【唾液 前編】 育毛~ドライマウスの悩み/ガッテン


育毛に、歯の再石灰化など、唾液のパワーに注目!


緊張すると口の中が乾くのにも、ちゃんと理由がありました。

それには、動物の進化が関わっていたのだ。


唾液の量が元に戻らない、「ドライマウス・口腔乾燥症」の悩み。


 ・就職活動をきっかけに、口が乾くようになった。

 ・味がしなくなった。

 ・口内炎ができやすくなった。

 ・口臭が気になるように。


こんな苦労をしている人たちがいる。



2018年7月4日放送の「ガッテン」より、「免疫力アップ&口臭予防! 唾液パワー全開SP」

その前編になります。




ためしてガッテン 唾液パワー全開SP




唾液パワー


エノキ
さあ、今回のテーマは何でしょうか?

ササミ
ずばり、「唾液」について。



まず登場したのは、牛さんです。

南米はコロンビア。

牛のシモーナちゃんは、ある仕事をしてるんですよ。


それは、頭を舐(な)めること。

床屋さんで、男性の頭を、ナメナメ。

他の牛さんも、頭をナメナメ。


実はこれ、育毛効果を期待しているのだ。

10回ほどの施術で、効果が見られたのだとか。


牛の唾液で


もちろん、効果には個人差があります。





今回のテーマは、「唾液」です。

なんでも、1日に出る量は、およそ 1.5リットルなのだとか。


歯の健康のために唾液が欠かせないこと、知ってますよね。

(酢のドリンクを飲んだ後など、ガムを噛んで唾液を出すとか)

実は他にも、たくさんのことと関係してるんですよ。

唾液の状態がよくないと、様々なよくないことが起こるぐらいなのだ。



まずは唾液の成分から。


 <唾液の成分>


 シアル酸 : 育毛。

 リゾチーム : 抗菌。

 分泌型免疫グロブリンA : 抗菌。

 ヒスタチン : 傷の修復。

 ハイドロキシアパタイト : 歯の修復。

 アミラーゼ : 消化。

 ムチン : 保湿、粘膜保護。



ちなみに、人間の唾液の場合、そのまま頭につけても効きません。

ただ、このシアル酸という成分、育毛剤の成分に入っているのだとか。




ここで、実験。

唾液に どれほど歯を修復する力があるのか、試してみました。


用意したのは、人工的に作った歯。

その断面を見ると、表面近くに、黒い層が見えます。

実はここ、スカスカになっている状態なんです。


人工的に作った歯


これは、歯の内側が溶けて「虫歯になる直前の状態」を、再現したものなんですね。



この実験で協力してくれたのは、アクセサリーの修理屋さんと、洋服の修理屋さん。

1日4時間以上、人工の歯を口に入れて、舐めてもらいました。

期間は、2週間です。


その結果、こうなりました。

スカスカだった歯が、見事に、埋まっています。


歯の再石灰化



この唾液の力を、「再石灰化」という。

よく聞く言葉ですよね。

初期の虫歯であれば、十分に修復可能なのだとか。

(あくまで初期です。判断は歯医者さんに任せましょう)




緊張で口の中が乾く理由


ササミ
私たちの健康に欠かせない、唾液。

でも、唾液が出なくなって、口の乾きを感じることって、ありませんか?


例えば、大事な会議でのプレゼン。

あるいは、就職の面接。

発表会の檀上など。

極度に緊張した時って、口の中が乾きません?

でも、どうしてなんだろう?



ちなみに、山寺宏一さんが 人生で一番 口が乾いたのは、こんな経験だという。

それは、17年ほど前のこと、ビートたけしさんと所ジョージさんの番組で、司会進行を務めた時。

大御所の二人はクイズの解答チームのキャプテンで、進行は山ちゃん一人だったのだそうな。

(「たけし・所のWA風がきた!」だろうか?)

もう、緊張で 口の中が砂漠のようにカラカラになったらしい。




ここでまた、実験です。

緊張などのストレスで、唾液の量はどれだけ変化するのか?


協力してくれたのは、この方。

東京医科歯科大学 歯学部 口腔保健学科 口腔保健工学専攻の 杉本久美子 先生です。

被験者は、ガッテンボーイの宮森右京くん。


モニターには、足し算が表示されます。

それが合っているかどうか、5秒以内に答えてもらう。


例)

 4+2+3=10 → ×

 8+2+3=12 → ×

 1+1+7=9 → 〇


1つ1つは簡単な計算ですが、時間制限があります。

さらに、次から次へと出題される。


この計算を、10分間、休みなく続けてもらいました。

このストレスで、どれだけ唾液の分泌量が変化するか、調べたってわけ。


その結果が、これ。


ストレスと唾液の量の変化


唾液の量、かなり減ってますね。





<緊張すると口が乾くメカニズム>


緊張したり、危険を感じたりすると、唾液が減ります。

実はこれ、濃度を濃くするためなんです。


これは、人間も動物も、同じこと。

ケガをしたワンちゃんは、傷をペロペロ舐める。

ライオンに襲われ 九死に一生を得たバッファローは、仲間に傷を舐めてもらう。


そもそも、動物にとって、唾液は天然の「傷薬」なんです。

そして、成分が濃い方が、傷を治すのにいいってわけ。


 <緊張する場面や危険な状況 → 唾液を濃くする>


これって、非常に理にかなってるんです。

人間も、進化の名残で、今でも緊張などのストレスで唾液が減るんですね。



先ほどの実験でも、唾液の量が減る一方で、殺菌効果を持つ免疫物質の濃度は1.4倍にアップしていました。

 <ストレスがかかると、唾液の量は減り、濃度は濃くなる>





唾液が変化するのは、「唾液腺」のおかげだという。

いつも働いてくれている唾液腺のおかげで、口の中には普段、唾液がいっぱい。

でも、ストレスが加わることで、変わってきます。

この時、脳が唾液腺に、警鐘を鳴らすらしいのだ。

すると、危険が迫っていることを知った唾液腺は、急な出血やケガに備えるんです。

まずは、唾液の成分を濃くする。

と当時に、水分は減らすんですね。

このメカニズムで、唾液はただ減るのではなく、濃縮された質の高い、効果の強い唾液へと変化するのでした。




ササミ
ストレスがかかると、身体を守るために、唾液の量が減り、成分が濃くなります。

エノキ
ガッテン! ガッテン!




唾液が減ることで生じるトラブル


ササミ
普通、唾液の量は、緊張やストレスで減っても、それは一時的なものです。

ストレスの原因が取り除かれると、唾液の量は元に戻る。


ところが、ストレスの原因が取り除かれた後も、なぜか唾液の量が元に戻らない人がいるようなんです。

その数は全国で、推定 800万人。


いくら濃くなって唾液の機能がアップしても、量が少なすぎて口の中全体に行き渡らなければ、問題です。

様々なよくない症状を、引き起こしてしまうことがあるのだ。



この症状を、「ドライマウス」という。

日本語では、「口腔乾燥症」と言います。




[ケース(1)]


東京都の24歳女性、Aさん。

就職活動などで苦労していた1年ほど前から、口が乾燥しだしたらしい。

その後、就職が決まって働き始めた現在も、症状が続いています。


緊張している時に、特に 乾くようです。

ノドの渇きとは、別だという。

舌に水分が覆われていない感覚。


外出する時は、水のペットボトルや飴など、口の中を潤すものが手放せません。

しかし、こうしたもので対処しても、なかなか症状は改善しないらしい。

一時的には潤うのだけれど、数十分、数時間すると、乾いてくる。

水をたくさん飲むとトイレが近くなるのも、困りものです。




[ケース(2)]


神奈川県にお住いの78歳女性、Bさん。

異変に気づいたのは、友人と旅行に行った時でした。

宿泊先の夕食が、おいしくない。

なぜか、味を感じませんでした。

残念な気持ちで帰宅し、料理したところ、首を傾げてしまいました。

あれ?

味が付いているか、付いていないか、分からない。

そう、突然、味覚がおかしくなっていたのです。

以来、何を食べても、おいしいと感じられなくなってしまいました。


しかも、これだけではなかったのです。

さらに、もう一つ異変が生じた。


なんと、口内炎ができやすくなったのだ。

頻度は、1週間に 1つ、新しい口内炎ができるほど。

ヒリヒリとした痛みが、1日中続くこともあったという。




[ケース(3)]


71歳の女性、Cさん。

3年前、ドライマウスを発症しました。

現れた症状は、「飲み込みづらさ」でした。

それまで普通に食べていたものが、簡単に飲み込めなくなってしまいました。

食べ物がノドにつっかかって、入っていかない。

水分の無いものは、食べることができない状態。

食べることが嫌になり、痩せてしまったという。


さらに、それまでなかった口臭を、強く感じるようになりました。

以前は外に出歩くのが大好きだったのですが、以来、口臭が気になって、人と会うのが嫌になってしまいました。

誰ともしゃべりたくないし、家から出たくなくなった。




Aさん、Bさん、Cさん。

それぞれ、ドライマウスで、相当な苦労をされているようです。





<ドライマウスで起きる症状>


 ・強烈な口の乾き。

 ・常に口内炎。

 ・強い口臭。

 ・増える虫歯。

 ・味が分からない。

 ・様々な感染症。

 ・誤嚥(ごえん)。

 ・肺炎。




インフルエンザも、かかりやすくなるのだとか。




いつも 当たり前にあるように感じる、唾液。

それが少なくなると、これだけ大変なことが起こるんですね。



でも、唾液の量が戻る人と、戻らない人。

いったい、何が違うのでしょうか?





NHKガッテン! 2018年 夏号



体の不調は「唾液」を増やして解消する


 



後編では、詳しい解説と、対策を紹介します。




tag : ためしてガッテン





web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ








FC2カウンター


アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【干し芋の世界】 オーブントースターで焼き芋 Nov 18, 2018
【記憶力を鍛える方法】 Nov 15, 2018
【薬味ビッグセブン】 レモンで高血圧改善 Nov 11, 2018
【食の新常識】 栄養素を摂り過ぎると Nov 08, 2018
【キノコ四天王】 えのき氷 石づきステーキ Nov 04, 2018
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
FC2拍手ランキング
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村