【目の病気】スマホ老眼&隠れ斜視/ゲンキの時間


スマートフォン時代の今、増えているのが「スマホ老眼」。毛様体筋が緊張し、ピント調節ができなくなる。

肩こりや頭痛の原因にもなる、「隠れ斜視」。遮眼子によるチェック方法や改善法を紹介します。

白内障になると、認知症のリスクが2倍に。片目わずか5分という手術はどんなもの?


10月10日「目の愛護デー」を前に、目の病気を勉強しちゃいましょう。


ドクネット:三井記念病院 赤星隆幸 眼科部長。

ゲンキリサーチャー:ずん(飯尾&やす)。



2016年10月9日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~ 頭痛や肩コリ 認知症にまで!? ~ 現代人が抱える目のトラブル」「認知症につながる目の病気」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 スマホ老眼 隠れ斜視 白内障




スマホ老眼


ササミ
Googleマップに、自撮り、ポケモンGOなどのゲームや、Twitter。

老いも若きも、スマートフォンを使う時間が増えてきました。


が、なんと、それが目の病気につながることも。

さらには、認知症のリスクを2倍にしてしまう目の病気があるのだという。



まずは、スマホ老眼のチェックから。


<スマホ老眼チェック>

 (1) 目が充血する。

 (2) スマホを操作した後、遠くを見ると、ぼやける。

 (3) 画面を離した方が、スマホの文字が見やすい。

 (4) 夕方になると、画面が見えづらい。



このうち、1つでも当てはまると、スマホ老眼である可能性が!



専門家の話を聞いてみましょう。

東京都は三鷹市にある、杏林大学医学部付属病院。

アイセンターの 山田昌和 先生です。



<スマホ老眼の症状は?>

近くのものを見ている状態から、パッと顔を上げて 遠くを見た時、あるいは逆に、遠くのものから 近くに視線を移した時に、ピントが合いにくい。あるいは、ピントが合うのに時間がかかる。



<普通の老眼との違いは?>

一般的な老眼は、水晶体というレンズが硬くなってくることで起きる。


そもそも目は、レンズの役割をする水晶体が 厚さを 毛様体筋で調節することで、ピントを合わせています。

ところが、加齢とともに毛様体筋が衰え、水晶体が硬くなって、厚さの調節ができなくなるんです。

老眼で近くのものに焦点が合わなくなるのは、「毛様体筋と水晶体の老化」が原因。

年を取ることは避けられないので、誰もがいずれなり得ます。


一方、スマホ老眼は、年齢に関係なく、若い人にも起きるのが特徴。

スマホなどの利用時間が増えると、近い距離で同じものを見続けることになるので、水晶体を伸び縮みさせる筋肉が緊張し、凝って固まってしまったような状態になってしまうんです。


「毛様体筋」は、遠くを見る時にゆるみ、近くを見る時に緊張します。

パソコンと目の距離は、約50センチ。

読書だと、約30センチ。

これがスマホだと、約20センチ。かなり顔に近いですね。

スマホを長時間使い続けると、毛様体筋が凝り固まり、遠くを見た時もコリが取れなくなり、ピントが合わなくなるのだ。

そのまま放置すると、回復するのに時間がかかったり、慢性化する可能性が。


スマホ老眼が慢性化すると、本当の老眼への移行を早めてしまう!



<スマホ老眼の予防法>

遠くのものをボンヤリ見ると、目が休まる。

遠くだと、ピント合わせをする毛様体筋が、リラックスした ゆるんだ状態になります。

スマホなどを長時間使用する場合は、30分に1度は窓の外を眺めるなどして、毛様体筋を休めましょう。





かくれ斜視


ササミ
スマホによる影響は、他にも。

自律神経失調症のような症状を伴う、怖ろしい隠れた症状がある。

それは、「隠れ斜視」

頭痛や肩こり、吐き気、めまいに、つながるのだという。



<隠れ斜視チェック>


「遮眼子(しゃがんし)」という視界を遮るための器具を使います。

一点を見つめ、遮眼子を片目に当て、外す。

この時、眼球が動いたら、隠れ斜視。


遮眼子



かくれ斜視





<隠れ斜視とは?>

眼球を動かす筋肉がアンバランスで、潜在的に両目の視線の向きがズレている状態のこと。

普段 両目で見ている時は、無意識のうちに視線を修正しているのですが、視界を奪うと、その眼球にとって楽な位置に移動してしまうんです。

ほとんどの場合は、外側に移動してしまっており、遮眼子を外すと眼球が内側に移動する。




隠れ斜視




山田先生によると、隠れ斜視は珍しいことではなく、ズレが少ないものまで入れると、3人に1人は目の位置が少しズレているのだという。


隠れ斜視の人は、眼球を動かす筋肉に常に負担がかかっており、疲れ目になりやすい傾向が。

隠れ斜視が進むと、目の疲れや頭痛がひどくなることもあるし、場合によっては、吐き気のような強い症状を伴うことも。

さらには、隠れ斜視が本当の斜視になって、ものが2つに見えたり、見た目で分かる斜視になることもある。


スマホなど近くのものを見る場合は、より内側に目を寄せる必要があるため、負担はさらに大きくなり、隠れ斜視を進行させてしまう恐れがあります。

進行を防ぐには、目の酷使は禁物。

温めるなどして、目の筋肉をほぐすのも効果的です。

また、光の進路を修正する「プリズムレンズ」が入ったメガネも、隠れ斜視の修正には有効。

目の負担を減らすことができる。


かくれ斜視の対策





改善法もあります。


<隠れ斜視の改善法>

顔の前に人差し指を立て、見つめます。

この人差し指を、前後に動かしてください。

前後10回を、朝と晩の2回やると、効果的。



隠れ斜視改善法





白内障の手術


ササミ
続いては、白内障についてです。

なんと、白内障が認知症につながるのだという。


東京都は千代田区にある、三井記念病院。

白内障治療のエキスパート、眼科部長の 赤星隆幸 先生に伺います。



<白内障って、どんな病気なの?>


白内障とは、本来なら透明なレンズである水晶体が、加齢などで濁る病気。

近視が進む、二重に見える、まぶしい、などの症状が現れる。


最終的には水晶体が完全に白く濁り、視力が全くなくなってしまうという。




<白内障と認知症との関係は?>


五感の情報の8割以上は、目から入ってくると言われています。

目からの情報は脳を刺激するのですが、その情報がなくなると、うつ病になったり、認知症が進んでしまうことがあるのだとか。

白内障などの視力低下は、認知症リスクが2倍になるというデータもある。




<どんな治療法が有効なの?>


眼科を受診すると、まず点眼薬が処方される。

これは白内障の進行を抑えるには有効ですが、濁ってしまった水晶体を透明に戻すことはできません。

根本的に見えるようにするには、手術だけが唯一の治療法となる。



その手術は、片目5分で、両目でわずか10分程度。

濁っている水晶体をきれいに取り除いて、新しく人工的なレンズを入れます。

そのレンズには、2つのタイプが。


「単焦点レンズ」:遠距離と近距離、どちらかにピントが合う。

「多焦点レンズ」:遠距離と近距離、両方にピントが合う。


単焦点レンズでは、術後もメガネが必要になります。

保険適用の手術が可能で、3割負担の場合は、両眼で 約10万円程度になる。


多焦点レンズは、3重焦点の場合、遠距離・中距離・近距離と、すべてにピントが合う。

こちらだと、術後、老眼鏡も必要なし。

ただし、保険適用外の手術で、費用は両眼で 約100万円。

(2重焦点は、先進医療保険適用が可能)


趣味や仕事など、自身のライフスタイルによって、選択できます。




<白内障の手術>


以前は注射で行っていた麻酔ですが、現在は点眼で行えるようになった。


まず、眼に、幅1.8ミリの小さなメスを入れる。

次に、その切り口から、先端がナイフ状になった器具を入れ、水晶体を細かく割ります。

続いて、超音波で水晶体をさらに細かく砕き、吸引。

濁った水晶体を、きれいに取り除く。

直径6ミリのレンズを丸くたたみ、1.8ミリの切り口から、入れ、広げる。

傷口は最小限におさえられるため、縫合は必要ありません(無縫合手術)。


眼帯も必要なく、即日帰宅が可能。

術後すぐに視力が回復するのも、点眼麻酔での手術の特徴だという。
 



ドクネット


引き続き、三井記念病院 眼科部長の 赤星隆幸 先生に、教えていただきます。


赤星先生は、満里奈さんのお母さんのオペも行ったのだとか。


さて、白内障の手術のタイミングですが、赤星先生はこうおっしゃっています。

「人それぞれ、どれぐらいの視力が必要かは違いますので、それぞれの人の日常生活上 不自由が出てきた時点で、手術をお考えになられたら、よろしいかと思います」


手術は、ダイヤモンドのメスで 2ミリ以下の小さな傷口で切り、一切 縫いません。

なので、痛みはないそうです。

術後、約2か月は点眼薬をさし、その間、定期的に診察を受ける必要があるとのこと。


眼内レンズは、近視、遠視、乱視、老眼と、それぞれに適応したものがある。

なので、主治医の先生とよく相談して決めてほしいと。

なぜかというと、いったん移植したレンズは、簡単には交換できないから。

一生使うレンズなので、慎重に決めてほしいと。





白内障適齢期―手術4分、入院不要、世界に誇る赤星式手術 (片寄斗史子聞き書きシリーズ―100歳までいきいき生きる国民医のアドバイス)



白内障のひみつ






[関係する記事]

 → 「ビジョントレーニングで疲れ目改善」

 → 「隠れ斜視と間欠性斜視 チェック法とプリズムメガネ」

 → 「トゲトゲ型 白内障 手術と初期症状」

 → 【加齢による色覚異常】見間違いから着衣着火に!




関連記事




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間 眼科


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ









FC2カウンター


アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【低血糖】 血管のダメージを 間食で防げ Dec 13, 2018
【インフルエンザ対策のまとめ】 2018 Dec 11, 2018
【月報】 2018年12月 Dec 08, 2018
【小松菜が変身】 ゆで時間と漬物風レシピ Dec 06, 2018
【海苔】 5つの健康パワー Dec 02, 2018
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
FC2拍手ランキング
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村