「活性酸素は万病のもと?/カラダのキモチ」

人間ドックの受診者で異常なしと診断される人は減り続けて、近年では、10% 以下なのだそう。

それだけ健康に問題のある人が、増えている。

健康悪化の原因は、何なんでしょう?


健康を脅かす原因の1つは、“活性酸素”だと考えられているそうです。

でも、活性酸素って、何?



“がん”“動脈硬化”“心筋梗塞”などの病気の原因(の一部)を作り出すのも、活性酸素だといいます。


5月23日放送の「カダラのキモチ」では、「あなたに忍び寄る恐怖! 活性酸素対策マニュアル」と題して、活性酸素の発生から影響までを、紹介してくれました。





ミトコンドリアのちから (新潮文庫)





□ 活性酸素と病気の関係

そもそも、なぜ活性酸素が病気を引き起こすのでしょう?


活性酸素は、細胞に傷をつけたり、細胞の機能を低下させたりするらしい。

また、場合によっては、細胞の数を減らすことも。


番組によれば、炎症、発ガン、花粉症、動脈硬化、メタボリック症候群、ありとあらゆる病気に、活性酸素が何らかの形で関わっているのだそう。


活性酸素が増える → 細胞が破壊される → 機能低下が生じる

こんな連鎖が。




□ 活性酸素と老化

年齢を重ねるにつれ、人の細胞の数は減っていきます。

肝臓を例にとると、30歳と80歳では、細胞の数は約6割減るのだそう。

(30歳で、重さ:1.5kg、細胞の数:2500億個。80歳で、重さ:1.0kg、細胞の数:1500億個)


老化の原因は、細胞数が減ること。

通常、その減少のスピードはゆるやかですが、活性酸素が増えると、細胞の総数が一気に減ってしまう。老化を早めることに。




□ 活性酸素のメカニズム

活性酸素とは何か?


我々は呼吸する時に酸素をとって、それを身体のエネルギーにかえている。

その身体の中で、酸素が変化したものが、活性酸素だといいます。


では、なぜ、変化するんでしょう?


活性酸素は、エネルギーを作っている“ミトコンドリア”という場所で、作られるらしい。

身体を構成する細胞の中にある、ミトコンドリア。身体のエネルギーを作り出すこの小さな器官で、活性酸素は生まれます。


呼吸で取り込んだ酸素は、細胞内のミトコンドリアで、エネルギーを生み出します。

この活動エネルギーは電気なんですが、放電してしまう場合がある。

電気エネルギーが、電子となって放出されてしまう。

その時、酸素と1つの電子が結びついたものが、活性酸素。

そして、この1つの電子というところが、問題になる。


電子は、ペア(2個)で安定します。

逆に、1個だと不安定になる。

不安定だから、よその電子をとったりする。


健全な細胞から活性酸素が電子を奪う状態のことを、“酸化”といいます。

さらに、電子を奪われた細胞は、電子が1つになり不安定化するので、別の細胞から電子を奪おうとする。

このような連鎖が続き、細胞は次々に酸化することになります。

そして、最後には細胞が死滅してしまう。

(まるで、1人のゾンビが次のゾンビをつくり、どんどん増えていくみたい)



細胞内に発生した活性酸素は、その細胞を死滅させる。

そして、細胞が死滅する部位により、いろんな病気につながってしまう。




□ 活性酸素は、必要でもある

おそろしい活性酸素ですが、なくてはならないものでもあるらしい。

人間は、活性酸素なしでは、生きていけないそうです。


活性酸素は、細胞の働きを調整したり、外部から侵入したウイルスや異物を攻撃し身体を守る働きがある。


活性酸素は必要なもの。しかし、増えすぎると危険で、いろんな病気の原因になる。

そんな二面性があるようです。

(外敵から守ってくれる頼もしい存在なのですが、必要以上に増えすぎると、普通の者まで攻撃してしまう)



活性酸素が細胞のDNAを攻撃し続けると、突然変異で、がん細胞になるのだそう。

また、活性酸素が悪玉コレステロール(LDL)を酸化させてできた酸化LDL が血栓を作り、動脈硬化になることも。


シミも、関係しているのだとか。

紫外線が細胞の中で活性酸素を作り、それがたんぱく質や脂質を酸化させ、シミを作る。

また、喫煙によって活性酸素が増加し、ビタミンCを壊して、シミの原因になることも。


何より、活性酸素は細胞数を減少させ、身体全体の機能低下を引き起こします。つまり、老化が促進される。



このように、活性酸素は、猛毒でもある。なので、身体には、細胞の中に活性酸素を消去するシステムが備わっています。

活性酸素による酸化を防ぐ能力のことを、“抗酸化能力”と言います。

この能力の差によって、活性酸素が増えやすくなったり、ならなかったりするそう。




□ 活性酸素はどんな時に増える

活性酸素は、どのようにしたら増えるのでしょう?


酸素をたくさんとると、増えるのだそうです。

実験で高濃度の酸素を吸ってみると、尿の中の活性酸素は、倍以上に増えていました。



活性酸素が増えるには、他の要因もあって、生活習慣によっても増加する。


・喫煙
・大食い
・ストレス



[喫煙]

タバコに含まれる有害物質が、活性酸素を作る原因に。

タバコを吸うと、煙に含まれている有害物質が肺の細胞に付着します。それを除去しようと白血球が多くの活性酸素を作り出すのです。


[大食い]

多くの食べ物を消化・吸収するためには、たくさんのエネルギーが必要とされる。そのため、より多くの電子が放出され、活性酸素が増えるのだそう。

また、過度の飲酒も、活性酸素を増やします。


[ストレス]

ストレスを感じると、これに対抗するために副腎皮質ホルモンが分泌されます。この分泌と分解の過程で、活性酸素が発生するそうです。




上で書いたように、人間には、抗酸化能力が備わっています。

だから、ある程度は、処理される。

しかし、慢性的に活性酸素が増えるようなことをしていると、それに抗酸化能力が追いつきません。

喫煙、大食い、ストレス、これらが慢性的に続くと、どうしても処理が追いつかないようです。




□ 抗酸化能力を上げる

栄養で、抗酸化能力を上げることができるそうです。


活性酸素を減らすものとして、ビタミンA 、C 、E 、植物に含まれるポリフェノールが、注目を集めているらしい。

また、睡眠不足も活性酸素を増やす要因になるそうですから、十分な睡眠もお忘れなく。

十分な栄養と睡眠、適度な運動。規則正しい生活が大切なようです…





 → 「カラダのキモチ 最終回と目次」







名前はよく聞く活性酸素ですが、こういうものだったんですね。

ないと困るけど、ありすぎても困る。

そして最近のライフスタイルは、どうも、活性酸素を増やすような傾向があるようです。

それが様々な病気につながっている面も、あるのかもしれません。


それはともかく、すべてに通じるのは、やはり、規則正しい生活のようですね。

栄養、睡眠、適度な運動。

喫煙は控え、紫外線に気をつける。

暴飲暴食に注意。

活性酸素だけでなく、いろんなことに関係するなぁ…





関連記事




tag : カラダのキモチ 活性酸素


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ


健康と医療ランキング




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【薬膳スープ】 素材&レシピ/健康カプセル! ゲンキの時間 Nov 21, 2017
【漢方】 伊藤隆先生の診察、気逆で上熱下寒/健康カプセル! ゲンキの時間 Nov 20, 2017
【第3のコレステロール(2)】 non-HDL 対策編/ガッテン Nov 16, 2017
【第3のコレステロール(1)】 レムナントと総悪玉の計算法/ガッテン Nov 16, 2017
【糖質制限ダイエット】 ロカボでお腹いっぱい痩せる/健康カプセル! ゲンキの時間 Nov 13, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村