【映画 ルーム】 髪の毛は力のもと? 【男の子とお母さんの話】


お母さんと一緒に暮らす、男の子。

ふたりには、ある秘密がありました。

それは…




映画 ルーム 髪の毛は力のもと




あるところに、男の子とお母さんが住んでおりました。

朝起きて、体操して、ごはん食べて。

遊んで、お風呂に入って、歯を磨いて。

いつも、ふたりで過ごしています。

いつも、一緒に過ごしています。


その部屋には、ベッドがあります。

テレビがあります。

お風呂があります。

小さな台所があります。

高いところに、天窓もありました。


そこが、男の子にとっての、世界でした。

というのも、男の子は、部屋の外に出たことがないのです。


男の子は、いろんなことを知っていました。

でも、それは、テレビの中で知ったことと、お母さんの話で知ったことでした。

男の子は生まれてから一度も、部屋の外に出たことがないのです。



お母さんは若い娘のころ、悪い巨人にさらわれたのでした。

お母さんは巨人に、虜(とりこ)にされてしまったのです。


お母さんはその日から、部屋の外に出たことがありません。

男の子は、部屋の中で生まれました。





ある日のこと、お母さんは男の子に、外の世界を見せてあげたいと願いました。

そこで、熱いお湯を使って、男の子の額を熱くしました。

熱が出たから お医者に連れて行ってほしいと、巨人にたのむためです。


しかし、用心深い巨人は、男の子を お医者には連れて行きませんでした。


そこでお母さんは、男の子を絨毯で包み込みました。

巨人が来ると、泣き叫び、男の子が死んでしまった、一緒にいると悲しくなるので、どこか外に捨てて来てほしいと、泣きながら うったえかけました。


これには巨人も驚いて、絨毯にくるまった男の子を、捨てに行くことにしました。



絨毯のすきまから、外の世界が見えました。

空が見えました。

雨が見えました。

知らないものが、たくさんありました。


男の子はお母さんと約束したとおり、すきを見て逃げ出しました。

けれど、見つかってしまい、巨人が追いかけてきました。


男の子は巨人につかまってしまったのですが、そこに犬を連れた狩人が通りかかりました。

様子がおかしいと気づいた狩人は、騎士団を呼ぶと、巨人をおどしました。

すると、巨人はしぶしぶ、どこかへ行ってしまいました。


狩人が呼んでくれたので、騎士団が来ました。

けれど、男の子は、うまく説明できません。

お母さん以外の人と会うのも、話すのも、はじめてです。


騎士団の中に、やさしくて頭のよい騎士がいました。

その騎士は、急がず、ゆっくり、男の子が話すのを待ってくれました。

すると、少ない男の子の言葉から、あの部屋を見つけるヒントが得られたのでした。


やがて、お母さんと男の子は、騎士団に保護されました。







男の子とお母さんは、お母さんの家に帰ることになりました。

ばあばが、あたたかく、むかえてくれました。



お母さんは、男の子のお母さんです。

そして、ばあばの娘です。


若い頃にさらわれたお母さんの中には、さらわれたころのままの若い娘と、小さな男の子を守り育てていくお母さんという、ふたりのわたし がいました。

この ふたりの わたしの 板ばさみになり、お母さんは まいってしまいました。






男の子はある日、ばあばに、髪の毛を切りたいと言いました。

ばあばは微笑んで、わたしも切りたいと思っていたのよ、と返しました。


なぜ、長い髪を切らないのか?

なぜ、いま髪を切りたいのか?

その答えは、同じでした。

「髪の毛は力のもとなんだよ」と、男の子は言います。

男の子はお母さんから、サムソンの話を聞いていたのです。


男の子は、ばあばと一緒に髪の毛を切って、それをお母さんにあげました。







やがて、お母さんは元気になりました。

男の子とお母さんは、約束をしました。


いろいろ、やってみよう。

やれることを、たくさん、ためしてみよう。


それは、生きるということでした。






<おしまい>













元ネタは、カナダとアイルランド、イギリス、アメリカが共同制作した映画「ルーム」。

セレブ俳優が出るでもなく、派手さもない映画ですが、トロント国際映画祭では 観客賞を、バンクーバー国際映画祭では 最優秀カナダ映画賞を、それぞれ受賞しています。

お母さん役の ブリー・ラーソン は、ゴールデングローブ賞、全米映画俳優組合賞、英国アカデミー賞で、主演女優賞を受賞。

そして、第88回のアカデミー賞でも、主演女優賞を受賞したのでした。

難しい役をこなした ジェイコブ・トレンブレイ(男の子、ジャック役)の演技も、見ものです。















[ 3月8日に思うこと ]


成功ばかり追うと、苦しい。

なぜ、失敗するのか? となる。


失敗もあり、成功もある。

そう思えば、また別。


だいたい、世界がそうなっている。


プラマイゼロなら、上々。

ちょっとプラスなら、たいしたもの。


失敗の「失」を、矢で射るの「矢」だと言う人も いるのだから。





最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

気持ちよく、いろんなことを試せますように。





テーマ : 小さな幸せ
ジャンル : ライフ

tag : 映画




web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ

アラフィフ日記ランキング





プロフィール (Who is)

荒巻ケンコー

 

管理人 : 荒巻ケンコー

50歳代に突入し、健康の話題を口にすることが多くなりました。老眼が始まったり、白髪もチラホラ。筋肉痛は、2~3日遅れる。

老化は止められないけど、緩やかにしたい。できるだけ健康でいたい。できれば、生活を楽しみたい。そういう気持ちで、情報を集め、分かりやすく記録に残しています。

おいしい食材や簡単料理にも、興味あり。


過去の病気 : 腰痛(椎間板ヘルニア 手術暦あり)
現在の病気 : 花粉症。  

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【駄菓子屋(2)】 昭和ジュース 中編 【古いのも欲しくなる】 Feb 21, 2024
【駄菓子屋(1)】 ジュース 飲み物 前編 【花粉症はつらいよ】 Feb 17, 2024
【リンパ(2)】 流す方法 問題 【顔 目の周り 足】 Feb 10, 2024
【リンパ(1)】 どこにある問題 【むくみとの関係は?】 Feb 07, 2024
【選ぶという幸せ】 へそを曲げる? 【頑固者 対応】 Feb 03, 2024
タグ リスト
  

 

  
食べ物   
      
認知症   
   
肩こり   
  
胃腸   
  
睡眠   
 
   
  
高血圧   
  
眼科   
   
掃除   
 
糖尿病   
 
美容   
 
便秘   
 
冷え性   
 
長寿   
 
脳卒中   
 
ヨガ   
 
皮膚科   
 
肝臓   
   
癒し   
 
心臓   
 
栄養素   
  
頭痛   
  
花粉症   
  
熱中症   
 
腎臓病   
 
目次   
 
がん   
   
   
 
かゆみ   
 
バトン   
 
下痢   
   
Diet7   
  
痛風   
  
老い   
  
洗濯   
  
思い出   
 
更年期   
 
お茶   
 
   
 
   
  
   
 
映画   
 
弁当   
   
運動   
  

カレンダー
02 | 2023/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム Google

↑ 記事が見つからない時、こちらをどうぞ。
Google
注目記事 [1]
注目記事 [2]
忍者



注目記事 [3]
食べ物の記事
注目記事 [4]
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
FC2拍手ランキング
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター


QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村