【疲れ目】 スマホで眼精疲労、うつに/ゲンキの時間


スマートフォンの長時間使用が、疲れ目やドライアイの原因に。

予防するコツは、適度に目線を外すこと。

15分ごとに、1分間休憩するとよい。


度数が合っていないメガネやコンタクトも、よくない。

1年に一度は、眼科で検診を。


最終的に、うつ病に?

ある男性の、眼精疲労 体験談。



ドクネット:井上眼科病院 井上賢治 院長。

ゲンキスチューデント:泉里香。

ゲンキリサーチャー:ザ・たっち(たくや&かずや)。



2017年10月8日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~ 現代人の目の疲れはスマホ ~ 疲れ目撃退法」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 スマホで疲れ目、眼精疲労に




スマホと疲れ目


エノキ
さあ、今回のテーマは何でしょうか?

ササミ
「疲れ目」です。

その原因となるのは、今、こうして使っている、アレかもしれません。





パソコンやスマホの普及で、便利になったのはいいのですが、同時に、目が疲れるという問題も。

実は、疲れ目を放置してしまうと、かすみ目や充血だけでなく、頭痛、肩こり、イライラなど、全身の不調につながることも、あるのだとか。




今週からのゲンキスチューデントは、泉里香さん。

モグラ女子と呼ばれていますが、これは、モグラとグラビア ―― ではなくて、モデルとグラビアの両方で活躍している女性のことです。




さて、そんな泉里香さんに、恒例の基礎クイズだ。


Q)疲れ目のために、休憩の時、摂った方が良いものは、次のうちどれでしょうか?

 A:キャラメル。

 B:ガム。

 C:チョコレート。











答えは、「B:ガム」

ガムを噛むと、目の周りの血流が上がり、筋肉がほぐされることで、疲れ目が改善すると言われています。

白目部分の血流が、約70%アップしたという実験結果も。

(資料提供:北里大学医療衛生学部 浅川賢 先生)






どうして、人間の目は疲れてしまうんでしょう?


それを探るために向かったのは、銀座にある「OZU ジュエリー工房」。

ここでは、ジュエリーの修理、製作、加工を行っています。


作業を見せてもらったのですが、これが細かい。

小さなルビーのビーズに、ヒモを通しています。

他にも、目を酷使する細かい作業で、いっぱいだ。


聞いてみると、だんだん焦点が合わなくなってくるのだそう。

同じ電灯でも、目が疲れてくると、だんだん暗く感じることも。



<疲れ目の主な症状>


 ・目が重い。

 ・痛い。

 ・かすむ。

 ・ショボショボする。

 ・まぶたが、ピクピクする。




ジュエリー職人である二人に、協力してもらうことになりました。

どちらも女性で、Aさん50歳と、Bさん28歳。

仕事の前後で、目の疲れ具合を検査します。


使用する検査機は、「Speedy-i k-model」。

遠くを見た時と、近くを見た時で、目の筋肉の緊張度を測定し、グラフで判別できます。



その前に、疲れ目について、専門家に教えてもらいましょう。

東京都は千代田区にある、井上眼科病院の 井上賢治 院長です。

「目の疲れは、目の焦点を合わせる筋肉“毛様体筋(もうようたいきん)”が こってしまうことで、起こります」


目の焦点を合わせる筋肉、毛様体筋。

これが緊張することで、疲れ目は起こるんですね。

近くのものを見ると、その緊張具合は、強くなってしまいます。

つまり、近くを見ている時間が長ければ長いほど、目に疲れがたまってしまうというわけ。


 「近くを見る時間が長い」→「目が疲れる」




毎日、長時間 近くを見続けているジュエリー職人の二人は、どのくらい目が疲れているのでしょうか?

勤務時間は、午前10時から夕方5時まで。

作業前と作業後で、目の疲れを計測しました。


その結果が、こちら。

毛様体筋の緊張度は、棒グラフの色で表されます。

赤やオレンジが多いほど、緊張度が高く、疲れ目の傾向があるということ。


疲れ目の測定


作業後の方が、赤やオレンジが増えているようですね。

宝石加工の職人さんたちは、近くをずっと見続けるため、目が疲れてしまうようです。


でも、井上先生から、こんな警告が。

「現代人も、宝石加工に匹敵するぐらい、近くでものを見続けてるんですよ」

「ズバリ、スマホです」


毎日スマートフォンを使っている人は、思ったよりずっと、近くを見続けているんです。

スマホの画面は、バックライトによって、照らされています。

実はこのバックライト、人の目では追いつかないくらい、短時間に明るくなったり暗くなったりを繰り返すことで、明るさを調節しているのだとか。

(*機種や設定によって、異なりますが)

そんなバックライトに対し、目の筋肉がうまく対応できていないため、負担がかかり、より疲れてしまうんですね。


さらにもう一つ、長時間のスマホ使用は、目の疲れにつながる「ある症状」を引き起こすのだという。


井上先生は言いました。

「実は、スマホを長く使うと、ドライアイを招いてしまうんです」


ドライアイとは、文字通り、涙が減ったり、涙の質のバランスが崩れるなどして、目の表面が乾いてしまう症状のこと。

でも、どうして、スマホを長く使うと、ドライアイになってしまうのでしょう?


それには、「瞬(まばた)きの回数」が関係しているらしい。


番組の実験では、こうなりました。


 <1分間の瞬きの回数>

  道を歩いている時:19回。

  スマホを使っている時:5回。


こんなに違うんですね。


ドライアイの状態では、見え方に補正をかけようとするため、目の筋肉が緊張し、疲れやすくなってしまうのだ。




目の疲れを軽減する方法


ササミ
スマートフォンの使い過ぎは、目の疲れを招いてしまうようです。

でも、まったく見ないようにするなんて、難しいですよね。

いったい、どうしたら、いんだろう?


実は、先ほどのジュエリー工房に、ヒントが隠されていたんです。


ベテラン職人の61歳男性。

この方にも、疲れ目の検査を受けてもらいました。


でも、先ほどの二人より、目はあまり疲れていないという結果が出た。

これは、なぜなんでしょう?


目を使い続けるという点では、3人とも同じです。

けれどそこに、ちょっとした違いがあったのだ。

ベテラン職人さんは、時々、手を止めて、指導にあたります。

というのも、こちらの工房では、ジュエリー教室も開いているんですね。

そこで講師をしているため、度々、生徒さんの質問に答えているってわけ。


実は、これこそが、目の疲れが少ない理由なんです。


井上先生の解説。

「近くのものから適度に目線を外すことが、重要なんです」


スマホなど、近くを見続けている時、適度に目を休めることで、疲れは格段に違ってくるのだという。

ベテラン職人さんは、他の二人に比べて、近くを見続けている時間が短かった。

これが効いてたんです。




ここで、実験。

3名のゲンキチャレンジャーに協力してもらい、スマホを連続で使用した場合と、休憩をはさみながら使用した場合で、どのくらい目の疲れ方が違うか、検証します。


 ・スマホを1時間 連続使用。

 ・15分ごとに、1分休憩。


今回は、緊張度を数値化して比べます。

スマホの使用前をゼロとして、その差を見ていく。


疲れ目の測定


青い棒グラフが、1時間連続使用した場合です。

3人とも、使用前より、緊張度が上がってますね。

赤いグラフは、15分ごとに1分間の休憩を入れ、合計でスマホを1時間使用した場合。

3人中2人が、緊張度が下がっています。



<疲れ目改善法>


スマホは、15分ごとに、1分間休憩。



これで、目の疲れが大幅に軽減するのだとか。




メガネの影響


ササミ
スマホとは別に、現代人の目を疲れさせているものが、あるといいます。


それはなんと、「眼鏡」

度数が合っていないメガネは、目の疲れの原因になってしまうのです。


メガネやコンタクトって、1回作ると、それほど頻繁には度数を変えませんよね。

実は、度数が合っていない状態で使い続けると、知らず知らずのうちに、目に負担がかかり、疲れやすくなってしまうのだ。



番組の調べでは、こんな結果に。


<メガネ・コンタクトの度数 どのくらい変えてない?>

 3年:52%。

 半年:14%。

 1年:14%。

 2年:10%。

 5年:10%。




さらに、40代から50代にかけては、特に注意が必要だという。

老眼に気づかないで生活していると、目が疲れやすいのだ。



ここでも実験です。

老眼鏡を使った場合と使わない場合で、文章を読み終えるまでの時間を、測定しました。


その結果が、これ。


 ・老眼鏡なし:2分57秒。

 ・老眼鏡あり:1分58秒。


1分近くの差が。

老眼鏡をかけることで、目に余計な負担が かからなくなり、スムーズに目を使うことができた証拠です。



井上先生のお話。

「疲れ目に悩むような方は、健康診断と同じように、1年に1回くらいは、眼科に行ってですね、検査してみるといいんじゃないでしょうかね」
 



眼精疲労で うつ病に


ササミ
たかが疲れ目と、侮(あなど)ることなかれ。

放っておくと、「眼精疲労(がんせいひろう)」という病気になることがあるといいます。




[体験談]


40代の男性、Cさん。

視力は「1.0」で、目に異常はありませんでした。


ただ、Cさんはスマホの使用頻度が高く、自宅はもちろんのこと、仕事のちょっとした合間でも、常にスマホを見るという生活を送っていた。

目の疲れは常に感じていましたが、寝れば大丈夫だと思い、そこまで重く捉えてはいなかったという。


異変が起こったのは、8年前。

ある日突然、こめかみを中心に、頭痛を感じるようになりました。

さらに、全身を襲う、倦怠感(けんたいかん)。

それが何日も続き、安静にしていても、一向に治まる気配はなかったという。


不安を感じたCさんは、内科を受診。

しかし、原因は不明でした。

脳神経外科など、病院を転々としましたが、はっきりした理由は分からないまま。

眼科も受診しましたが、視力がよかったことから、目に問題はないとされ、これといった治療は行われなかったという。

症状を和らげるため、頭痛薬を服用していましたが、根本的な改善には至りませんでした。


やがて、原因が分からない不安から、うつのような症状まで表れるように。

仕事も続けられなくなり、退職してしまいます。

自宅に こもるようになり、さらにスマホを使う頻度が増えてしまったという。


ところが、去年の1月、テレビ番組で自分に当てはまる症状を見たことをきっかけに、再び眼科を受診しました。


当時、Cさんを診察した 梶田眼科の 梶田雅義 院長のお話。

「全身が疲れるという訴えをされておりましたけど、この方は目も疲れていたので、目から全身が疲れているんだと、本人も感じていたようですね」

「ですけれども、いろんなところに行っても、異常を指摘されてなかった」


全身の症状と目の状態を、改めて診察してもらうことになった Cさん。

すると、「眼精疲労」だと判明しました。


眼精疲労になると、目の疲れや痛みに加え、頭痛や食欲不振などが起こります。

進行すると、イライラや不安感も現れ、うつ状態になることまであるという。


Cさんが苦しんでいた症状は、「重度の眼精疲労」だったのです。



【眼精疲労】

目を使う仕事をする時に、普通の人なら疲れないような場合でも、目が疲れて痛くなったり、頭が重くなったり、肩こり・吐き気を催したりする状態。遠視・乱視、目の異常、目の酷使、眼鏡の度が合わない、ストレスなどが原因。

(大辞林より)




Cさんの眼精疲労の原因は、「外斜位(がいしゃい)」でした。


外斜位とは、休ませた方の目が、外側にズレる状態。

一見、左右の目は同じ位置にあるのですが、片手でふさぐなどして目を休ませると、外側に動いてしまいます。

目を開けている時は、無意識に正しい位置に目を移動させているため、目の筋肉が疲れやすくなるのだ。


外斜位


隠れ斜視


最近、外斜位による目の疲れは、多いのだそう。

スマートフォンが出てきてから、近くを見る機会が多くなった。

すると、無理に、目を内側に寄せている時間が長くなって、疲れてしまうと。



Cさんも外斜位に気づかず、スマホなどで筋肉の緊張状態が続き、眼精疲労になってしまったようです。


そんなCさんには、「プリズムメガネ」が処方されました。

光の屈折を利用し、目に負担をかけず、ものが見えるように調節されたレンズが使われています。


Cさんは、このメガネをかけて生活したところ、目の疲れだけではなく、8年間悩まされ続けた頭痛と全身の倦怠感も、大幅に改善したそうです。

原因が判明したことで、不安も解消され、うつのような症状も改善しました。

今では再就職も果たし、元気に暮らしているとのこと。
 



ドクネット


井上眼科病院の 井上賢治 院長に、引き続き、教えていただきます。



目を疲れさせるスマホやパソコンですが、休憩を入れると、目が休まります。

その間、目をつむるのもいいし、遠くを見ることでも、毛様体筋は休まる。


また、こんな方法も。


<蒸しタオル>

約40℃に温め、3分ほど目の上にのせると、疲れ目に効果的。






井上先生によれば、「3人に1人ぐらいは、斜位だと考えられている」とのこと。

「症状が見られる人は、斜位を疑って、検査を受けるといいんではないでしょうか」と。





最新版 本気で治したい人の目の病気: 白内障・緑内障・加齢黄斑変性症 (明解!あなたの処方箋)



眼精疲労を防ぐ 眼鏡・コンタクトレンズの選び方






<おしらせ>

三宅裕司さん演出・主演の舞台。

劇団SET「カジノ・シティをぶっとばせ!!」

(10/13~29 サンシャイン劇場)

チケット一般発売中!




[関係する記事]

 → 【目の病気】スマホ老眼&隠れ斜視

 → 【疲れ目の原因】 寄せ目チェックと対策/ガッテン

 → 隠れ斜視と間欠性斜視 チェック法とプリズムメガネ




関連記事




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ


健康と医療ランキング




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【ホコリの原因は壁】 除電ぞうきんの作り方/ガッテン Oct 19, 2017
【体力作り だまトレ】 脳ポリスを騙せ/ゲンキの時間 Oct 15, 2017
【薬の使い過ぎによる頭痛】 チェックと予防、対策/きょうの健康 Oct 11, 2017
【疲れ目】 スマホで眼精疲労、うつに/ゲンキの時間 Oct 08, 2017
【高血圧サージ】 ベルト スリッパ 深呼吸で予防/ガッテン Oct 05, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村