【不応性貧血】 樋口大悟さんの体験/ゲンキの時間 後編


<体験談>

俳優を目指す 樋口大悟さんの、不応性貧血(骨髄異形成症候群)との闘い。


2017年7月30日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「貧血による難病 ~ 壮絶な難病の記録」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 樋口大悟 不応性貧血 闘病記




貧血による難病


ササミ
命に関わる難病と闘った方が、おられます。


東京都は八王子市にある、ゴールドスクール ゴールド空手。

そこで空手を教えているのは、樋口大悟さん、39歳。

俳優になるという夢も追いかける樋口さんですが、12年前、貧血による病気と闘った経験があるんです。

それは、死の淵をさまようような大病でした。


樋口さんは、幼い頃から、スポーツ万能。

病気とは無縁の毎日を、送っていました。

しかし、12年前(2005年8月)、病院の検査で、数値がよくないと言われた。

赤血球、白血球、血小板の数が、減少。

血液中の成分が、異常に少なくなっていることが、判明しました。


そして、精密検査で発覚した病気が、「不応性貧血(骨髄異形成症候群)」

およそ 4万人に1人しか発症しない難病でした。


主な原因は、骨髄の異常。

血液の細胞自体がうまく作られないことで、貧血症状を引き起こし、白血病に移行する危険性が高い病気です。

様々な治療が適応しないため、不応性貧血と呼ばれる。


治すには、他人からの骨髄移植しかありません。

しかし、骨髄移植は、身体が拒否反応を起こし、死亡するケースだってある。


樋口さんは、「頭が真っ白になったのと、地獄に落とされたような…」、そう当時を振り返ります。


経過を見るため退院した、樋口さん。

死と隣り合わせの病気にもかかわらず、症状は貧血と同じで、息切れや動悸が起こる程度。

ゆっくりと、体を蝕んでいきました。


5年後生存率が、半分くらい。

気力が失せ、当時していたスポーツインストラクターの仕事を辞め、家に引きこもる毎日に。

骨髄移植を受ける決心は、つかなかったという。


骨髄移植をしてしまったために、命を落とす危険性もあります。

自分が1か月後、2か月後に、消えてしまうかもしれないという恐怖。

それがものすごく大きかったのだそう。


友人のやさしい言葉も、当時の樋口さんには、違って聞こえたという。

「簡単に言うなよ!」と、声を荒げたことも。

誰も自分の気持なんか分からないと。


樋口さんは、両親が離婚し、母親と二人暮らし。

昼前に起きると、テーブルには、必ず、おにぎりが二つ、置いてあったという。

苦悩する息子へ唯一、贈ることのできた やさしさでした。


それを、時には、泣きながら食べることもあったという、樋口さん。

「何やってるんだろうな」と、思うことも。

身体は動くのに、心が折れてしまっている自分に、ものすごく罪悪感を感じた。


発病から3年の、2008年7月。

症状が悪化し、白血病に移行してしまいました。

余命2年を宣告されたという。


しかし、それでも、移植の決心はつきませんでした。


そんなある時、友人の一言が、背中を押します。

「とにかく、お前、生きていれば、あとは何とかしてやるから…生きろ」


白血病になると、移植の前に、体内の悪い血液成分を殺すため、放射線をかけます。

その際、抵抗力は落ち、体力も消耗してしまう。


そして樋口さんは、骨髄移植を受けました。


待ち受けていたのは、想像を絶する痛み。

放射線の影響でノドが焼け、眠ることすら、ままなりません。

唾(つば)を飲み込んだだけで痛くて、激痛で目が覚めるというのが続いたという。

10分おきぐらいに、目が覚める感じ。


心臓が炎症を起こすことも、ありました。

その時は、心臓が握りつぶされそうなぐらいの痛みだった。

「もう無理だ」と思うことも。


苦闘し続けること、1か月半。

2008年12月、退院の日が来ました。

樋口さんは、病に打ち勝ったのです。


その頃から、樋口さんの人生は一変。

日常にすごく、幸せを感じるようになったという。

好きな時に、好きなものを食べられる。

ご飯を食べられる幸せ。

疲れて眠ることができる幸せ。

眠れることがこんなに幸せなんだと思えた。




あれから、9年。

病気は完治しました。

樋口さんは、日常の幸せを噛みしめながら、夢を追いかけています。






順天堂大学医学部 医学教育研究室 奈良信雄 先生のお話。

「血液検査をしないと貧血は分からないので、定期的な検査を受けることが大切」

「不応性貧血のように、きわめて治りにくい病気もあります」

「それぞれに適した治療がありますので、きちんと診断をつけて、きちんとした治療を受けることが大事です」





「血液のがん」と言われたら… (お医者さんの話がよくわかるから安心できる)







 前編 → 【貧血チェック】 氷や土を食べる?


[関係する記事]
 → 【スーパーミネラル】 亜鉛と味覚障害

 → 【低栄養】 高齢者は 肉を食べよう 10食品群チェックシー

 → うつにも関係? 第2の鉄不足とフェリチン




関連記事


tag : 健康カプセル!ゲンキの時間


<スポンサードリンク>


web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

アラフィフ日記ランキング





プロフィール (Who is)

荒巻ケンコー

 

管理人 : 荒巻ケンコー

50歳代に突入し、健康の話題を口にすることが多くなりました。老眼が始まったり、白髪もチラホラ。筋肉痛は、2~3日遅れる。

老化は止められないけど、緩やかにしたい。できるだけ健康でいたい。できれば、生活を楽しみたい。そういう気持ちで、情報を集め、分かりやすく記録に残しています。

おいしい食材や簡単料理にも、興味あり。


過去の病気 : 腰痛(椎間板ヘルニア 手術暦あり)
現在の病気 : 花粉症。  

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【図書室の思い出】 妖怪いるか Mar 02, 2024
【布団の中で】 モゾモゾ体操 Part1 【便通に良い食べ物】 Feb 28, 2024
【駄菓子屋(3)】 ジュース後編 自動販売機とダイエー 【明治 プクプク】 Feb 24, 2024
【駄菓子屋(2)】 昭和ジュース 中編 【古いのも欲しくなる】 Feb 21, 2024
【駄菓子屋(1)】 ジュース 飲み物 前編 【花粉症はつらいよ】 Feb 17, 2024
タグ リスト
  

 

  
食べ物   
      
認知症   
  
肩こり   
   
胃腸   
  
睡眠   
 
高血圧   
  
   
  
眼科   
  
掃除   
  
便秘   
 
糖尿病   
 
美容   
 
冷え性   
 
長寿   
 
ヨガ   
 
脳卒中   
 
皮膚科   
 
肝臓   
   
栄養素   
 
心臓   
 
癒し   
  
頭痛   
  
花粉症   
  
熱中症   
 
腎臓病   
 
がん   
  
目次   
 
   
  
かゆみ   
 
バトン   
 
下痢   
   
思い出   
  
Diet7   
  
痛風   
 
老い   
 
洗濯   
   
更年期   
 
   
 
   
 
お茶   
  
   
 
映画   
 
弁当   
   
運動   
  

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム Google

↑ 記事が見つからない時、こちらをどうぞ。
Google
注目記事 [1]
注目記事 [2]
忍者



注目記事 [3]
食べ物の記事
注目記事 [4]
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
FC2拍手ランキング
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター


QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村