潰瘍性大腸炎と腸内細菌移植療法/健康カプセル! ゲンキの時間


今回のテーマは、「整腸と万病予防」


腸内環境セルフチェック。

腸内フローラとは?


摂るべき食物繊維の割合は、不溶性:水溶性 = 2:1。


難病指定されている、潰瘍性大腸炎。

腸内細菌移植療法とは?



ドクネット:松生クリニック 松生恒夫 院長 (消火器内科医)。



2015年5月31日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~善玉・悪玉のバランスって何?~ 腸を整えて万病予防!」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 潰瘍性大腸炎と腸内細菌移植療法




腸内環境


ササミ
いきなりですが、問題です。


Q)第二次世界大戦中、アメリカ軍が日本兵の数を把握するために調べたものとは、何でしょう?











答えは、「便の量」

アメリカ軍は、日本軍の兵力を推測するため、拠点に残された排便量を調べたのだそう。

すると、驚くほど大量だったため、これほどたくさんの兵がいるなら敵わないと、撤退したらしい。

昭和中期の日本人の食事は、野菜中心。便の素になる食物繊維をたくさん摂っていたため、便の量も多かったんです。

当時の排便量は、アメリカ人 100gに対し、日本人は 400g。

つまり、アメリカ軍は、日本の兵力を 4倍に換算してしまっていた。



ところが、食物繊維の摂取量は、年々減少。

現在では、目標摂取量 19gに届いていません。

その結果、メタボや糖尿病、大腸がんなどの病気が、増加する一因となっている。



<腸内環境セルフチェック>

(1) お腹が張る・便秘気味だ。
(2) おならがクサい。
(3) 野菜より肉食だ。
(4) 運動不足である。
(5) 40歳以上である。



このうち、3つ以上当てはまると、腸内環境が悪化している可能性がある。




腸内フローラ


ササミ
東京都文京区にある東京大学 弥生キャンパス。

東京大学大学院 農学部の平山和宏 先生に、教えてもらいます。


「腸内フローラ」とは、たくさんの種類の菌が バランスを取って 一緒に暮らしている群のこと。

お腹の中に、数百種類もいるのだとか。

腸内フローラとは、腸内細菌の集合体のこと。腸内にいる大量の細菌が、まるでお花畑のように 腸の壁面を覆っていることから、そう例えられました。



【腸内細菌叢】ちょうないさいきんそう

ヒトや動物の腸内で一定のバランスを保ちながら共存している多種多様な腸内細菌の集まり。腸内フローラ。

(大辞泉より)






腸内細菌は、善玉菌、悪玉菌、中立菌の、3つに分類できます。


<善玉菌>

腸内を酸性に保ち、悪玉菌が住みづらい環境を作る。

ビフィズス菌、乳酸菌など。


<悪玉菌>

腸に溜まった食べかすが腐敗すると増える。

大腸菌、ウェルシュ菌など。


<中立菌>

善玉菌にも悪玉菌にも、なり得る。(なので、「日和見菌」と呼ばれることもある)

腸球菌、クロストリジウム菌など。



善玉菌を青、

悪玉菌を赤、

中立菌を青と赤(どちらにも染まるため)、

とした時、

理想的な割合は、青:赤=3:7


腸内 善玉菌と悪玉菌


あるメーカーによると、健康な人の割合は、「善玉菌:悪玉菌:中立菌=2:1:7」らしい。

また、理想は、「善玉菌:悪玉菌:中立菌=3:1:6」。




ちなみに、ゲンキリサーチャーであるWエンジンの えとう窓口さんは、「1:9」でした。

善玉菌が少なく、便も臭かったそうです。





腸内細菌のバランスを整えるには、どうすればいいのでしょう?


専門家に聞きました。

教えてくれるのは、松生クリニック院長、消化器内科医の 松生恒夫 先生。


腸内環境が悪いと、いろんな病気の引き金になる。

腸内細菌のバランスを取ることは、大事です。


一番の決め手は、食物繊維をしっかり摂ること。

ただし、やみくもに食べてもダメだという。




次に訪れたのは、東京農業大学 短期大学部 栄養学科の 石田裕 教授。


食物繊維には、2種類あります。

1つは水溶性食物繊維で、もう1つは不溶性食物繊維。


不溶性食物繊維は、水に溶けることがなく、消化・吸収されないので、そのまま排出されます。便のカサを増す役割がある。

水溶性食物繊維は、水に溶け、ドロドロになるため、便をやわらかくして、滑りをよくしてくれる。

便秘解消には、この2つのバランスが大事。

近年、水溶性食物繊維の研究が進んだ結果、血糖値の上昇抑制、コレステロール低下に、効果が期待できることが分かってきた。



<食材の食物繊維>


 ゴボウ 半分 50g : 不溶性 1.8g 水溶性 1.4g

 納豆 1パック 50g : 不溶性 2.3g 水溶性 1.2g

 トウモロコシ 半分 50g : 不溶性 1.4g 水溶性 0.2g

 バナナ 1本 80g : 不溶性 1.0g 水溶性 0.1g

 レタス 50g : 不溶性 0.5g 水溶性 0.05g



食物繊維摂取の黄金比は、不溶性:水溶性 = 2:1 。

納豆が、ちょうどそうです。

バランスがいい食材なんですね。




ドクネット


松生クリニックの 松生恒夫 院長が教えてくれます。


水溶性食物繊維が多いのは、キウイフルーツ。

不溶性と水溶性のバランスも、2:1 に近い。


熟れた時 軟化する食材には、水溶性食物繊維が多いのだそう。



<腸内環境を整える方法>

  (1) 1日3食

  (2) 運動

  (3) 睡眠



1日3回食べて、しっかりと食物繊維を摂る。

また、ウォーキングなどの運動で腸を揺らすと、刺激され、排便が促される。

空腹で眠ると、空腹時に分泌されるモチリンが腸を動かし、翌日の排便の準備をしてくれます。



腸は、「第二の脳」と呼ばれるぐらい重要。

下痢や便秘など、腸自身の症状ばかりではなく、代謝や免疫システムなど、身体全体に対して、腸内環境が影響しているのではないかと、いわれている。

なので、40歳を越えたら、大腸内視鏡検査で、腸の病気を早期発見することも重要です。




腸内環境をリセットする最新治療


ササミ
腸内環境を整えるには、本人の努力が必要。

けれど、本人の努力では どうにもならないケースも。



[体験談]


24歳の男性。

最初の症状は、腹痛だったといいます。

1~2時間おきに、トイレへ駆け込むようになりました。

ひどい腹痛と下痢、血便に悩まされるようになった。

夜もそうなるので、眠ることもできません。

病院を受診すると、「潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)」だと診断されました。




潰瘍性大腸炎とは、どんな病気なのでしょう?

順天堂大学 医学部 消化器内科の 石川大 助教に、お話をうかがいます。


潰瘍性大腸炎は、厚生労働省に難病指定されている病気。

下痢の回数がどんどん増えてくる、発熱、腹痛、血便などの症状が重く、日常生活に支障をきたしてしまいます。

悩む人は年々増加していて、推定の患者数は、15万人以上。


注目されているのは、腸内細菌なのだという。

潰瘍性大腸炎の患者さんは、腸内環境のバランスが、正常な方と比べると、すごく乱れていることが分かってきました。

これが、病気の悪化や発症の原因である可能性も。


通常だと、食生活の改善やストレスの緩和などで、乱れた腸内環境は整うはずです。

けれど、潰瘍性大腸炎になると、バランスは崩れたままに。

そのため、完治することは難しく、よくなったり悪くなったりを繰り返すため、一生 付き合っていかなければならないのだとか。



そんな中で、希望の光が見えてきました。

新しい治療法が見つかったのです。

それが、「腸内細菌移植療法」

健康な人の便から腸内細菌を抽出して、患者さんの腸の中へ移植します。



実は、自然界では、これと同様なことが行われている。

コアラは水も飲まず、すべての栄養をユーカリから摂ります。(特別な場合のみ、水を直接飲む)

母コアラは繊維を分解する酵素を持っているのですが、赤ちゃんコアラは ユーカリを分解する腸内細菌を持っていません。

そこで、赤ちゃんコアラは、母コアラの糞を食べ、腸内細菌を受け継ぐことで、ユーカリを分解できるようになるんです。


腸内細菌移植療法では、ドナーの便を生理食塩水で溶かし、大腸内視鏡で、大腸の一番奥に流します。

日帰りの外来で行うことができ、患者さんの負担は少ないのだとか。

現在、ドナーになれるのは、20歳以上の配偶者か、二親等以内の家族のみ。

ドナーの便や健康状態はもちろん、採血で感染症などもチェックした上で、行われます。



体験談の男性も、昨年の9月に、この治療を受けました。

今はすごくよい状態で、症状の改善を感じているとのこと。

移植治療と投薬や生活改善を並行したことで、ひどい腹痛や下痢の症状は軽減。トイレの回数も、改善しました。



<腸内細菌移植療法>

・昨年3月から臨床研究を開始。
・7~8割が症状の改善を自覚。しかし、長期的な経過観察が必要。
・順天堂大学 石川先生の下では、潰瘍性大腸炎のみが対象。



「排便力」をつけて便秘を治す本―専門医が教える「便意リハビリ」 (ビタミン文庫)





[感想]


エノキ
便が出るだけでも、スッキリしますよね。

逆に、出ない日が続くと、モヤモヤする。

ササミ
納豆、優秀なんですね。

不溶性と水溶性、食物繊維の割合がいいのか。

エノキ
しかし、潰瘍性大腸炎って、つらそうですね。

ササミ
腸内細菌移植療法など、新しい治療法に期待します。




潰瘍性大腸炎ってどんな病気






[腸に関する記事]

 → 「ねじれ腸解消体操、便秘にはオリーブオイル」
 → 「過敏性腸症候群の真犯人は、腸内細菌と薬」



関連記事


tag : 健康カプセル!ゲンキの時間 胃腸 下痢


<スポンサードリンク>


web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ







プロフィール (Who is)

荒巻ケンコー

 

管理人 : 荒巻ケンコー

50歳代に突入し、健康の話題を口にすることが多くなりました。老眼が始まったり、白髪もチラホラ。筋肉痛は、2~3日遅れる。

老化は止められないけど、緩やかにしたい。できるだけ健康でいたい。できれば、生活を楽しみたい。そういう気持ちで、情報を集め、分かりやすく記録に残しています。

おいしい食材や簡単料理にも、興味あり。


過去の病気 : 腰痛(椎間板ヘルニア 手術暦あり)
現在の病気 : 花粉症。  

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【食べる順番 決定版】 ご飯は5分後 【トリセツショー】 Oct 02, 2022
【マイナポイント】 WAONに振り込まれない 【理由】 Sep 30, 2022
【シャンプー】 成分別 4系統の選び方 【なないろ日和】 Sep 25, 2022
【頭皮ケア】 4つのツボ 【なないろ日和】 Sep 19, 2022
【日常】 残暑とUSJのノーマネー 【CM】 Sep 14, 2022
タグ リスト
  

 

  
食べ物   
      
認知症   
 
肩こり   
   
胃腸   
   
睡眠   
 
   
 
高血圧   
   
眼科   
  
糖尿病   
 
掃除   
 
便秘   
 
冷え性   
 
長寿   
 
脳卒中   
 
美容   
   
心臓   
 
肝臓   
  
栄養素   
 
頭痛   
 
ヨガ   
 
癒し   
 
花粉症   
  
皮膚科   
 
熱中症   
 
腎臓病   
 
目次   
 
がん   
   
   
  
バトン   
 
かゆみ   
 
下痢   
  
痛風   
 
Diet7   
      
洗濯   
 
更年期   
 
お茶   
 
   
 
   
  
   
  
弁当   
   
運動   
  

カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム Google

↑ 記事が見つからない時、こちらをどうぞ。
Google
注目記事 [1]
注目記事 [2]
忍者

注目記事 [3]
食べ物の記事
注目記事 [4]
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
FC2拍手ランキング
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター


QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村