【股関節腰痛(1)】 猫背タイプ 四つん這いチェック法/ガッテン


新しい腰痛のタイプが判明!

原因は、股関節にあった。

立ったまま靴下が履けない、あぐらがかけない、そういう人は、要注意。


四つん這いチェックで、確認しよう!

猫背になっていたら、股関節の動きが悪く、腰に負担がかかっている可能性がある。



解説:京都大学 大学院 医学研究科 建内宏重 助教。



2017年9月27日放送の「ガッテン」より、「腰痛改善の新たな一手! 珍体操で劇的改善SP」からのメモ書き。

その前編です。




ためしてガッテン 腰痛改善 四つん這いチェック法




股関節腰痛の特徴


エノキ
さあ、今回のテーマは何でしょうか?

ササミ
「腰痛」です。

それも、「股関節腰痛」

いったい、どんな症状なのか?

予防するには、どうしたらいいのか?

学んでいきましょう。






ガッテンで腰痛を扱うのは、8回目なのだそうな。

それほど悩みが深いし、いくつものタイプが、あるようです。


今回問題となるのは、「股関節」

そう、股関節が影響して腰痛になるタイプが、あるようなのだ。


上半身と下半身とのつながりにあり、体重を支えてくれる、股関節。

階段を上る時、しゃがむ時など、日常の様々な動作の中心で、活躍してくれています。

そして、この場所の不具合で生じる腰痛が、「股関節腰痛」ってわけ。


この股関節腰痛には、ある特徴が見られるのだという。




[体験談(1)]


京都在住の男性、Aさん。

股関節が原因と思われる腰痛に、20年以上、悩まされてきました。


Aさんは、あぐらが かけないらしい。

腰が痛くて、座っていられないのです。


役者をしている、Aさん。

(大河ドラマ「新選組!」にも出演経験あり)

待機時間の長い現場では、悩みは深刻です。

着物が崩れてはいけないので、ちゃんと あぐらをかきたいのですが、どうしてもつらいので、片ヒザ立ちに。

もっとつらい時は、両ヒザを立てる格好に。


というわけで、特徴の一つは、「あぐらをかけない」ことでした。




[体験談(2)]


一方、Bさんは、1か月入院したこともあるほど、ひどい腰痛に悩まされています。

下水道関係の仕事でマンホールを持ち上げるなど、腰への負担が多い日々。


そんなBさんの悩みは、立ったまま靴下を履けないことだという。

足が上がらないんですね。


この「立ちながら靴下を履けない」というのも、股関節腰痛が疑われるサインらしい。






<股関節腰痛の特徴>


 ・靴下が、立ったまま履けない。

 ・あぐらがかけない。

 ・階段がつらい。

 ・立ち上がりにくい。



そして、もう一つ、大きな特徴が。



京都大学 大学院 医学研究科。

股関節腰痛を見抜く方法を教えてくれるのは、この方。

建内宏重 助教だ。

先生は、筋肉や関節の動きを研究している、リハビリの専門家なのです。


20代から60代の男女32名に、集まってもらいました。

さあ、股関節の状態を、チェックしてもらいましょう。


建内先生は言いました。

「四つん這(ば)いの姿勢を取っていただいて、いいですか?」

「そこからですね、少しだけ、お尻を後ろに下げていただいて、いいですか?」


四つん這いになって、お尻を下げたり、戻したり。

これで、何が分かるのでしょうか?


ある女性に、先生はこんなことを言った。

「典型的な猫背タイプですね」


なんと、普段は姿勢が良くても、この動きをすると、猫背になる人がいるのだ。


猫背タイプ


実は、体験談のAさん、Bさん共に、猫背タイプでした。



猫背タイプと股関節腰痛には、どんな関係があるのでしょうか?




建内宏重 先生の解説


ここでスタジオに、専門家の先生が登場。

京都大学 大学院 医学研究科の 建内宏重 助教です。



四つん這いチェックでは、立った時の姿勢に関係なく、股関節がしっかり働けているかを見ます。

普段、立っている姿勢では分かりにくい部分が、こういう動きの中で、現れてくるのだそう。



<股関節と腰痛のメカニズム>


お尻を四つん這いの状態から引くと、正常なら、股関節がスムーズに回ります。

股関節が滑らかに動いてくれると、背中はまっすぐなまま。


でも、股関節に異常があると、滑らかに動かないので、骨盤が引っ張られ、上半身がちょっと起きちゃうんです。

結果、猫背の状態に。


四つん這いチェック



股関節がうまく使えてないと、日常生活の様々な場面で、腰に負担が かかってしまいます。


例えば、物を取るために 屈む時も、股関節がスムーズに動かない分、腰で曲がらざるを得なくなる。

また、階段を上る時も、上がらない足を腰の力で補おうとするため、腰へ余計な負担が かかってしまうのだ。


腰への負担




実際に、股関節の動きの違いで、どれほど腰への負荷に差があるか、検証することに。


この方が、協力してくれました。

仙台大学 体育学部 村上憲治 教授。

村上先生は、スポーツ選手の身体の動きとケガの関係を、研究しています。


一般的な動作である歩行時の負荷を、関節の角度や、床の反発力などから、解析。

これが腰への負荷となる。

正常な人と、猫背タイプ、どんな差が出るでしょうか?


正常な人は、腰へかかる負荷が、体重の「84.3%」でした。

一方、猫背タイプでは、「169.1%」。


つまり、猫背タイプの人の腰には、正常な人に比べ、およそ2倍の負荷がかかっていたのです。





腰痛のタイプはいくつかあるのですが、股関節の動きが悪くて腰椎に負担がかかりやすいタイプは、四つん這いチェックが分かりやすいのだという。


当然、股関節腰痛の人には、股関節の動きを回復させることが有効。

股関節まわりを治すことで、腰への負担が減ることになります。





<四つん這いチェック法>


(1) 四つん這いになりましょう。

腕と太ももは、地面に対して、垂直。

(2) そこからゆっくり、お尻を後ろに下げてください。

だいたい、お尻がふくらはぎにつく、手前ぐらい。

(3) この時、背筋がまっすぐなら、股関節は滑らかに動いている。

逆に、背中や腰が丸まって、猫背になっていたら、股関節の動きが悪い可能性が。



四つん這いチェック法


猫背タイプは、腰に負担がかかりやすいので、それが腰痛の原因になっている可能性があります。






ササミ
股関節がスムーズに動かないと、腰への負担が増して、腰痛の危険性が高まります。

エノキ
ガッテン! ガッテン!





NHKガッテン!  2017年 秋号






後編に続きます。




関連記事




tag : ためしてガッテン 腰痛・関節痛


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ









FC2カウンター


アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【アルコール】 二日酔いしない飲み方とおつまみ Dec 16, 2018
【低血糖】 血管のダメージを 間食で防げ Dec 13, 2018
【インフルエンザ対策のまとめ】 2018 Dec 11, 2018
【月報】 2018年12月 Dec 08, 2018
【小松菜が変身】 ゆで時間と漬物風レシピ Dec 06, 2018
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
FC2拍手ランキング
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村