血液でうつ病を診断 メタボローム解析/健康カプセル! ゲンキの時間


今回のテーマは、「最新医療」


尿1滴で、がんを発見?


血液1滴で分かる、メタボローム解析。

PEAと、うつ病の診断。

唾液から、すい臓がん、口腔がん、乳がんを発見。


唾液の遺伝子検査「マイコード」。


個人に合った、テーラーメイド医療。


ドクネット:慶應義塾大学 先端生命研究所 冨田勝 所長。



2015年6月21日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~驚きの先端技術が続々!~ 最新医療 この1滴」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 メタボローム解析とテーラーメイド治療




メタボローム解析


ササミ
こんな驚きのニュースが、あるようです。

「尿1滴で、がんを発見できる!」


これは、九州大学の研究。

なんでも、がん患者には尿に特有のニオイがあって、それを寄生虫に発見させるのだとか。

実用化されれば、検査費用は数百円と、格安に。しかも、検査時間も短いときている。

4年後の実用化に向け、研究が進んでいるそうです。





尿の次は、血液。

血液1滴から、何が分かるのでしょうか?


教えてくれるのは、慶應義塾大学 先端生命科学研究所の 冨田勝 所長です。

「血液をメタボローム解析することで、いろんなことが分かるんです」

それは、究極の成分分析技術なのだそう。

血液中には、数百種類のいろんな成分が入っています。それを1回の測定で、ほとんど全部 測っちゃおうというのが、このメタボローム解析。

メタボロームとは、代謝物質を意味する言葉。血液に含まれる数百種類の代謝物質を解析する、最新技術なのだ。


この技術は、食品にも使われており、例えば、山形県庄内地方の「ダダ茶豆」という枝豆を成分解析し、栽培方法を変えたり、品種改良して、さらにおいしくしたりしている。

他にも、柿、米、洋ナシなど、様々な研究に使われているそうですよ。



さて、血液からの解析ですが、今は肝臓疾患がよく分かるのだという。

今までは、超音波やCTなどで検査していました。

それがメタボローム解析では、血液1滴で簡単に検査できる。

なんでも、9種類の肝臓疾患が判定できる研究が、進んでいるのだそう。



さらに、「うつ病」まで分かるのだという。


メタボローム解析による うつ病の血液検査を取り入れているのが、川村総合診療院。

川村則行 院長に、お話をうかがいました。


これまで うつ病は、問診でしか診断できないため、医師によって診断に差があるなど、あいまいな部分が多いのが問題でした。

それが、メタボローム解析で、ある物質を見つけたことで、うつ病を数値で診断できるようになったんです。

それが、「PEA」という物質の数値。

PEA(リン酸エタノールアミン)とは、脳の中の 喜びや快感に関係している物質の一部分。

脳の中で使われた後、代謝されて、血液中に出てくるのだと考えられている。

つまり、喜びに関係している このPEAが少ないと、うつ病だと診断できるのです。



うつ病の診察は、問診と自己診断テストが一般的。

そのため、治療がどう進んでいるのか不安になる患者さんも、おられます。

けれど、血液検査では、それが一目瞭然。

PEAの数値が上がることで、快方に向かっていることが分かり、自信にもつながるようです。

さらには、やる気だって出てくる。


この うつ病の血液検査は、限られた病院でしか受けることができません。

けれど、今後、全国に広がっていく予定なのだとか。




唾液で?


ササミ
メタボローム解析で分かるのは、血液からだけではありません。

唾液からも、いろいろと分かるようですよ。

なんと、すい臓がん、口腔がん、乳がんなどが、分かるのだという。


欧米に比べ、日本は、がん検診の受診率が低く、がんの早期発見が大きな問題になっているんです。

特に、すい臓がんは発見が難しかったり、乳がん検査は体に負担があったりするのですが、唾液を調べるだけなら、簡単です。

なので、がんの早期発見に役立つことが、期待されている。


まだ実用化はされていませんが、1~2年後の実用化を目標に、現在、研究が進んでいます。





唾液で未来を予測できるサービスも、あるようですよ。


DeNAライフサイエンス ゲノム解析センターの 解析ラボラトリーに、お邪魔しました。

川田磁久さんに、教えていただきます。


ここで行われているのは、唾液を使った遺伝子検査。

「マイコード」というもので、自宅で検査キットに唾液を入れて、郵送するだけ。遺伝子検査により、280項目が分かるのだという。

がんや心疾患などの遺伝的リスクから、アレルギーや体格、栄養素が働きやすいかどうかなど、様々なことが分かります。

項目の中には、「偏頭痛を起こしやすいか?」「肥満になりやすいか?」「コーヒーを好んで摂取するか?」などもある。

「腰のくびれ」「胸のサイズ」「飲酒傾向」なども。




ドクネット


解説してくださるのは、慶應義塾大学 先端生命研究所 冨田勝 先生。


代謝物質を調べれば、身体のいろんなことが分かります。

なので、将来は必ず、健康診断に取り入れられると考えておられるそう。


唾液を使った遺伝子検査では、こんな項目も。

「肌のくすみやシミが、できやすいかどうか?」

日本人は、「くすみやすい」が93.1%。「ややくすみにくい」が6.8%。「くすみにくい」が0.1%。

くすみやすい人が、ほとんどなんですね。



遺伝子の中には、乳がんであるとか、アルツハイマー型認知症であるとか、非常に重篤な病気が かなり高い確率で分かるというものもある。

ただ、そういう検査は病院でしかできないのだそう。

一般的な遺伝子検査は、確率の話です。


遺伝子検査はまだ発展段階で、環境要因などの影響も大きいのが実情。

なので、結果には深刻になりすぎず、参考にする程度で、生活改善に活かすことが大事です。




人はみな、ひとり一人違うので、各人をよく調べて、薬や治療法を出すことは、すごく重要です。

ゆくゆくは自分の遺伝子情報を前もって調べ、病院で診察を受ける時は必ず、個人の遺伝子情報に基づいて、お医者さんが様々な治療法の判断をする、そんな時代が来るのではないかと、冨田先生は話してくれました。
 



テーラーメイド医療


ササミ
遺伝子研究は、病気の治療にも応用されています。


東京都医学総合研究所 依存性薬物プロジェクトの 池田和隆 先生に、お話をうかがいました。

遺伝子研究は治療の現場で実際に使われるようになってきており、「テーラーメイド医療」に応用されているのだそう。


薬は、一般に広く効くように作られています。けれど、効く人と効かない人がいるので、そういった個人差を遺伝子を調べることで予測して、その患者さんに合った医療をするんです。

実は、薬を代謝する肝臓の能力や神経の作用には個人差があり、薬の効果には人によって違いが出てしまうものなんです。

そこで注目されているのが、遺伝子を調べて、ひとり一人に合わせた治療ができる、テーラーメイド医療。



東京都千代田区にある、東京歯科大学 水道橋病院。

ここでは、テーラーメイドによる世界初の治療が行われています。


東京歯科大学 歯科麻酔科の 福田謙一 准教授。

今、対象になっているのは、アゴを切る手術だという。その術後の痛みに対して、使われている。

顎変形症(がくへんけいしょう)の手術後に使う鎮痛剤の量を、患者の遺伝子を調べ、調整しているのです。

人によって鎮痛剤の量は違い、だいたい10倍くらい違うそう。

以前より、すごく痛がる人や すごく副作用が出現する人が減って、術後痛をコントロールできるようになったと感じているとのこと。




テーラーメイド医療は、がん治療にも使われています。


久留米大学 先端癌治療研究センターの 伊東恭悟 教授が、教えてくれました。

使うのは、「がんワクチン」

がんだけを殺す狙撃手(スナイパー)、免疫細胞(T細胞)を増やすのだそう。


久留米大学では、がんを治療するワクチンの開発に成功。

これまでの抗がん剤による治療では、がん細胞だけではなく、正常な細胞まで攻撃してしまい、様々な副作用が出ていました。

しかし、このワクチン治療だと、体内の免疫細胞を活性化させることで、スナイパーのように、がん細胞だけを狙い撃ちできるのです。

ただ、ひとつ問題が。がん細胞には様々な違いがあり、それぞれの がん細胞によって、攻撃できるスナイパーは違います。

つまり、同じ種類のワクチンを打っても、効果がある人と無い人が出てしまう。

そこで研究を重ねた結果、まず血液検査によって免疫活性を調べ、31種類のワクチンの中から、その患者さんにもっとも効果的な 4種類を選択。

がん患者それぞれに合ったワクチンを投与する、テーラーメイド治療を行うことに、成功しました。


現在は治験段階で保険が適用されず、費用が高いのが課題ですが、来年の本格的な実用化に向けて、研究が進んでいるのだそうです。




医学のあゆみ 249巻4号 メタボローム解析の進歩





[感想]


エノキ
いや~、医療は、日進月歩ですね。

ササミ
血液1滴とか、唾液とか、簡単に検査できると、助かりますよね。

負担も少なそうだし、時間だって早そう。

エノキ
早く見つかれば、それだけ治療もしやすいですしね。




自己治癒力を高める―人体の驚くべき潜在能力 (ブルーバックス)






[関連記事]

 → 「尿の色 泡立ち トイレ回数 腎臓病チェックリスト」
 → 「すい臓がんの早期発見! 血糖値の急上昇&すいのう胞で」




関連記事


tag : 健康カプセル!ゲンキの時間


<スポンサードリンク>


web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

アラフィフ日記ランキング





プロフィール (Who is)

荒巻ケンコー

 

管理人 : 荒巻ケンコー

50歳代に突入し、健康の話題を口にすることが多くなりました。老眼が始まったり、白髪もチラホラ。筋肉痛は、2~3日遅れる。

老化は止められないけど、緩やかにしたい。できるだけ健康でいたい。できれば、生活を楽しみたい。そういう気持ちで、情報を集め、分かりやすく記録に残しています。

おいしい食材や簡単料理にも、興味あり。


過去の病気 : 腰痛(椎間板ヘルニア 手術暦あり)
現在の病気 : 花粉症。  

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【ストレスを軽減する】 3つの方法 【NHK チョイス】 Apr 16, 2024
【たまのれん】 台所のジャラジャラ 【兵庫県発祥だった?】 Apr 13, 2024
【靴底の減り方チェック】 アキレス腱伸ばし Apr 11, 2024
【足の話】 アーチの崩れ 予防法 【ゲンキの時間】 Apr 10, 2024
【餃子】 あんの作り方と包み方のコツ 【フライパンの思い出】 Apr 06, 2024
タグ リスト
  

 

  
食べ物   
      
認知症   
    
肩こり   
  
胃腸   
 
睡眠   
 
高血圧   
  
   
   
眼科   
 
掃除   
  
便秘   
 
糖尿病   
 
美容   
 
冷え性   
 
長寿   
 
ヨガ   
 
脳卒中   
 
皮膚科   
 
肝臓   
   
栄養素   
 
癒し   
 
心臓   
  
思い出   
 
頭痛   
  
花粉症   
  
熱中症   
 
腎臓病   
 
目次   
 
がん   
   
   
 
かゆみ   
 
バトン   
 
下痢   
   
Diet7   
  
痛風   
  
老い   
 
洗濯   
   
更年期   
 
   
 
   
 
お茶   
  
   
 
映画   
 
弁当   
   
運動   
  

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム Google

↑ 記事が見つからない時、こちらをどうぞ。
Google
注目記事 [1]
注目記事 [2]
注目記事 [3]
食べ物の記事
注目記事 [4]
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
FC2拍手ランキング
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター


QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村