【食の新常識】 栄養素を摂り過ぎると



エノキ
さあ、今日のテーマは何でしょうか?

ササミ
「食べ物」について。

何となく常識とされていることは、本当なのでしょうか?

新常識を、紹介していきます。




食べ物の新常識




< 甘いものはダイエットの敵なのか? >


ダイエット中、目の敵にされる甘いものですが、必ずしも マイナスになるわけではないようです。

イスラエルのテルアビブ大学が、驚くべき研究結果を発表しました。


「朝食に甘いものを食べると、痩せる」


まず、ダイエットに取り組む 193人の肥満の男女を、2つのグループに分けました。

一方のグループは、朝食に 低炭水化物の食事を摂る。

もう一方のグループは、朝食に チョコやケーキなどを食べます。

16週間後、ダイエットの経過を確認すると、前者が 13.5kg の減量、後者が 15.1kg の減量でした。

そう、なぜか、甘いものを食べた方が 痩せていたんです。


その理由は、こう考えられている。

食欲をコントロールする「大脳」は、血中の糖分によって、「空腹」か「満腹」かを認識します。

先に甘いものを食べると、満腹中枢が刺激され、食欲を抑えることができるのだ。

しかも、この方法だと、甘いものをガマンしなくていいので、ストレスがなく、リバウンドもしにくい。


エノキさん
そういえば、ある女優さんは、朝にガッツリ食べると言ってました。

ラーメンなんかを食べたくなったら、朝に食べるんだって。

その代わり、夜はひかえめ。

朝食べて、日中にしっかり消費するそうです。





ササミ先生
これは、前にも紹介しましたね。


<痩せやすい温度と時間>


痩せるために、炭水化物を制限する人は、少なくないでしょう。

でも、同じ炭水化物でも、摂取方法で 吸収に大きな違いが出るんですよ。


例えば、「あったかいごはん」と「冷めたごはん」。

そう、温度で違いが出るんです。

冷ました方が、カロリー摂取量や血糖値の上昇が抑えらえ、脂肪もつきにくくなる。

また、便秘解消効果もあるという。


その理由となるのが、「レジスタントスターチ」

これは、消化されにくいデンプンのこと。

炭水化物に含まれるデンプンは、冷える過程で、レジスタントスターチに変わるんです。

レジスタントスターチは、通常のデンプンに比べ、小腸で消化吸収されにくいのだ。

つまり、糖や脂質の吸収を抑えられるってわけ。

また、食物繊維と似た働きをするため、腸内環境を整えてくれる作用も。


適した温度は、「4℃ ~ 5℃」

冷蔵庫の中と、ほぼ同じです。

ダイエット中に炭水化物を食べたくなったら、冷やして食べられるメニューを。


また、昼食の時間も、カギになります。

学校でも会社でも、昼ごはんといえば、だいたい 12時から13時が多いですよね。

でも、最近では、こんな新常識があるのだ。


「14時台に昼ごはんを食べると、太りにくい」


その理由となるのが、体内にあるたんぱく質 「BMAL1 (ビーマルワン)」です。これは脂肪を蓄積させる働きを持つ。

BMAL1 の分泌が最も少ないのが、14時台。なので、14時台に食事を摂ると、脂肪をためにくくなるってわけ。

逆に、BMAL1 の分泌が多くなり、脂肪をため込みやすくなるのが、午前2時。夜中に食べるのは、できるだけ やめましょう。


ただしこれ、生活習慣が正しい人の場合です。

午前7時起床、午後10時就寝の人のデータ。

生活習慣によって、時間がずれる可能性があります。





<二日酔いに シジミは効くの?>


残念ながら、シジミを食べたからといって、二日酔いが治るわけではありません。

シジミに含まれる「オルチニン」による、二日酔い症状の 抑制効果実験がある。

そこで分かったのは、シジミがアルコール代謝に直接的な変化を及ぼさないこと。


だからといって、シジミに全く効果がないわけではありません。

シジミは、肝機能を高め、食事の際に発生する アンモニアの解毒作用を促進する働きがある。

けれど、それは 継続的に摂取した場合であり、二日酔い改善に即効性があるわけではないんです。


シジミを継続的に摂ることは、肝臓によい。

ただし、二日酔いがすぐに治るわけではない。


注意点もあります。

シジミには鉄分が含まれているので、肝臓がもともと弱い人は、摂り過ぎに注意した方がよい。



二日酔いの時、食べたらいいのは、たんぱく質。

アルコールを分解するのに重要なのは、まず たんぱく質を摂取し、肝臓の代謝を高めること。

また、水分と糖質を補給し、脱水状態を改善し、肝臓での毒素の発生を和らげるとよい。


具体的には、月見うどん、卵かけごはんなどがおススメ。





<生ハムとメロンは、名コンビ>


好みが分かれる、生ハムにメロン。

実はこれ、けっこういい組み合わせなのだ。


理由はこう。

生ハムの余分な塩分を、メロンのカリウムが調節してくれるから。

味だけでなく、栄養的にも、名コンビ。



逆に、好ましくない組み合わせもあります。


× ワカメとネギ

ワカメに含まれるカルシウムの吸収を、ネギのリンが阻害してしまう。


× 大根とニンジン

ニンジンの「アスコルビナーゼ」という酵素が、大根のビタミンCを破壊してしまう。


× シラスと大根

シラスに含まれる「リジン」という必須アミノ酸の働きを、大根が持つ抗体が阻害する。


ただし、ニンジンと大根なら 酢を使ったドレッシング、シラスと大根おろしなら ポン酢を加えると、問題ないのだそう。

そういう意味では、紅白なますは 理にかなってるんですね。








ササミ
後半は、栄養について。




<新型栄養失調>


ダイエットのために、食事を控える。

そんな時、カロリーやコレステロールを気にしすぎて、肉や魚、卵などを避けていませんか?

新型栄養失調とは、偏った食生活が原因で、たんぱく質やビタミンなど 必要な栄養素が不足すること。

健康を害する原因になります。


また、これとは逆のケースも。

健康を考えて、サプリメントを摂取。

でも、量をちゃんと考えないと、危ない。

栄養が足りないから飲むサプリですが、気をつけないと、摂り過ぎになってしまうことも。



案外、栄養素について、普段考えていないのかもしれませんね。

カロリーはあくまで熱量であって、栄養ではありません。

また、栄養素は、不足しても、摂り過ぎても、よくない影響が出ることがある。





<ビタミンA>


美しい肌や髪の毛、目の健康に役立つとされる、ビタミンA。

不足すると、肌が荒れたり、(暗い所で)目が見えにくくなる。

昔は保険だよりなんかで、「鳥目」なんて言葉が出てましたよね。

しかし、摂り過ぎるのも、よくありません。

大量に摂取すると、吐き気や頭痛を起こすことがあるのだ。

食事から摂る分にはあまり心配ありませんが、サプリメントは要注意。


また、妊娠中の女性は、特に注意すること。

胎児に悪影響が出る恐れもあります。

摂取基準にも、妊婦さんの項目がある。





<ビタミンE>


末端の血管を拡張し、血行を良くしてくれる、ビタミンE。老化防止も期待されます。

不足すると、冷え性や動脈硬化に。

冷え性に悩む人は、ビタミンE が不足してないか、チェックしてみては?

ゴマやアーモンドに、たくさん含まれてますよ。





<ビオチン>


皮膚を強くしてくれる、ビオチン。健康な肌や髪、爪を保つという特徴がある。

逆に不足すると、肌がくすんだり、爪がもろくなったり、白髪が増えたり、抜け毛に。

抗生物質を飲んでいると、減少します。

含まれる食材は、カリフラワー、レバー、大豆、卵など。





<ビタミンB6>


たんぱく質の代謝をサポートしてくれる、ビタミンB6。

足りなくなると、不眠症になったり、口内炎ができたり。

豊富なのは、バナナ、マグロ、サンマなど。

過剰に摂取すると、腎臓に石ができるといわれる。

けれど、食事で摂る分には、あまり心配ありません。

薬やサプリメントだと、気をつけたい。


ちなみに、ビタミンB6が活躍するには、ビタミンB2の力も必要。

両方を効率よく摂取するには、豚肉、特にレバーがいい。





<リン>


骨や歯の材料になる、リン。

摂り過ぎると、腎臓が悪くなったり、骨粗しょう症になることも。

インスタント食品や清涼飲料水に多く含まれるので、要注意。

慢性的に摂り過ぎている人は、あらためましょう。





<パントテン酸>


ストレスを和らげてくれる、パントテン酸。

不足すると、イライラしたり、頭痛、手足のしびれが出ることも。

ストレスがあるとお酒を飲みたくなりますが、アルコールやカフェインで消費されやすいので、要注意。

豊富な食材は、干しシイタケやレバー(鶏、豚、牛)、納豆など。

脂肪や糖質を燃やす手伝いをし、エネルギーに変える時に、欠かせない存在でもあります。





<亜鉛>


男性ホルモンや女性ホルモンを活発にしてくれる、亜鉛。

不足すると、抜け毛やカサカサ肌に。味覚がおかしくなることも。

大量に摂取すると、急性中毒になる恐れが。






カロリーだけに注目するだけでなく、栄養素も大事にしましょうね。




(ビーバップ!ハイヒール 「その考え 間違いです! 医療の最新常識 2015」「知らないと恐い栄養素」より)





たべることがめちゃくちゃ楽しくなる! 栄養素キャラクター図鑑





tag : 食べ物





web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ









FC2カウンター


アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【食べても 食べても 太らない法】 まとめ Jan 07, 2019
【開運2019】 ベストな手相はどれだ? Jan 01, 2019
【亥年 年賀イラスト】 Word で書いてみる Dec 28, 2018
【ショウガ緑茶】 で高血圧予防/ ゲンキの時間 Dec 23, 2018
【高木ゑみ流】 野菜長持ち法&冷蔵庫テクニック Dec 19, 2018
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム Google

↑ 記事が見つからない時、こちらをどうぞ。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
FC2拍手ランキング
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村