自律神経のトータルパワー 攻めの寝方/健康カプセル! ゲンキの時間


今回のテーマは、「自律神経」


秋に乱れる原因は?

 気温差、気圧変動、ストレス。


間違っているリフレッシュ法。


自律神経のトータルパワーを高める方法。

<攻めの寝方>

 音楽、入浴、休日。



ドクネット:順天堂大学医学部 小林弘幸 教授。



2015年9月13日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~秋バテよサラバ!~ 自律神経を整える方法」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 自律神経




自律神経の乱れ


ササミ
「秋バテ」という言葉が、あるらしいですね。

涼しくなるのはいいけれど、寒暖差が大きくなるので、体調を崩しやすくなるんです。

「なんとなく疲れた」「顔色が冴えない」「ちゃんと眠れない」「なぜかイライラしてしまう」

そんな症状は、「自律神経の乱れ」が原因かもしれません。



<自律神経とは?>

心臓を動かしたり、汗をかいたり、食べ物を消化したりなど、自分ではコントロールできない、自動的に働く神経。それが、自律神経です。

意志に関係なく、内臓や血管などを、自動で調整してくれる。

その種類は2つで、「交感神経」「副交感神経」からなります。


交感神経は「活動する神経」と言われ、車でいうところの「アクセル」にあたる。

この交感神経が優位になると、心拍を加速させたり、血圧を上昇させたり。緊張の状態ですね。


副交感神経は「休む神経」と言われ、車の「ブレーキ」に例えられる。

この副交感神経が優位になることで、心拍がゆっくりになり、体を落ち着かせます。消化する時や、リラックス状態。


交感神経と副交感神経。この2つの神経をバランスよく整えることが、身体のコンディションをよくすることにつながるんです。





では、何が影響して、自律神経が乱されるのでしょうか?


<自律神経を乱す犯人>


<要因(1)>

[気温差]



昨年秋の1日の気温差は、「 7℃ 」でした。

何を着て出かけるか、迷う季節でもあります。

この気温差が、自律神経を乱す原因に。


夏は、熱を逃がすため、血管拡張する「副交感神経」が優位に。

冬は、熱を逃がさないよう、血管収縮する「交感神経」が優位になる。

寒暖差が大きい秋は、両方の対応に追われ、自律神経が酷使され、疲労。乱れやすい季節なんです。




<要因(2)>

[気圧変動]



秋は台風が多く、気圧が大きく変化する季節。


実は、気圧が下がると、人はストレスを感じるようになる。

すると、交感神経が優位になるんですね。




季節に関係ない要因として、こんなものも。


<要因(3)>

[ストレス]



自律神経に影響を与えるストレスは、気圧だけではありません。

仕事など、日常の些細なことでも、人間はストレスを感じます。

すると、身体の中では、交感神経が過剰に働くため、自律神経の乱れにつながってしまうのです。



自律神経を乱すストレスは、意外なところに潜んでいる。


東京都は文京区にある、順天堂大学医学部。

小林弘幸 教授に、教えていただきました。


注目するのは、「ギャップ」。

自分は楽しいことをやっているつもりだけれど、実際は、すごくストレスが溜まっていることがある。

自覚がないのに、自律神経が乱れ、自律神経のトータルパワー、総合力が低下してしまうそうなのです。


トータルパワーとは、交感神経と副交感神経の総合力のこと。

これは、ストレスなどで低下してしまいます。

この低下は、例えるなら、ガソリンが漏れて、減ってしまうような感じ。

トータルパワーの低下は、「無気力」「疲労が取れない」「不眠」「肥満」「うつ病」などに、つながる可能性が。




リフレッシュしたつもりが…


ササミ
今週のゲンキリサーチャー、ザ・たっち(たくや と かずや)に、マイビートを装着してもらい、オフの1日に密着。

休日でリフレッシュしたつもりの二人ですが、実際は、どうなんでしょうか?


「マイビート」は、ワイヤレスで心拍をひろい、自律神経を数値化する機器。


自律神経 マイビート


すぐれものらしいですよ。




[運転]


交互に車を運転した、ザ・たっち。

しかし、必ずしも、運転した方がストレスがかかっているかというと、そうでもないようです。


朝起きた時は、身体が硬い。その状態ですぐに運転すると、ずっとストレスがかかってしまう。

なので、先に運転した方が、ストレス状態に。しかも、交代した後にも、差が。

朝一番にストレスがかかることをすると、その行動から解放されても、ストレスを引きずっちゃうんです。

交代して運転してない時も、ストレス状態になっていました。



[ゴルフ]


自律神経は、引きずってしまうもの。

朝ストレスがかかってしまうと、出だしのスコアは悪くなりがちに。

朝一番の自律神経の乱れが、プレイにまで影響しちゃいました。




[睡眠]


寝ている時は本来、リラックス状態。つまり、副交感神経が上がってないといけない。

ところが、ストレス社会の今、寝る前でも、交感神経が高いままになってしまうことが。

そのまま寝ちゃうので、リラックスして眠れてないことが多いのだそう。



小林弘幸 先生の診立てによれば、ザ・たっちのトータルパワーは悲惨なもの。

本来の 6割ぐらいではないかと。

疲れが抜けきれてない。



では、自律神経のトータルパワーを上げるには、どうしたらよいのでしょうか?




ドクネット


引き続き、順天堂大学医学部の 小林弘幸 教授に、教えていただきます。



ゲストの山村紅葉さんのリラックス方法は、仕事帰りに ノンアルコールビールを飲みながら、週刊誌を読むことなのだそう。

しかし、これでは、リラックスできてないかも。


週刊誌など情報の多い本を夜に読むと、交感神経が優位になり、ストレスになる可能性が。

眠気が来るのは、脳が疲れた結果かもしれません。




<自律神経のバランス 4タイプ>


[理想タイプ]

交感神経、副交感神経、両方が高く、トータルパワーも高い。


[ストレスタイプ]

交感神経が高く、副交感神経が低い。


[のんびりタイプ]

交感神経が低く、副交感神経が高い。


[ぐったりタイプ]

交感神経、副交感神経、両方が低い。





自律神経を測定できるスマートフォンのアプリがあるそうです。

それが、「COCOLOLO」

カメラに指先をかざし、血流を読み取ることで、計測できる。



自律神経測定アプリ COCOLOLO


ちなみに、三宅さんは「理想タイプ」。

満里奈さんは、「のんびりタイプ」。

英玲奈さんは、「ストレスタイプ」。

山村紅葉さんは、「ぐったりタイプ」でした。
 



休日の過ごし方と攻めの寝方


ササミ
最後は、自律神経を整え、トータルパワーを高める方法です。



<攻めの寝方>


寝る前に間違ったリラックス法をとってしまうと、睡眠の質を低下させてしまいます。


小林先生が勧めるのは、音楽で自律神経を整えること。



<自律神経に良い音楽>


 ポイント(1) 一定のリズム


タッピングといって、一定のリズムで体を触っているだけでも、自律神経は安定する。


 ポイント(2) 同じフレーズを繰り返す

聞いていると、呼吸が落ち着いてくるのだそうです。


(注意点)

思い入れの強い曲や、好きな曲は、自律神経が反応してしまうので、向かない。



ポイントのまとめ

 ・一定のリズムのもの。

 ・同じフレーズを繰り返すもの。

 ・昔の懐かしい曲(ただし、思い入れが強くないもの)





【体験談】


67歳の女性、Aさん。

週に4回、小林先生のCDを聴いています。


以前はなかなか寝付けなかったというAさんですが、入眠時にCDを聴くと、心が落ち着き、よく眠れるようになったそうです。

シーンとしていると、「何も考えないでおこう」と思ってしまい、どんどん考え事をしてしまっていた。

それが音楽があることで、集中が曲に分散されるので眠れるんじゃないかと、解釈しているとのこと。



他にも、攻めの寝方で大切なものに、「入浴」があります。


<半身浴>

38℃ぐらいの ぬるめのお湯に、お腹までつかる。

これで、副交感神経が優位になる。





「休日」も、ポイントに。

休みの日はずっと寝たいと思ってしまいますが、休日 家でゴロゴロしていると、副交感神経が上がり過ぎてしまうようです。

その結果、月曜日、だるくてどうにもならなくなる。


<休日の過ごし方>

おススメなのが、散歩。


五感を刺激し、適度に交感神経が活性化する。




したいことが多くなりがちな、休日。

でも、予定に追われ過ぎると、自律神経が乱れてしまいます。

外出する場合は、早めに帰ってくることを心掛けたい。

家でもゆっくりする時間が持てると、よさそうですね。




自律神経の名医がつくった ぐっすり眠るためのCDブック





[感想]


エノキ
自律神経か。

コントロールできないだけに、やっかいですね。

ササミ
でも、うまく付き合うことができれば、健康になれそう。

眠れない人は、自律神経に良い音楽が効くかもしれませんね。

エノキ
数値化できる機器、どこかで貸してくれないかなぁ。




聞くだけで自律神経が整うCDブック






[関連記事]

 → 「自律神経を整える呼吸法」
 → 「ストレスとセロトニン活性術」



関連記事




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間 心身の健康


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ


健康と医療ランキング




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【ホコリの原因は壁】 除電ぞうきんの作り方/ガッテン Oct 19, 2017
【体力作り だまトレ】 脳ポリスを騙せ/ゲンキの時間 Oct 15, 2017
【薬の使い過ぎによる頭痛】 チェックと予防、対策/きょうの健康 Oct 11, 2017
【疲れ目】 スマホで眼精疲労、うつに/ゲンキの時間 Oct 08, 2017
【高血圧サージ】 ベルト スリッパ 深呼吸で予防/ガッテン Oct 05, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村