「癒しの正体 疲労回復物質 FR/カラダのキモチ」

癒し癒しと言うけれど、癒しって何?

本当の癒しをもたらす物質の正体とは?

癒しが引き起こすカラダの変化って?


11月28日放送の「カラダのキモチ」より、「いや~しらなかった! 現代人を救う! “癒し”の極意」からのメモ書き。





カラダのキモチ―「アレ!?へんだな」の自覚症状をスッキリ改善!





癒されるって、どういうこと?

疲労した状態を戻したい、その回復が、癒しにつながるといいます。


わたしたちは、日常生活を過ごしているだけで少しずつダメージを受けて、体の機能は低下してしまう。

これが、疲れ。

癒しとは“精神的な回復”だと思われがちだけど、実は、“疲れた体の機能を回復させること”なのだそう。


では、癒しは、どのように体を回復させてくれるのでしょう。




FR

癒しの正体は、FRという物質らしい。

Fは fatigue(疲労)、Rは recover(回復)、FR で疲労回復物質。


では、そのメカニズムは?


体や脳に負担がかかると、活性酸素により細胞は傷つき、老廃物が生まれてしまいます。

すると、この老廃物が刺激となって、“FF”という たんぱく質が発生する。

このFFは、疲労原因物質と呼ばれるもので、疲れの正体なのです。

FFが作られると、脳に疲労の信号が送られ、疲れを認識します。

さらに大量に作られると、全身の細胞が機能低下し、体にダメージを与えてしまう。


そこで活躍するのが、“FR”

FRが傷ついた細胞の一つひとつを修復し、本来の姿に戻してくれます。


癒しとは、細胞の傷をなおしてあげることだったんですね。

癒しとは、FRが傷ついた細胞の機能を回復させることなのです。



わたしたちの体の中には、FR とFFが、同時に存在するのだそう。

そして、癒し物質FR がより細胞を修復させるためには、疲労物質FF が少ない方がいい。




全身浴と半身浴

全身浴した時と、半身浴した時、それぞれ血液を採取して検査したところ、次のような結果が。


全身浴では、疲労物質FF が大きく上昇。

半身浴では、FF の上昇は全身浴と比べ少なかった。


このFRとFFの差が小さい方が、癒し物質FRがより効果的に働いてくれます。

ということは、半身浴の方が、より多くの細胞を回復させ、癒し効果が大きいことが分かりました。


この理由は、半身浴で下半身を温めると副交感神経が優位になるから、だそうです。

逆に、全身つかってしまうと交感神経優位になる。




交感神経と副交感神経

交感神経と副交感神経は、自律神経と呼ばれ、脳の視床下部でコントロールされている。

交感神経は、闘争と逃走のシステムで、心臓の拍動をはやめたり血圧を上げたりして、ストレスや危機に対応しようとする。精神的緊張により血管が収縮し、血圧も上昇、手や額から発汗します。

一方、副交感神経は、休息と食事のシステム。体を休めさせ、エネルギーを備蓄します。

体内では、この二つの神経が同時に働き、生活シーンに合わせて、バランスをとることで体の機能をコントロールしている。


この副交感神経が優位になることで、FRの効果を発揮しやすい環境ができるらしい。


つまり、本当の癒しとは、副交感神経を優位にさせ、疲労物質FFを少なくし、癒し物質FRをより多く分泌してこそ、得られるものだと。




癒し

癒しという言葉はメンタル的な言葉でよく使われますが、実は、体と密接に関わっていたんですね。

癒しとは、疲労回復物質FRが細胞の傷を修復し、回復させることでした。


ひょっとして、長湯して眠れるのは、疲れがとれて眠れるのではなく、疲れて眠っているのかも。


FRは自律神経にとても影響を受けており、体が休まっている状態、つまり副交感神経優位の状態になると、FRは効果的に働く。

なので、普段の生活の中で、リラックスする時間や環境を設けるのは、すごく大事なのだそうです。




副交感神経を優位にし、FRを効果的に働かせるには?


おしゃべりは大事?

折り紙にひとりで没頭するのと、みんなでおしゃべりしながら折り紙をするのとでは、おしゃべりしながらの方が、副交感神経は優位になりました。

ひとりで没頭すると疲れが出やすいのに対し、会話をしながらの方がリラックスできるみたい。



動物による癒し。

かわいい動物の映像を見てもらったところ、みんな副交感神経優位に。

実は、かわいらしい動物は、見ているだけでも癒しになるようです。



眼精疲労

難しい哲学書を読むグループと、好きな本を読むグループに分けたところ、やはり、難しい本を読むグループの方が、交感神経優位になり、疲れが出やすいことが分かりました。

また、好きな本を読んだグループにはなかった眼精疲労が、難しい本を読むグループでは、顕著でした。

眼精疲労は、交感神経優位の時に起こっていたんですね。

モノの見方というのは、副交感神経優位でリラックスしている時は近くのものを見る、そして、交感神経優位で緊張している時は遠くを見るというのが、人間にとって自然なのだそう。

ところが、現代人は近くを見ながら仕事をしなければならず、脳の指令は交感神経優位(緊張状態)で、目の指令は副交感神経優位と、矛盾が生じてしまう。これが、眼精疲労の正体なのだそうです。


好き嫌い

嫌いなものの前では交感神経優位になりやすく、好きなものの前では副交感神経優位になりやすいらしい。

なので、好きなものを見たり、好きなことをしたりすることは、すごく大切なのだそうです。



イミダペプチド

鶏の胸肉に含まれている成分、イミダペプチドを毎日摂取すると、FFが下がって、FRが約1.2倍に増えるというデータが、出てきたそうです。

食べる量の目安は、鶏胸肉で1日100g 程度。どの調理方法でもOK。

他にも、マグロやカツオなどの、赤身や尾ひれを1日200g でもOK。




40歳以降、FRがだんだんと低下してくるそうです。

だから、どうしても、疲れやすくなる。

なので高齢の方は、鶏胸肉や赤身をどうぞ。





間違いだらけの疲労の常識 だから、あなたは疲れている!







確かに、癒しというと、メンタル的なことだと思っていました。

でも本当は、体と深く関わっていたんですね。

頭、気持ち、体、人間にはいろんな要素がありますが、頭で考えすぎると、気持ちや体のことがおろそかになるのかもしれません。

いろいろとある世の中ですが、どこかでリラックスできる時間を持つことが、大切なのかな。




[かわいい動物たちの動画]



ねこ鍋




コップにはいっちゃう子うさぎ 漫才編 Twin Rabbit in the cup




船をこぐ子犬






 → 「カラダのキモチ 最終回と目次」




関連記事




tag : カラダのキモチ 癒し 心身の健康


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ


健康と医療ランキング




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【体力作り だまトレ】 脳ポリスを騙せ/ゲンキの時間 Oct 15, 2017
【薬の使い過ぎによる頭痛】 チェックと予防、対策/きょうの健康 Oct 11, 2017
【疲れ目】 スマホで眼精疲労、うつに/ゲンキの時間 Oct 08, 2017
【高血圧サージ】 ベルト スリッパ 深呼吸で予防/ガッテン Oct 05, 2017
【咳】診断チャート&大人の喘息 治療法/ゲンキの時間 Oct 01, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村