危険な二重あご 誤嚥性肺炎とゴックンテスト/ためしてガッテン

今回のテーマは、2つあります。

1つ目は、「二重あご」

でも、これ、見た目だけの問題じゃないそう。

鶴見大学 斉藤一郎 教授によると、健康や命に関わる危険な二重あごがあるんだって。

肺炎、歯が抜ける、全身衰弱、これらにつながる二重あごって、何だ?

睡眠時無呼吸症候群タイプの、二重あごチェック。

舌骨や誤嚥性肺炎との関係。

ゴックンテストで、飲み込む力のチェックを。



2013年6月26日放送の「ためしてガッテン」より、「まさか! の新発見SP 二重あご&ボタン」からのメモ書きです。




ためしてガッテン 二重あご&ボタン




怖い二重あご


ササミ
1つ目のテーマは、二重あごです。

エノキ
歳を取ると、気になるんですよ~。

ササミ
見かけの問題だとされがちな二重あごですが、どうも それだけではないよう。

「危険すぎる二重あご」が、あるんですって。

エノキ
何だか、怖いな~。

ササミ
まずは、肺炎になる二重あごから。

肺炎は、日本人の死因 第3位。

二重あごを ほったらかしにしておいたがために、命を落としている人がいるかもしれないんです。

肺炎と二重あごとの関係は、どんなものなんでしょうか?




睡眠時無呼吸症候群と二重あご


ササミ
まずは、二重あご大調査から。

街の人たちに、あごを見せてもらいます。

すると、いろんなタイプの二重あごがあることが分かりました。


・お肉がタル~ンとした、ブルドッグ型。
・首ごと太い、シロクマ型。
・たるんだ感じの、トカゲ型。
・あごが目立たない、マンボウ型。


そこに登場したのは、二重あご博士の二人。

一人目は、千葉大学大学院 医学研究科の 磯野史朗 教授。

二人目は、日本大学 歯学部の 戸原玄 准教授。


磯野先生は物差しを使って、計測しだしましたよ。

そして、危険な二重あごかどうか、調べ始めた。


戸原先生は、ある骨の位置を確かめています。

これは、どういうことでしょうか?

エノキ
それぞれ、調べ方が違うんですね。


ササミ
その一つに関係するのが、イビキ。

というか、イビキが止まる状態です。

エノキ
ああ、睡眠時無呼吸症候群ですか!

ササミ
その通り。

長い人だと、1分以上 息が止まることもあるそうです。

なので、心臓病や高血圧のリスクが高くなったりする。

昼間の眠気で、交通事故の危険も高まってしまいます。


では、なぜ、息が止まってしまうのか?

人間の舌というのは、太ってしまうことがあるそうなんですね。

また、あごの大きさに比べて舌が大きすぎても、下あごの中に収まりきらず、二重あごになる場合があります。

この舌が、寝ている時に気道をふさいでしまうため、呼吸が止まっちゃうんですね。


物差しで確認していたのは、こっちのタイプの二重あごチェックだったんです。


<睡眠時無呼吸症候群タイプの二重あごチェック>

正面を向いた姿勢で、あごの先端と、喉仏の下、この2点を結ぶようにして、物差しを当てます。

この時に、指1本分のすき間があると、大丈夫。

指1本のすき間がないと、睡眠時無呼吸症候群の可能性があることに。



睡眠時無呼吸症候群 二重あごチェック



エノキ
これはあとで、チェックしないと。




肺炎になる二重あご


ササミ
実は問題は、もう1つのタイプ。

まさかの新発見は、こっちの方。

肺炎になる二重あごなんですね。

こちらは、ある骨を触って、調べます。


ちなみに、喉仏は骨ではありません。

あれは、軟骨。

二重あごに関わる骨とは、どんな骨なんでしょうか?


ササミ
ガッテン調査班が訪れたのは、国立科学博物館。

標本を、400万点も収蔵しているんですよ。

話を聞くのは、この方。

人類研究部名誉研究員の 馬場悠男 博士。

人類の骨の化石から、進化の謎を解き明かしてきた先生です。


さて、二重あごに関係する骨とは、どんな骨なんでしょう?


先生は、おっしゃいました。

「二重あごのカギを握る骨はですね、ここにはないんです。しかも、化石でも、ほとんど見つからないという特別な骨」

「人間が危険な二重あごになってしまうというのは、実は人類の進化と、深い関わり合いがあるんです」

「実は、人類の祖先は、言葉を話す能力を獲得した際に、それが皮肉なことに、ある骨の運命を、決定的に変えてしまいました」



その骨とは、「舌骨」

喉仏から指1本分ぐらい上に、ある。

親指と人差し指で探すと、突起を感じられると思います。


そしてここで、意外な言葉が、スタジオに登場。

「サルは二重あごにならない」

正確には、危険なタイプの二重あごにはなりません。


エノキ
え? どういうことですか?


ササミ
舌骨自体は、チンパンジーにもあります。

でも位置が違う。

人間の方が、下がってるんです。

そして、これには理由があった。

実は、舌骨が下がることで、空間が広く取れるようになったんです。

この空間が広くなったおかげで、いろんな音が出せるようになりました。

人類は、舌骨が下がる進化の過程で、言葉を話せるようになったんですね。


この舌骨には、特徴があります。

それは、位置。

舌骨は、骨の標本にすると、浮いているんです。

他の骨と、くっついてない。


さあ、核心に迫って来ましたよ。

宙ぶらりんな舌骨と、危険な二重あごとの関係は、いかに。



そもそも舌骨は、どうして、この位置に とどまっていられるんでしょう?

それは、筋肉が支えてくれるから。

実は、舌骨というのは、大きな舌をのせています。

そんな重いものを、筋肉が頑張って、支えてくれているんですね。


舌骨には、ある大切な働きがあります。

食べ物を飲み込む時に、舌骨が動いて、食べた物が食道にちゃんと行くようにしてくれている。

ちょうど、気道にフタをする格好です。


ガッテンをよく見る人なら、もう分かったかもしれません。

肺炎、食道、気道、これでピンときたかな?

エノキさん、分かりました?

エノキ
は~い!

せ~の!

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)!


ササミ
はい、その通りです。

舌骨を支える筋肉が弱ってくると、あごの下がたるんで、二重あごになります。

そして、食べ物を飲み込む時に、食道にうまく入らなくなるんです。

時には、気道に入ってしまうことさえある。

口の中の雑菌を付けたまま食べ物が気道に入ってしまうと、さっきエノキさんが言った、誤嚥性肺炎になる可能性も。


誤嚥性肺炎とは、細菌が肺に入ることで起きる肺炎です。

免疫力が低下していると起きやすいといわれる。


というわけで、舌骨を持ち上げる筋力の低下は、飲み込み障害につながり、結果、誤嚥性肺炎になるリスクが上がるというわけ。



ここで、専門家の先生の登場です。

日本嚥下医学会 理事長で 浜松市リハビリテーション病院院長の 藤島一郎さんです。


初めの方で、二重あごを4タイプに分けました。

ブルドッグ型、マンボウ型、トカゲ型、シロクマ型、でしたよね。

この中で、肺炎と関係する二重あごは、トカゲ型になります。


トカゲ型二重あご
(トカゲ型の二重あご)


肥満型の二重あごと違い、筋肉自体が痩せて、力が弱くなって、舌骨が落ちることで、こうなってしまっている。



そして教えてくれたのが、飲み込む力のテストです。


<ゴックンテスト>

(1) 喉仏のところに指を置く。

喉仏のてっぺんの、ちょっと上に、水平に指を置きます。

(2) その状態で、ゴックンと、ツバを飲み込む。

この時、喉仏が指を乗り越えれば、OK。



ゴックンテスト



<ゴックンテスト (2)>

(1) ツバを何回も、飲み込みます。

30秒回で、何回ツバを飲み込めるか、数える。

口の中を湿らせておくと、いいかも。

(2) この時、30秒で2回以下なら、飲み込み障害の疑いがあります。




もう一つ怖いのが、歯が抜けること。

健康な状態だと、口を閉じている時、舌は上あごにくっついています。

実はその時に、舌の表面を摩擦して、キレイにしているんです。

でも、舌骨が落ちて、舌の動きが悪くなってくると、これがうまくいかず、舌の表面が汚れてしまうんですね。

これが、「口臭」「歯周病」につながり、歯が抜けてしまうというわけ。



こうなると、問題は予防法です。

そこで先生が、飲み込む筋力を鍛える方法を、教えてくれました。

ポイントは「舌骨を持ち上げる筋肉」で、これは「口を大きく開く筋肉」でもある。

というわけで、口を開けたり閉めたりする訓練で、鍛えられます。

あと、よくしゃべるのも、大事。




危険な二重あご 解消トレーニング


<舌骨トレーニング>


<舌骨トレ(1) 口開け体操>

(1) 口を大きく開けて、10秒間キープ。

(2) これを5回、1日2セット行う。

これで、舌骨を持ち上げる筋肉を、鍛えることができます。


(注意:あごに痛みがあったり、あごの関節に異常がある人は、無理をせず、お医者さんの指示に従ってください)

舌骨トレ(1) 口開け体操



<舌骨トレ(2) 頭上げ体操>

(1) 仰向けに寝た状態で頭を上げ、つま先を見ます。

10秒キープしたら、10秒休憩する。

(2) これを3回、1日3セット行う。

これも、舌骨を持ち上げる筋力アップに、効果あり。


舌骨トレ(2) 頭上げ体操



他にも、口を大きく開けた話したり、歌をうたうことにも、効果があるようです。





ササミ
危険な二重あご、舌骨の低下に注意!

エノキ
ガッテン! ガッテン!



ササミ
ボタン革命、一生取れないボタンは、もうちょっと待ってね。








 





ササミ
二重あごは気になるけど、まさか、危険すぎる二重あごがあるとは。

エノキ
筋力の低下は、こんなところにも表れるんですね。

ササミ
でも、筋肉は、歳を取ってからでも鍛えられます。

エノキ
それだけに、ふだんからのトレーニングで、何とかなるわけだ。

生活習慣って、大事なんですね。



[まとめ]


・舌骨を支えている
 筋肉が弱くなると、
 誤嚥性肺炎につながる
 二重あごになる。

・ゴックンテストで
 チェックしてみましょう。

・舌骨が下がると、
 口臭や歯周病にもつながる。
・最悪の場合、
 歯が抜けてしまうことも。












 → 「ためしてガッテン 2013年のアーカイブ 1月~3月」




関連記事


tag : ためしてガッテン 呼吸器科


<スポンサードリンク>


web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

アラフィフ日記ランキング





プロフィール (Who is)

荒巻ケンコー

 

管理人 : 荒巻ケンコー

50歳代に突入し、健康の話題を口にすることが多くなりました。老眼が始まったり、白髪もチラホラ。筋肉痛は、2~3日遅れる。

老化は止められないけど、緩やかにしたい。できるだけ健康でいたい。できれば、生活を楽しみたい。そういう気持ちで、情報を集め、分かりやすく記録に残しています。

おいしい食材や簡単料理にも、興味あり。


過去の病気 : 腰痛(椎間板ヘルニア 手術暦あり)
現在の病気 : 花粉症。  

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【駄菓子屋(2)】 昭和ジュース 中編 【古いのも欲しくなる】 Feb 21, 2024
【駄菓子屋(1)】 ジュース 飲み物 前編 【花粉症はつらいよ】 Feb 17, 2024
【リンパ(2)】 流す方法 問題 【顔 目の周り 足】 Feb 10, 2024
【リンパ(1)】 どこにある問題 【むくみとの関係は?】 Feb 07, 2024
【選ぶという幸せ】 へそを曲げる? 【頑固者 対応】 Feb 03, 2024
タグ リスト
  

 

  
食べ物   
      
認知症   
   
肩こり   
  
胃腸   
  
睡眠   
 
   
  
高血圧   
  
眼科   
   
掃除   
 
糖尿病   
 
美容   
 
便秘   
 
冷え性   
 
長寿   
 
脳卒中   
 
ヨガ   
 
皮膚科   
 
肝臓   
   
癒し   
 
心臓   
 
栄養素   
  
頭痛   
  
花粉症   
  
熱中症   
 
腎臓病   
 
目次   
 
がん   
   
   
 
かゆみ   
 
バトン   
 
下痢   
   
Diet7   
  
痛風   
  
老い   
  
洗濯   
  
思い出   
 
更年期   
 
お茶   
 
   
 
   
  
   
 
映画   
 
弁当   
   
運動   
  

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
カテゴリ
アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム Google

↑ 記事が見つからない時、こちらをどうぞ。
Google
注目記事 [1]
注目記事 [2]
忍者



注目記事 [3]
食べ物の記事
注目記事 [4]
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
FC2拍手ランキング
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター


QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村