薄毛の真相 遺伝子は母方の祖母/健康カプセル! ゲンキの時間

今回のテーマは、「薄毛」


ウワサの真相。

 ・隔世遺伝する?
 ・男性ホルモンの影響は?
 ・皮脂は関係ある?
 ・オリーブオイルは効く?
 ・ストレスとの関係。
 ・帽子はいいの?
 ・朝シャンは悪い?


角田美英 先生の解説。

男性型脱毛症の特徴。

母方の祖父が、責任遺伝子。

原因は、レセプター。


女性の薄毛。

発毛、育毛、植毛の違い。


「ミノキシジル」と「フィナステリド」。

「紀尾井町クリニック」の自毛植毛。


オススメの食べ物と栄養素。



2014年8月3日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~男も女も備えが大事~ 究明! 薄毛の新常識」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 薄毛




薄毛のウワサの真相


今回のテーマは、「抜け毛」「薄毛」


自分を薄毛だと認めている人は、日本人男性 4200万人に対し、1260万人だと言われている。これは、約3割です。


髪に対しては、様々なウワサや対処法が聞かれますよね。

でも、それは本当なんでしょうか?

逆効果だったら、どうしよう!

今回は髪の専門家に、検証してもらいます。




さっそく、問題。


<Q:間違っているのは、次の内、どれでしょう?>

 (a) 抜け毛は1日に、約100本。
 (b) 抜け毛は女性より、男性が多い。
 (c) 抜け毛は夏に、2~3倍増える。




正解は、C。

抜け毛が多いのは、夏ではなく なんです。


夏のダメージが、秋にくる。



今回のゲストは、モト冬樹さんです。

モトさんがおっしゃるに、ご自身は薄いけど、兄のエド山口さんは薄くない。

祖父も父も薄いのだけれど、お兄さんだけは大丈夫なのだそうです。

この辺についても、後で専門家の先生が教えてくれます。




髪にまつわるウワサは、たくさんあります。

でも、何が本当で、何がウソなのでしょう?


訪れたのは、東京都世田谷区にある「かくた皮膚科クリニック」。

薄毛に詳しい皮膚科医の、角田美英さんに、お話をうかがいました。



<質問(1) なぜ薄毛なのか?>


角田先生によると、髪の毛が細くなって産毛になってしまう。大きく育たないことが問題なのだそうです。


男性型脱毛症
上:通常の髪の毛
下:髪の毛が細くなっている


典型的な男性型脱毛症がこれ。

髪の毛自体はあるのですが、何らかの原因により成長せず、毛が細くなっている。

一般的に、10本中2本以上が細い毛だと、男性型脱毛症と診断されるそうです。



男性型脱毛症の原因ですが、先生によると、遺伝による影響が大きいそう。

そこで、次の質問です。



<質問(2) 薄毛は隔世遺伝する?>


これは、正しいそう。

最近の研究で、「母方の祖父が責任遺伝子」だというところまで、分かってきた。




<質問(3) 薄毛の原因は、男性ホルモンが多いから?>


先生によると、男性ホルモンが多いからではなく、「レセプター」が多いから。

レセプターは毛根部分に存在しますが、これだけでは薄毛の原因にはなりません。

しかし、血液に含まれる男性ホルモンが毛根に侵入すると、酵素と結合して、「DHT」という物質になります。

このDHTがレセプターと結合すると、髪の毛を作らなくするような信号を出してしまうんです。

つまり、薄毛と直接関係しているのはレセプターの量であり、男性ホルモンではなかったんですね。


ちなみに、レセプターは、前頭部と頭頂部に多い。

後頭部には、ほとんどありません。

レセプターは遺伝子によって配置が決まっており、前頭部に多いと「M字型」に、頭頂部に多いと「O字型」になる。


M字型とO字型




ただし、原因は、遺伝だけではありません。

生活習慣も、脱毛症には関係する。




<質問(4) 皮脂が毛穴にたまると、薄毛になる?>


ある程度は、本当。

皮脂はある程度、頭皮を保護する。ただ、放置すると、酸化されて、「過酸化脂質」になってしまいます。

この過酸化脂質は、細菌が繁殖しやすいため、毛根付近の炎症の原因となり、抜け毛の大きな要因になってしまう。



<質問(5) オリーブオイルは、抜け毛に効く?>


 → 炎症の原因になるので、使わない方がいい。




<質問(6) ストレスで抜け毛は多くなる?>


ある程度、関係がある。

ストレスは、血圧などをコントロールしている自律神経を乱し、血液の流れを悪くしてしまう。

血行不良になると、髪の毛に十分な栄養が行かなくなり、抜け毛の原因に。




女性の薄毛


毛と毛の間隔が、広くなっている場合があります。

毛が細いのではなく、髪の毛そのものが、少なくなっている。

実は、薄毛で悩む女性の3割は、髪の毛が生えない期間が長くなり、全体的に、薄くなりがちなのだとか。


主な原因はストレスですが、女性の場合は男性より複雑です。

女性の場合、遺伝やストレスの他にも、病気や偏った食事による栄養不足など、男性に比べ、様々な要因が考えられる。

気になる方は、「血液検査」を。


<薄毛に関する血液検査>

 総蛋白(TP)
 血清鉄
 亜鉛
 膠原病
 甲状腺機能など







<質問(7) 帽子をかぶると、抜け毛が多くなる?>


帽子は長時間かぶっていると、頭皮が蒸れてしまい、細菌が繁殖しやすい状態になってしまう。

これが抜け毛の原因になってしまうこともあるようです。

ただし、直射日光で髪の毛が焼けてしまうこともあるので、太陽の下を歩く時などは、通気性の良い帽子をかぶるのがいい。




正しいシャンプーの仕方


<質問(8) 朝シャンはいい? 悪い?>


朝は時間がないため、シャンプーやリンスの洗い残しが出やすく、頭皮に汚れが残ってしまう可能性がある。

また、髪の毛は夜に作られるため、寝る前に髪の毛をきれいにしておくと、髪の成長につながりやすい。




モト冬樹さんは薄く、兄のエド山口さんは薄くない理由。

角田先生によれば、こういうことらしい。

母方の祖父の薄毛遺伝子が、お兄さんには遺伝しなかったと考えられる。
 



育毛・発毛・植毛とは?


それぞれの違いを教えてくれるのは、東京都千代田区(ホテルニューオータニ内)紀尾井町クリニックの、林光輝 理事長。

数々の薄毛問題を解決してきた、スペシャリストです。



「育毛」とは、元々ある髪の毛を、太くしてキープするもの。

「発毛」とは、何もない所に、新たな毛が生えてくる。

「植毛」とは、何もない所に、新たな毛根を植えて、毛を生やす。


まとめると、こうなります。

 [育毛] 髪の毛の状態を良くする。
 [発毛] 新たな髪の毛が生える。
 [植毛] 新たな髪の毛を植える。





髪の状態を良くする「育毛」の中で、代表的なものが、「ミノキシジル」「フィナステリド」


医師から処方される飲み薬、「フィナステリド」。

これは、DHTの要因である酵素を撃退する効果があり、ほとんどの人の抜け毛が減る。

ただし、効果があるのは、服用している期間だけ。

やめてしまうと、元の状態に戻ってしまいます。

また、男性の性機能に関する副作用が、2.9%あるという報告も。

女性に関しては更なる副作用があるため、服用することができません。



薬局でも買える塗り薬が、「ミノキシジル」。

細くなった毛に作用し、太くする効果があります。

こちらは、女性でも使用可能。

しかし、効果があるのは、約60%ほどだと言われている。

また、塗るのをやめると、元の状態に戻ってしまいます。




実は、紀尾井町クリニックは、自毛植毛専門のクリニック。

自毛植毛は、自分のレセプターが少ない部位から、髪の毛の一部を採取して、それを薄くなった所に再配分するもの。

具体的には、後頭部や側頭部から、頭皮と毛根を採取。手作業で切り分けた毛根を、髪の毛の無い部分に、移植します。

薄毛にならないよう、レセプターの少ない毛を移植するため、手術後も髪の毛が抜けることがなく、そのまま伸び続けるらしい。



気になるお値段ですが、3000本植毛する場合、約100万円。

利点は、自分の毛だということ。また、メンテナンスがほとんどいらないこと。


自毛植毛は保険適用外なので 治療費は高額ですが、メリットがあるようですね。

経験者の方が、教えてくれました。


前頭部から頭頂部まで、広い範囲で薄毛だった、Tさん(仮名)。

今では気にする所がなくなり、手術した傷痕も、ほとんど目立たなくなっています。


問題は、術後1週間くらいは休みを取らなければならないことぐらい。

植毛することで元気になり、自信が持てるようになったそう。
 



オススメの食べ物、栄養素


食事は、髪の毛に栄養を与えるため、特に重要になる。


髪の毛にオススメの栄養素は、次の3つ。



<たんぱく質>

牛乳、魚、肉、卵、納豆など。

髪の毛の基本成分である「ケラチン」の元になる。


<ヨウ素>

昆布、海藻類、卵、魚など。

増やすことはできないけれど、髪を発育させる効果がある。


<ビタミンEとビタミンA>

アボカド、カボチャ、ほうれん草、ナッツ類など。

血行を良くし、抜け毛を防ぐ効果がある。





<質問(9) お酒やタバコは、いけないの?>


少量のアルコールはストレス解消になるので、よい。

でも、飲み過ぎは、髪に良くありません。

身体に悪いことは、髪にも良くない。

なので、タバコも良くありません。




今週の「健康カプセル」の成分。

「栄養と正しいケアで、もうこん(毛根)な!」




専門医が語る毛髪科学最前線 (集英社新書 491I)<





[感想]


ササミ
今回も、知らないことが多かったですね。

エノキ
遺伝は、母方の祖父からなのか。

ササミ
体と髪はつながってて、体にいいことは髪にもいいっていうのは、納得です。

エノキ
たんぱく質に、ヨウ素に、ビタミンEとA。

しっかり、食べようっと。




やってはいけない頭髪ケア (青春新書インテリジェンス)






[髪に関する記事]

 → 「女性の薄毛と甲状腺機能低下症/ためしてガッテン」



関連記事


tag : 健康カプセル!ゲンキの時間


<スポンサードリンク>


web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

アラフィフ日記ランキング





プロフィール (Who is)

荒巻ケンコー

 

管理人 : 荒巻ケンコー

50歳代に突入し、健康の話題を口にすることが多くなりました。老眼が始まったり、白髪もチラホラ。筋肉痛は、2~3日遅れる。

老化は止められないけど、緩やかにしたい。できるだけ健康でいたい。できれば、生活を楽しみたい。そういう気持ちで、情報を集め、分かりやすく記録に残しています。

おいしい食材や簡単料理にも、興味あり。


過去の病気 : 腰痛(椎間板ヘルニア 手術暦あり)
現在の病気 : 花粉症。  

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【ストレスを軽減する】 3つの方法 【NHK チョイス】 Apr 16, 2024
【たまのれん】 台所のジャラジャラ 【兵庫県発祥だった?】 Apr 13, 2024
【靴底の減り方チェック】 アキレス腱伸ばし Apr 11, 2024
【足の話】 アーチの崩れ 予防法 【ゲンキの時間】 Apr 10, 2024
【餃子】 あんの作り方と包み方のコツ 【フライパンの思い出】 Apr 06, 2024
タグ リスト
  

 

  
食べ物   
      
認知症   
    
肩こり   
  
胃腸   
 
睡眠   
 
高血圧   
  
   
   
眼科   
 
掃除   
  
便秘   
 
糖尿病   
 
美容   
 
冷え性   
 
長寿   
 
ヨガ   
 
脳卒中   
 
皮膚科   
 
肝臓   
   
栄養素   
 
癒し   
 
心臓   
  
思い出   
 
頭痛   
  
花粉症   
  
熱中症   
 
腎臓病   
 
目次   
 
がん   
   
   
 
かゆみ   
 
バトン   
 
下痢   
   
Diet7   
  
痛風   
  
老い   
 
洗濯   
   
更年期   
 
   
 
   
 
お茶   
  
   
 
映画   
 
弁当   
   
運動   
  

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム Google

↑ 記事が見つからない時、こちらをどうぞ。
Google
注目記事 [1]
注目記事 [2]
注目記事 [3]
食べ物の記事
注目記事 [4]
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
FC2拍手ランキング
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター


QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村