【糖質制限ダイエット】正しい方法&果糖に注意/ガッテン


今週のテーマは、「糖質制限ダイエットの落とし穴」


炭水化物抜きは、効果あるの?

成功体験と失敗体験。


砂糖税を導入している国々。


<メカニズム>

ミトコンドリアが、脂肪を使ってくれる。



清涼飲料水に含まれる、注意すべき糖。

果糖について。


<おススメ3食メニュー>

タンパク質と脂質は、増やす。

お肉・魚・大豆は、たっぷりと。


解説:北里大学 北里研究所病院 糖尿病センター長 山田悟 先生。



2016年7月6日放送の「ガッテン」より、「追跡! 糖質制限ダイエットの落とし穴」からのメモ書きです。




ためしてガッテン 糖質制限ダイエット 正しい方法




砂糖税


ササミ
今回のテーマは、流行りの「糖質制限ダイエット」。

スーパーやコンビニでは、糖質オフの商品がズラ~リ。

お弁当屋さんの中には、ご飯をブロッコリーにチェンジしてくれる店も。

パンを使わないハンバーガーだってあります。


でも、実際のところ、効果はいかほどなんですかね?


体重が落ちた! と言う人がいる一方で、不健康だ! と言う人も。

免疫やストレスなど、身体への影響が心配。

専門家の中には、「糖質制限の減量効果は、短絡的」と言う人まで。


そこでガッテンが、調査してくれちゃいました。

糖質制限している時、身体の中では、何が起きているんでしょう?

安全に痩せるには、どうしたらいいの?

失敗しない糖質との付き合い方、大公開だ。




まずは、ゲストの皆さんの反応から。

「糖質制限ダイエット」と聞いて、どう思うのでしょう?


黒沢かずこさん。

「糖質制限したら、何も人生楽しくないじゃないですか!」


ガダルカナル・タカさん。

「2回くらいチャレンジしたんですけど、挫折しちゃうんですよね」

「(なので)結果が全然、分かってないんですよ」


山根千佳さん。

「私は基本的に、夜ご飯の時は、白米を抜いて、おかずだけ食べるっていうのを、やってます」




番組のアンケートでは、2210人の方々から回答をいただけた。

その結果は、こう。


<糖質制限アンケート>


 やったことがある:1179人 (53%)

 やったことがない:1031人 (47%)


やったことがある人の中では――

 減量に成功:764人 (65%)





ダイエットにおいて敵視してきたのは、今までは「脂肪」でした。

「痩せたかったら、脂肪を減らせ」だった。


それが今や、糖質・糖分が敵に。

「痩せるなら、糖分を減らそう」になってきた。




そんな中、海外で、日本にはない動きが。

イギリスはロンドン。

ガッテン特派員のジェーンさんが、報告してくれます。


今年3月、ニュースにもなったのが、これ。

「Sugar tax」

そう、清涼飲料水などに含まれる砂糖に、10%程度の税金がかけられることになったのだ。

(砂糖税の導入は、2018年から)


理由は、肥満です。

イギリスの肥満率は、24.9%と、社会問題になるほど。



米国カリフォルニア州のバークレー市でも、こんな動きが。

市民団体が「砂糖はもういらない」と声をあげ、住民投票の結果、砂糖を含む飲料に課税が決定しました。


他にも、フランス、フィンランド、ハンガリー、メキシコなどでも、清涼飲料水への課税が行われているのだとか。




糖質制限で痩せるメカニズム


スタジオに登場したのは、緑色のパペット。

彼が今日の主役、「ミトコンドリアくん」だ。


ミトコンドリアは、我々人間の細胞の中に、数百から数千もいる。

そして、20億年前に起こったある出来事が、我々人類に大きな影響を与えたのでした。


実は、ミトコンドリアは、もともと別の生き物。

20億年前、地球に初めて生まれた生命(原始生命)は、糖だけが唯一のエネルギー源でした。

それがある時、大事件が起こります。

ミトコンドリアの祖先であるバクテリアが、偶然、細胞の中に入り込んだのだ。

こうして生まれたのが、我々のご先祖様。


ミトコンドリアをきっかけに、ご先祖は驚異的な進化を始めました。

やがて、海から陸へ。

進化を続け、ついには、高度な知性を持つ人類が誕生した。


進化のきっかけとなった、ミトコンドリア。

実は、糖質制限の際、うれしいことをやってくれるのだという。


それは何?




<糖質制限で痩せる理由>


太古の昔、原始生命は糖を取り込んで、エネルギーとし、生きていました。

それが20億年前のある日、ミトコンドリアの祖先であるバクテリアが、細胞の中に入り込んできた。

これにより、画期的な進化が。

というのも、ミトコンドリアは、脂肪を取り込んで細胞のエネルギーとして利用できるのです。


 それまで:糖だけがエネルギー。

 それから:糖と脂肪がエネルギーに。



その仕組みは、今も我々の身体の中に。

糖が入ってこなかったら、脂肪が使われるのです。

ミトコンドリアが、脂肪をエネルギーとして使ってくれる。


 「糖質を制限 → 脂肪が使われ → 痩せる」




体験談(成功例と体調不良)


[体験談(1)]


三重県に住む、女性。

糖質制限ダイエットで、健康的な体型を取り戻しました。

以前は、結婚前より、23キロも太っていた。


それが糖質を減らし始めて 1年ぐらいで、9キロの減量に成功。

しかも、1年半、体重をキープできちゃった。


さてさて、どのような糖質制限を、しているのでしょう?


もともと、ご飯が大好きなのですが、小さめのお茶碗を用意して、ご飯を今までの半分の量に。

しかも、雑穀米ですね。

おかずは、好きなものをたっぷり。

この日は、お味噌汁も含めて、5品も。


糖質制限メニュー例


普通に何でも食べられるので、あまりストレスは感じないそうです。

身体が軽くなったおかげで、外で運動する機会も増え、以前よりアクティブに楽しんでいるのだとか。


糖質制限ダイエットで健康的になった、いい例ですね。




他にも、こんな方々が…。



女性(39歳):半年で、8キロ減。オシャレが楽しくなった。


女性(48歳):他のダイエットをしても痩せなかったのに、糖質制限したら、4か月で18キロすぐに痩せた。


男性(57歳):血糖値も体重も、結果が出るので続けられる。






やり方は、基本的には、こうですよね。


<糖質制限とは?>

 ・糖質を減らす。

 ・タンパク質と脂質は減らさない。





でも、街では、このような意見も。


「(糖質制限)ダイエットした時に、ちょっとフラフラした時があったんですけど」

「ドクターストップがかかって、ご飯を食べてくださいって言われたので」

「それで、やめましたね」



男性(61歳):足腰の筋力が落ち、立ち上がるのすら つらい状態になった。


女性(45歳):身体が鉛のように重くなり、朝ベッドから起き上がれないほどだった。


女性(19歳):めまいや体力低下を感じ、耳が聞こえにくくなりました。




うまくいかなかった人たちも、いるようです。





実は、アメリカでは、こんな実験が…。


行われたのは、1944年。

場所は、ミネソタ州。

兵士がどのくらいの栄養状態で戦えるのか?

その検証が、目的だった。


実験を指揮したのは、アンセル・キーズ博士。

当時のアメリカを代表する、生理学者だ。


参加したのは、自ら志願した健康な若者、36名。

食事を1日2回に減らすという実験を、6か月間行いました。

期間中、普段の生活に加えて、上り坂に設定した機器でウォーキングするなど、定期的な運動を取り入れます。

さらに、参加者の健康状態や体型を、細かく記録。


1日2食で、6か月。

さあ、結果はどうなった?

引き締まったのだろうか?

細マッチョの誕生?



とは、なりませんでした。

それどころか、心臓が小さくなっていた。


みんな、ガリガリに。


アメリカでの実験 1日2食で戦えるか?



実はこれが、糖質制限ダイエットの落とし穴なのだ。




[体験談(2)]


神奈川県にお住いの男性。

2年ほど前に、体重と血糖値が気になり、糖質制限に挑戦した。


凝り性なことも手伝って、食事は、糖質(炭水化物)ゼロに。

肉や野菜は普通に食べます。


ダイエットを始めてから 1か月もしないうちに、体重が3キロ落ち、血糖値を示す数値も下がった。

これはいいな! と、男性は糖質制限に夢中になったという。

成分表を持ち歩き、メニューを選んでいた。

極力、糖質をカットするようにしていました。


が、そんな生活を続けていると、いろんな症状が…。


糖質制限を始めて 1か月ぐらいした頃から、ボ~ッとする感覚をおぼえるように。

まるで、脳細胞が機能してないような感じ。

疲れやすくなったという。


さらに、筋力が低下。

階段を上ることがきつくなり、ふらつきを感じるようになってしまった。

血液検査でも、それが表れていたという。

筋肉量を表す「CK」という値が、「 78 → 64 」に低下していました。


男性は、こう振り返ります。

「筋肉量が減って、脚力が落ちてきたな~というその辺で、ちょっとこれはヤバイかな~って思い始めて。少し身の危険を感じました」



この男性に出た症状は、こちら。


 ・集中力低下。

 ・めまい。

 ・ふらつき。

 ・筋力低下。



日本人の平均摂取カロリーは、「2000kcal/日」。

さらに、その内訳は、こうなる。


 タンパク質:15%

 脂質:25%

 糖質(炭水化物):60%




摂取カロリーの60%は、糖質からなのです。

つまり、糖質ゼロにしてしまうと、摂取カロリーが極端に低くなってしまうのだ。




先ほど紹介したアメリカの実験。

ガリガリになった彼らは、カロリーを45%カットして、ああなった。

いつもの食事から、糖質をすべてカットすると、それ以下になってしまうのです(60%カットになるから)。



「糖質は摂取カロリーの多くを占めるので、カットすると、総カロリーが不足しがち」




山田悟先生の解説


ここでスタジオに、専門家の先生が登場。

北里大学 北里研究所病院 糖尿病センター長の 山田悟 先生です。



正しい糖質制限には、ポイントがあるようです。

糖質を減らすのは、合っている。

問題は、「タンパク質と脂質は減らさない」という部分。

正しくは、「タンパク質・脂質は、増やさないといけない」のだ。


そもそも、エネルギーの総量が足りなかったら、燃やしようがありません。

そうなると、自分の筋肉を削るようになり、結果、筋肉が衰えてしまうのです。



<おススメの糖質制限>


糖質の量は、普段の 1/3~半分程度に。

さらに、脂質やタンパク質はしっかりと摂る。

基本的には、おなか一杯になるまで食べる。


タンパク質や脂質はバランスよく、肉・魚・大豆などから。




今までのダイエットでは、空腹感を我慢する方法が主流でした。

しかし、タンパク質や脂質をしっかり食べると、満腹中枢を刺激する物質が分泌されるので、結果的に、食べ過ぎないですむのです。

一方、糖質の場合では、食後に空腹感を刺激する物質が分泌されやすいので、お腹が空きやすい

高糖質の人(糖質をたくさん食べるタイプ)は、すぐにお腹が空きやすく、どんどん食べてしまいがちなのだとか。



<お酒を飲む場合は?>

蒸留酒、ウイスキーや焼酎には、糖質がありません。

(ウォッカ、ブランデー、ラム、テキーラ、ジンなども)

なので、糖質制限という意味では、無制限に飲むことができます。

けれども、肝臓など、他の臓器への影響がありますから、ほどほどに。


逆に、ビールなど、醸造酒には、糖質があります。

(日本酒、ワインなども)

が、最近では、糖質ゼロタイプがあるので、飲むなら、そちらを。



先生が勧める正しい糖質制限ダイエットは、こちら。


 ・糖質を減らす。

   → ご飯など主食を半分に。

  (糖質全体の量は、普段の 1/3~1/2程度にする)

 ・タンパク質や脂質は減らさない。

   → 肉、魚、大豆、食物繊維を増やす。






<糖質を極端にカットすることのリスク>


人間の細胞は、エネルギーや糖質が不足してくると、第3のエネルギーとして「ケトン体」を使うようになる。


身体の中で糖が少なくなった時、脂肪がエネルギー源となります。

けれど、脳には関門があって、脂肪をエネルギーにすることができないんですね。

そんな時、脂肪から生み出されるのが、ケトン体なのだ。

ケトン体は関門を通過し、脳のエネルギーになる。


ということで、ケトン体は、脳細胞にはメリットがあるんですね。

けれど、その一方で、「血管に対して傷害を与える」という論文が、いくつか出ているのだとか。

長期間ケトン体が出た時の安全性は、まだはっきりしていないそうです。




つい10年前までは、「脂肪は敵だ」「油を控えましょう」と言っていました。

ところが、油を控えようとしても、いいことが起こらないことが多かった。


(糖尿病、腎臓病、脂質異常症などの人は、自分で判断せず、主治医とご相談ください)



ササミ
糖質を減らす分、タンパク質と脂質を、しっかり食べる。

すると満腹感が得られ、失敗せずに、無理なく減量できる。

エノキ
ガッテン! ガッテン!




果糖に注意


外国では課税されることもある、清涼飲料水。

実はこの中に、ちょっと注意した方がいい糖が含まれているらしい。


見るべきは、ラベルです。

原材料名の項目。


スタジオに、「砂糖」と「果糖」が運ばれてきました。

どちらも、白い粉だ。

ゲストの皆さんに、味の違いを感じてもらいます。


どうも、果糖の方が、甘いようですね。

果糖は、果物にも含まれますが、清涼飲料水などに特に多く含まれる。


実は、果糖には、他の糖にはない特徴が。


<果糖の特徴>

 ・とても甘い。

 ・血糖値が上がらない。


 ・内臓脂肪がつきやすい。

 ・老化を早める。




老化を早めるというのは、どういうことなんでしょう?


久留米大学 医学部の 山岸昌一 教授に、実験を見せてもらいました。


人間の筋肉に見立てた牛のコラーゲンに果糖を加え、体温と同じ37℃に置いて、保管。

2週間後、さて、どうなっているでしょうか?


果糖ありのコラーゲンは、茶色に。

しかも、弾力がなくなって、硬くなりました。



こちらは、東京慈恵会医科大学 斎藤充 准教授の実験。

骨の場合も、同じことが起こるようです。


色も違いますが、強度も違う。

茶色い方は、うんと折れやすい。


果糖の影響



果糖はブドウ糖の10倍、老化物質を作り出すのだそうです。


けれど、果糖はとても甘味が強く便利なので、清涼飲料水などでよく使われている。

ペットボトルのラベル表記を見ると、こう書かれています。


果糖のラベル表記


書き方は、パーセンテージで決まるのだとか。


 ・ぶどう糖果糖液糖:50%未満。

 ・果糖ぶどう糖液糖:50~90%未満。

 ・高果糖液糖:90%以上。




おいしい清涼飲料水ですが、量はほどほどに。

糖分の総量にも注意して、過剰な摂取は控えるようにしましょう。




ガッテンおすすめ糖質ダイエットメニュー


全体のカロリーを減らしすぎないように、ご飯などの主食は、普段の半分ほど。


肉・魚・大豆などは、満足いくまでたっぷりと食べて、OK。

1食の中で、「肉+魚」「魚+大豆」「大豆+肉」など、2種類を組み合わせると、量を確保できる。


米やパンを減らすと、食物繊維が不足しがち。

野菜もたっぷり、食べましょうね。


糖質は、1食抜くより、3食バランスよく減らす方が、身体にやさしいので、おススメ。


ガッテン流 糖質ダイエットメニュー

糖質ダイエット 3食メニュー






NHKガッテン! 増刊 時短でOK! 科学のワザでちゃっかりやせる!



緩やかな糖質制限 ロカボで食べるとやせていく



NHKガッテン!  2016年 夏号


 



次回は、シミ、シワ、認知症にも、関係?

「アンチエイジングの新常識! 毛細血管ケアSP!」。




[関係する記事]

 → 「ノーベル財団も選んだ 計るだけダイエット」
 → 「太らない秘密と腸内細菌バクテロイデス」

 → 「レジスタントスターチ+小太りは長生き?」
 → 「8時間ダイエット+ブロッコリー弁当」


外部サイト

 → 一日に必要なエネルギー(カロリー)の基準




関連記事


tag : ためしてガッテン ダイエット


<スポンサードリンク>


web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ







FC2カウンター


アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
健康番組を見て、これだと思った情報を、詳しくメモ。

おいしい食材や料理にも、興味あり。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【ズムサタ】 壁を使ったストレッチ Nov 14, 2019
【おでん (3)】 アレンジ料理 Nov 10, 2019
【おでん (2)】 高野豆腐の とうふめし風 Nov 07, 2019
【おでん (1)】 電子レンジを使った大根の下処理 Nov 05, 2019
【デブ味覚 克服】 薄味に慣れる方法 Oct 27, 2019
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム Google

↑ 記事が見つからない時、こちらをどうぞ。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
FC2拍手ランキング
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村