ハムストリングス&肩甲骨 ストレッチ/健康カプセル! ゲンキの時間

今回のテーマは、「ストレッチ」


カタいと、何が損?

身体への影響は?


1日5分の簡単ストレッチ。

もも裏のハムストリングスを伸ばす。

肩甲骨を回す。



2014年10月19日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~身体がカタいと損をする!?~ 得するストレッチ」からのメモ書きです。

ゲンキリサーチャー:ヴェートーベン 久保&青井。

ゲスト:大和田伸也。

ドクネット:首都大学東京 竹井仁 教授。




ゲンキの時間 得するストレッチ




身体がカタいと何が損?


ササミ
今回のテーマは、「ストレッチ」



さっそく問題です。

Q1:このストレッチは、どの部分を伸ばしているでしょう?

ストレッチ クイズ

 (A) 背中
 (B) もも裏
 (C) ふくらはぎ





答えは、(B)の もも裏



もも裏を伸ばすストレッチといえば、こちらを思い出すかもしれません。


よくあるストレッチ


でも、これだと、腰を痛めることがあるらしい。




このように、意外に知らないことが多い、ストレッチ。


そもそも、身体がカタいと、何が損なのでしょう?


訪れたのは、首都大学東京の荒川キャンパス。

健康福祉学部 理学療法学科 竹井仁 教授に、教えていただきました。



<身体がカタいとは、どういうこと?>

人は筋肉を伸ばしたり縮めたりして、動作を行います。

しかし、柔軟性を失うと、筋肉はカタくなり、縮こまってしまう。

それにより、関節を動かせる範囲は、狭くなってしまいます。

身体がカタいとは、そういうこと。


最大の原因は、運動不足。

デスクワークなど、長時間 同じ体勢でいることも要因です。



<歩きへの影響>


横浜市金沢区の関東学院大学。

モーションキャプチャーで、検証します。

監修してくださるのは、理工学部 理工学科の高橋健太郎 准教授。


身体がカタい人とヤワラかい人では、歩き方に違いがありました。

後ろ足を蹴りだした時の角度が、約40度も違います。

身体がカタい人は、足首やハムストリングスの柔軟性がないため、すり足になっている。

これだと、ちょっとした段差に引っかかって、転倒の可能性が。


歩幅にも、違いがあるようですよ。

カタい人の方が、歩幅が短い。

歩幅が短いと、腕の振りも小さくなり、前屈みに歩いてしまうので、猫背になりがち。

さらに、長い距離を歩くような場合、その疲労度は、柔軟性のない人の方が高くなるのだという。



このように、身体がカタいと、日常生活の動作から、損することになるようです。




身体への影響


柔軟性を失うことで、身体に不調が出ることも。


超音波エラストグラフィで、肩を検査してもらいました。

これは、筋肉のカタさを血流状態から確認できる機械です。


身体がカタく、肩こりに悩む人を検査すると、肩甲挙筋(けんこうきょきん)の血流が悪く、カタくなっていることが分かりました。

肩甲挙筋は、肩甲骨を持ち上げる、深層の筋肉です。

僧帽筋の内側にあるため、一度カタくなると、ほぐしづらい。


やわらかい筋肉は、血流もよく、コリがありません。

一方、カタい筋肉では、血管が圧迫され、血流が悪くなり、コリが発生してしまいます。



身体がカタいだけで、様々な弊害を引き起こす可能性が。

 肩こり、腰痛、
 転倒、疲労、
 老けて見える、
 代謝が落ちて太りやすい
、など。


身体がカタいと、筋肉の働きが偏り、代謝が落ちて、太りやすくなる。




ハムストリングス ストレッチ


ササミ
竹井先生に、1日5分の簡単ストレッチを教えていただきます。

重要になるのは、もも裏にあるハムストリングスという筋肉の柔軟性。


<ハムストリングス ストレッチ>

 (1) イスを支えにしてしゃがみ、床に左足のヒザをつけて、右足を前に出す。

 (2) そこから、右ももの裏が伸ばされるまで、左足とお尻を、後ろにズラしていきます。

この時、前屈みになり、背中から もものラインが、一直線になるようにする。

 (3) 右足は、つま先を立てて、ヒザを軽く曲げてください。

 (4) この状態で、30秒キープ。左右3セットを繰り返す。


ハムストリングス ストレッチ

ハムストリングス ストレッチ



番組では、このストレッチをすることで、立位体前屈の記録が改善されていました。
 



肩甲骨ストレッチ


肩こりや猫背で悩んでいる人は、僧帽筋や肩甲挙筋など、肩甲骨まわりの筋肉がカタくなっています。

竹井先生によれば、肩甲骨をクルッと回すことによって、周りについている筋肉を、一気にストレッチできるのだそう。


<肩甲骨回しストレッチ>

 (1) ヒジを約90度に曲げ、背中で、時計回りに回します。

 (2) この状態で、10秒キープ。

 (3) 続いて、手を替えて、反時計回りに回す。

 (4) これを5セット。


身体を、傾けすぎないこと。

ヒジも、曲げすぎないように、注意する。


肩甲骨回しストレッチ


このストレッチを続けることで、背中回しに、手を組めるようになる。

猫背など、姿勢も、改善されます。



できれば、毎日。

最低でも、2日に1回やるといいそう。

ストレッチを継続することで、カタさが解消されていきます。


ただし、強い痛みには注意。

持病がある場合は、お医者さんに相談してください。




不調リセット





[感想]


エノキ
あたたたた。

意外とカタいところがありますね。

確かに、肩甲骨まわりとか、普段 動かさないもんな~。

ササミ
ストレッチは、毎日続けることで効果を実感できるのが、うれしいところ。

お風呂上りにやるとか、習慣づけることで、だんだんと やわらかくなります。

無理のない範囲で、ぜひ、続けてください。




ゆがみリセット1週間ドリル (日経BPムック 日経ヘルス別冊)






[ストレッチに関する記事]

 → 「タイプ別肩こり解消法」
 → 「お腹へこませプロジェクト」




関連記事




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間 肩こり ストレッチ


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ









FC2カウンター


アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【低血糖】 血管のダメージを 間食で防げ Dec 13, 2018
【インフルエンザ対策のまとめ】 2018 Dec 11, 2018
【月報】 2018年12月 Dec 08, 2018
【小松菜が変身】 ゆで時間と漬物風レシピ Dec 06, 2018
【海苔】 5つの健康パワー Dec 02, 2018
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
FC2拍手ランキング
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村