【疲れ目の原因】 寄せ目チェックと対策/ガッテン



「寄せ目」と「疲れ目」の関係とは?


外を向いた眼球を正面に向けることで、筋肉が疲労。

命令する脳まで、疲れてしまう。


対策は、1時間に1分、目を閉じること。

ちょうどいい休息になります。


それで治らない時は、プリズム眼鏡を使ったり、場合によっては、斜視の手術を。


若者に急増している病気、「急性内斜視」。

スマホの長時間使用が原因だった。


プロボクサー村田諒太選手のトレーニング。



解説:大阪大学大学院 医学系研究科 不二門尚 教授。



2017年7月19日放送の「ガッテン」より、「疲れ目撃退! 本当の原因解明SP」からのメモ書きです。




ためしてガッテン 疲れ目と寄り目




寄せ目との関係


エノキ
今週のガッテンは、どんな内容でしたか?

ササミ
テーマは、「疲れ目」

なんと、寄せ目と疲れ目に、関係があったんです。





去年の目薬の売り上げは、500億円(矢野経済研究所の予測値)。

疲れ目に悩む人は、それだけ多いんですね。



疲れる目なのか? 疲れない目なのか?

それが分かる「あるもの」が、スタジオに登場しました。


あれ?

棒の先に、四角いものがついてるぞ。

サイコロみたいなのが先にあって、4面に、絵が描かれている。

ネコ、車、ゾウに、ヨット。


棒を顔に近づけて、じっと見ます。


疲れ目のチェック


これで何が分かるんだ?


実は、この時、目が寄るか寄らないかで、疲れやすい目なのか、疲れにくい目なのか、分かるそうなのです。


街でも、寄せ目チェックを行いました。

その結果、60人中 27人が、寄せ目ができてなかった。


でも、できる人とできない人、どっちが疲れやすいんだろう?


実は、寄せ目ができない人の方が、圧倒的に疲れやすいんです。


街頭調査の結果も、それを表していた。

寄せ目ができる人では、疲れ目がある人の割合が、58%。

これが、寄せ目ができない人では、96%に。

ほぼ全員に、疲れ目があったんです。





千葉県在住の女性、Aさん。

育児休職中のAさんですが、子育てに忙しく、目が疲れるようなことはしてないのに、重い疲れ目に悩んでいます。

目が疲れると、はっきり見えないというか、ピントが合わないのだそう。

夕方になると重くなってきて、つらい。

目薬は、ほとんど効かないとのこと。


このAさんも、寄せ目ができません。




番組冒頭の、あの棒を使ったチェック。

実は、診療の現場でも、あの方法で、寄せ目による検査が行われているのだとか。



でも、なぜ、目が寄せらないんだろう?


それを知るために、寄せ目が苦手な人たちの目を、徹底調査することになりました。


実験に協力してくれるのは、大阪大学大学院 医学系研究科の 不二門尚(ふじかど たかし)教授。

疲れ目のスペシャリストです。


何をするのかというと、MRIで眼球の断面を撮影して、眼球の方向を調べる検査をする。


その結果、こんなことが分かりました。

何と、目を閉じた時、眼球が外向きになってる。


眼球が外向きに


目を寄せられる人は、目を閉じても、まっすぐなままです。

けれど、目を寄せられない人は、程度の差こそあれ、眼球が外を向いてしまっていた。



さて、また、新たな疑問が。

どうして、目を閉じると、外向きになっちゃうんだろう?



この外向きの目は、寄せ目ができない人の目の、本来の状態なんです。

目を閉じると、筋肉がリラックスして、一番楽な方向を向いたのだ。



片目を半透明の目隠しで覆おうと、その様子がよく分かります。


目が動く


この動きは特別なことではなく、外向きの目を持っている人の目では、みんな起こっているらしい。




疲れ目との関係


ササミ
外を向いている目で、まっすぐ正面を見ようとすると、それだけで疲労が。

目を内側に向ける筋肉が、頑張らねばなりません。

それだけでも しんどいのに、近くを見ようとして目を寄せると、筋肉の疲労は大変なことになる。

目の筋肉が眼球をコントロールしようとして、やがて、眼球が震えるくらいの負荷が。

それが疲れ目につながるようです。



この眼球の震えを、実際に見ることができるそうです。


使うのは、日本に1台しかない装置。

「両眼波面センサー」

これで、寄せ目が苦手な人の目に現れる、震えの瞬間を捉える。


目が動く


黒目がピクッと動いてますね。

これは、寄せ目が苦手な人の眼球が、これ以上は寄せられないと、限界に達した瞬間。



目の筋肉を頑張らせているうちに、いろんな症状が出てきます。


 ・ぼやける。

 ・目の奥が痛い。

 ・頭が痛い。


また、筋肉だけでなく、命令する脳も疲労するそうです。





私たちの祖先がまだ魚だった頃、目は横向きについていました。

その方が視界が広く、遠くのものを見るのに適しています。


やがて、両生類、哺乳類へと進化するにつれ、目は前へ前へと移動。

近くのものを立体的に見ることができるようになりました。


その進化の跡が、今も、人間の目には残っています。

目を収める骨、目を動かす筋肉も、頭の中心から外向きについている。


目は外を向きやすい


人間の目は、もともと、外を向きやすい構造になってるんですね。




対策は1分間


ササミ
話がだいぶ、見えてきましたね。

外を向いた目をまっすぐにするために、疲労が出ている。


だとすれば、どうすればいいのか?


その答えが、これ。

「目を閉じる」

意識的に、目を休ませると。



じゃあ、どれくらい休めたらいいのでしょうか?


答えはこれ。

「1時間に1分」



両眼波面センサーで確認できた、黒目のピクピク。

1分間 目を閉じるだけで、これがなくなりました。


30秒だと、まだ震えるそうです。

2分だと、1分の時と変わらなかった。



「疲れ目に悩む人は、1時間に1分、目を閉じる」

目の筋肉と脳を休ませてあげましょう。




不二門尚先生の解説


ここでスタジオに、専門家の先生が登場。

疲れ目の研究が専門、大阪大学の 不二門尚 先生です。


先生によると、日本人は比較的多くて、2人に1人は目が外側を向いているそう。

ただ、角度は、人によってかなり違います。

不二門先生によれば、それは病気だというわけではなく、「個性」

そして、角度が大きい人は、疲れやすいと。

なので、疲れをためないうちに、目を休めてあげたほうがよい。




では、目を閉じるだけでは改善しない、ひどい疲れ目の場合は?


実は先生も、少し目がズレているのだそう。

その対策として、「プリズム眼鏡」をかけている。



【プリズム眼鏡】

レンズにプリズムを組み込んだ眼鏡。光を屈折させることによって、左右の視線のずれを補正することができ、斜視・斜位の矯正などに用いられる。

(大辞泉より)



プリズム眼鏡だと、目が外を向いたノーマルな状態でも、まっすぐ向けたのと同じように見える。

これだと、筋肉に疲労が出ません。

寄せ目を頑張らなくても、近くのものを楽に見ることができます。



<プリズム眼鏡の作り方>


まず、斜視の専門医がいる眼科で、処方箋をもらいます。

それから、プリズム眼鏡を扱っている眼鏡店で、作ってもらう。


(費用は、眼鏡代プラス数千円程度だそうです)


なお、斜視の専門医については、「日本弱視斜視学会」のホームページを参考に。

 http://www.jasa-web.jp/

「弱視・斜視を専門とする医師の一覧」というページがあります。




中には、プリズム眼鏡で解決できないケースもあるそうです。

そういう場合は、斜視の手術をする。


<斜視の手術>


外側の筋肉を緩めて、眼球の方向をずらす。



手術時間は、30分程度。

日帰りも可能とのこと。






ササミ
目の向きには、個性がある。

疲れ目の人は、目を閉じて、筋肉を休めてあげましょう。

エノキ
ガッテン! ガッテン!




セルフチェック法


ササミ
自分でできる簡単なチェック法を紹介。



<寄せ目力 簡単 セルフチェック法>


(1) まず、紙に線を引き、端から 10cm のところに、点を描きます。

(2) この紙を目の前に広げ、点を見つめましょう。

メガネやコンタクトは、つけたままで OK。

(3) 「X」の中心に、点が1つの状態で、10秒キープできれば、寄せ目力は十分です。

10秒間キープできずに、点が2つに見えたら、寄せ目力が下がっている可能性が。

ひどい疲れ目に悩む人は、斜視の専門医に診てもらいましょう。



寄せ目力 セルフチェック法





スマホで起きる目の異変


ササミ
最近では、若い人でも、目の疲れを訴える人が多いのだとか。



向かったのは、兵庫医科大学病院。

特任教授の 三村治 先生に、教えてもらいます。

先生は、これまで数千件の手術を行ってきた、目のスペシャリストなのだ。


「最近、スマートフォンの長時間使用によって、目の機能異常を訴える若い方が、非常に増えてきています」

「最悪の場合、手術に至る例もありますので、たいへん危機感を抱いております」





[体験談(1)]


25歳の女性、Bさん。

目に異常が起きたのは、3年前でした。

当時、スマートフォンを、1日に10時間ぐらい見ていたそうです。


Bさんが経験した異常は、「目のズレ」。

当時、左目の方向が、内側にズレていました。


見た目も変化し、さらには、あらゆるものが二重に見えるようになったそうです。





[体験談(2)]


20歳の男性、Cさん。

18歳の時、目のズレが起きました。

当時、1日5時間以上、スマホのゲームに はまっていたという。


テレビを見ていたら、いきなりテレビが2つに見えた。

それで気づいたそうです。


驚いたCさんは、あわてて、鏡で自分の目を確かめました。

すると、左目が内に寄ってしまっていた。

「治らないんじゃないか」と非常に不安になったと、当時を振り返りました。




これらの症状。

正式名称を、「急性内斜視」という。


兵庫医科大学によると、この5年間で、1.7倍に増加。

ほとんどが、20代以下の若者や子どもです。

今、専門家たちが警鐘を鳴らし、研究を進めているとのこと。


急性内斜視は、近くのものを長時間見続けたりすることで、目が内側を向いたまま固まってしまう病気。

読書や携帯ゲームのやりすぎなど、様々なことが原因で起こります。

しかし、中でも特に注意してほしいと、医師たちが警鐘を鳴らしているのが、画面を近くで見がちなスマートフォンなのです。



三村先生によると、「スマートフォンを使用する距離が問題」。

「最低でも、30cm 以上空けるということが必要」とのこと。


というのも、距離によって、目を寄せる角度が変わるんです。

2メートルの所から 1メートルの所に 物が近づいても、角度はそんなに変わりません。

しかし、30センチ以内になると、角度はすごく大きくなる。


ということで、近くになればなるほど、目にかかる負担は大きくなるんですね。



兵庫医科大学が勧めているのはこちら。

距離は 30cm 以上離すこと。

時間は、1日4時間以内に。



腕を身体にくっつけるだけで、30cm は守れるようです。



ちなみに、体験談のお二人は、「急性内斜視のボツリヌス療法」で、治ったとのこと。

これは、目の筋肉を緩める注射を打つ方法(保険適用)。



目が内側に寄って戻らなくなったら、斜視の専門医がいる眼科を受診してください。




アスリートが注目する寄せ目パワー


ササミ
ロンドンオリンピック金メダリスト、プロボクサーの村田諒太さん。

世界の頂点を目指す村田さんが 去年から始めたのが、目を鍛える「ビジョントレーニング」

中でも、とりわけ大事なのが、寄せ目をスムーズに行って、素早く焦点を合わせるためのトレーニングだ。


村田選手は言いました。

「このトレーニングを教えていただいてなければ、全然、今のレベルには達していないと思います」


トレーニングを指導しているのは、この方。

第9代WBAスーパーフライ級チャンピオンの 飯田覚士さん。

実は飯田さん、このトレーニングで世界を獲った一人なんです。

「ボクサーにとって目は命」

「ボクサーがロードワークするぐらい大切なもの」と、飯田さん。


村田選手も、その効果を感じています。

「今までだったら、すごく速く感じていたパンチが、このスピードだったら当たらないなと思う瞬間が、スパーリングの中で何回か出てきた」

「このスピードだったら遅いなっていう瞬間が」





全国レベルの選手を多数輩出する、卓球女子の強豪校。

新潟県 北越高等学校 卓球部女子。

ここでも、寄せ目のトレーニングが。


チームを率いるのは、竹内聡 監督です。

竹内さんは、2004年のアテネオリンピックで日本代表のコーチを務めた実力者。

そんな監督が、卓球が劇的に上達すると、注目しているトレーニングがあるんです。


使うのは、丸い玉を通した長いヒモ。

手前の玉から、奥の玉へ。

それが終わったら、奥の玉から、手前の玉へ。

次々と視線を送って、焦点を合わせます。


竹内監督の言葉。

「目を寄せることに関しては、卓球の場合、ラリーが 0.7秒~0.8秒っていう、1秒以内のラリーになりますんで」

「その時の反応の速さにつながったり、あるいは、ボールの回転の判断につながったり」

「能力は、非常に高まっていると思います」





NHKガッテン! 2017年 夏号



NHKためしてガッテン 「目の老化」を防ぐ新常識


 



次回は、これ。

気づけない隠れ水虫の感染源とは?

「まさか私が水虫に!? 驚きの感染ルートを新発見」。




[関係する記事]

 → 「隠れ斜視と間欠性斜視 チェック法とプリズムメガネ」

 → 【目の病気】スマホ老眼&隠れ斜視




関連記事




tag : ためしてガッテン 眼科


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ


健康と医療ランキング




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【ホコリの原因は壁】 除電ぞうきんの作り方/ガッテン Oct 19, 2017
【体力作り だまトレ】 脳ポリスを騙せ/ゲンキの時間 Oct 15, 2017
【薬の使い過ぎによる頭痛】 チェックと予防、対策/きょうの健康 Oct 11, 2017
【疲れ目】 スマホで眼精疲労、うつに/ゲンキの時間 Oct 08, 2017
【高血圧サージ】 ベルト スリッパ 深呼吸で予防/ガッテン Oct 05, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村