけることで、血圧を左右する交感神経のバランスを、整えることができるのです」


ハンドグリップ法のポイントは、全力の30%で握ること。

カナダでは専用の器具を使っているのですが、日本では発売されていないそうです。


でも、でも、ご安心を。

実は、日本の医療機関で、身近なものを使った方法が、指導されてるんですよ。


東京都は港区にある、日野原記念クリニック。

ここでは、タオルを使っているのだ。

名付けて、「タオルグリップ法」


この方法を編み出した、日野原記念クリニック 所長 久代登志男さんのお話。

「タオルを先ほどのような方法で、少し強めに握ると、だいたい最大握力の 2~3割になるということが、確認できました」


タオルグリップ法





実験で 血圧サージありとされた人たちに、このタオルグリップ法を試してもらうことになりました。


ある女性は、夕食の下ごしらえの合間に、タオルをギュっ。

結婚を控えたある男性は、仕事をしながら、タオルをグリップ。

別の男性は、マイク代わりに、タオルを握る。


そして、1か月後、こんな結果になりました。


改善実験に参加してくれたのは、12名。

開始前の1週間と、開始してから4週目の1週間を、比較します。

その結果 ――


 12人中、10人が、改善しました!


感想を聞くと、ただタオルを握るだけなので、負担はないのだそう。




<タオルグリップ法>


使うのは、一般的な、細長いフェイスタオル。

これを縦に1回、横に2回、折って、丸めて、握ります。

ポイントは、親指と他の指が、くっつかないこと。

(もし、くっつく場合は、細すぎるので、もう一度 折りたたむなどして、太さを調整してください)

これで無理なく2分間 握っていられれば、だいたい全力の30%の力だそうです。


タオルを、親指と他の指がつかない太さにする。

これを、2分間握る。

左右2回ずつ、計4回。

1日おきに、4週間。



タオルグリップ法



甲斐先生のお話。

「これは本当に良い方法だと思うんですけど、あくまでもこれは治療じゃなくて、体質を改善するトレーニングなんですね」

「それをきちんと、理解していただきたいことと」

「お薬を飲んでらっしゃる方なら、このトレーニングをやっているからといって、お薬をご自分でやめるのは避けていただきたい」



お医者さんの治療が、まず第一。

それを忘れずに。






<運動すると血圧が上がる。これはサージだから、運動するなってこと?>


甲斐先生の解説。

「運動の種類によって、血圧に与える影響は、大きく違うんですね」

「例えば、ウォーキングやジョギングといった有酸素運動では、そんなに血圧は上がりません」

「むしろ、適度な血圧の上昇は、血圧サージを抑える物質を作ってくれるので、むしろ、良い影響が出るんですね」

「ですから、運動習慣のない方が、突然、激しい運動をやったりとかすると血圧サージが起きますけれど、日頃から余裕がある、ニコニコペースの有酸素運動に取り組んでいただければ、いいと思います」




<これから冬。うち寒いんですけど、気をつけることは?>


西澤先生の解説。

「気温の大きな変化も、引き金になるんですね」

「例えば、朝、ベッドから起きる前にですね、室温を高めたり」

「あるいはですね、冷たい床に、素足で触れないようにする。そのために、スリッパを履いたりとか、靴下を履いたりすることも、対策になるんですね」




<朝のシャワーは? 冬でも寒いと感じながら、浴びています>


牛込先生の解説。

「やはり、寒いというのが、血管収縮して血圧を上げますので、寒いという状況はよくないです」

「ですので、着替える場所、もしくは浴室、そういったところは暖かくして、対応されたらいかがかなと思います」





まずは、朝の血圧をチェックしてみては?

気になったら、専門医を受診。

改善トレーニングとして、タオルグリップ法を。





高血圧がスーッと落ち着くタオルグリップ法



血圧・血糖・コレステロールを下げる!  野菜のパワーまるごと健康レシピ (別冊NHKきょうの健康)






[関係する記事]

前編 → 【血圧サージ 前編】 危険度チェック

 → 【高血圧サージ】 ベルト スリッパ 深呼吸で予防




関連記事




tag : 高血圧 動脈硬化 脳卒中 生活習慣病


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ


健康と医療ランキング




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【第3のコレステロール(2)】 non-HDL 対策編/ガッテン Nov 16, 2017
【第3のコレステロール(1)】 レムナントと総悪玉の計算法/ガッテン Nov 16, 2017
【糖質制限ダイエット】 ロカボでお腹いっぱい痩せる/健康カプセル! ゲンキの時間 Nov 13, 2017
【血圧サージ 対策編】 タオルグリップ法/NHKスペシャル Nov 11, 2017
【血圧サージ 前編】 危険度チェック/NHKスペシャル Nov 10, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村