ビタミンCで死亡率が1/3? 納豆と骨折/ためしてガッテン

今週のテーマは、「ビタミン」


笠原和起さんが発見した、PQQ。


<ビタミンC>

美肌や風邪予防には、効果なし?

心臓血管系の死亡率は、1/3に?


尿に排出されないように、食後に摂るといい。

増やすためには、切ってそのまま放置?


小松菜は、冷凍おひたしに。

ブロッコリーは、フライパン蒸しで。



国家戦略として投与されているビタミンB1。

ラーメンから学校給食まで。

豚肉とアリシンを一緒に摂ると、効果的。



ビタミンK と赤ちゃん。

大腿骨 骨折との関係。

納豆で摂取を。




2015年6月17日放送の「ためしてガッテン」より、「肌・ホネ・血管 若さのカギ ビタミンパワー決定版」からのメモ書きです。




ためしてガッテン ビタミンあれこれ




ビタミンの定義


ササミ
番組冒頭、日本ビタミン学会の柴田克己さんから、衝撃の発言が。

「ビタミンをちゃんと摂ると、寿命が延びると言っても、過言ではありません」

なんと、体中の血管を守って、死亡率を下げてくれるのだという。

逆に、ビタミン不足になると、骨折が多発するのだとか。



おっと、いきなり、たくさんの人たちが、スタジオに登場。

みなさんは、ビタミンの発見や研究によりノーベル賞を受賞した方々!

…の、お面を被った人たちです。

総勢、25名。


ここに、日本人が加われるかな?



2003年、ある日本人研究者が、「55年ぶりの新ビタミン発見」と、世界中の注目を集めました。

それは、「PQQ(ピロロキノリンキノン)」というらしい。

発見したのは、理化学研究所の 笠原和起さん。

PQQとは、野菜などに多く含まれる物質です。必須アミノ酸の代謝に関わっているのではないかと、マウスなどで調べた結果、PQQは新しいビタミンの候補になるだろうということで、注目されました。

ただ今のところ、PQQは、ビタミンとしては認められていません。

実は、ビタミンには、こんな定義があるんです。

「人が生きるために必ず摂らなければならない栄養素」

そのことが世界中の研究で確かめられなければ、ビタミンとは認められない。


笠原さんは、こうおっしゃった。

「ビタミンと名前がつくには、かなりハードルは高いと思います」




【ビタミン】


《〈ラテン〉vita(生命)に必要なアミンの意》微量で生体の正常な発育や物質代謝を調節し、生命活動に不可欠な有機物。ふつう動物体内では生合成されないので、食物から摂取しなければならない。

(大辞泉)


栄養素の一。生物の正常な発育と栄養を保つ上で、微量で重要な作用をする有機化合物の総称。普通、動物の体内では生成されず、外界から摂取しなければならない。不足すると特有の欠乏症状が現れる。

(大辞林)







ビタミンC の効果を検証


ササミ
一番なじみがあるビタミンというと、ビタミンCでしょうか。

でも、そのビタミンCに、衝撃の事実が。

常識だと思っていたことが、覆るかもしれませんよ。



<美肌効果>

ビタミンCに期待する効果、第1位は「美肌」なのだそう。

確かに、ビタミンに関する事典を見ると、ビタミンCの働きとして、「コラーゲンの合成」があります。


以前、ガッテンでは、こんな実験をしました。

通常の15倍にあたる 1500mg のビタミンCを、1ヵ月間 毎日摂ってもらい、コラーゲン量の変化を分析した。

その結果に、みなさん、ショックを受けました。

というのも、ビタミンCをたっぷり摂っても、コラーゲンの濃度に変化はなかったのです。


ビタミンCによる コラーゲンの合成やシミの予防に関する効果は、基本的には、あると考えられているそう。

ただ、どのくらいの量で、どの程度の効果があるかは、研究中。




<風邪の予防>

ビタミンCに期待する効果、第2位は、風邪の予防。

それを検証する研究の一つが、日本でも行われていました。

研究の責任者は、国立がん研究センター がん予防・検診研究センターの 津金昌一郎さん。

300人を対象にした、5年間にわたる 大規模調査。毎日 500mg(通常の5倍)のビタミンCを飲んでもらい、風邪の発症頻度を調査した。

その結果、「風邪の発症頻度が抑えられる」ことが示されたそうです。

調査期間中に、3回以上風邪を引く人の割合が、1/3に抑えらえた。


では、世界的には、どうでしょうか?

2013年、フィンランドで大規模検証が行われました。

ビタミンCと風邪に関する論文を、世界中から集めて、検証して、論文にしたのです。

(その中の1つは、津金先生の論文)


その結論は、こうでした。

「通常の人では、ビタミンC の摂取は、風邪の発症を抑える効果はなかった」

(*風邪の期間や重症度への効果はあると報告されている)


津金先生がおっしゃるには、「ビタミンC の風邪の発症予防効果は、確かではないと言わざるを得ない」ということらしい。

つまり、決して 効果が否定されているわけではない。

効果が確かだと言える段階ではない、ということ。




でもビタミンC に関しては、こんな驚きの報告があるんです。

なんと、「死なない効果が3倍に」。


これは、死亡率の話。

ビタミンC を1日に 50mg 摂る人の死亡率を「1」とした時、1日に 100mg 摂る人は 死亡率が「1/3」になったのです。

では、どんな病気の死亡率なんでしょう?


それは、心臓の病気や血管の病気。

例えば、動脈硬化、狭心症、心筋梗塞、大動脈りゅうなど。

ビタミンC には、心臓血管系の疾病予防効果が期待されています。



<メカニズム>

体の中で、どうしても発生してしまう、活性酸素。

血管の細胞に活性酸素が加わると、細胞が傷つけられてしまいます。

これが、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などの原因になる。

その怖ろしい活性酸素を打ち消してくれるのが、ビタミンC なんですね。


ビタミンC は、活性酸素を打ち消すたびに、どんどん使われて、なくなってしまいます。

なので、摂る量が足りなければ、その働きは追いつかない。



そんな ビタミンC ですが、調査によると、日本人は、足りてない人がたくさんいるのだそう。

さて、どうしたものか。




ビタミンC の摂り方


ササミ
ここでまた、驚きの報告が。

ビタミンC は、摂り方ひとつで、40%も損してしまうそうなのです。

でも、逆に、野菜のビタミンC を2倍に増やすワザがあるのだという。



東京都健康長寿医療センターの 石神昭人さん。

ビタミンC の専門家でもあります。

石神さんは、こうおっしゃった。

「摂り方によって、体へ吸収される効率が大きく違う可能性が十分に考えられます」


どうも、ビタミンC は上手に摂らないと、すぐにオシッコに出てしまうらしい。

つまり、尿に排出されないのが、上手な摂り方。


ビタミンC を効率よく摂るための重要なコツ。

それは、「食後に摂る」こと。


空腹時に ビタミンC を摂ると、素早く吸収されます。

ただ、人間の体は、一度に多量の ビタミンC を保持できない。

なので、余分に入ってきたものは、すぐに尿に出てしまうんです。


しかし、食後に ビタミンC を摂ると、違ってきます。

ビタミンC は食べたものと一緒に、ゆっくり 胃から腸へと進んでいく。

そして、腸でも、ゆっくり吸収されるので、少しずつ使われた分を補えるのです。


早く吸収してしまうと、余分だとされ、排出されてしまう。

けれど、ゆっくり吸収されると、その間に ビタミンC が使われるので、排出されることなく、補給に使われるというわけ。


というわけで、ビタミンC が多いフルーツを食後のデザートにするのは、理にかなっているわけですね。




切ってそのまま置く


ササミ
ビタミンC でよく言われるのが、「水や煮汁に溶けだしやすい」とか「熱に弱い」ということ。

調理で失いやすいイメージが、ありますよね。

例えば、ブロッコリーだと、100g あたり、生だと「120mg」あるのが、ゆでると「54mg」になる。


でも、こんな研究結果も。

なんと、野菜のビタミンC を増やすことができるというのです。

あることをするだけで、ビタミンC が2倍に!


論文の著者は、愛知学泉短期大学の山本淳子さん。

山本先生は、こう教えてくれました。

ジャガイモやタマネギにあることをすると、ビタミンC を合成する酵素の働きが高まり、ビタミンC が増える。

ジャガイモ、タマネギ、サツマイモ、ニンジン、大根も増えるのだそう。


そのあることとは、「切ってそのまま置く」こと。

ジャガイモだと、ビタミンC は 2倍にアップ。



<メカニズム>

植物は、ビタミンC を、自分で作ることができます。

太陽の紫外線を浴びると、植物にも、活性酸素が生まれる。

それに対抗するため、せっせと大量の ビタミンC を作ってるんですね。


実は、切られることでも、活性酸素が生まれるんです。

この時、体を守るために、ビタミンC を増やすのだと、考えられている。



けど、この「切ってそのまま放置」には、欠点が。

ビタミンC が2倍に増えたのは、2日後。

しかも、温度は、25℃。

これじゃ、さすがに、傷んじゃいますよね。



なので、この後、ビタミンC がアップする技を、ちゃんと紹介します。




ブロッコリーと小松菜


<小松菜>

普通は ゆでる小松菜ですが、ゆでないことで ビタミンC がUP。

その方法とは、「冷凍」です。

適度な大きさに切って、袋に密閉して、冷凍。

食べる時は、解凍して、しぼるだけ。


100g あたり、ゆでた小松菜は「28mg」ですが、冷凍だと「46mg」。

約1.6倍に。



<ブロッコリー>

ブロッコリーは、1株分を小分けにし、フライパンに入れる。

水を 200ml 加え、フタをして、強火で加熱します。

3分ほどで、水分がなくなったら、完成。


こうすると、ゆでるよりも味が濃くて、おいしくなる上に、ビタミンC は ゆでた時の2倍に。




「フライパン蒸し」は、ブロッコリーなど、ゆで野菜に応用できます。

「冷凍おひたし」は、小松菜のほか、白菜、キャベツなども、いけるそう。




ササミ
ビタミンC をしっかり摂ると、心臓血管病を抑える効果が期待できます。

損しない方法で、ビタミンC を摂取!

エノキ
ガッテン! ガッテン!




動物たちは?


ササミ
ここで、クイズ。


Q)肉しか食べないライオンですが、どうやって、ビタミンC を確保しているのでしょう?











実は、ライオンやトラは、食べ物から ビタミンC を摂らなくても、自分の体の中で合成することができるんです。

イヌやネコなど、ほとんどの哺乳類は、そうなんだって。


ビタミンC を食べ物から摂取しないといけないのは、人間の他に、チンパンジーやゴリラなど、一部の動物だけ。

こっちの方が、少数派なのです。



しっかり食べて摂らなければならない ビタミンC ですが、トップクラスなのが 「パプリカ」

ビタミン補給の救世主。パプリカ魅惑の新世界。

それは、来週のガッテンで放送!




ビタミンと国家戦略


ササミ
ここでまた、スタジオにフリップが。

「人知れず国家戦略として投与されているビタミン」



ゲストの岡田圭右さんは叫んだ。

「ビタミンK! Kという文字は、国家戦略のK!」


ホントかな?



日本人がどれだけビタミンを摂らないといけないのか、その基準を決めている一人が、この方。

日本ビタミン学会の 柴田克己さん (滋賀県立大学 教授)。

国家戦略で投与されているビタミンって、何なんでしょう?


それは、ビタミンB1。

ビタミンB1といえば、疲れに効くビタミンとして、栄養ドリンクに含まれたりしてますよね。

ウナギに豊富に含まれていて、夏バテ予防にも いいとされている。


実は、このビタミンB1 が、日本人に不足しているらしい。

そのためか、ビタミンB1 不足にならないような対策が、いろんなところで講じられています。


インスタントラーメンの袋を見ると、ビタミンB1が含まれていることが分かる。

これは、メーカーの努力。


インスタントラーメンとビタミンB1



ラーメン以外にも、ビタミンB1 を補うため、国家戦略として行われていることがあります。

学校給食の ごはんに、ビタミンB1 が入れられている。

その理由を、栄養士さんが教えてくれました。

「ビタミンB1という栄養素は、ご家庭の食事だけですと、どうしても不足しやすい栄養とになっています。ですので、学校給食摂取基準に基づきまして、1日に必要な量の約40%を まかなえるように、ビタミンB1を混ぜて、提供しています」

ビタミンB1をコーティングした黄色いお米を、普通の白米に混ぜて、炊いている。




ビタミンB1の不足を心配するのは、ある病気があるから。

それは、「脚気(かっけ)」です。

脚気とは、ビタミンB1 不足による、手足の神経障害や心不全。



【脚気】

ビタミンB1の欠乏により起こる病気。倦怠感(けんたいかん)・手足のしびれ・むくみなどから始まり、末梢神経の麻痺(まひ)や心臓衰弱を呈する。かつて日本で国民病とされた。

(大辞泉)




昔の病気だというイメージがある脚気ですが、平成23年の患者調査では、1日の総患者数は 2000人もいる。

特に夏場は、汗で ビタミンB1 が失われてしまうそうです。



ビタミンB1 といえば、豚肉ですよね。

その吸収を助けてくれるのが、ニラ、タマネギ、ニンニクなど。

ビタミンB1 は、アリシンと一緒に摂ると、吸収が高まるんです。



ササミ
日本人に不足しがちな、ビタミンB1。

豚肉と一緒に、アリシンを含む野菜を食べると、効果的です。

エノキ
ガッテン! ガッテン!




納豆と骨折


ササミ
最後に登場したのは、カール・ピーター・ヘンリク・ダム博士。

(の写真をつけた人)

この方も、ノーベル生理学・医学賞を受賞されています。

もちろん、あるビタミンに関する研究で、です。


そのビタミンですが、ゲストの岡田さんと赤ちゃんに不足しているのだという。

どういうことでしょうか?



生まれてすぐの赤ちゃんは、ビタミンK が極端に不足しているので、産まれて24時間以内に必ず、ビタミンK のシロップを与えることになっているのだとか。

なぜ、ビタミンK 不足になるのかといえば、お産をしやすくするため。

ビタミンK には、骨を硬くする作用があります。赤ちゃんは狭い産道を形を変えて出てくるため、少し骨が やわらかくないと、出てこない。


このように、ビタミンK には骨を硬くする働きがあるので、骨粗しょう症の薬に使われている。


でも、赤ちゃんは分かりましたが、岡田さんがなぜ、不足してるんでしょうか?


「大腿骨頸部骨折の発生比」という図があります。

それを見ると、日本の西へ行くほど、骨折している人が多いことが分かる。

これは、ある食品を買ってないことと関係しているのではないかと、考えられているそう。


その食品とは、「納豆」

西へ行くほど、納豆の消費量は、少なくなっています。

岡田さんが選ばれたのは、納豆をあまり食べない関西人を代表してのこと。


納豆の ビタミンK 含有量は、実は多いんです。

1パック50gあたりに、300μg 含まれている。

ちなみに、骨粗しょう症の予防と治療ガイドラインの推奨量は、250~300μg 。


さらに、納豆を食べると、納豆菌が腸の中で、ビタミンK を作ってくれる。

二重に、うれしい効果が。


納豆が苦手な人は、緑の濃い野菜がオススメ。

モロヘイヤ、パセリ、しそ、小松菜などが、そう。

植物は、ビタミンK を、葉緑素の部分で作ります。

なので、なるべく外側の緑の濃いところを食べるようにすると、効率的に摂取できる。





NHKためしてガッテン 2015年 08 月号 [雑誌]



ビタミンCの事典


 





エノキ
ビタミンK には、骨を硬くする効果があるのか。

納豆、意識して食べようかな。

ササミ
ビタミンC なら、ブロッコリーのフライパン蒸しと、小松菜の冷凍おひたし。

どちらも簡単に作れそうで、いいですね。





次回は、「ビタミン補給の救世主! パプリカ 魅惑の新世界」。





健康プレミアム Vol.8 2015年 07 月号 [雑誌]: NHKためしてガッテン 増刊



科学的根拠にもとづく最新がん予防法(祥伝社新書)






 → 「クララ病とビタミンD欠乏」
 → 「氷水で解凍、溶けにくい氷/ためしてガッテン 大感謝祭(1)」




関連記事




tag : ためしてガッテン 食べ物


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ


健康と医療ランキング




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【ホコリの原因は壁】 除電ぞうきんの作り方/ガッテン Oct 19, 2017
【体力作り だまトレ】 脳ポリスを騙せ/ゲンキの時間 Oct 15, 2017
【薬の使い過ぎによる頭痛】 チェックと予防、対策/きょうの健康 Oct 11, 2017
【疲れ目】 スマホで眼精疲労、うつに/ゲンキの時間 Oct 08, 2017
【高血圧サージ】 ベルト スリッパ 深呼吸で予防/ガッテン Oct 05, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村