便もれの原因は出産? 便失禁の新薬/ためしてガッテン

今週のテーマは、「便もれ・便失禁」


若い女性の原因。

出産で、外側の筋肉が損傷。

「括約筋形成術」という手術で、改善する。


東京山手メディカルセンター 肛門科・大腸肛門病センター、山名哲郎 先生の解説。


新薬「ポリカルボフィルカルシウム(ポリフル)」。

「バイオフィードバック療法」。

「仙骨神経刺激療法」。



2014年12月10日放送の「ためしてガッテン」より、「便もれ500万人の衝撃 まさか私が予備軍SP」からのメモ書きです。




ためしてガッテン 出産と便もれ 便失禁の新薬




便もれ 500万人


ササミ
今回のテーマは、「便もれ」です。

番組によると、今 便失禁に悩む人の数は、500万人。

しかも、お年寄りだけでなく、中には、10代の頃から悩んでいる人までいるのだという。


500万人という数字は、生活に支障があって悩んでいる人の数。

そのうち、75%の方は、誰にも相談してないそう。

お医者さんに かかったことがある人は、わずか 10%です。

(日本メドトロニック調べ)


でも、朗報!

便失禁は、治るのだそう。

薬も、登場しています。



ためしてガッテンが、2774人の方々に、便もれに関して、インターネットで アンケートを実施。

「ほとんど毎日」という方、「2年以上前から、月に一度」という方など、9人に1人が 年に数回以上の 便もれを経験していることが分かりました。


様々な体験があるようです。


30代の女性。

トイレに行こうと思って、途中で我慢できず、漏れてしまうことがある。下着を洗っている時、むなしい気持ちになります。


50代の女性。

いつも便秘気味だが、ある時、トイレで下着を下ろしたら、小さな便がコロリと落ちてきて、ビックリした。


70代の男性。

排便の感覚が全くないにもかかわらず、寝ている間に便が漏れていて、衣類の汚れで漏れに気づいた。


70代の女性。

孫の運動会で、漏らしてしまった。急いで帰ろうとお尻の不快感をかばってヘンな歩き方をしてしまい、腰を痛めてしまった。


70代の男性。

外出先で友人と会っている時、オナラを出していたら、トイレで下着に便がついていることに気づいた。


30代女性。

運転中、急な便意に襲われて、間に合わず、漏れることが続いた。いつ起こるか分からない恐怖で、外出できなくなった。


53歳の男性は、10代の頃から、便もれに悩まされてきたのだという。





ガッテンが注目したのは、以下の症状。

「液状のものが垂れて」という方と、「小さな便がコロリと落ちて」という方。

「我慢できずに」という方と、「排便の感覚が全くない」という方。

それぞれ正反対の傾向を持つようですが、いったい、原因は何なのでしょう?




肛門の力


ササミ
まずは、普段あまり意識しない肛門の仕組みから、見ていきましょう。

調査のために向かったのは、社会医療法人 社団高野会 高野病院。

便失禁治療のエキスパート、大腸肛門機能科の高野正太 先生に調べていただきました。


まずは、番組の男性スタッフのお尻に、細い管を挿入。

「肛門内圧」を測定します。

これは、肛門をめいっぱい閉じた時の力。

結果は、350水柱センチメートルでした。

この数値は、水深3.5メートルの水圧と ほぼ同じ。

ペットボトルを水深3.5メートルまで沈めると、ベコベコにへこみます。

つまり、肛門のマックスパワーって、それくらいすごいんです。


次に測定するのは、突然の便意を感じた時、肛門がいかに早く閉まるか。

直腸の中で風船を膨らませることで、便が来たのと同じ状況を作り出します。

風船に空気を注入してから、肛門の力がマックスになるまでにかかる時間は、0.7秒。


このように、肛門は、パワーとスピードを兼ね備えたすごい存在なのです。


でも、こんなにすごい肛門なのに、どうして便失禁が起きちゃうのでしょうか?



肛門の中には、筒状の筋肉があります。

この筋肉は、ふだん、私たちの お尻をキュッと閉めてくれている。

便が下りてくると、直腸にたまります。

この時、私たちは、便意を感じる。

では、筒状の筋肉は、この時、どうなるか?

実は、ゆるむんですね。

この筋肉は、反射で動く筋肉で、直腸に便がたまると、反射でゆるむようになっている。


でも、そのままでは、便が漏れてしまいます。

そこで登場するのが、別の筋肉。

実は、筒状の筋肉の周りには、もう一つ、筒状の筋肉があるんです。

この筋肉を、「外肛門括約筋(がいこうもんかつやくきん)」という。

内側のは、「内肛門括約筋(ないこうもんかつやくきん)」

で、直腸に便がたまって、内肛門括約筋がゆるんだ時、外肛門括約筋が閉めてくれるんです。

外肛門括約筋は、意思で動かすことができる。


さらに、助っ人もいます。

肛門の内側の、粘膜の一部にいる、センサーくん。

このセンサーくんは、オナラか便かを、判定してくれる。

オナラだと分かれば、外肛門括約筋をちょっとだけゆるめて、ガスを出すってわけ。

センサーくんは ものすごく優秀で、その感度は、唇に匹敵するといわれるほど。

なので、やわらかい便が来たら、外肛門括約筋に、ギュッと閉めるよう知らせてくれる。


というわけで、これらの連携がうまくいっていれば、便失禁は起きません。


じゃあ、便が漏れる原因は、どこにあるのか?




便が漏れる原因


センサーと外肛門括約筋は、老化で衰えます。

でも、若い人でも、便もれを起こす人はいる。


実は今、若い人や中年の方の肛門で、異変が起きているのだそう。


取材班が向かったのは、東京山手メディカルセンター。

長年、便失禁の研究を続けている病院です。

肛門科・大腸肛門病センターの山名哲郎 先生に質問しました。

「若いのに、どうして、肛門が弱ってしまうのでしょう?」


山名先生がおっしゃるに、一般に 20代から40代では、加齢で肛門括約筋が衰えることはないそう。


肛門括約筋を調べる「肛門管超音波装置」というものがあります。

先端部分を肛門に挿入して、超音波を発射、画像を撮ることができる検査機器。


健康な肛門の断面写真では、2つのリング状の筋肉が見えます。

黒く見えるのが内側の筋肉で、白く見えるのが外側の筋肉。

2つとも、きれいなドーナツ状をしている。


では、若くして便失禁の症状がある人の写真では、どうでしょう。


肛門の筋肉


若くして便失禁がある人では、外側の筋肉が切れてしまっています。

これでは、力が入りませんね。


では、どうして、筋肉が切れてしまったのか?

筋肉を損傷させた原因は、「出産」でした。




山名哲郎先生の解説


ここでスタジオに、専門家の先生が登場。

東京山手メディカルセンター 大腸肛門病センターの、山名哲郎さんです。


どうして、出産で、外側の筋肉が傷ついてしまうのでしょうか?


産道と肛門の間には、「会陰(えいん)」という部分がある。

出産の際、産道から、肛門の周りにある外肛門括約筋に向かって、縦に無理な力が加わって、裂けてしまうのだそう。

難産の時に、起こり得ます。


便失禁で受診される患者さんの男女比は、女性が7割から8割。

20代から50代では、女性26人に対し、男性は6人。

60代では、女性22人に対し、男性は9人。

70代では、女性25人に対し、男性は7人。

80代では、女性7人に対し、男性は4人。


<女性に便失禁が多いわけ>

(1) 肛門の括約筋が、男性より薄い。
(2) 出産の影響。




64歳の女性。

ある日、突然、便失禁を発症しました。

病院を受診した結果、肛門括約筋に損傷があることが分かったという。

でも、女性が出産を経験したのは、25歳の頃。

30年以上、損傷に気づかないでいたことになります。



会陰裂傷による、肛門括約筋損傷の場合、多くの人は、出産直後から、便失禁の症状が出るのだそう。

ただ、損傷が軽い場合、括約筋全体が補い、便失禁の症状が出ないことがある。

けれど、加齢により筋肉が衰えることで、後に、損傷の影響が現れることがあるのだそうです。


治療ですが、「括約筋形成術」という手術を行うことで、症状が改善する。

これは、筋肉の損傷した部分を詰め合わせて、縫合する手術。

手術時間は、30分から1時間。

術後、数日で 退院できるそうです。



では、何科を受診すればいいのか?

今はまだ、便失禁を専門とする病院は少ない。

まずは、最寄りの肛門科や大腸肛門科を受診。

すると、専門の病院を紹介してくれるそうですよ。



ササミ
出産が原因の便失禁は、手術で治せます。

エノキ
ガッテン! ガッテン!




新薬登場


ササミ
出産が原因で便失禁が起こることが分かりました。

では、その他の便もれ対策は、どうすればいいのでしょう?



実は、新薬が登場しています。

名前を、「ポリカルボフィルカルシウム」という。


気づかないで便が漏れる症状の人は、日頃から、便がやわらかい傾向にあります。

なので、この薬を服用することで、便を固めると、漏れが改善する。

山名先生によると、飲み始めてすぐに改善する人が多いのだそう。


便失禁の新薬ポリカルボフィルカルシウム



便秘も、便失禁の原因になることがあります。

普段から小さな便しか出ず、自然にコロリと漏れることがある。

そういう方にも、この薬は効きます。

便を膨張させる効果があるので、漏れにくくなるんですね。


この薬はもともと、過敏性腸症候群の治療薬として開発されたもの。

なので、過敏性腸症候群の診断がないと、処方されません。

けれど、便失禁の方は、過敏性腸症候群を併発している場合が多いので、処方されやすいそうです。



「バイオフィードバック療法」という治療法もあります。

肛門にセンサーを入れて、肛門を締める括約筋の力を感知し、モニターに表示。

これを見ることで、上手な肛門括約筋の締め方を訓練するという治療法です。

山名先生によると、数カ月で改善する人が多いそう。



また、「仙骨神経刺激療法」という方法もある。

ペースメーカーのような機械を、お尻の皮膚の下に埋め込みます。

この電極から、微弱な電流で神経を刺激して、肛門の括約筋やセンサーの機能を高める治療法。

2014年4月から、保険適用になりました。



便もれ、便失禁は、なかなか相談しにくい症状。

でも、今は、いろいろな治療法があります。

あきらめずに、ぜひ、病院での受診を。


「便もれ」や「便失禁」という言葉を使いにくい時は、「排便障害」という(広い意味の)言葉もあります。



ササミ
便失禁は、様々な治療法で治せる時代になりました。

エノキ
ガッテン! ガッテン!




今週の色紙


「ハ~イ!」


これで排便障害や便失禁だと伝わるといいな。





NHKためしてガッテン増刊 健康プレミアム Vol.07 2014年 11月号 [雑誌]



読んだら変わる!排便障害患者さんへのアプローチ―便秘・下痢・便失禁のアセスメントとケア


 





エノキ
便失禁か。

なかなか相談しにくいですよね。

ササミ
でも、治療法はいろいろあるみたい。

病院を受診すれば、改善する可能性も。

エノキ
相談しやすかったり、最寄りの病院を検索できる、そんなサイトがあれば、役立ちそうですね。





次回は、お酒で女性ホルモンが増える?

ただし、男?

「酒と肝臓と男と女SP」。





NHKきょうの健康 便秘と痔の悩みを解消 セルフケアと治療 (生活実用シリーズ)



よくわかる高齢者の排便障害






 → 「過敏性腸症候群の真犯人は、腸内細菌と薬」

 → 「ためしてガッテン 2013年のアーカイブ 4月~6月」




関連記事




tag : ためしてガッテン


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ


健康と医療ランキング




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【ホコリの原因は壁】 除電ぞうきんの作り方/ガッテン Oct 19, 2017
【体力作り だまトレ】 脳ポリスを騙せ/ゲンキの時間 Oct 15, 2017
【薬の使い過ぎによる頭痛】 チェックと予防、対策/きょうの健康 Oct 11, 2017
【疲れ目】 スマホで眼精疲労、うつに/ゲンキの時間 Oct 08, 2017
【高血圧サージ】 ベルト スリッパ 深呼吸で予防/ガッテン Oct 05, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村