【難聴&耳鳴り】治す方法は、聴覚ネットワークと補聴器/ゲンキの時間


今回のテーマは、「難聴」「耳鳴り」


認知症とも関係が?

耳が遠くなる理由。

蝸牛と有毛細胞。


耳元で大きな声を出すのは、NG。


聴覚ネットワークを鍛える<聴覚筋トレ>。


耳鳴りの正体は、脳が作り出した音だった。

改善する方法は、補聴器。



ドクネット:東京大学医学部 耳鼻咽喉科学室 山岨達也 教授。

ゲンキリサーチャー:ずん(飯尾和樹&やす)。



2016年7月24日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~ 年を取っても良く聞こえる! ~ 解明! 聴力アップの秘訣」「難聴で認知症防ぐ簡単訓練」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 難聴 耳鳴り 聴覚ネットワーク




聴覚ネットワーク


ササミ
今週のテーマは、「難聴」と「耳鳴り」。


年を取ると、耳が聞こえにくくなるのは、仕方ない。

そう思ってないでしょうか?


専門家の先生は、こうおっしゃってますよ。

東京大学医学部 耳鼻咽喉科学室の、山岨(やまそば)達也 教授。

「難聴を、あきらめてはいけません!」

「年を取っても、高い聴力を維持することは、できるんですよ」




その難聴ですが、「聞き間違い」が、難聴が始まっているサインだという。


と、ここで披露されたのが、三宅裕司さんの奥さんのエピソード。

日曜のラジオでも、おなじみですよね。

「キッチンで仕事しながら、テレビの音だけ聞こえてくるわけ」

「『手の荒れに効く』って聞くと、『アレじゃ分かんないでしょ』って言ってね」




それはともかく、街の声から。


「聞こえるんですけれども、言ってる言葉が、はっきり分からない」

「高い音がね、聞こえにくくなるのと同時に、高い音が煩わしい」

「飲み込めなかったり、聞き取りにくかったりするの」


やっぱり、ある程度の年齢になると、体験する人は多いようです。


なのに、対策はというと、してないみたい。

病院には行かないらしい。

1つは、半ば、あきらめているから。

もう1つは、それほど生活に支障がないから。



こうした老人性難聴ですが、高齢者の孤立を招くことも。


 耳が聞こえにくい → テレビの音を大きくする → ケンカになる

 耳が聞こえにくい → 聞き間違いをする → トラブルに


耳が遠くなると、コミュニケーションでトラブルが生じ、孤立や引きこもりにつながるケースが、増えているのだとか。

そして、孤立から、さらなる問題が。


アメリカでの調査では、耳がいい人と悪い人で、認知症へのリスクを調べたところ、こんな結果に。

 軽度の難聴の人:リスクが 2倍に。

 中度の難聴の人:リスクが 3倍に。

 重度の難聴の人:リスクが 5倍に。





でも、なぜ、年を取ると耳が遠くなるのでしょう?


<メカニズム>


音は耳に入ると、鼓膜で増幅され、「蝸牛(かぎゅう)」で電気信号に変換されて、脳に伝わります。

その蝸牛の中には、まるで毛のような「有毛細胞」があり、それらが伸縮することで、電気信号に変換しているんですね。


蝸牛と有毛細胞


ところが、年を取ると、この有毛細胞が壊れてしまう。

その際、外側にある高い音を感知する細胞から壊れていくため、高齢者は、高い音が聞こえづらくなるのです。



じゃあ、有毛細胞を再生させる方法は、無いのでしょうか?


山岨先生の答えは、こうでした。

「残念ながら、有毛細胞は再生しません」


ということは、年を取って難聴になるのは、仕方ない?

いやいや、答えを出すのは、まだ早い。



次に向かったのは、千葉県は船橋市。

目指すは、「ニチオン」という会社です。

そこである製品を作っているらしい。


その製品とは、「音叉(おんさ)」


音叉とは、楽器の調律などで、音の高さを確認する道具。

ピアノやギターの調律などで使われているのを、よく見ますよね。

医療現場では、聴覚検査などに使われているそうです。


音叉


音の高さは世界基準で定められており、音楽用の場合、「ラ」=440ヘルツ


この会社に、すごい耳を持つ ご長寿さんがいるといいます。

音叉一筋 59年、本田泰(ほんだ ゆたか)さん 83歳だ。

本田さんの仕事は、音叉を 440ヘルツの響きに最終調整すること。

事前に調整されている音叉ですが、どうしても、1ヘルツほどの誤差が生じてしまいます。

そこで、本田さんが調節するのです。

見本となる音叉と、検査する音叉を、同時に鳴らし、音を聴き比べて、わずかな響きの違いを感じ取る。

まさに、職人芸ですね。


440ヘルツの音叉と、441ヘルツの音叉を、共鳴箱の上で、同時に鳴らします。

すると、「うわ~ん」という音のうなりが聴き取れる。


しかし、本田さんが挑む響きの違いは、こんなに分かりやすいものではありません。

その誤差は、「0.05ヘルツ以内」。

ここまでくると、常人には判別が難しいのだ。


本田さんは、わずかな「うなり」を頼りに、音叉を やすりで少しずつ削って、限りなく 440ヘルツに近づけます。

このように、わずかな音の違いを聞き取る 驚きの耳を持つ、本田さん。

聴力検査をしたところ、意外にも、平均的な80歳代の聴力でした。

これは、どういうわけなんでしょう?


山岨先生の見解は、こう。

「年を取ると、一般的に、誰でも聞こえは悪くなります」

「本田さんの検査結果を見ても、年齢の影響があると考えられます」

「ただ、本田さんの場合、長い間 音の高さを聞き分けていますので、聴覚のネットワークを鍛えることで、ある程度の年齢までいっても、音の聞き分けができていると考えられます」



難聴改善のカギを握るのは、「聴覚ネットワーク」

これは、音にまつわる全てに関係している 脳内の神経ネットワークのこと。


その働きを知るために、まずは「ずん」の二人が、老人性難聴を体験。

スピーカーから男性の声が聞こえますが、雑音が多くて、何て言っているのか分かりません。

これは機器を使い、老人の聞き取り方をマネしたもの。

騒がしい日常を想定して、あえて雑音を加えているのです。


私たちは本来、耳からの情報を脳に伝達する際、邪魔な雑音をシャットアウトし、自分の聞きたい音を選択して、聞いています。

しかし、年を取ると、それが選択できなくなるのだ。


次は、雑音を外し、男性の声のみに。

でも、こもった感じで、うまく聞き取れません。

これも、老人性難聴の特徴だという。


年を取ると、高い音から次第に聞き取りづらくなります。

人の声の場合、「あいうえお」といった母音は低音なので、比較的、聞き取れる。

でも、子音は高い音が多く、中でも、「か行・さ行・た行・は行・ぱ行」は、聞き取りづらい。


最後に、全く加工してない音を聞いてみます。

これだと、はっきり分かりますね。

若い時には はっきりと聞き取れていたものが、年を取ると、雑音の聞き分けや、子音の聞き取り低下で、何を言われているのか、分からなくなってしまうようです。



そんな老人性難聴の予防・改善に役立つのが、「聴覚ネットワーク」。

会話を理解する上で、キーワードとなる言葉を予想できるか できないか、それが実は、とっても大切なんです。


人間が会話している時、100%全ての音声を聞き取っているわけではありません。

会話の際に、重要なキーワードを取り出しているんです。

この「キーワードを取り出す」ということが、類推(るいすい)ということで、聴覚ネットワークの大切な働きの1つ。


例えば、「#ぁようびですよ」と聞こえたとします。

最初の方が、聞きづらい。

こんな時でも、音に関する神経がカバーし合って類推し、「火曜日ですよ」と正しい答えを出してくれる。

それが、脳内の聴覚ネットワーク。

脳が頑張ってくれているのだ。


他にも、例えば、病院の受付で、「#ぉえんしょう」と聞こえたとします。

この時、「ああ、保険証のことだな」と脳が類推する。



では、この聴覚ネットワークを強化するには、どうしたらいいのでしょうか?


山岨先生がおススメしてくれたのが、これ。


<聴覚筋トレ>


大事なのは、類推する聞き取りを、鍛えることです。


(1) 音の響きが似た言葉を書きます。

例) 「一(いち)」「七(しち)」「吉(きち)」「父(ちち)」とか。

「知る」「散る」「着る」「居る」「昼」など。

これをランダムに、一人が読み上げ、もう一人が復唱する。

(2) 口の動きで類推できないように、背後から出題しましょう。



聴覚筋トレ


聴覚ネットワークのトレーニングで大切なのは、音に集中すること。

また、耳が元気なうちから 聴覚ネットワークを鍛えることで、難聴予防に役立つと考えられている。




ドクネット


引き続き、東京大学医学部 耳鼻咽喉科学教室 教授の 山岨達也 先生に、教えていただきます。


実は、会話する時に、耳元で大きな声を出すのは、よくないのだそう。

また、お年寄りは、情報を処理する能力も遅くなるので、ゆっくりと分かりやすく話すことも、大切です。


<お年寄りに話しかける時の注意点>

・音が聞こえていないわけではない。

・耳元で大声で話しかけると、耳を痛めてしまう。

・自分の口元が見えるように、ゆっくりと丁寧に、正面から話す。




言葉を工夫するのも、よい。

時間を伝える時、「しちじ」だと分かりにくいので、「ななじ」にするなど。




耳鳴り改善アイテム


ササミ
続いては、「耳鳴り」です。

現在、耳鳴りに悩む人は、全国で 約1000万人だという。


街の人たちも、経験しているようです。


「ガンガンガンガン鳴ったり、ジーって鳴ったり」

「キーンって声が高くなる感じで」

「心臓の音と同じ速さで、ふわっ、ふわっ、ふわって、いうんですね」



この耳鳴りの音は、どこで鳴っているのでしょうか?

なぜ、こんな音が聞こえるのでしょう?


山岨先生が教えてくれました。

「耳鳴りはですね、実際に鳴っている音が聞こえるのではなくて、頭の中でですね、何か音が聞こえるというのが、耳鳴りなんですね」


実際の音じゃなくて、頭の中で聞こえる?


そして、こんなことも。

「キーンという耳鳴りは、時々、普通の人でも、感じることがあります」

「ただ、難聴のある人がですね、耳鳴りを感じやすいといわれています」


耳鳴りに悩む人は、実は、老人性難聴が原因であることが多い。


音が聞きづらくなると、脳は聞こえなくなった音を必死に聞こうと、興奮状態に。

その結果、脳内の様々な電気信号を、音として感知してしまい、耳鳴りがしてしまうのです。


耳鳴りの正体は、脳が作り出した音だった

神経が異常に興奮し、感じ取っていたのだ。


耳鳴りは、ひどくなると「睡眠障害」になったり、精神的に追い詰められて「うつ」になったりと、実は、大きなリスクがあるんです。

ずっと耳元で音がしていると思えば、それもうなずけますよね。


かつては治療法がなく、気にしないようにするしか方法がなかったといいます。

けれど、現在、光明が。


難聴がある場合には、よい治療法がある。

それは、「補聴器を使う」こと。


補聴器は、音を大きくする装置。

耳鳴りに悩んでいる人には向いてないように思えますが、実は、そうじゃないんです。

なぜなら、実際の音ではないから。


老人性難聴で聞こえが悪い人などに、補聴器を使うと、聞こえがよくなる。

そして、聞こえがよくなることによって、周囲のいろんな音が入ってくることで、耳鳴りを抑えることができると考えられている。


聞こえない音を聞こうとして、脳が興奮し、耳鳴りに。

なので、その音を聞かせてあげることで、興奮した脳を落ち着かせるってわけ。


そんなことができるのも、デジタル化による補聴器の進歩のおかげなのだ。

使う人の難聴のレベルに合わせ、聞こえない音域だけを増幅することが、可能になりました。


補聴器と耳鳴り




[体験談]


68歳の女性。

補聴器を使うことで、耳鳴りが改善しました。


症状が出たのは、4~5年前。

最初は、耳鳴りだと分かりませんでした。

読書が好きなのですが、耳鳴りに集中してしまい、内容が頭に入らなくなったという。


そして、1年前、補聴器を付け始めたところ、症状が改善。

読書に集中できるようになった。




補聴器を購入する際は、全国に約4000人いるという「補聴器相談医」がいる病院を受診し、「認定補聴器専門店を紹介してもらう」とよいそうです。


今では、周りの雑音を下げる効果を持つ補聴器もあるらしい。

けれど、何でも音を大きくすればいいというものでも、ありません。

その人その人の「聞き取り・難聴の度合い」を検査した上で、各人に合った補聴器を作ることが大切。




ある日、突然、片方の耳だけ聞こえなくなるといったケースも。


これは、「突発性難聴」

耳の脳梗塞のようなものだという。

耳の細胞が死んでしまう前に治療することが、重要になります。

遅くても1週間以内に受診しないと、症状が治りづらくなる。


「あれ?」と思ったら、病院へ。





「難聴」聞こえがクリアになるCDブック (脳幹を刺激する聴覚トレーニング)



耳が喜ぶ補聴器選び (別冊ステレオサウンド)






[関係する記事]

 → 「耳鳴りは補聴器で治る+正しい耳掃除」
 → 「隠れ難聴は滲出性中耳炎」

 → 「めまいを家で治す! 寝返り運動と枕で 耳石を砕け」
 → 「耳管開放症と耳キーンの原因」




関連記事




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間 耳の病気


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ


健康と医療ランキング




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【ホコリの原因は壁】 除電ぞうきんの作り方/ガッテン Oct 19, 2017
【体力作り だまトレ】 脳ポリスを騙せ/ゲンキの時間 Oct 15, 2017
【薬の使い過ぎによる頭痛】 チェックと予防、対策/きょうの健康 Oct 11, 2017
【疲れ目】 スマホで眼精疲労、うつに/ゲンキの時間 Oct 08, 2017
【高血圧サージ】 ベルト スリッパ 深呼吸で予防/ガッテン Oct 05, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村