「薬味 わさびの殺菌 ショウガの温め/カラダのキモチ」

薬味”は漢方薬の世界にルーツがあって、“薬”(くすり)と薬を数える単位である“味”(み)から、なるそうです。

だから、七味唐辛子は、七つの味という意味ではなくて、七種類の漢方薬が入っているという意味らしい。

薬味は、病気を防ぐ薬として、考えられていたんですね。


身近な薬味ですが、単に添えられているだけではなく、いろんな効果があるようです。



6月6日放送の「カダラのキモチ」では、「実は身近にいた救世主! 夏を元気に過ごす薬味活用術」というタイトルで、“薬味”について情報を提供してくれました。





四季の漢方―44ケースでわかる (漢方上手シリーズ)





□ 薬味の殺菌力

番組では、大腸菌を培養したシャーレに同量の薬味を入れ、殺菌効果を検証していました。

薬味は、“わさび”“ショウガ”“ニンニク”“梅干し”の4種。


目に見えて効果があったのは、“梅干し”。

梅干しの周りには、菌は繁殖していませんでした。

梅干しに含まれるクエン酸の殺菌効果によるものらしい。



でも、その他の薬味では、効果は現れていませんでした。

梅干し以外は、殺菌作用がないのでしょうか?




□ わさびの殺菌力

わさびは殺菌力があるイメージがありますが、どうして効果がなかったのでしょう?


わさびの辛味成分である“アリルイソチオシアネート”。これには抗菌性があり、微生物を増殖させない働きがあるといいます。

その働きがあるのに、どうして実験では効果が現れなかったのでしょう?


理由は、実験に使ったサンプルの状態にありました。

実験では、わさびを角型に切って、そのまま置いていたのです。

実は、アリルイソチオシアネートは、わさびをすることによって発生する物質なのです。

すって細胞が破壊され、酸素に触れることによって、増えるのだとか。


因みに、すったものを置いて同じ実験をしたところ、殺菌効果が確認できました。




□ わさびの殺菌効果を上げる方法

同じ わさびでも、すり方によって、辛い度合いが違ってくるそうです。

鮫皮のおろし板”を使うと、おろし金より細かくすれるので、アリルイソチオシアネートが増加。その成分が増えれば増えるほど、辛さは増すし、殺菌効果も増します。


そしてさらに、レモン汁があると、より辛くなる。

というのは、する時にビタミンCがあると、よりアリルイソチオシアネートが、たくさんできるそうです。

鮫皮のおろし板に、レモン汁を垂らし、そこでわさびをする。

これで、辛さも、殺菌効果も、増える。



そして、梅干しのクエン酸は、触れている部分にしか効果がありませんが、アリルイソチオシアネートは揮発性なので、触れていなくても効果があるらしい。

だから、余ったわさびのパックを開封し、冷蔵庫に入れておけば、殺菌&消臭の効果があるのだとか。

使わないままの わさびのパックが余っていたら、試してみては?





□ 冷房病と薬味

冷房病とは、暑い外気と室内の冷たい空気に繰り返しさらされ、自律神経に異常をきたす現代病。

冷え性や肩こり、頭痛などの症状が現れます。


そんな冷房病の予防にも、薬味が役立つ?


番組で実験したところ、“ショウガ”に温め効果が確認されました。

ショウガの中にある“ショウガオール”という成分に、身体を温める効果があるそうなのです。


ショウガに含まれる香り成分であるショウガオールに、血液の流れを活発にする働きがあり、冷えが改善されるそう。

これは飲むだけでなく、触れるだけでも、効果が得られるそうで、ショウガを足湯に使うと、血行がよくなることが確認できました。



ただし、注意点もあるそうです。

ショウガに含まれる辛味成分“ジンゲロール”には、殺菌効果があります。

それを加熱すると、温め効果のある“ショウガオール”に変わる。

ショウガは使い方によって、得られる効果が変わってくるんですね。

殺菌効果を期待する時は、そのまま。そして、温め効果を期待する時は、加熱する。

調理の仕方によって、効果は違うようです。



□ ショウガの効能

ショウガは、漢方薬の約7割に入っているそうです。万能予防薬として扱われているみたいですね。


温め効果については、

・トウガラシは、身体の末端を温め
・ショウガは、身体の内臓を温める



さらに、ショウガには、ダイエット効果まであるそうです。

・ジンゲロールには、小腸の脂肪吸収を抑える働きがあり
・ショウガオールには、体内の脂肪の分解を促進する働きがある



因みに、1日に摂取する量の目安は、10~20g程度。親指の第一関節分くらいの大きさで、いいらしい。




□ その他の、薬味の効能

ネギ:血行をよくする、咳を鎮める

ニンニク:滋養強壮、免疫力を高める

トウガラシ:発汗作用、脂肪燃焼

カラシ:食中毒予防、神経痛やリュウマチ

大根:消化吸収を促進、免疫力を高める




薬味をうまくとり入れて、健康を…





 → 「カラダのキモチ 最終回と目次」







薬味というと、美味しくするために添えられているのかと思っていましたが、それだけではないんですね。

美味しくもなるし、健康にも関連している。

何でも意味があるんだなあ…




関連記事


tag : カラダのキモチ 食べ物


<スポンサードリンク>


web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

アラフィフ日記ランキング





プロフィール (Who is)

荒巻ケンコー

 

管理人 : 荒巻ケンコー

50歳代に突入し、健康の話題を口にすることが多くなりました。老眼が始まったり、白髪もチラホラ。筋肉痛は、2~3日遅れる。

老化は止められないけど、緩やかにしたい。できるだけ健康でいたい。できれば、生活を楽しみたい。そういう気持ちで、情報を集め、分かりやすく記録に残しています。

おいしい食材や簡単料理にも、興味あり。


過去の病気 : 腰痛(椎間板ヘルニア 手術暦あり)
現在の病気 : 花粉症。  

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【ストレスを軽減する】 3つの方法 【NHK チョイス】 Apr 16, 2024
【たまのれん】 台所のジャラジャラ 【兵庫県発祥だった?】 Apr 13, 2024
【靴底の減り方チェック】 アキレス腱伸ばし Apr 11, 2024
【足の話】 アーチの崩れ 予防法 【ゲンキの時間】 Apr 10, 2024
【餃子】 あんの作り方と包み方のコツ 【フライパンの思い出】 Apr 06, 2024
タグ リスト
  

 

  
食べ物   
      
認知症   
    
肩こり   
  
胃腸   
 
睡眠   
 
高血圧   
  
   
   
眼科   
 
掃除   
  
便秘   
 
糖尿病   
 
美容   
 
冷え性   
 
長寿   
 
ヨガ   
 
脳卒中   
 
皮膚科   
 
肝臓   
   
栄養素   
 
癒し   
 
心臓   
  
思い出   
 
頭痛   
  
花粉症   
  
熱中症   
 
腎臓病   
 
目次   
 
がん   
   
   
 
かゆみ   
 
バトン   
 
下痢   
   
Diet7   
  
痛風   
  
老い   
 
洗濯   
   
更年期   
 
   
 
   
 
お茶   
  
   
 
映画   
 
弁当   
   
運動   
  

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム Google

↑ 記事が見つからない時、こちらをどうぞ。
Google
注目記事 [1]
注目記事 [2]
注目記事 [3]
食べ物の記事
注目記事 [4]
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
FC2拍手ランキング
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター


QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村