【ピーナッツの健康効果】 死亡率 2割減/ガッテン 1/2


毎日食べれば、心臓病、糖尿病、腎臓病の死亡率が、2割減に。

ハーバード大学が研究発表した、驚きの健康効果とは?


カギは、油にあった。

オレイン酸が、悪玉コレステロールを減らしてくれる。

パルミチン酸、リノール酸、α-リノレン酸が、血管を強くしてくれる。


1日に食べる量は?


落花生研究室 雨宮昭彦 室長。



2017年1月11日放送の「ガッテン」より、「血管を強くしなやかに! ピーナッツパワー解放ワザ」からのメモ書き。

前編です。




ためしてガッテン ピーナッツの健康効果




ピーナッツと健康


ササミ
ハーバード大学で、ある研究成果が発表されました。

なんと、あるものを食べるだけで、心臓病や腎臓病のリスクが下がり、死ぬ確率が 2割も減るのだという。

理由は、血管にありました。

全身の血管を強く、しなやかに保つ効果があると、分かったんです。


研究の責任者、ハーバード大学の ウォルター・ウィレット教授のお言葉。

「その食べ物は、あなたを何年も、長生きさせてくれます」


さて、その食べ物ですが、実は、すごく身近なもの。

お酒のお供にもなる、アレなんです。



スタジオに運ばれてきたのは、「柿ピー」。

番組では、おかきとピーナッツの比率が、「5:1」と紹介されていました。

これは、数かな。

あるメーカーでは、重量で「6:4」にしているとのこと(柿の種6:ピーナッツ4)。

コンピューターで管理されているのだ。


柿ピー




先ほどの論文に出てくる食材ですが、「ピーナッツ(落花生)」なんです。

ピーナッツを毎日食べる人は、心臓病、糖尿病、腎臓病での死亡率が、(食べない人に比べ)2割減に。

ハーバード大学が30年かけて、12万人を追跡調査した結果だという。

(「Association of Nut Consumption with Total and Cause-Specific Mortality」)



でも、ピーナッツって、カロリーが高いですよね。

食べ過ぎると、太りそうだし、ニキビも心配。

鼻血が出るっていう俗説まである(あくまで、俗説です)。



ということで、アメリカに飛び、聞いてみることに。

ハーバード大学附属病院で、ウォルター・ウィレット教授にお話を伺いました。

「ピーナッツはこれまで、身体に悪いと信じられてきました」

「しかし、それは大きな誤解だったのです」

「ピーナッツを食べれば、長生きが期待できるうえに、生きている間も、健康でいられるんですよ」


病院内のレストランでは、今、入院患者さんを対象にした「健康メニュー」の開発が進んでいるのだそう。

その中で一番注目されている食材が、ピーナッツ。

キャベツや豆と一緒に炒めると、「たっぷりピーナッツのソテー」に。


たっぷりピーナッツのソテー


シェフのお話。

「ピーナッツは、素晴らしい小さな食材だよ。疲れて倒れそうになった時は、手の平いっぱいのピーナッツで、生き返るんだ」




どこに実るの?


ササミ
健康によいというピーナッツですが、どんな風に実るのか、知ってます?



向かったのは、千葉県農林総合研究センター 落花生研究室。

日本で唯一の、ピーナッツ研究所なのだとか。

品種改良を行いながら、世界中 1600種のピーナッツを育てている。


ピーナッツ博士こと、雨宮昭彦 室長に、案内してもらいましょう。


なんでも、落花生の花は、1日で しぼんでしまうのだそう。

その生態とは?


夏、ピーナッツは、黄色い花を咲かせます。

花が咲いて、しぼんだ後、1週間ほどすると、何か出てきたぞ。

それがグングン伸びて、地中へ。

もう1本、もう1本と、次々と地中へ。

地中へ入った先っぽは、40日以上かけて、ピーナッツへと成長。


落花生の花

落花生は どこで実?


そして、これこそが、ピーナッツの健康パワーを生むカギらしい。


伸びていった部分は、「子房柄(しぼうへい)」

雌しべの付け根の部分の名称です。

マメ科の植物には、子房柄と呼ばれる部分があるんですが、地中へと伸びるのは、ピーナッツだけ。

1つの苗から、30本以上も 子房柄が伸びて、地下で実になります。




カギは 油


ササミ
さて、では、ピーナッツの何が身体にいいんでしょうか?

薬になる部分は、どこ?


そのヒントは、本場アメリカの流儀にありました。


あるお店では、落花生の殻(から)を、みんな床に捨てる。

それにも、訳が。


その名も、「ピーナッツ・ワックス」

油分で床が、ピカピカになるのだとか。


というわけで、ピーナッツ最大のポイントは、「油」なのだ。

ピーナッツの成分のうち、50%は油。



<落花生・バターピーナッツの栄養素>

(100gあたり)

 エネルギー:592kal

 たんぱく質:25.5g

 脂質:51.3g

 炭水化物:18.2g

 食物繊維:6.9g





落花生が地中に潜るのにも、理由があるといいます。

それは、空中にぶら下がっているより、安全だから。

そして、これが効いてくる。

地中にあるミネラルが、直接入ってくることに。

そして、デンプンを油に変えてくれるんです。

これが、油が多い理由。


しかも、ただの油じゃありません。


 オレイン酸

不飽和脂肪酸の一種で、悪玉コレステロールだけを減らしてくれる。


 パルミチン酸

飽和脂肪酸の一種で、血管を作ってくれる。


 リノール酸

 α-リノレン酸

不飽和脂肪酸の一種で、血管を強くしてくれる。


ピーナッツには、人間が必要な油が、すべて含まれているのだ。

ピーナッツオイルは、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸のバランスが、理想的なのです。


黄金バランスで含まれるこの油が、心筋梗塞や脳出血を予防して、死亡率を下げてくれるんですね。



再び、ハーバード大学の ウォルター・ウィレット教授の言葉。

「ピーナッツの油は、健康的な油です」

「しかも、たくさんのビタミンやミネラルなど、健康に良い成分のすべてが、ピーナッツ1粒に含まれているんですよ」




ちなみに、ピーナッツのすごさに いち早く気づいたのが、この人。

ジョン・ケロッグ(1852-1943 John Harvey Kellogg )。

シリアル食品でおなじみの、あの企業の生みの親です。


120年前、医師だったケロッグさんは、身体が弱った患者でも食べられる栄養食を探していました。

そこで考えたのが、ピーナッツを潰した「ピーナッツバター」。

栄養たっぷりの油のおかげで、弱った人が みるみる回復したといいます。

(チャーリー・ブラウン、聞いてるか?)




さらに、もう一人、ピーナッツの力に気づいた人が。

ルドルフ・ディーゼル(1858-1913 Rudolf Christian Karl Diesel )。

ディーゼルエンジンの生みの親です。


彼が初めてディーゼルエンジンを開発した時、燃料として使ったのが、ピーナッツオイルだったのだ。

実は、ピーナッツオイルは、油の中でも、とても燃えやすい性質があるのだとか。


滋賀県立大学 山根浩二 教授の感想。

「ディーゼルさんが ディーゼルエンジンを ピーナッツ油で最初に動かしたのが、よく分かるというか、非常に面白いなと思いましたねえ」




ところで、ピーナッツを1日に、どのくらい食べたらいいんでしょうか?


論文に書かれているのは、「An Ounce a Day」

つまり、1日 1オンス。

グラムに変換すると、1日に 28gですね。

これは、約20粒


20粒 28グラム




<ピーナッツの健康効果>

・おススメは、1日 20粒 程度。

・ただし、カロリーに注意!

(20粒で、 150kcal=ごはんだと 茶碗半分ちょっと)



ウィレット博士のおススメは、こう。

「肉や炭水化物を、少しだけ ピーナッツに置き換える」






ササミ
ピーナッツに含まれる油が、健康パワーの源でした。

毎日食べれば、血管が強くなる。

エノキ
ガッテン! ガッテン!





NHKガッテン!  2017年 冬号



スヌーピーの料理絵本


 



後半では、おいしい食べ方を紹介します。




関連記事




tag : ためしてガッテン 食べ物


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ


健康と医療ランキング




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【ホコリの原因は壁】 除電ぞうきんの作り方/ガッテン Oct 19, 2017
【体力作り だまトレ】 脳ポリスを騙せ/ゲンキの時間 Oct 15, 2017
【薬の使い過ぎによる頭痛】 チェックと予防、対策/きょうの健康 Oct 11, 2017
【疲れ目】 スマホで眼精疲労、うつに/ゲンキの時間 Oct 08, 2017
【高血圧サージ】 ベルト スリッパ 深呼吸で予防/ガッテン Oct 05, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村