酢しょうがの作り方と健康効果/サタデープラス


今回は、「酢しょうが」について。


血管が若返る?

血圧が下がり、冷えも解消?


余った液の使い方は?


アレンジレシピ

 美人アイス

 あさりの酢しょうがごはん



解説:イシハラクリニック副院長 石原新菜 先生。



2016年3月19日放送の「サタデープラス」より、「血管が若返る! 酢しょうが」からのメモ書きです。




サタデープラス 酢しょうがパワー




酢しょうがの効果


ササミ
刻んだショウガを酢に漬け込んで作る、「酢しょうが」

それを食べるだけで、血管が若返るのだそう。

食べるのは、1日に約大さじ1杯 30g。



それぞれ、このような変化がありました。



小堺一機さんの場合(10日間で)


 血圧 150/95 → 140/89

 血管年齢 74歳 → 57歳



関根勤さんの場合(14日間で)


 血圧 130/80 → 116/80

 血管年齢 64歳 → 46歳

 超悪玉コレステロール(MDA-LDL) 192 → 144

 免疫力測定 18.3 → 31.5 (高い方がよい)

 体重 60.7kg → 59.6kg



ハイヒール・モモコさんの場合(14日間で)


 血管年齢 63歳 → 50歳

 体温 35.5℃ → 36.1℃

 指先体温 26.2℃ → 31.6℃

 足先体温 26.2℃ → 28.0℃






昭和大学客員教授の 中山貞夫 先生が、酢の効果について、教えてくれました。


酢の健康効果には、以下のようなものが。

 (1) 血圧を下げる。

 (2) 血糖値を下げる。

 (3) 肥満を防ぐ。

 (4) コレステロールや中性脂肪を減らす。



つまり、生活習慣病の4大危険因子である「高血圧」「脂質異常」「高血糖」「肥満」に、作用すると。

これらすべてに作用するのは、食品の中でも、酢だけらしい。



では、ショウガの方は、どうでしょう?

聖徳大学教授の 吉田真美 先生に、教えてもらいました。


ショウガの健康効果は多いのですが、その中でも注目されるのが、抗酸化作用。

体の中が酸化されると、老化促進やガン、生活習慣病などの原因の一つになってしまう。

ショウガに含まれる辛み成分「ジンゲロール」が、活性酸素を除去してくれるんです。



酢しょうがは、この2つが合体した、最強の健康調味料なのだ。




女優の森尾由美さんも、酢しょうが生活をしているお方の一人。

実施して1か月になるのですが、冷え性が改善したそうです。




作り方


ササミ
教えてくれたのは、イシハラクリニック副院長の 石原新菜 先生。




<酢しょうがの作り方>

材料:

 しょうが:100g

 酢:100cc

 はちみつ:20g


(1) ショウガを皮付きのまま、みじん切りに。

フードプロセッサーを使うと簡単です。

もちろん、まな板の上で刻んでもいい。

(スライスでも すりおろしでも 効果は同じですが、調味料として使いやすいので、みじん切りにする)

(2) 切ったショウガを容器に移し、お酢を加えます。

(3) 最後に、はちみつを加える。

はちみつは、酸味をまろやかにしてくれます。

(4) 1日 漬けておけば完成。

保存期間は、冷蔵庫で 1週間が目安とのこと。



酢しょうがの作り方




お酢は何でもいいのですが、種類によって、このような特徴が。


 穀物酢や米酢:ポピュラーで値段も安め

 リンゴ酢:ペクチンを含むので、胃腸の弱い方にオススメ。

 黒酢:お高いですが、アミノ酸が8倍入っている。ビタミンやミネラルも豊富。





[食べ方]


食事のお供として、そのまま食べてもいいし、サラダのドレッシングに使ってもいい。

サバの煮物、みそ汁、アジの南蛮漬け、豚の生姜焼きなどで、調味料としても使えます。





<余った液の使い方は?>


ショウガの成分がたっぷり染み出ている、スープ。

それだけに、絶対、使いたいですよね。


関根さんは、ヨーグルトに入れて食べていました。


実はこれ、食べ合わせがいいんです。

お酢とヨーグルトを一緒に食べることによって、カルシウムの吸収率がアップするのだとか。




アレンジレシピ


ハイヒール・モモコ一家考案。


アイスクリームに酢しょうがをかけ、さらに、黒蜜をかける。

名前は、「美人アイス」

酢は、ビネガー。

ショウガは、ジンジャー。

合わせて、ビジン。


美人アイス




「あさりの酢しょうがごはん」

材料:

 米:2合

 あさりのむき身:80g

 酢しょうが:大さじ1

 酒:大さじ1

 薄口しょうゆ:大さじ1


米を洗い、材料をすべて入れて、炊くだけ。




あさりの酢しょうがごはん








酢は、歯を痛める原因になることがあります。

気になる人は、食べた後にガムを噛んで、唾液を出し、酸性を中和しましょう。





酢しょうがで体すっきり! ずっと健康! (e-MOOK)



1週間で体が変わる「温め美人」生活: ダイエット・美肌・アンチエイジングも思いのまま! (王様文庫)






[関係する記事]

 → 「冷え解消 ぽかぽかスープ パウダーしょうが」
 → 「食べ物と料理のアーカイブ」



関連記事


tag : 食べ物 生活習慣病 ダイエット 高血圧


<スポンサードリンク>


web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

アラフィフ日記ランキング





プロフィール (Who is)

荒巻ケンコー

 

管理人 : 荒巻ケンコー

50歳代に突入し、健康の話題を口にすることが多くなりました。老眼が始まったり、白髪もチラホラ。筋肉痛は、2~3日遅れる。

老化は止められないけど、緩やかにしたい。できるだけ健康でいたい。できれば、生活を楽しみたい。そういう気持ちで、情報を集め、分かりやすく記録に残しています。

おいしい食材や簡単料理にも、興味あり。


過去の病気 : 腰痛(椎間板ヘルニア 手術暦あり)
現在の病気 : 花粉症。  

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【駄菓子屋(2)】 昭和ジュース 中編 【古いのも欲しくなる】 Feb 21, 2024
【駄菓子屋(1)】 ジュース 飲み物 前編 【花粉症はつらいよ】 Feb 17, 2024
【リンパ(2)】 流す方法 問題 【顔 目の周り 足】 Feb 10, 2024
【リンパ(1)】 どこにある問題 【むくみとの関係は?】 Feb 07, 2024
【選ぶという幸せ】 へそを曲げる? 【頑固者 対応】 Feb 03, 2024
タグ リスト
  

 

  
食べ物   
      
認知症   
   
肩こり   
  
胃腸   
  
睡眠   
 
   
  
高血圧   
  
眼科   
   
掃除   
 
糖尿病   
 
美容   
 
便秘   
 
冷え性   
 
長寿   
 
脳卒中   
 
ヨガ   
 
皮膚科   
 
肝臓   
   
癒し   
 
心臓   
 
栄養素   
  
頭痛   
  
花粉症   
  
熱中症   
 
腎臓病   
 
目次   
 
がん   
   
   
 
かゆみ   
 
バトン   
 
下痢   
   
Diet7   
  
痛風   
  
老い   
  
洗濯   
  
思い出   
 
更年期   
 
お茶   
 
   
 
   
  
   
 
映画   
 
弁当   
   
運動   
  

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
カテゴリ
アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム Google

↑ 記事が見つからない時、こちらをどうぞ。
Google
注目記事 [1]
注目記事 [2]
忍者



注目記事 [3]
食べ物の記事
注目記事 [4]
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
FC2拍手ランキング
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター


QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村