「毛穴を目立たなくする方法+ニキビ治療薬 アダパレン/ためしてガッテン」

女性たちが気にする、毛穴。

最近は、男性も気にしています。

できれば、消えてほしい。

化粧品売り場は、毛穴関連商品でいっぱいです。


でも、美肌の達人は言いました。

「大きくなったしまった毛穴を小さくすることは、難しいと思います」


が~ん!


でも、毛穴の超意外な対策が見つかったともいいます。

それを試したところ、2週間で肌がピチピチによみがえった。

女性たちを笑顔にしたその方法とは?



2012年3月7日放送の「ためしてガッテン」より、「毛穴の目立つ人必見!キレイに消す最終ワザ」からのメモ書きです。




毛穴を消す裏技




毛穴を消すカメラ?


・最近ではカメラの技術が進歩し、
 その分、肌が詳細に映ってしまいます。
・そこでNHKでは、
 「毛穴を消す装置」が開発されているという。

・今週のガッテンでは、2カメに
 その装置が搭載されました。
・名付けて、「ケアナクナール」。

・さっそく、志の輔さんを被写体に、
 試してみます。

・おお、ヒゲの部分とか、
 かなり変わった。

・小野さんも試すと、
 おお、お肌ツヤツヤ。

・放送界も、毛穴について考えてるんですね。


・毛穴と共に、もうひとつ悩むのが、
 「ニキビ」。
・青春のシンボルと言われますが、
 最近では、大人でも悩む人が増えているらしい。

・そのニキビが、きれいに消えちゃってます。
・痕(あと)も、残りにくくなる。

・今日は、そんな情報もあるようですよ。




毛穴が目立つ理由


・ところで、目立つ毛穴の正体って、
 いったい何なんでしょう?

・ガッテンでは、
 20代~40代の女性に集まってもらい、
 「毛穴調査ツアー」を開催。
・向かった先は、
 大手化粧品メーカーの研究所です。

・登場した装置は、
 顔の画像から目立つ毛穴の数を
 カウントする装置。
・さっそく、みんなで試します。

・まずは、40代の女性。
・その数は、585個でした。

・これが20代の女性では、
 78個だった。

・でも、別の20代の女性は、
 244個。

・8人の内、
 毛穴が目立たないと判定された
 20代の4人の平均は、90個。
・目立つと判定された4人は、
 20代の2人が平均273個、
 40代の2人は平均576個でした。

・20代では個人差があるようですが、
 いったいどうしてなんでしょうね。


・その謎に迫るのは、レーザー顕微鏡。
・これだと、肌の内部や
 毛穴の奥まで見ることができます。

・これで、毛穴の大きさを正確に測定する。

・すると、毛穴が目立たない人は、
 直径が
 平均54マイクロメートルでした。
・そして、毛穴が目立つ人は、
 平均53マイクロメートルだった。

・あれ? 同じくらい?
・どういうこと?

・目立つ目立たないは、
 毛穴の大きさではないのか!


・そこで、毛穴の立体構造解析を
 実施しました。
・肌の上に特殊なシリコーンを塗り、
 皮膚の凹凸を正確に写し取る。

・これを画像で解析すると、
 秘密が見えてきました。
・この差は、何なんでしょう?

・それは、漏斗(ろうと、じょうご)
 のようなものだという。
・つまり、毛穴は同じなのだけど、
 その上に、漏斗のようなものが
 のっているんですね。
・だから、毛穴が目立ってしまうと。


・でも、なぜ、こうなるんだろう?

・生まれた細胞は、
 どんどん皮膚の表面に向かって、
 上に上がっていく。
・これが毛穴が目立つ人の場合、
 毛穴の周りの細胞が異常増殖。
・結果、そこだけが盛り上がって、
 クレーター状の毛穴になってしまいます。


・でも、なぜ毛穴は、
 クレーター状になってしまうんでしょう?




オレイン酸とクレーター


・資生堂スキンケア開発センターの研究員、
 飯田年以 さん。
・医学博士です。
・毛穴研究10年の
 人呼んで「毛穴博士」だ!

・飯田さんは、
 毛穴の周りで異常が起きる原因を
 突きとめるために、日夜研究。
・そしてついに、
 ある物質にたどり着いたという。

・飯田さんは言いました。

「皮脂に含まれるオレイン酸などの物質が、クレーター状のところの細胞の異常を引き起こすことが分かってきました」


・飯田さんたちは、
 実際にオレイン酸を塗って、
 肌の状態を調べた。
・すると、
 肌荒れが起こったといいます。

・細胞を調べると、
 オレイン酸を塗った部分には、
 核がたくさん現れていました。
・細胞が増殖してたんですね。



・体にいいと評判の、オリーブオイル。
・それに含まれるのは
 オレイン酸そのものではなく、
 グリセロールと結合したものが主成分。
・これは、トリオレインという別の物質。

・なので、オリーブオイルが
 悪さをするということは、
 無いそうです。


・さて、オレイン酸などの
 不飽和脂肪酸の割合ですが、
 毛穴が目立つ人は、
 目立たない人に比べて、
 やはり多いようです。

・そして、オレイン酸を作っている
 犯人が存在する。
・その原因が顔にあるというのですが、
 どういうことだろう?


・スタジオに登場したのは、
 顔の皮膚画像解析装置。
・犯人の姿を映し出すことができるという。

・その犯人とは、
 「皮膚常在菌」
・この菌がいるおかげで、
 他のばい菌などから、
 わたしたちの肌は守られています。

・でも、常在菌くんには、好物がある。
・それが、皮脂。

・皮膚常在菌が皮脂を分解して出す
 オレイン酸が、
 細胞のすき間に入り込んで、
 刺激してしまう。
・結果、
 毛穴周りで細胞の異常増殖が起きて、
 クレーターができてしまうと。



・原因は分かったけど、
 では、どうやったらいいんだろう?




もう、戻らない?


・常在菌は、いつもいるから常在菌。
・ということは、
 オレイン酸をきれいに落とすのがカギ?

・もしそうだとすると、
 毛穴の目立つ人は、
 洗顔が足りてなかったのだろうか?

・ところがどうも、そうではないみたいです。
・みなさん、スキンケアには熱心。


・美容皮膚科学の専門家、
 北里大学医学部の田中早苗 先生は、
 こうおっしゃいました。

「一度クレーター状に広がってしまった毛穴は、小さくすることはできません」

・OH! これはショック!
・つまり、一般的な日常のケアでは、
 確実に毛穴を小さくするのは
 難しいということ。


・でも、ここで終わっては、
 ガッテンじゃなくガッカリ。
・ちゃんと、この先があります。

・毛穴が目立っていた4人に
 ある秘策を授けたところ、
 2週間後にはあら不思議、
 みんな笑顔に。

・毛穴の目立ちを改善する秘策って、
 何なんだろう?




毛穴対策の王道!


・田中先生の案内でやって来たのは、
 川口市立元郷南小学校のみんな。
・体育館で、何をするつもりなんでしょう?

・たくさんの子どもたちが、
 色のついたカードを持って
 並んでいます。
・その数なんと、350人。

・先生の笛の合図でカードを掲げると、
 きれいな花が描かれました。
・そして次の笛で、
 右半分の花だけ、色が変わった。

・注目するのは、花の真ん中。
・だいだい色の部分です。
・右と左では、真ん中の部分が
 同じ色のはずなのに、
 右の方が薄く見えます。


色の変化


・同じ色なのに、真ん中は、
 左の方が濃く感じますよね。

・どうも、中の色は、
 周りの色に
 左右されるようなのです。

・ということで、毛穴対策の王道とは、
 「穴ではなく、まわり!」



・なるほど、じゃあ、
 具体的な方法は何だろう?

・10歳の女の子の肌を見ると、
 細かい溝がたくさんあります。
・これが、キメの良い肌。

・キメの細かい肌は、
 光をたくさん拡散する。
・そうすると、白く、ぼんやり、
 ふんわりした感じに、見える。

・逆に、キメの悪い肌は、
 溝が少ない。
・だから、表面はツルツルしている。
・すると、光の拡散は少なくなり、
 結果、テカって見えるんですね。

・キメがよくなると、
 光が拡散する時の効果で、
 毛穴の輪郭がぼやける。
・そうすると、
 毛穴が目立ちにくくなるそう。


・では、その肌を回復させる方法とは?




毛穴を目立たせない方法


< 毛穴目立たせない作戦(1) >
  「やさしい泡洗顔」


 ・まず、洗顔の前に手をよく洗う。
 (手にあぶらや汚れが残っていると
  泡立ちが悪くなってしまいます)

 ・次に、石鹸や洗顔料で、
  泡をたっぷりと作ります。
 ・逆さにしても落ちない泡がいい。

 ・肝心なのは、
  とにかくやさしく洗うこと。
 ・手で肌をこすっては、ダメです。
 ・泡でなでるだけでも、
  洗浄効果は十分。


< 毛穴目立たせない作戦(2) >
  「すばやく保湿」


 ・洗顔後は、すぐに保湿する。
 ・肌から水分が逃げる前に、
  フタをします。

 ・いち早く、
  乳液やクリームで、フタ。
 ・この時も、こすってはダメ。


・シンプルだし、
 洗顔後の手触りも違うようですよ。

・通常は、キメがしっかり改善するには
 4週間程度かかる。


・なるほど、
 毛穴は周りをケアすることで、
 目立ちにくくすることができるのか!

・ガッテン! ガッテン!




ニキビの治療薬


・毛穴と共に問題なのが、ニキビ。
・画期的なニキビの新薬が
 あると言います。

・でも、効果と共に、
 意外な落とし穴があるという。
・それは何だろう?


・19歳の男性。
・高校時代、顔のニキビに悩んでいました。

・彼を救ったのは、
 2008年に登場した治療薬。
・ニキビ治療の革命とまで言われた
 その効果は、
 世界中で注目を集めるほどです。

・毛穴に皮脂がたまり、
 そこでニキビ菌が増殖し
 炎症を起こすと、
 ニキビになる。

・従来の薬は、
 菌の増殖や炎症を抑えるものでした。
・けれど、新薬は、
 皮脂がたまること自体を防ぐ。

・おかげで、
 痕が残るようなひどいニキビも、
 治せるようになりました。


・男性も、顔中にあったニキビが、
 すっかり消えました。



・一方、23歳の女性は、
 成人してからも、
 ニキビに悩んでいました。

・病院で新薬の存在を知り、
 期待して使ったのですが、
 症状はかえって悪化したという。

・これは、どういうわけでしょう?


・この薬の名は、「アダパレン」
・市販薬ではなく、
 病院(主に皮膚科)で処方されます。




ニキビの違い


・まずは、ニキビのメカニズムから。

 (1) 毛穴がつまる。
 (2) 皮脂が、毛穴の中にまでたまる。
 (3) ニキビ菌が増殖して、炎症を起こす。


・従来の薬は、ニキビ菌の増殖や
 炎症を抑える働きが中心だった。
・これが新薬だと、
 毛穴をつまらなくした。


・ところが、女性の場合、
 悪化しましたよね。

・大人のニキビと思春期のニキビは、
 違うのだろうか?


・街の人に聞いたところ、
 10代の子は、
 おでこや鼻のまわりが多いという。
・一方、大人は、
 あごのラインに集中していました。


・10代の人たちを、
 ニキビのできやすいグループと
 できにくいグループに分けました。
・あぶら取り紙で、
 顔のあぶらを採取してもらいます。

・それを天秤で比べたところ、
 ニキビのできやすいグループの方が、
 多い結果となりました。

・でも、
 同じ実験を大人で実施したところ、
 顔のあぶらの量には
 違いがありませんでした。

・大人のニキビって、違うの?


・大人のニキビの原因は、なんと、
 「乾燥肌」だったのです。
・カサカサ肌の方が、ニキビができやすいという結果に。

・ニキビができる場所も、これに関係します。
・10代では、皮脂が多い部分に集中していた。
・これが大人だと、
 乾燥しやすい場所に集中していました。



・虎の門病院 皮膚科部長の
 林伸和さんが、スタジオに来てくれました。

・思春期になると、男性ホルモンなど
 性ホルモンが増加する。
・その影響で、皮脂の分泌が増加。
・これがニキビの原因となります。

・一方、大人のニキビは、
 皮脂の分泌がそんなに多くなくても、
 乾燥すると毛穴がつまりやすくなる。

・なので、中高生と大人のニキビでは、
 少し治療法が違ってくるそうです。


・ニキビ治療薬アダパレンは、
 毛穴がつまるのを防ぐことで、
 ニキビを早い段階で治療できる。
・ただ、その副作用として、
 「乾燥」もあると。
・だいたい、8割の患者さんに、
 乾燥が出るそうです。

・なので、うまく使うことが大事になります。

・先生が言うには、
 「保湿をすればOK!」
・アダパレン使用のポイントは、
 「保湿してから薬を塗る」こと。

・詳しくは、担当医師の指示に従ってください。

・保湿のクリームを選ぶ際は、
 「ノンコメドジェニック表示」を確認する。
・これは、ニキビを誘発しにくいことを
 確認しているという印。
・試験実施済みだということです。


・乾燥肌でニキビになる原因ですが、
 乾燥で皮膚の表面が荒れると、
 毛穴がつまりやすくなるのだという。

・だから、やさしく洗うのが大事になるし、
 保湿も必要になるのか!


・大人のニキビ対策と治療は、
 保湿が大事!

・ガッテン! ガッテン!





NHKためしてガッテン健康プレミアム3 2011年 06月号 [雑誌]




NHKためしてガッテン 発酵パワーの簡単おかず「酒かす」「酢」「みそ」「ぬか」 (生活シリーズ)


 





毛穴が目立つとか、毛穴が開くとか言いますが、毛穴自体の大きさは同じなんですね。

問題は細胞の増殖にあったとは。

またそれに、オレイン酸が関わっていたのも驚きです。


近年、泡立てての洗顔法がよく紹介されていますが、こういう意味があったんですね。

皮脂はしっかり取った方がいいように思うけど、やさしくやって、乾燥肌を防ぐのが大事だったんだ。

なるほどな~。



[まとめ]


・毛穴が目立つ人は、
 毛穴の周囲で細胞が異常増殖し、
 クレーター状になっている。

・その原因は、
 皮膚常在菌が皮脂を分解して出す、
 オレイン酸。
・それが刺激して、
 細胞の異常増幅を起こさせる。

・キメの良い肌では、
 光が拡散し、
 毛穴の輪郭をぼやかしてくれる。
・なので、毛穴が目立ちにくい。

・毛穴を目立たせなくする対策は、
 「やさしい洗顔」
 「すばやく保湿」。


・思春期のニキビと大人のニキビは
 違う。
・10代のニキビは、
 皮脂が多くなることでできる。
・大人のニキビは、
 乾燥肌の人に多い。

・ニキビ治療薬アダパレンは、
 毛穴がつまるのを防いでくれる。
・しかし、
 乾燥という副作用があるので、
 十分に保湿してから使うこと。





NHKためしてガッテン 50代から備える健康寿命をのばす おかずの「超」基本: 10食品群シート活用術 (生活シリーズ)




50代からさらに美しく エイジング美容






 → 「ためしてガッテン 2011年のアーカイブ 前半」




関連記事




tag : ためしてガッテン ビューティー


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ


健康と医療ランキング




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【ホコリの原因は壁】 除電ぞうきんの作り方/ガッテン Oct 19, 2017
【体力作り だまトレ】 脳ポリスを騙せ/ゲンキの時間 Oct 15, 2017
【薬の使い過ぎによる頭痛】 チェックと予防、対策/きょうの健康 Oct 11, 2017
【疲れ目】 スマホで眼精疲労、うつに/ゲンキの時間 Oct 08, 2017
【高血圧サージ】 ベルト スリッパ 深呼吸で予防/ガッテン Oct 05, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村