鼻づまり解消は ペットボトル・足湯・タオルで/健康カプセル! ゲンキの時間


今回のテーマは、「鼻水・鼻づまり」


ラーメンを食べると、どうして出るの?

ティッシュをつめるのも、すするのも、ダメ。


鼻詰まりに効くのは?

 (a) 蒸しタオルを顔にあてる。
 (b) ペットボトルを脇の下にはさむ。
 (c) 足湯。


危険なタイプ、好酸球菌性副鼻腔炎。

ドクネット、東京大学医学部付属病院 耳鼻咽喉科 近藤健二 先生の解説。



2015年2月22日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~たれる・つまるを一挙解消!~ 鼻のハテナに答えます!」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 鼻水・鼻詰まり




鼻水の疑問


ササミ
実は今、新しいタイプの「危険な鼻水・鼻づまり」が急増しているのだとか。

花粉症でも 蓄のう症でもない、危険な鼻づまりとは、どういうものなんでしょう?



まずは、クイズから。


Q1) 1日に作られている鼻水の量は、次のうちどれでしょう?

 A:牛乳ビン1本 200ml
 B:ペットボトル1本 500ml
 C:牛乳パック1本 1リットル







正解は、「C:牛乳パック1本 1リットル」

その半分は鼻を加湿し、すぐに蒸発します。

もう半分は、自然に飲み込まれているそう。





<鼻水の疑問>


疑問に答えて下さるのは、東京大学医学部付属病院の、耳鼻咽喉科講師、近藤健二 先生。


まずは、鼻の構造から。

鼻の奥には、「鼻腔(びくう)」と呼ばれる空間があります。


鼻腔


鼻腔の表面は、粘膜に覆われていて、鼻腺(びせん)という分泌器官が多く分布している。

この鼻腺で作られる粘液と、粘膜からにじみ出る水分が合わさったものが、鼻水なんですね。



鼻水の役割は、大きく分けて、2つある。

 (1) 空気の加湿と加温。

 鼻から吸い込まれた空気に湿気や温度を与え、肺に適切な空気を送ります。

 (2) 異物の排除。

 鼻に入った異物を包み込み、体内に運び、適切な処理をする。


花粉やウイルスが粘膜にくっつくと、その刺激が脳に伝わり、異物を排除するために、自律神経を通じて、鼻水を作るように指令が出されます。

風邪や花粉症で鼻水がたくさん出るのは、このため。



[ラーメンを食べると、どうして鼻水が出るの?]


温度や湿度の変化も、鼻の粘膜への刺激になるんです。

ラーメンの湯気が鼻に入ると、この刺激により、鼻水を作れと、脳から指令が出される。

原因は、ラーメンの湯気による温度や湿度の変化なのでした。




花粉症の時はサラッとしているのに、風邪の時はドロッとしている。


[鼻水の質や色が変わるのは、どうして?]


色や質が変わるのは、鼻水の成分の違いによるもの。

風邪をひいたり、ばい菌の感染が起こると、鼻水の中に、白血球がたくさん集まってくる。

白血球の数が多い時、鼻水は黄色っぽくなって、粘り気の強いものになる。




大事な場面で鼻水が出てきて、困ったことありませんか?


[急に出てくる鼻水を、止める方法はないの?]


鼻水が止まらないので、ティッシュをつめる。この行為は、ダメなのだそう。

ティッシュをつめただけでも、鼻の粘膜に傷がつき、出血することだってある。


でも、鼻水をすするのは、もっとダメ。

鼻をすすると、鼻の奥に鼻水がたまって、ひどい時は、耳にまで入ってしまう。

中耳炎を起こす可能性だって、あるそうなのです。


鼻水が出てきたら、止めたり すすったりしないで、かむことを心がけること。


鼻をかむ時の注意点は、強くかみすぎないこと

強くかむと、耳に強い負荷がかかり、鼓膜が破れたり、中耳炎になることも。




鼻づまり


ササミ
鼻がつまって眠れない時など、つらいですよね。

そもそも、鼻づまりの正体って、何なんでしょう?

スッキリさせる方法は、ないものでしょうか?



鼻づまりは、鼻水がつまっているのではありません。

鼻の粘膜が腫れて、つまっているんです。

これは、通路を狭くして異物をブロックしようとする、制御反応。



鼻づまりをスッキリさせる方法は、時々、耳にしますよね。

 (a) 蒸しタオルを顔にあてる。

 (b) ペットボトルを脇の下にはさむ。

 (c) 足湯。


番組では、どれが一番効果的なのか、実験してみた。

チェックに使われるのは、「鼻息鏡(びそくきょう)」です。

鼻息を出し、ミラーのくもり具合で、通気度を確かめる。


鼻息鏡



(a)は、40℃のお湯で絞ったタオルを、鼻にあてます。

(b)は、ペットボトルを、つまっている鼻の反対側の脇にはさむ。

(c)は、42℃のお湯に足を入れる。



さあ、結果はどうなる?



最初に鼻が通ったのは、(a)の蒸しタオル。37秒でした。

これは、鼻の粘膜の温度が高くなったことで、血流がよくなって、腫れがとれたため。


2番目に通ったのは、(c)の足湯。記録は、2分。

足の感覚の神経が刺激されると、自律神経の影響で、鼻の粘膜の腫れがとれるのだそう。

これは、靴下を多目に履き、足を温めることでも、同じ効果が得られる。


ペットボトルも、6分43秒で通りました。

これも、交感神経の影響。

脇の下にペットボトルをはさむと、そこにかかった圧力で、鼻の交感神経が刺激されて、反対側の鼻の粘膜が縮むらしい。

(鼻がつまっている時に横になって寝ると、上側の鼻が通るのも、同じ効果)



今回の結果は、体調や個人差による影響も、あるのでしょう。

ただ、この3つの方法は、どれも効果が期待できるようです。




ドクネット


引き続き、近藤健二 先生が教えてくれます。



[鼻水がしょっぱいのは?]


これは、鼻水が血液から作られているため。

血液には塩分が1%入っていて、鼻水になる時に塩分が移行するので、しょっぱく感じる。




[ラーメンでは鼻水が出るのに、蒸しタオルでは出ないのは?]


温度変化の急激さという点で、差がある。

ラーメンの湯気などは、急に温度が上がるので、刺激が強く、鼻水が出やすい。




市販の点鼻薬を長く使い続けるのは、よくないそう。

いい薬ではありますが、長く続けていると、反動で鼻が腫れてくるという副作用も。

説明書をよく読み、用法と用量を守って、使用すること。
 



危険な鼻づまり


ササミ
花粉症だと思っていたら、別の病気であることも。



「急性副鼻腔炎(きゅうせい ふくびくうえん)」


鼻の穴の周りには、「副鼻腔」と呼ばれる空洞があります。

「前頭洞(ぜんとうどう)」「篩骨洞(しこつどう)」「上顎洞(じょうがくどう)」が、それ。

容量は全部で、50mlほど。


健康な人の副鼻腔は空洞なのですが、そこに鼻水がたまってしまうのが、副鼻腔炎という病気。

慢性と急性があり、合わせて 毎年 1500万人が、かかるのだという。


副鼻腔炎の主な原因は、ばい菌やウイルスの感染です。

風邪などの菌が粘膜に炎症を起こし、鼻と副鼻腔をつなぐ通路がふさがれて、副鼻腔で作られる鼻水がたまってしまう。

いわゆる「蓄のう症」ですね。



ある方は、急性副鼻腔炎を患い、やがて、食べ物のニオイがしなくなった。食事していても、何を食べているか分からない状態に。

実はこの時、たいへんなことが起こっていました。

白血球の一種である好酸球が鼻の粘膜に集まり、副鼻腔炎を起こしていたのです。


「好酸球菌性副鼻腔炎」

好酸球菌は、本来、体を守る免疫機能を持ちます。けれど、この好酸球菌が増殖してしまうと、鼻腔内に炎症を起こしてしまう。

増殖する原因はアレルギーが多く、花粉症から併発するケースも増えているのだとか。


従来の副鼻腔炎は、体の外から入ってくる菌の感染が原因です。

しかし、新型では、もともと体内にある白血球の一種・好酸球が原因。

そのため、治療法も、まったく異なるんです。


特徴的な症状は、「鼻茸(はなたけ)」

鼻腔内の粘膜が炎症を起こし、キノコ状にふくらんだ水ぶくれができる。

これが鼻をつまらせ、ニオイまで奪ってしまいます。


鼻たけ


好酸球菌性副鼻腔炎は、重症化すると、気管支炎や肺炎を引き起こすことだってある。



従来の副鼻腔炎と、好酸球菌性のもの。

その違いを見分けるには、どうしたらいいのでしょう?


鼻水を調べれば、分かるそうです。

鼻水に含まれる好酸球の数を調べることで、状態が把握できる。




<好酸球菌性副鼻腔炎の治療>

抗アレルギー剤とステロイド点鼻薬を使う。

鼻茸が大きい場合、内視鏡による手術を行うケースも。




早く診断できれば、それだけ治療も、早く開始できます。

それが、重症化を防ぐことにも、つながってくる。

咳(せき)や痰(たん)が長く続く人で、ニオイがしにくくなったら、耳鼻咽喉科を受診してください。




増補改訂版 鼻の病気はこれで治せる





[感想]


エノキ
冬は冬で鼻がつまるし、春になったら花粉症。

鼻づまりに悩まされることが多くなりました。

ササミ
蒸しタオル、足湯、ペットボトル。

自分に合う解消方法が見つかると、助かりますね。

エノキ
つまったら、さっそく試そう。




切開しないで治す蓄膿症―慢性副鼻腔炎の内視鏡手術






[に関する記事]

 → 「鼻ポリープと鼻茸は、醤油でチェック」

 → 「花粉症に 舌下免疫療法」
 → 「花粉症対策 舌下減感作療法」



関連記事




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間 鼻の病気 花粉症


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ


健康と医療ランキング




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【第3のコレステロール(2)】 non-HDL 対策編/ガッテン Nov 16, 2017
【第3のコレステロール(1)】 レムナントと総悪玉の計算法/ガッテン Nov 16, 2017
【糖質制限ダイエット】 ロカボでお腹いっぱい痩せる/健康カプセル! ゲンキの時間 Nov 13, 2017
【血圧サージ 対策編】 タオルグリップ法/NHKスペシャル Nov 11, 2017
【血圧サージ 前編】 危険度チェック/NHKスペシャル Nov 10, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村