「噛んで脳を活性化/ためしてガッテン」

おとといの晩ご飯って、覚えてます?

何かイベントでもない限り、思い出せませんよね。

でも、たった10分で記憶力がアップする裏ワザがあるんですって。

それでいて、今日のテーマは記憶術ではないといいます。

ある簡単なことをするだけで、記憶力がアップする。

しかも、高齢で歩けなくなっていた人が、歩けるように。


その方法って、いったい何なんだ?


2月9日放送の「ためしてガッテン」より、「脳と身体を刺激せよ!やる気の源は○の裏に」からのメモ書きです。





歯科からの医療革命―「体の症状を歯から治す」これが究極のホリスティック歯科医療だ!





ロバに起きた奇跡


東京、上野動物園。

今からおよそ50年前、一頭のロバに、奇跡が起きたといいます。

子供たちの人気者だった、一文字号。

でも、老衰で、みるみる痩せていきました。

エサを食べないようになり、飼育員さんたちも心配します。

そこではじまったのが、ロバ用の入れ歯を作るという計画。

何と、人間の歯科医 石上健次博士が、それを引き受けてくれました。


試行錯誤し、2ヶ月半後、金色に輝く入れ歯が完成。

多くの人が見守る中、入れ歯がはめられます。

臆病な草食動物が、人工の歯を受け入れてくれるのだろうか?

固唾を飲んで見つめた、その結果は、大成功。

一文字号は入れ歯を受け入れ、すぐに草を食べはじめた。


石上博士はこの成功を、「ロバ『一文字号』の義歯の試作について」という論文にまとめました。

一文字号は見る見るうちに回復し、気力も充実。

羊に噛みつくまでに回復したといいます。


もう先がないと思われていた一文字号が、奇跡の復活を遂げたのです。




噛んで、カムバック

歯の復活と共に奇跡を起こすのは、ロバだけではないようです。

老衰で歩けなくなった88歳の男性は、入れ歯を入れたところ、1ヶ月後には、歩けるように。

2ヶ月後には、姿勢までよくなりました。

半年後には、庭仕事をするまでになったといいます。


また、脳血管障害で倒れた女性は、一年もの間、支えなしでは歩けない状態が続いていました。

ところが、入れ歯を入れたところ、その次の日から、ひとりで歩けるようになったといいます。


入れ歯を入れただけで、奇跡のような変化が?

どうして?


77歳の男性は、3年前、原因も分からぬまま、入院生活を余儀なくされました。

わずか3ヶ月で、体重が 75㎏ から 55㎏ に激減。

口から食事を摂ることもできなくなり、胃に直接管を通す“胃ろう”という方法で、栄養を摂取する状態に。

男性は、寝たきりになることも覚悟したといいます。


そんな男性を一変させたのが、やはり、入れ歯。

噛んで食べられるようになると、大きな変化が。

気力がまるっきり違ったと、男性は振り返ります。

何でもやってやろうという気になった。

周囲から見ても、ひげを剃るなど、身だしなみに気を遣うようになったといいます。


今ではパソコンをはじめるなど、チャレンジ精神旺盛に。

散歩だって、やってます。



むむ?

でも、噛んで食べるようになるだけで、こんなに違ってくるの?

理由が分かりません。 σ( ̄、 ̄=)ンート…




噛むとは、生きること


噛むことは、単に食べたものを細かく砕くことではないといいます。

番組曰く、噛むことは “生きる力”


噛むという行為が脳に影響を与えるらしいのですが、いったい、どんなメカニズムが?


スタンフォード大学医学部で、ある実験が行われました。

マウスを二つのグループに分けて、片方のグループのマウスには“固形のエサ”を与え、もう片方には“粉末状のエサ”を与えた。

栄養の摂取量やカロリーは同じにして、両者の違いを調べました。

すると、“海馬”という記憶をつかさどる部分の“神経新生細胞”の数に、変化が。

粉末のエサを与えられた方は、固形の方に比べて、およそ25%減っていたのです。

どうも、噛まないことで、差が出たらしい。


むむ!

噛むことと記憶には、つながりがあるのか。


どうも、歯には脳に刺激を送るセンサーがあるようなのです。

それは、歯の根っこにある“歯根膜”(しこんまく)というもの。

歯根膜は、歯と骨の間――歯を支える歯槽骨と、歯の間――にあって、クッションの役割をしてくれています。

口の中にはいろんなセンサーがあるのですが、その中でも感度がいいのが、この歯根膜なのだそう。

このセンサーのおかげで、硬さや厚さを知ることができます。


わずかに厚さの違う紙、これを指先で触っても、なかなか違いが分かりません。

それもそのはず、番組が用意したのは、1000分の5ミリの紙。

そんな紙も、噛んでみるとあら不思議、1000分の5ミリというわずかな違いが、明確に分かりました。

すごいぜ、歯根膜のセンサー。




歯根膜と三叉神経


歯根膜は、脳の神経の中でも一番太い “三叉神経”に つながっています。

噛んだことで生じる歯根膜への刺激は、その太い神経を通って、直接脳の中枢に送られる。

それが、感覚を司る“感覚野”運動をコントロールする“運動野”記憶の中枢である“海馬”思考やコミュニケーションをとる時に働くという“前頭前野”、そして最新の研究では“線条体”をも活性化させることが、分かってきました。

最後の“線条体”ですが、意欲と深く関係する部位。

噛むことで、感覚や運動、記憶や思考、意欲まで、活性化されるんですね。



食べることは、生きること。

特に、原始の時代では、そうだったのでしょう。

だから、噛むことと、上記の要素は、密接に関係するんですね。



ただ、この歯根膜、

歯が抜ける時、一緒にはがれ落ちてしまうそう。



ん?

でも、入れ歯で健康になったよね。


何で?




入れ歯の効果


元気いっぱいの おばあちゃんに協力してもらって、入れ歯をしている時と外した時で何が違うのか、実験してみました。

すると――


入れ歯がある時は、お手玉が上手に。
入れ歯がない時はというと、これも変わらず、上手にできました。

お手玉については、同じ。


続いて、握力の測定。

入れ歯がある時は、20㎏。
入れ歯がない時は、16㎏。

少しだけ差が出ました。

踏ん張るのと噛むのは、関係しそう。


最後に、卓球のラケットの上にボールを乗せ、落とさないように歩いてもらいました。

入れ歯がある時は、難なく成功。
入れ歯がない時は、フラフラして、うまくいきません。

これは、差が大きいぞ。



姿勢を維持する時は、上あごに対する下あごの位置が大事

入れ歯がないと下あごの位置が定まらないので、姿勢に影響が出て、フラフラしてしまうのだそうです。


健康な男女に、プールの縁をつかんで浮いてもらいました。

そして、下あごを右にずらして噛んでもらったところ、体が右に傾きました。

同じように左にずらして噛んでもらうと、体が左に傾いた。


噛むって、すごく姿勢に影響するんですね。



総入れ歯でなくても、抜けた歯や痛んでいる歯は 他の残っている歯に影響するので、治療を受けた方がよいそうです。



上でも紹介したとおり、歯が抜けるということは、歯根膜まで抜けるということ。

けれど、骨膜が残っているので、それがセンサーの代用になってくれるのだそうです。


また、事情があって入れ歯を入れることができない人でも、

口の中を清潔にし、歯茎をマッサージするなどして刺激することが、大事なのだそう。


そして入れ歯の人も、ちゃんと合うまで、根気よく通った方がよい、とのことでした。




歯の本数と脳の関係


東北福祉大学の渡邉誠 教授が70歳以上の患者さんを対象に調べたところ、

歯の本数が減るにしたがって、側頭葉内側部が委縮するということが分かったそうです。

この部分は、海馬、記憶に関係する部位。

歯がなくなることとアルツハイマー型の痴呆が関係するかもしれないと、研究がすすめられています。



歯って、食べる以外にも、大事なんですね。





歯の本数と脳の関係


厚生労働省では、“噛ミング30”という啓発運動を行っているそう。

ひと口で30回以上噛むことを、目標としています。


とはいえ、いつも数えるのは難しい。

そこで、自然に、無意識のうちに、噛む回数を増やす方法を、ガッテンが考えてくれました。


調べてくれたのは、お笑い芸人の “三豚隊”


 → 三豚隊オフィシャルホームページ


ある筋では“カレーは飲み物”と言われますが、あまり噛まずに飲み込まれていました。

そこでガッテン流の噛む回数を増やす工夫を実施。


すると、噛む回数が、1.5倍以上に上昇した。

いったい、どうやったんだ?


その方法とは、食べる時に、口に入れる量を少なくするという方法

この時は、小さなスプーンで食べてもらいました。


大きなスプーンでも、小さなスプーンでも、噛む回数は、そんなに変わりません。(ちょっと減りますが)

でも、口に入れる回数はぐんと増えるので、結果、一食当たりの噛む回数は増えることになります。





いや~、噛むって、生きることだったのか。

さっそく、キシリトールガムを噛もうっと!



 番組HP → 脳と身体を刺激せよ!やる気の源は○の裏に : ためしてガッテン - NHK





かみ合わせを正して全身健康―頭痛、腰痛から慢性病まで (健康双書)



歯ぎしりマウスガード
歯ぎしりマウスガード







歯が大事だとは思ってましたが、予想以上に大事なんですね。

そういえば、歯を痛めると、腰を痛めることが多いような気がする。

これも姿勢に影響が出るからかな。

歯を治療したりして、片方で噛む癖がつくと、だいたい腰痛になるもんな。



やっぱり、歯医者でのケアは大事だ。



リカルデント粒ガムボトル 150g 歯科医院専用 キシリトール+リカルデント成分配合 レッドグレープミント
リカルデント粒ガムボトル 150g 歯科医院専用 キシリトール+リカルデント成分配合 レッドグレープミント



仮面ライダー大研究―全100話&全怪人写真400枚と秘話


一文字号 → 一文字の2号




関連記事


tag : ためしてガッテン 認知症


<スポンサードリンク>


web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

アラフィフ日記ランキング





プロフィール (Who is)

荒巻ケンコー

 

管理人 : 荒巻ケンコー

50歳代に突入し、健康の話題を口にすることが多くなりました。老眼が始まったり、白髪もチラホラ。筋肉痛は、2~3日遅れる。

老化は止められないけど、緩やかにしたい。できるだけ健康でいたい。できれば、生活を楽しみたい。そういう気持ちで、情報を集め、分かりやすく記録に残しています。

おいしい食材や簡単料理にも、興味あり。


過去の病気 : 腰痛(椎間板ヘルニア 手術暦あり)
現在の病気 : 花粉症。  

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【駄菓子屋(2)】 昭和ジュース 中編 【古いのも欲しくなる】 Feb 21, 2024
【駄菓子屋(1)】 ジュース 飲み物 前編 【花粉症はつらいよ】 Feb 17, 2024
【リンパ(2)】 流す方法 問題 【顔 目の周り 足】 Feb 10, 2024
【リンパ(1)】 どこにある問題 【むくみとの関係は?】 Feb 07, 2024
【選ぶという幸せ】 へそを曲げる? 【頑固者 対応】 Feb 03, 2024
タグ リスト
  

 

  
食べ物   
      
認知症   
   
肩こり   
  
胃腸   
  
睡眠   
 
   
  
高血圧   
  
眼科   
   
掃除   
 
糖尿病   
 
美容   
 
便秘   
 
冷え性   
 
長寿   
 
脳卒中   
 
ヨガ   
 
皮膚科   
 
肝臓   
   
癒し   
 
心臓   
 
栄養素   
  
頭痛   
  
花粉症   
  
熱中症   
 
腎臓病   
 
目次   
 
がん   
   
   
 
かゆみ   
 
バトン   
 
下痢   
   
Diet7   
  
痛風   
  
老い   
  
洗濯   
  
思い出   
 
更年期   
 
お茶   
 
   
 
   
  
   
 
映画   
 
弁当   
   
運動   
  

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
カテゴリ
アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム Google

↑ 記事が見つからない時、こちらをどうぞ。
Google
注目記事 [1]
注目記事 [2]
忍者



注目記事 [3]
食べ物の記事
注目記事 [4]
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
FC2拍手ランキング
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター


QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村