【咳】診断チャート&大人の喘息 治療法/ゲンキの時間


長引く咳(せき)には、要注意。

病気が隠れている場合があります。

診断チャートを使い、原因を探してみよう。



近年増加している「大人の喘息」。

年間死亡者数は、約1500人だという。

「ぜんそく日誌」で、ピークフローを記録。

最新治療「気管支サーモプラスティ」も紹介します。



ドクネット:順天堂大学 医学部附属 順天堂医院 呼吸器内科 原田紀宏 准教授。

 国立国際医療研究センター 呼吸器内科 診療科長 杉山温人。

ゲンキスチューデント:滝裕可里。

ゲンキリサーチャー:ヴェートーベン(久保&青井)。



2017年10月01日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~ 秋の長引く咳に要注意 ~ これを見ればわかる! 咳の真犯人」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 咳診断チャート&大人のぜんそく




咳の診断チャート


エノキ
さあ、今回のテーマは何でしょうか?

ササミ
「咳」です。

診断チャートで、原因を見ていきましょう!

後半は、大人の喘息と最新の治療法について、紹介します。




初診患者が訴える症状の第1位は、「咳」なのだそう。

でも、たかが咳と侮ることなかれ。

場合によっては、重篤(じゅうとく)な病気が隠れているケースが。





MCの三宅裕司さんは最近、食べ物が気道に入ってしまうことがあるそうです。いわゆる「誤嚥(ごえん)」ですね。

渡辺満里奈さんは、季節によって、すごく咳が出る時期があるという。

ゲンキスチューデントの滝裕可里さんは、サウナで水風呂に入った後、咳が止まらなくなることがあるそうな。もともと、小児喘息だったらしいですね。





まずは恒例の基礎クイズから。


Q)咳を1回することで消費されるカロリーは、次のうち、どれでしょう?

 A:0kcal。

 B:2kcal。

 C:20kcal。











答えは、「B:2kcal」

咳1回で、約2kcalを消費するんですね。

なので、10回咳をすると、散歩を10分間した時と同じカロリーを消費することになります。






咳で悩むゲンキチャレンジャー5人に、集まってもらいました。


38歳女性、Aさん。

病院で咳止めの薬をもらったのですが、飲み続けても、全然治らないらしい。


39歳男性、Bさん。

特に、夜から朝にかけて、止まらなくなる時がある。


67歳女性、Cさん。

咳が出ると、それが呼び水になって、続いてしまうという。



5人の咳の原因を探るべく、あるものが用意されました。

それが、「咳の巨大診断チャート」だ。

症状や身体の状態にあった箇所に進み、疑いがある病名を診断します。


監修をしてくれた専門家は、この方。

順天堂大学 医学部附属 順天堂医院 呼吸器内科の 原田紀宏 准教授です。


長年 咳に悩んでいる青井さんも加わり、6名で診断スタートだ。



最初の質問は、これ。

「最近、咳で悩んでいる」



でも、そもそも咳って、どうして 出るんだろう?


咳とは、空気の通り道である「気道」に異物が入り込んだ時に、その異物を外に出そうとする「防御機能」。


でも、原田先生によると、咳が長引いてしまった場合、他の病気が隠れているかもしれないのだという。

2週間以上続く咳は、病気の疑いが!




次の質問。

「濃い色の痰(たん)が出る」

白い痰や透明のものではなく、もっと濃い色の黄色みがかった色のものなどが出る人。



濃い色の痰が出る人には、次の3つの質問が。

「・熱が出た ・胸が痛む」

「最近、風邪をひいた」

「喫煙している」


それぞれに、疑われる原因があります。



「濃い色の痰が出る」→「喫煙している」

こういう人は、「慢性気管支炎」の疑いがあります。


慢性気管支炎とは、長年の喫煙などによって、気管や気管支が炎症を起こし、咳や痰が続く病気です。

「肺気腫(はいきしゅ)」などを合わせて、「COPD」とも呼ばれる。




「濃い色の痰が出る」→「最近、風邪をひいた」

こういう人は、「気管支炎」の疑いが。


気管支炎とは、風邪などのウイルスによって、急性的に発症。気管や気管支に、炎症が起きている状態です。

痰の色が濃くなる理由は、白血球やウイルスなどが混ざり、色がつくため。




最も危険なのが、次のタイプ。


「濃い色の痰が出る」→「・熱が出た ・胸が痛む」

こういう人は、「・肺炎 ・肺結核」の疑いあり。


死に直結してしまう病でありながら、初期症状が風邪と似ているため、放置しがち。

胸が痛むなどの症状が出たら、すぐ病院に行きましょう。





咳が出ても濃い痰が出ない場合は、どうでしょう。



選択肢は、4つあります。


「最近、風邪をひいた」

「・胸焼け ・食事の前後に咳」

「・深夜に咳が悪化 ・仰向けで呼吸がしづらい」

「・血痰が出る ・胸が痛む ・体重が減った」



シンプルなものから複雑なものまでありますが、いったい、どんな病名が隠されているのでしょう?



「濃い色の痰は出ない」→「最近、風邪をひいた」

こういう人は、「感染後咳嗽(かんせんごがいそう)」の疑いが。


感染後咳嗽とは、気管支炎などの感染を起こした後に続く咳の総称です。

「百日咳(ひゃくにちぜき)」などが該当する。




「濃い色の痰は出ない」→「・血痰が出る ・胸が痛む ・体重が減った」

こういう人は、「肺がん」の疑いがあるといいます。


がんの中でも肺がんは、死因第1位。

少しでも当てはまる症状があれば、すぐに病院を受診しましょう。




「濃い色の痰は出ない」→「・胸焼け ・食事の前後に咳」

こういう人は、「胃食道逆流症」の疑いあり。


胃食道逆流症とは、胃液や消化中の食べ物が 食道に逆流することで、胸焼けなどが生じる病気です。

それにより、食道にある「咳センサー」が刺激され、咳が出るのだ。

よく耳にする「逆流性食道炎」は、胃食道逆流症の症状に加え、食道に炎症が起きている状態。


これらの病気には、2つの注意点があるという。


まずは、「肥満体型」

脂肪で胃が圧迫され、胃液が逆流しやすい。

もう一つは、「食後、すぐ横になる」

この姿勢だと、胃液が食道に流れやすくなっています。



ゲンキチャレンジャーの、55歳の女性、Dさん。

原田先生は、Dさんについて、気になる点があった。

グッと、こみあげてくるものを、飲み返しているように見えたのです。

咳をたくさん出す人は、胃液が上がってきやすいのだとか。

また逆に、胃液が原因で、咳が増えることもあるらしい。




「濃い色の痰は出ない」→「・深夜に咳が悪化 ・仰向けで呼吸がしづらい」

この先には、新たな分岐が。

質問は、「呼吸をする時、ヒューヒュー・ゼイゼイする」


YES なら、「ぜんそく」の疑い。

過去に喘息と診断されたことのある青井さんは、このタイプでした。

喘息とは、肺の中にある空気の通り道である「気管支」の病気。

アレルギー反応などが原因で、気管支が炎症を起こし、気道が狭くなってしまいます。


子どもの病気と思われがちな喘息ですが、近年、大人になってからも発症するケースが、増加しているらしい。


NO の場合は、「咳ぜんそく」の疑い。

喘息の特徴である ヒューヒュー ゼイゼイ という呼吸音はないものの、咳症状は喘息と同じ。


原田先生によると、咳喘息の 1/3 ぐらいの人(30%程度)は、喘息に移行するとも言われているそう。

なので、喘息として治療を受けることが大事だという。



咳診断チャート




激しい咳に、呼吸困難。

実際、喘息が どれほど息苦しいのか、疑似体験してみることになりました。


鼻栓(はなせん)をして、ストローのみで呼吸する。

これで、喘息に似たつらさを、感じてみようってわけです。

(医師の立会いのもと行っているので、マネしないでください)


階段を上ったのですが、もう苦しい。

かなり、つらいようですね。

喘息経験者の青井さんも、「(喘息の症状に)似とる」と。




ぜんそく日誌


ササミ
喘息の患者数は、約800万人。

命の危険もある病です。




[体験談]


47歳の男性、Fさん。

まさか、成人になって喘息を発症するとは、思っていませんでした。

もともとアレルギー体質で、カビやスギ花粉などには、反応があったそうです。


去年、喘息が発症。

Fさんは、急に激しい咳に襲われました。


診断した医師の見立ては、「アレルギーによる喘息」。

そこで、薬はもちろん、カビやホコリなどのアレルギー源のない環境づくりを徹底。

しかし、症状はなかなか、治まりませんでした。


電車に乗っていて、発作が始まることもあった。

そうなると、一度降りて、ホームのイスに座って、咳が止まってから、また電車に乗って、会社に行く。

何よりつらかったのは、夜中だという。

発作が苦しくて、ひどい時の睡眠時間は、わずか30分だけ。


さらに、呼吸困難で何度も緊急搬送され、生死の境をさまようことも。

やがては会社も休み、自宅にこもる日々。

いっそのこと死んでしまいたいと思ったことも、あったといいます。


そんなFさんの唯一の支えが、「ぜんそく日誌」だった。

「PEAK FLOW RECORD(ピークフロー日記)」とも。


ぜんそく日誌とは、毎日の発作の有無や、咳の状態、さらには、ピークフローという値を記入するもの。


「ピークフロー」とは、力いっぱい息を吐きだした時の、息の量です。

吐き出せる息の量を測定することで、気管支の状態が分かるのだ。

数値が高いほど 気管支の状態がよく、発作が出にくいということ。


ぜんそく日誌


日誌をつけていると、いつピークフローが減るのか、分かるといいます。

それに対して予防策も立てられるし、医師も判断基準としてアドバイスできると。


この日誌をつけることで、Fさんは、喘息と向き合えるようになったそうです。


最近の日誌を見てみると、ピークフローの値が、以前は「400弱」だったのが、今では「600前後」に上がっています。

実はこれ、ある最新治療のおかげなのだ。




ドクネット


引き続き、順天堂大学 医学部附属 順天堂医院 呼吸器内科の 原田紀宏 准教授に、教えていただきます。



実は、ゲンキスチューデントの滝裕可里さんも、大人になってから 喘息と診断された経験が。

夜、眠れないのが困るらしい。

そして、サウナと水風呂に入った後に、咳が出るとも。


これはもしかすると、暖かい所から冷たい所へ移動することによって、気温差で咳が誘発されている可能性が。

喘息の一症状かもしれないそうです。



気温差以外にも、秋は喘息に要注意だという。



<喘息の引き金>

 ・気温や気圧などの変動。

 ・ダニやホコリなどのアレルゲン。

 ・風邪。

 ・ストレス、過労。



秋は、気温や気圧が変わったりと、変動の激しい時期。

また、夏の間に増えたダニの死骸が多くなり、アレルギー反応が起こりやすくなる。

さらに、季節の変わり目は風邪を引きやすいですよね。

環境が変わり、ストレスを受けやすい時期のため、自律神経のバランスも崩れがち。

これらの理由から、喘息の症状が出やすいのだとか。




大人になってから喘息と診断される人の傾向は?


まず、小児喘息と診断された経験のある人。

あとは、肥満の人も、発症することが多いのだとか。

脂肪が多いと、肺が大きく膨らめない状況に。普段から肺が縮こまった状態のため、気管支が細くなりやすいのだとか。
 



喘息の最新治療


ササミ
Fさんは、最新の治療を受け、症状が緩和しました。


東京都は新宿区にある、国立国際医療研究センター。

Fさんの治療に関わった先生に、お話を伺います。

呼吸器内科の 杉山温人 診療科長。


新しい治療法とは、「気管支サーモプラスティ」と呼ばれるものです。

通常の治療では治らない重症の喘息患者さんに、新しく2015年4月から認められた治療法。


重篤な喘息患者の気管支は、発作を繰り返すことで、内側の筋肉が厚くなっているのだという。

厚くなるのは、気管支の炎症で起こる自己防衛反応によるもの。


気管支サーモプラスティで使用するのは、「電極付きカテーテル」です。

レバーを操作すると、電極が広がる仕組みになっている。


治療はまず、口からカテーテルを入れ、気管を通って、厚くなっている気管支に到達させます。

その箇所を見つけたら、電極を広げ、65℃で加熱。

すると、熱によって、筋肉組織が収縮。

筋肉が薄くなって、気道が広がるのだ。

それが、喘息の症状緩和につながります。


気管支サーモプラスティ



<気管支サーモプラスティ>


 ・1回の手術で、約50か所。

 ・約3週間おきに、計3回の手術。

 ・手術の前日から、約5日入院。



(18歳以上の患者さんが対象。保険適用)



この治療法が、希望の光になると、いいですね。





隠れぜんそく






[関係する記事]

 → 【秋の咳に隠された病気】咳ぜんそく&心不全
 → 「痰で分かる危険なセキ パフィング&ハチミツ」

 → 【肺活】 舌圧強化に早口言葉、COPD予防に 口すぼめ呼吸
 → 「せきで消費されるカロリー 大人のぜんそく」




関連記事




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間 呼吸器科


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ


健康と医療ランキング




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【体力作り だまトレ】 脳ポリスを騙せ/ゲンキの時間 Oct 15, 2017
【薬の使い過ぎによる頭痛】 チェックと予防、対策/きょうの健康 Oct 11, 2017
【疲れ目】 スマホで眼精疲労、うつに/ゲンキの時間 Oct 08, 2017
【高血圧サージ】 ベルト スリッパ 深呼吸で予防/ガッテン Oct 05, 2017
【咳】診断チャート&大人の喘息 治療法/ゲンキの時間 Oct 01, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村