メリハリ作戦で減塩&ラべリング効果/ためしてガッテン

今週のテーマは、「塩を減らさない減塩法」


<ポイント>

継続するコツは、メリハリ作戦。

主菜や好きな一品には味をつけ、副菜で塩を徹底的に減らす。


過去のテクニック。

 ・お酢を使う。
 ・山椒(さんしょう)。
 ・泡しょうゆ。


心理テク、ラべリング効果。

工夫したひと言を添える。


近江八幡市立 総合医療センター 腎臓センター顧問、八田告 先生の解説。



<実習コーナー>

金丸絵里加 先生。

 ・青菜とおかかの山椒油炒め。
 ・キャベツと三つ葉の粒マスタード和え。
 ・鶏肉のゴマ焼き。



2015年7月29日放送の「ためしてガッテン」より、「高血圧を撃退! 塩を減らさないハッピー減塩法」からのメモ書きです。




ためしてガッテン ハッピー減塩法




塩を減らさない減塩?


ササミ
食の健康で気を遣うのが、「減塩」

ある程度 歳をとると、健康診断で控えるように言われたり、しますよね。

高血圧や動脈硬化の大敵です。


でも、意外と、徹底されてないんだな~。

ついつい醤油をドバ~っとかけちゃったりとか。

若い時の習慣が、抜けません。


健康のためには必要!

でも、なかなか徹底できない!


そこでガッテンが、おもしろい方法を紹介してくれました。

「7日で超ラクラク減塩法」

これまでに全国で、5000人以上が、成功しているそうです。

満足しながら減塩できる、その方法とは?





長野県 小海町(こうみまち)。

野沢菜の漬物工場に、お邪魔しました。


有坂食品株式会社社長、有坂富夫さん。

減塩商品の開発に、力を入れているそうですよ。

塩分を昔の1/3以下までに、抑えているそうです。

漬物は毎日食べるものだけに、減塩はうれしいですね。


でも、社長さんの食生活は、どうなってるんだろう?

味も見ないで、醤油をドバドバ~ッ!

サラダにも、醤油。

こりゃ、塩分高そう。

長年 染みついた習慣は、そう簡単には取れないようです。



日本人の塩分摂取量は、男性で「11.1g」、女性で「9.4g」。

でも、生活習慣病予防のために厚生労働省が勧めている量は、男性で「8g」、女性で「7g」。

高血圧学会が高血圧の患者さんに指導しているのは、「6g」。

( 6g は塩小さじ1杯)

WHO(世界保健機関)では、「5g」。


塩分の摂取目安




ここで早くも、専門家の先生の登場です。

近江八幡市立 総合医療センター 腎臓センター顧問の八田告(はった つぐる)先生。


新しい減塩の提言を、教えていただきます。

それは、減塩の極意「塩を減らさない」


でも、先生は、いったん退場。

まずは、体験談です。



【体験談(1)】


近江八幡市立 総合医療センターでは、9年前から、減塩に挑戦したい人たち向けに、「1週間の特別入院プログラム」を用意しているのだそう。

これまでに600人以上が、減塩に成功しています。


6月に入院した、51歳の男性。

根っからの濃い味好きです。

ところが1か月前、腎臓病を発症。

塩分を摂り過ぎていたようです。


プログラムの一番の特徴は、食事。

減塩プログラムなのに塩を減らさないとは、どういうことなんでしょうね。

食べてみたところ、濃い味好きの男性も、「かなり味がついてます」と満足気。

「全然、大丈夫」「もの足らんことない」とのこと。



同じプログラムに参加している、65歳の男性。

普段の塩分摂取量は、1日に 14g以上。

かなりの濃い味好きのようです。

でも、こちらも、「十分、おいしいです」「全然、毎日でもいけます」との感想。

「薄いの覚悟してたんですけど、問題ない」とニッコリ。



これで、減塩になるの?


と思ったら、実は、この食事を1週間食べ続けると、なぜかみんな、薄味好きになっちゃうらしい。

いったい、どんな魔法を使ったんでしょうか?




今までの減塩テクニック


ササミ
ガッテンでは今までにも、減塩テクニックを紹介してきました。

ここで、それをおさらいしてみましょう。



<減塩テク(1)> お酢

2005年8月24日放送「新発想! 酢のマジックパワー超活用術」より。

野菜スープやポテトサラダに酢を加え、味覚のプロ「官能検査員」に食べてもらったところ、塩味がずっと強く感じられました。

実は、お酢と塩は、味を感じる仕組みが、とてもよく似ているんです。

なので、塩を減らしても、その分、お酢で味付けすれば、おいしく感じることができる。



<減塩テク(2)> 山椒(さんしょう)

2012年10月10日放送「世界が驚く万能調味料 シビれるうまさに感動!」。

食事の前に山椒の実を食べると、お豆腐の味を強く感じます。

刺身でも、同じ効果がある。

山椒を食べた20分後、脳の活動度合いを調べると、29%も活発になっていました。

山椒の成分が脳を刺激して、味を感じる部分を活性化させるためだと考えられているのだとか。

これだと、塩を減らしても、おいしさを強く感じることができます。


 → 「モナコで人気 山椒で味覚アップ!」



<減塩テク(3)> 泡しょうゆ

2014年6月11日放送「快感! 話題の泡レシピ」。
2014年10月15日放送「あなたの?に答えます~花粉症・緑内障・泡レシピ」。

醤油を水で 5倍に薄め、ゼラチンを加え、泡立てるだけ。

生醤油を使う場合は、氷水の上でやります。

泡なので、フワフワ。舌の上に長く留まるので、少量でも満足できます。

これが、減塩につながる。


 → 「泡じょうゆは、ゼラチンと網じゃくしで」
 → 「泡しょうゆが うまくできない時」




メリハリ作戦


ササミ
今回紹介する方法に関係するのが、「味覚野(みかくや)くん」

私達が食べ物を食べた時、おいしいか おいしくないかを決めるのが、味覚野くんなのだ。

そしてここに、減塩につながる極意が隠されている。


管理栄養士の黒川あかねさんは、こうおっしゃってますよ。

「減塩メニューなんですけれども、ご家庭と同じように、塩を使ってもいいんです」

ただし、全部が全部に、塩を使うわけではありません。


例えば、ある日のメニューだと、主菜となる舌平目のムニエルには、塩を減らしません。

しかし、副菜を中心に、塩分を減らします。減らせるところは、徹底的に減らす。


別の日のメニューだと、副菜は、ブロッコリーのおひたしと、冬瓜(とうがん)の煮物。

主菜は、牛肉の炒め物です。

塩分量を比べると、以下のようになる。


 主菜 牛肉の炒め物:0.7g

 副菜 冬瓜の煮物:0.3g

 副菜 ブロッコリーのおひたし:0.2g


主菜に味をしっかりつけ、副菜はかなりの減塩。


<減塩食のポイント>

塩分にメリハリをつける。




塩分にメリハリをつけると、どんな効果が得られるのでしょう?

管理栄養士の黒川さんに、教えてもらいます。

「全部我慢して薄味にするのではなく、1品に集中して味をつけることで、たとえ他が薄味でも、満足することができるんです」



【体験談(2)】


ある女性も、この方法で、夫の減塩を成功させました。

73歳になる旦那さんは、若い頃から、濃い味が大好き。

漬物にも、魚にも、醤油ドバドバだったという。


さて、今は、どうなんでしょう?


ある日の昼食、主菜は牛肉の野菜炒め。

これには、焼き肉のタレを、しっかりかけます。

しかし、副菜は、徹底的に減塩。

茹でものには、塩は入れないそうです。

パスタも、塩ゼロ。

酢の物にも、塩は入れない。


 主菜 牛肉の野菜炒め:0.85g

 副菜 パスタ:0.3g

 副菜 酢の物:0.2g


この食事を続けるうちに、旦那さんはうす味好きに変身。

市販の幕の内弁当を食べると、「からい」と感じるほどになったのだとか。


旦那さんは、高血圧管理手帳を、こまめにつけています。

毎日、塩分をどれぐらい摂っているか、記録している。

なんと、塩分 5g 以下の生活を、7年も継続中なのだとか。

えらい!




八田告 先生の解説


詳細を、専門家の先生に、教えてもらいましょう。

八田告 先生、再登場です。


先生の病院に入院しているのは、主に腎臓病の患者さん。

やっぱり、今までの減塩食だと、ガッカリする人が多かったそうです。

それだと、減塩が続きません。


全品が薄味だと、ガッカリして続かない。

味がついたものも残して、満足することが大事。


味覚野を刺激して、おいしいと思ってもらう。


<塩分メリハリ作戦>

好きな一品は、塩分を減らさない!

他で減らして、トータルの塩分量を抑える。




好きなもので塩分を減らしてはいけない理由は、脳科学でも説明できます。


味覚野は、舌の味を感じる部分とだけ つながっているわけではありません。

嗅覚、聴覚、触覚、視覚、言語、情動、記憶、味など、いろんな脳の部分と、つながっています。

(脳内で、様々な情報とネットワークを持つ)

様々な情報と交信することで、感じる味が左右されるんですね。

好きな一品の塩を減らすと、「大好きだったあの料理が、こんなに味気なくなっちゃった!」と記憶に作用し、おいしく感じなくなってしまうそうなのです。



コツは、満足しながら、トータルで減らすこと。

一品で、「うん、これだ!」思わせ、満足しつつ、全体でコントロール。


八田先生のプログラムだと、およそ1週間で、味に敏感になるそうです。


このメカニズムを、味覚と脳の専門家に、説明してもらいます。

中央大学 理工学部 応用認知脳科学研究室の 檀一平太 教授。

「塩味に注意を向けることによって、味の感度は変わってきます」

「微細な食味(しょくみ)に関しても、(脳に)強い反応が出るという現象が、観察されています」


塩の摂取量が減ると、脳が塩に注意を向け、塩を探すようになる。




こんなオススメも、あるそう。


減塩モニター

夜間の尿から、1日の塩分摂取量を推定できます。


食品の表示を見て塩分計算をするのは手間ですが、減塩モニターでは、簡単に塩分を推定できます。



<amazonより>

塩分摂取量簡易測定器(減塩モニタ) KME-03


 → 公式サイト






ササミ
大好きな一品は塩を減らさず、他で減塩する。

メリハリ作戦で、苦しくない減塩を継続しましょう!

エノキ
ガッテン! ガッテン!




ラべリング効果


ササミ
塩を使わなくても、おいしくなる意外な方法。

それを実験します。


協力してくれたのは、上で紹介した野沢菜工場のみなさん。

2つのお吸い物を、食べ比べてもらう。


まずは、青のお椀を味見してもらいます。

塩分濃度は、0.5%。かなり薄味ですね。

やっぱり、「ちょっと薄い」とか「味がなかった」「もの足りない」という感想。


次は、ピンクのお椀。

実は、中身は青と同じなんです。

にもかかわらず、「味が濃くなった」「ダシの感じが違う」「高級な味」という感想になりました。

つまり、同じお吸い物なのに、満足が得られたんです。


何をしたのかというと、「ラべリング効果」というものを使った。

ピンクの椀を出す時に、「ピンクは、いいダシをきかせました」と言ったのです。

つまり、添える言葉で、味が変わった。



イギリスのオックスフォード大学が、2008年に発表した論文。

「脳の味覚の活性は、言葉のラベルで変化する」と書いてあります。

スープを飲んでもらう時に、Aというグループには「野菜汁です」と言って出し、Bというグループには「豊かでおいしい香りスープです」と言って出した。

すると、脳の反応に、違いが。おいしさを示す血流量が、変わったんです。

Aに比べ、Bは、血流量が 1.7倍以上に。

つまり、Bの方が、よりおいしいと感じていた。





<言わない方がいい言葉>

「減塩しているよ」



<ラベリング効果の例>

「レモンを、しぼってみたよ」

「ダシを、きかせてみたよ」

工夫した点をひと言 添えるだけで、おいしく感じる効果が期待できる。





ササミ
脳の味覚野は、様々な情報で左右されます。

なので、ラベリング効果が役立つ。

うまく減塩に活かしましょう!

エノキ
ガッテン! ガッテン!




実習コーナー


塩を一切使わない、塩の味がする料理。


教えてくれるのは、料理研究家で管理栄養士の 金丸絵里加 先生。

ためしてガッテンを参考にしながら、ゼロ塩レシピを考案しておられるそうです。



<減塩に向いている料理>

 ・焼き物
 ・炒め物
 ・和え物
 ・揚げ物
 ・酢の物


<減塩に不向きな料理>

 ・ゆで物
 ・煮物
 ・汁物


水分を多く使う料理は、どうしても、うま味が流れてしまう。

なので、減塩に向いていません。


逆に、水分を使ってない料理は、減塩に向いている。

こちらで減塩した方が、効果的。



<減塩に使える調味料>


[うま味]

  ・かつお節
  ・ゴマ
  ・みりん

[刺激]

  ・酢
  ・レモン
  ・マスタード
  ・山椒




さあ、実習です。



<さんしょう油>

材料:

 サラダ油:1/2カップ
 さんしょうの実:10g


(1) サラダ油と山椒の実を鍋に入れ、加熱しましょう。

(2) 山椒の実が茶色くなったら、すくい取る。

実を取り除いた油を、料理に使います。


さんしょう油




<青菜とおかかのさんしょう油炒め>

材料:2人分

 小松菜:180g (1束)
 さんしょう油:大さじ1 (ない時は、ごま油かバターでも、OK)
 酒:小さじ1
 かつお節:2パック (6g)


(1) さんしょう油をフライパンに入れ、小松菜を炒めます。

途中で、酒を加える。

(2) 小松菜に火が通ってきたら、火を消し、かつお節を加え、混ぜ合わせて、できあがり。


青菜とおかかのさんしょう油炒め

塩を使っていないので、塩分はゼロ。




<キャベツとみつばの粒マスタードあえ>

材料:2人分

 キャベツ:120g (2~3枚)
 みつば:1束
 水:大さじ2
 粒マスタード:小さじ1~2
 レモン汁:小さじ1
 砂糖:小さじ1


(1) フライパンにキャベツを入れ、水 大さじ2を加え、フタをして、強火で2分間、蒸します。

油は使いません。蒸して、野菜のうま味を凝縮する。

(2) 三つ葉をのせ、フタをして、さらに30秒、蒸しましょう。

(三つ葉がない時は、シソやミョウガでもOK)

(3) ザルに上げ、水気をしっかりと切り、粗熱を取ります。

(4) ボウルに、粒マスタード、レモン汁、砂糖を入れ、よく混ぜる。

(5) 蒸した野菜を加えて、和えたら、できあがり。


キャベツとみつばの粒マスタードあえ

塩分は、0.2g。




<鶏肉のごま焼き>

材料:2人分

 鶏もも肉(皮なし):200g (1枚)
 みりん:大さじ1
 おろししょうが:小さじ2
 酢:小さじ1
 いり白ごま:大さじ4
 ごま油:大さじ1/2
 レモン:適量


(1) ひと口大に切った鶏肉をボウルに入れます。

みりん、ショウガ、酢を加え、もみ混ぜてください。

これを、30分から1時間、漬ける。

(2) パン粉の代わりに、ゴマを使います。

つけ込んだ鶏肉に、まんべんなく、つけてください。

(ゴマのこく、うま味、食感を活かす)

(3) ごま油を入れ熱したフライパンで、肉を焼いていきます。

ゴマがついている分、焦げやすいので注意。

フタをして、両面を蒸し焼きにしましょう。

(4) お皿に盛りつけ、レモンを添えたら、できあがり。


鶏肉のごま焼き

塩分は、0.2g。




今週の色紙


「一品豪華主義」


好きな一品には、味をつける。

他の副菜で塩を減らし、トータルで減塩を。





NHKためしてガッテン 2015年 08 月号 [雑誌]



ここが知りたかった腎機能チェック―薬剤師が処方せんと検査値から腎機能を評価するコツ


 





エノキ
減塩というと徹底的にやるイメージだったけど、それじゃあ、続かないもんな~。

なるほど、メリハリをつけるのか。

ササミ
トータルで管理するとは、いい方法ですね。

満足感がコツ。

エノキ
これなら、続けられそうだ。





次回は、「白内障! 50代からの眼のアンチエイジング」。





NHKためしてガッテン 脱・高血圧の「超」特効ワザ (主婦と生活生活シリーズ)



腎臓病の人のおいしいレシピブック (やさしい食事療法)






 → 「ハンドグリップ! タオルをつかんで血圧を下げる」
 → 「食前酢で生活習慣病対策」




関連記事


tag : ためしてガッテン 腎臓病 生活習慣病 高血圧 動脈硬化


<スポンサードリンク>


web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

アラフィフ日記ランキング





プロフィール (Who is)

荒巻ケンコー

 

管理人 : 荒巻ケンコー

50歳代に突入し、健康の話題を口にすることが多くなりました。老眼が始まったり、白髪もチラホラ。筋肉痛は、2~3日遅れる。

老化は止められないけど、緩やかにしたい。できるだけ健康でいたい。できれば、生活を楽しみたい。そういう気持ちで、情報を集め、分かりやすく記録に残しています。

おいしい食材や簡単料理にも、興味あり。


過去の病気 : 腰痛(椎間板ヘルニア 手術暦あり)
現在の病気 : 花粉症。  

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【ストレスを軽減する】 3つの方法 【NHK チョイス】 Apr 16, 2024
【たまのれん】 台所のジャラジャラ 【兵庫県発祥だった?】 Apr 13, 2024
【靴底の減り方チェック】 アキレス腱伸ばし Apr 11, 2024
【足の話】 アーチの崩れ 予防法 【ゲンキの時間】 Apr 10, 2024
【餃子】 あんの作り方と包み方のコツ 【フライパンの思い出】 Apr 06, 2024
タグ リスト
  

 

  
食べ物   
      
認知症   
    
肩こり   
  
胃腸   
 
睡眠   
 
高血圧   
  
   
   
眼科   
 
掃除   
  
便秘   
 
糖尿病   
 
美容   
 
冷え性   
 
長寿   
 
ヨガ   
 
脳卒中   
 
皮膚科   
 
肝臓   
   
栄養素   
 
癒し   
 
心臓   
  
思い出   
 
頭痛   
  
花粉症   
  
熱中症   
 
腎臓病   
 
目次   
 
がん   
   
   
 
かゆみ   
 
バトン   
 
下痢   
   
Diet7   
  
痛風   
  
老い   
 
洗濯   
   
更年期   
 
   
 
   
 
お茶   
  
   
 
映画   
 
弁当   
   
運動   
  

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム Google

↑ 記事が見つからない時、こちらをどうぞ。
Google
注目記事 [1]
注目記事 [2]
注目記事 [3]
食べ物の記事
注目記事 [4]
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
FC2拍手ランキング
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター


QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村