「クララ病とビタミンD欠乏/ためしてガッテン」

「アルプスの少女ハイジ」のクララは、ある病気だった?

そのクララ病の人は、現代日本女性で2人に1人だという。

関係するのは、ある栄養素。

さらに、お肌に関するある対策も、関係するらしい。



2012年10月03日放送の「ためしてガッテン」より、「女性の5割が危険領域 謎の足腰フラフラ病!」からのメモ書きです。




クララ病とビタミンD欠乏




クララ病?


・名作テレビアニメ
 「アルプスの少女ハイジ」。
・その友達といえば、クララです。

・足が不自由だったクララですが、
 ある病気にかかっていたのだという。
・自力で立つことができず、
 虚弱体質。

・これらの症状は、
 19世紀に世界中で流行した
 ある病気のせいだといいます。

・そして現在、
 このクララ病の予備軍が
 日本でもたくさんいるらしい。
・なんと、女性の2人に1人
 だというのだから驚きです。

・ある人はこの病気のため、
 歩行困難になってしまった。
・さらにこの状態を放っておくと、
 ガンや糖尿病、
 認知症や寝たきり老人になる
 危険が増すといいます。

・国立長寿医療研究センター
 原田敦 副院長によれば、
 精神的にも大きな影響を受けて
 閉じこもってしまうのだという。

・これじゃあ本当に、
 クララみたいですね。


・クララがかかっていたとされる
 病気には、ある物質が
 関係しているといわれる。
・それがスタジオに登場したのですが、
 白い粉ですか?
・サラサラですよ。

・これが足りないと
 その病気になるといいますが、
 何だろう?


・ガッテンでは、
 20代から40代の女性に
 集まってもらい、
 血液の中に含まれる
 その物質の量を
 調べさせてもらいました。

・結果はというと
 物質が不足していた人は
 15人中で5人。
・3人に1人でした。

・でも、1000人以上の調査だと、
 日本人女性の2人に1人が
 ある物質の不足状態であることが
 分かっています。

・ということは、
 気づきにくいものなのか。




その症状は?


・愛知県の
 国立長寿医療研究センター。
・ある物質の不足が原因で
 入院する高齢者が
 後を絶たないといいます。

・あるご婦人は、
 バーを握りながら
 リハビリ中ですね。
・痛いという声も聞かれた。

・歩く度に痛む理由は、
 転倒です。
・衝撃で、太ももの骨が
 真っ二つに折れてしまいました。

・でも、なぜ、
 転んでしまうのでしょう?

・歳のせい?
・でも、違うといいますよ。

・転んだ原因に、
 ある物質の不足が大きく
 関わっているのです。

・その物質が不足すると
 筋力バランスも低下して
 転んでしまうと。



・北海道に住む、Aさん。
・今から半年前、息子さんに
 異変が起きたのだという。

・突然泣き出して
 意識もうろうとなって、
 手と足をつっぱって
 ガクガクと全身で震えだした。

・すぐに救急車が呼ばれ、
 病院へ運ばれました。
・幸い治療が功を奏し、
 大事には至らなかったという。

・検査の結果 浮かび上がったのが
 やはりあの物質の不足。
・それが手足の筋肉を
 激しく痙攣させたのだという。

・でも、Aさんは
 栄養に気を遣っており、
 離乳食も自分で作っていた。
・不思議で仕方ありません。


・お年寄りは、
 筋肉に力が入らず
 バランス能力が低下。
・その結果、転倒して
 骨折してしまいました。

・小さな子は、
 筋肉が激しく痙攣した。

・その原因が
 ある物質の不足だというのです。


・その物質の特徴は、
 「筋肉を動かす」。
・「歯と骨を強化」。
・「免疫力アップ」。
・「高血圧改善」。
・「がん細胞を抑制」。

・こんなにいろんな
 効果があるものなのですが、
 不足すると最終的に
 寝たきりになるという。




クララが教えてくれる?


・クララが住んでいたのは、
 どこでしょう?
・みなさん、知ってますね。

・せ~の!
・フランクフルト!

・ゼーゼマンさんの屋敷は、
 フランクフルトにありました。
・大都会ですね。

・その大都会に住んでいた
 クララですが、
 ハイジに会うため
 スイスのアルプスにある
 ハイジの村まで
 やって来ました。

・そこで、
 まったく異なる環境で
 暮らすことになった。

・すると、
 いろいろありながらも、
 最終的にクララは
 立つことができた。

・それまで立つことも
 歩くこともできなかったのが、
 アルプスの山麓に来て
 暮らしているうちに
 立って歩けるようになったと。

・ということは、
 環境が関係する?
・何がある物質を増やすのに
 役だったのでしょう?


・なぜ、クララが立ち上がれたのか?

・そこでスタッフさんは、
 アルプスの少女ハイジ
 全52話、1339分のアニメを
 見続けたといいます。

・そしてついに、
 手がかりとなるシーンを
 発見した。

・それは、第42話
 「こんにちは おばあさま」。

・そこでクララは言いました。
 「おばあさま、私 重くなったでしょ?」
・いつも食べているのは、
 チーズとパンです。
・それに、ヤギのお乳。

・この食事の、何がよかったんだろう?

・調査のため、ガッテン隊は
 向かいました。
・いざ、アルプスへ!
・でも、アルプスはアルプスでも、
 日本アルプスだ。

・訪れたのは、長野県白馬村。
・そこに、
 ハイジの世界さながらの
 生活をしている人が
 いるといいます。

・ペーターのように
 ヤギを追っているのは、
 ヤギ飼い兼チーズ職人の
 ロバートさん。
・オーストラリア出身ですが、
 日本語ペラペラだ。
・夏のスキー場で、
 ヤギたちを育てています。

・こうしているのも、
 ハイジの影響なんだって。

・さっそく、
 クララを元気にした食事を
 再現してもらいます。

・まずは、ヤギのミルク。
・ヤギのチーズまでありますよ。
・そこに、黒パンを加えました。


・クララの病気は、
 「○○○○○欠乏症」。

・5つの○に入るのは、
 何でしょうか?

・ミルクとチーズなので、
 カルシウムと思いました?
・でも、違うんですよ。

・正解は、
 「ビタミンD欠乏症」

・ということは、クララは
 ヤギのミルクとチーズ、
 それに黒パンで、
 ビタミンD欠乏症を治した?

・でも、そうではないみたい。

・ビタミンDの含有量は、
 ヤギのミルクで 0μg。
・チーズも、0μg。
・黒パンも、0μg。

・え? どういうこと?


・ビタミンDは、
 コレステロールと
 何かが合わさって、
 できるといいます。

・コレステロールは、
 上の食事で摂れますよね。
・あと1つは何だ?

・ヒントは、
 フランクフルトとアルプスでの
 食事風景の違い。

・そう、
 アルムおんじの小屋では
 度々 外で食べていました。

ビタミンD=コレステロール+太陽


・人間の皮膚の断面、
 基底層というあたりには
 コレステロールがあります。
・このコレステロールに
 日光に含まれる
 紫外線が当たると、
 ビタミンDに
 変身してくれるんですね。


・19世紀末のヨーロッパでは
 工業化が進んだ都会で、
 大気汚染が問題となっていました。
・スモッグで太陽の光が遮られ、
 これが子どもたちの筋肉や骨に
 重大な異変を起こしたといいます。

・その病気が、「くる病」

・ビタミンDの不足で
 筋肉や骨が弱くなり、
 歩き方が不安定になる
 子どもの病気。

・これが、
 クララがかかっていた可能性のある
 病気なのでした。
・ハイジの原作では、
 ビタミンD欠乏症の薬を
 飲まされている描写がある。



・これで分かりましたね。
・ある物質の不足とは、
 ビタミンDの不足でした。

・前に出てきた
 痙攣した子どもですが、
 ビタミンDの投与で、
 骨と筋肉の状態が
 回復したといいます。

・高齢者の方々も、
 ビタミンDの薬を飲むことで
 転倒率が2割減少したらしい。



・そして、現代の日本人女性は
 2人に1人の割合で、
 ビタミンD不足の状態。
・このままでは、
 骨や筋肉が弱ってしまいそうです。




ビタミンD不足に気をつけろ!


・ここで、スタジオに
 専門家の方が登場。

・大阪府母子保健総合医療センター
 道上敏美さんです。


・ビタミンDが欠乏する
 原因は何か?

・それはまず、
 オフィスワークなど
 日光にあたらない生活。
・特に女性の場合は
 紫外線を気にするので、
 その影響も。

・紫外線というのは
 「浴びすぎ」も
 「浴びなさすぎ」も
 問題なんですね。

・高齢者の場合、どうしても
 閉じこもりがちになったり、
 食事の量が減るのも
 関係するそうです。

・そして小さい子の場合、
 お母さんのビタミンD不足が
 影響してくる。
・妊娠中にビタミンD不足だと
 生まれてくる赤ちゃんも
 ビタミンD不足になる
 可能性が。

・また、知っておきたいのが、
 母乳との関係。
・ビタミンDの含有量を見ると、
 粉ミルクが10に対し、
 母乳では0.041しかない。
・なんと、200分の1です。

・母乳は、母子の絆や
 赤ちゃんに抵抗力を
 与える意味でも、重要。
・でも、
 ビタミンDに関しては、
 少ないようです。

・母乳は
 ビタミンKも不足しているけど
 こちらは赤ちゃんへの
 予防投与が行われている。

・というわけで、
 完全母乳で育てている場合、
 ビタミンD欠乏を起こす危険性が
 高くなるそうです。


・大人の場合でも、
 ビタミンD不足を放置すると
 転倒や骨折、
 寝たきりにつながることも。



・ビタミンDと様々な病気との関係が、
 分かってきているという。

・国立がん研究センターの
 研究によると、
 直腸がんになるリスクは
 ビタミンDが少ない人は
 多い人に比べて
 10倍も高い(男性の場合)。
・女性でも、3倍です。


・また、糖尿病においても、
 カルシウムとビタミンDを
 多く摂る人たちは、
 発症率が4割も低かったという
 データがある。


・他にも、前立腺がんでも、
 ビタミンDが足りないと
 かかりやすいというデータが。
・道上さんによれば、
 いくつかのガンによっては、
 ビタミンDによる増殖の抑制が
 期待されているのだそうです。


・今だと、
 ビタミンD欠乏症の検査がある。
・それは血中の
 「25位水酸化ビタミンD」
 の量を調べるもの。

・費用は保険適用外で、
 およそ7000円。


・このように怖い
 ビタミンD不足ですが、
 食生活の改善や
 日光を適切に浴びることで
 予防もできるし
 治すこともできるそうです。

・ただし、重症の場合は、
 治療が難しいことも。




対策編


・ここからは、
 ビタミンDを増やす秘策を。


・訪ねたのは、
 ビタミンDの第一人者だ。
・神戸薬科大学
 岡野登志夫 教授。

・先生によれば、
 それほど長く光りを受ける必要は
 ないんだってさ。
・さらには、
 日焼けをするということは
 それだけビタミンDの生成量が
 落ちるとまで言う。

・実は日焼けをするほど
 たくさんの日光を浴びると、
 増えたメラニン色素で
 光が遮られるんだって。
・なので、
 ビタミンDができる効率が
 下がってしまう。


・先生は日焼け止めを塗り、
 外へ。
・手を広げて言いました。
・「ビタミンDは太陽の贈り物だ!」

・でも、このポーズには意味があった。

・歌にもありますよね。
・「手のひらを太陽に~すかしてみれば~」
・その歌詞のとおり、
 手のひらが大事らしいですよ。

・手のひらは
 他の体の部分と違って、
 メラニン色素が少ない。

・ということは、
 日焼けがしにくいので
 ビタミンDの生成が
 効率的なのです。

・でも、1つだけ、注意点が。

・それは、手のひらを
 洗っておくこと。
・なぜだと思います。

・それは、日焼け止めを
 手のひらだけ落とすため。
・塗る時に、
 手のひらを使いますもんね。


<太陽を浴びる時間>

・手のひらほどの面積で、
 夏場は15分以上、
 冬場は30分以上。




・今度は、食事です。
・ビタミンDが豊富に含まれる
 食材は、何でしょうか?

・それは、魚でした。
・特に、鮭、マグロ、シラスなどに
 多く含まれる。

・あとは、キノコ。
・特にシイタケやキクラゲに
 多いんだって。

・そしてキノコも、
 日光に当てると
 ビタミンDが増える性質がある。

・そこでオススメなのが、
 以前ガッテンでも紹介した
 干しエノキだ。

・作り方は、
 小分けにして天日で干すだけ。

・すると、
 ビタミンDが50倍に
 うまみも13倍にアップする。

 → 「氷エノキに干しエノキ、キノコの裏技」




・適度な日光浴と食事で、
 健康に欠かせないビタミンDを
 補給しましょう!

・ガッテン! ガッテン!





NHK ためしてガッテン 2012年 11月号 [雑誌]




ビタミンDは長寿ホルモン―不足するとガン、脳、心血管病、糖尿病、関節症等を招く


 





アルプスの少女ハイジは何度も見てるけど、クララの病気、その病名まで考えたことはなかったな。

しかも、日光が関係してたとは。

この前、シワの原因がUV-Aだとやったばかりでしたが、太陽は浴びすぎても浴びなさすぎてもダメなんですね。

何事も、ころあいか。程度が大事なんだなあ。

まあ、適切な食事を心がけ、散歩など運動してれば、だいじょうぶか。

この基本を守ってれば、自然と防げそうです。



[まとめ]


・クララがかかったとされる病気は、
 ビタミンD欠乏症(くる病)。
・それに関係するのが、日光。
・皮膚の基底層にある
 コレステロールに
 紫外線が当たると
 ビタミンDになる。

・紫外線は浴びすぎもダメだけど、
 浴びなさすぎるのもダメ。
・適度に浴びるのがよい。

・妊娠中ビタミンD不足だと、
 赤ちゃんもビタミンD不足に
 なる可能性がある。
・母乳は粉ミルクに比べ
 ビタミンDが200分の1なのも
 注意。

・太陽を浴びる時間は
 手のひらほどの面積で、
 夏場で15分以上、
 冬場は30分以上。
・大事な部分は、
 日焼け止めでガード。
・手のひらだけ洗う。

・ビタミンDを豊富に含むのは、
 魚だと鮭やマグロ、シラス。
・キノコだと、
 シイタケやキクラゲ。
・キノコは日光を浴びることで、
 ビタミンDが増える。
・なので、干しエノキがオススメ。





次回は、「世界が驚く万能調味料 シビれる美味さに感動!」。





NHKためしてガッテン健康プレミアム4 2012年 08月号 [雑誌]




新生児Nursing Note 改訂2版―新生児看護手帳






 → 「ためしてガッテン 2012年のアーカイブ 4月~7月」




関連記事




tag : ためしてガッテン


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ


健康と医療ランキング




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【ホコリの原因は壁】 除電ぞうきんの作り方/ガッテン Oct 19, 2017
【体力作り だまトレ】 脳ポリスを騙せ/ゲンキの時間 Oct 15, 2017
【薬の使い過ぎによる頭痛】 チェックと予防、対策/きょうの健康 Oct 11, 2017
【疲れ目】 スマホで眼精疲労、うつに/ゲンキの時間 Oct 08, 2017
【高血圧サージ】 ベルト スリッパ 深呼吸で予防/ガッテン Oct 05, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村