【側坐核】 認知行動療法と成功体験/ガッテン 【慢性痛対策】


側坐核を元気にする、「認知行動療法」。

小さな目標をクリア → 側坐核を刺激 → 痛みが改善する。


趣味や目標に取り組むことが大事。

できたぞ! という達成感が、側坐核を活性化させてくれる。


ガッテンボーイ 常住富大くんの実験。

ちょっとした喜びが、偏桃体を鎮めてくれる。




解説:奈良学園大学 保健医療学部 柴田政彦 教授。



2018年5月9日放送の「ガッテン」より、「痛みを“脳”で克服! “慢性痛”治療革命」からのメモ書き。

その後編です。




ためしてガッテン 側坐核と認知行動療法




側坐核を元気にする方法


ササミ
痛みを抑えてくれる、脳の側坐核。

どうやったら、ここの活動をアップさせられるのでしょう?


教えてくれるのは、京都大学 こころの未来研究センターの 阿部修士 准教授です。

パソコンを使ったあるゲームを行う。

ルールは簡単、画面に四角のマークが出たら、マウスを素早くクリック。

押すタイミングが遅いと、失敗となります。


そして、ポイントはここから。

ゲームを行う前に、先生がある言葉を、被験者に伝えました。

これがミソだという。


ゲームは、脳の活動を調べる MRI の中で、行ってもらいます。


その結果、ゲームの最中に、強く活動する場所がありました。

そこが、あの「側坐核」だったのだ。



カギとなる、先生の言葉は、これ。

「うまくボタンを押すことができたら、お金が謝礼として発生するので、頑張ってください」



ここで前編で紹介した、AさんとBさんのことに、話を戻します。

実は、お二人の痛みを改善させたのは、「認知行動療法」と呼ばれるもの。


認知行動療法は、世界中の痛み治療の現場で行われていて、今、最も効果的な手段の一つと考えられているのだとか。

でも、具体的に、どんなことをするんだろう?

Aさんは習字、Bさんは本屋に行くことだったけど。




日本で行われている認知行動療法の現場を、見せてもらいましょうか。


愛知医科大学。

実は、腰痛が改善した Bさんは、こちらの病院に通ってたんです。


この治療法で一番大事なのは、会議室で行われるミーティングだという。

ノートには、「治療目標設定シート」と書かれてありますね。

治療によって目指したい目標を、自分で決めて書き込む。

ポイントは、「簡単にはクリアできない 大きな目標」と「ちょっと頑張ればクリアできそうな 小さな目標」を、設定すること。


Bさんの場合、大きな目標は、「旅行に行けるようになること」でした。

そして、そのための小さな目標として設定したのが、「遠めの本屋へ行って、旅行雑誌をチェックすること」だったのです。


Bさんは腰が痛くなるまで、毎年 家族で旅行に行っていたのだそう。

でも、激しい腰痛で、諦めていました。


もう一度、家族で旅行したい。

そのための小さな目標(本屋に行くこと)をクリアすることで、脳の側坐核を刺激。

刺激を繰り返すことで、少しずつ側坐核が活発になり、痛みが改善したんですね。


 <小さな目標をクリア → 側坐核を刺激 → 痛みが改善>



Bさんのお話。

「やっぱり、クリアした時は、痛みのことを忘れてるといいますか」

「あとは、達成感」

「何気ないことですけど、普通の人と同じことができるようになったなという、実感があります」




歯の痛みに悩んでいた Aさんは、大きな目標として「習字がうまくなること」を設定しました。

また、小さな目標を、「一文字 一文字 丁寧に」とした。

これを実践し、できたという体験を噛みしめる。

この積み重ねが、側坐核を元気にし、痛みが改善したんですね。



大切なのは、「小さな達成感で 脳を喜ばせてあげること」


達成感の積み重ねって、自信だけでなく、痛みにも効果があるんですね。




痛みのメカニズム


ササミ
痛みを感じている時というのは、脳の中の「偏桃体(へんとうたい)」という部分が活発に働いている時なんです。

どこかに痛い原因があると、痛みの信号が送られるのですが、ここは恐怖とか不安とか「負の感情」を引き起こす部分でもある。

なので、「あ~心配だな~」「痛いな~」となるのだそう。


この偏桃体には、別の特徴も。

痛みが長く続くと、偏桃体自体が異常な興奮状態に陥ってしまい、痛みの信号が来なくなっているのに、ずっと興奮し続けてしまうのです。

そして、この偏桃体を鎮めてくれるのが、「側坐核」なのだ。


Aさんの場合、歯の治療は終わっているのですが、偏桃体は興奮したままで、痛みが続いてしまっていたようです。

偏桃体を鎮めてくれるはずの側坐核が、弱い状態だったんですね。


 健康な時 : 偏桃体の興奮を、側坐核が鎮めてくれる。

 慢性痛の時 : 側坐核が働かず、偏桃体が興奮し続ける。




柴田政彦先生の解説


ササミ
ここでスタジオに、専門家の先生が登場。

奈良学園大学 保健医療学部の 柴田政彦 教授です。

柴田先生は、20年以上にわたって 慢性痛の患者さんを診てきた 痛み治療のスペシャリストなのだ。




先生によると、痛みには 3種類あるのだそう。


<痛みの種類>

 ・原因がある痛み。

 ・原因を治しても残る痛み。

 ・原因が分からない痛み。



慢性痛の患者さんは、原因を求めて、病院を回る傾向にあるらしい。

けれど、原因を治しても残る痛みもあるし、そもそも原因が分からない痛みも、あるようです。


となると、考え方を変えねばなりませんね。

原因は置いといて、痛み自体を何とかしないといけない。



痛みは本来、動物に備わった「危険を回避するための信号」。

動物が元気で居続けるために必要なものです。


先生いわく、「火災報知器」。

しかし、痛みの火災報知機は、それほど上等ではないのだそう。

正確に働かないことも、あるようです。


 火事なのに、火災報知機が鳴らない → 問題があるのに、痛みが出ない。

 火事じゃないのに、火災報知機が鳴る → 些細な痛みを、激痛として感じる。




では、これを解消するために、側坐核を喜ばせるには、どうしたらよいのでしょう?


<側坐核の喜ばせ方>

 趣味

 目標

 達成感




柴田先生の解説。

「やはりですね、物事に集中して、できたぞ! っていう経験ですね」

「それは、すごくやはり、慢性の痛みに とらわれてた状態を、解放することができるんですね」

「で、痛みがある時にですね、まったく したことないことを始めましょうっていっても、なかなかそれは敷居が高いですよね」


得意なことや好きなことは、痛みがあっても、取り組みやすい!


「やはり、人間ですからね、何か目標がある」

「目の前の目標も大事です。それを達成するっていうことも、ですけど」


そして、「できたぞ!」という達成感があると、側坐核が活性化しやすい!




柴田先生の経験によると、物事に柔軟に対応できる人は、慢性痛になりにくいのだそう。

真面目な性格の人が、慢性痛になりやすいのだとか。



ちなみに、例に出てきた、アメリカの女性。

激しい腰痛だったのが、スキップできるまでに回復した人。

彼女は、自分で階段を上るという目標を立てて、それができたという喜びをきっかけに、痛みが改善したとのこと。

側坐核が働くようになったんですね。






ササミ
痛みには、原因がハッキリしないものもあります。

側坐核を活性化して、痛みを長引かせない脳を作りましょう!

エノキ
ガッテン! ガッテン!




側坐核の最新研究


ササミ
東京医科歯科大学 ペインクリニック科医局長の 倉田二郎 先生。

先生の研究は、昨年の10月、痛みに関する国際的な科学雑誌「PAIN(ペイン)」に掲載されたんですよ。


「 Disrupted offset analgesia distinguishes patients with chronic pain from healthy controls 」

痛みを和らげる、ある不思議な現象を、発見したとのこと。


ガッテンボーイの常住富大くんが、その実験を体験することになりました。

まず、痛みの刺激を腕に与える装置を装着。

痛みの刺激は、ランダムに、強くなったり、弱くなったりする。

痛みが強くなったと感じたら、手元のレバーを右へ。

弱くなったと感じたら、左へと動かします。


おやおや、かなり痛そうだぞ。

たいへんな実験だ。


常住くんが痛~い思いをしたこの実験で、何が分かるのでしょう?


結果は、こうなりました。


痛みの実験


赤いラインは、実際に与えた痛みの強さになります。

青いラインは、その時に感じた痛みの強さ。


よく見ると、痛みをほんの少し強くして、すぐに元に戻した部分がある。

この時、本人はなぜか、痛みが大きく和らいだと感じています。


この不思議な現象の秘密を、MRI で見てみることに。

すると、脳の側坐核が関係していることが分かりました。


一瞬 強くなった痛みが 元に戻ったことに、側坐核が反応。

痛みを和らげてくれたと、考えらえます。


 痛みが少しだけ和らぐ → 側坐核が喜ぶ → 偏桃体を鎮めて → 痛みが軽減



倉田先生は言います。

「つまり、ほんの少し痛みが減っただけでも、それが大きな喜びになる」

「おそらく健康な方には、もともと備わっていて、多くの人が体験しているんじゃないかと思います」



痛みが減ったとか、目標を達成できたとか、そんな喜びを噛みしめることができれば、側坐核はちゃんと働いてくれるのか。

そこにある幸せや成果を感じることって、すごく大事なんですね。




側坐核を元気にするポイント


ササミ
1つ目は、「運動」。

運動は、回数や強度に合わせて目標を決めやすいので、おススメなのだ。



[体験談(3)]


原因不明の首の痛みに苦しんでいた、39歳の男性 Dさん。

ダンベル運動で、痛みが取れたのだそう。


まず、軽めのダンベルを持ち上げることを目標にして、そこから徐々に、重くしていったのだとか。

軽いところから始めて、できた! という体験を積み重ねました。

おかげで、首の痛みが改善し、今ではジョギングできるまでに回復したのでした。




[体験談(4)]


腰痛が原因で、足全体に痛みを抱えていた、45歳の男性 Eさん。

以前は、杖をつかないと、歩けませんでした。

でも、今では、ほとんど杖を使わずに、歩けるようになった。


Eさんを救ったのは、趣味のスキー。

痛みのために諦めていたんですが、去年から、スキーを再開。

滑る時間を、5分、10分と、のばしたのだそう。

すると、痛みが徐々に、改善したんです。





痛くて身体を動かせない人にも、方法はあります。

運動以外で、自分が好きだと思うことに、挑戦すればいいんです。

ポイントは、「自分が好きなことで OK!」だということ。

習字、絵を描くこと、音楽など、いろいろありますよね。


目標に挑戦する時は、時間制限をつけると、より効果的だとのこと。

ただし、あまり無理しないようにしましょう。



小さい目標を立てて、少しずつクリアしていく。

趣味だったものを楽しみ、少しずつ時間を増やしてみる。

その時 得られる達成感が、側坐核を元気にし、痛みを和らげてくれるようですね。

成功体験を重ねることで、痛みまで軽減する。





脳で治す腰痛DVDブック



図解 やさしくわかる認知行動療法



しつこい痛みは「日記」で治る


 



次回は、これ。

がんにならないための、簡単な検査がある?

血液を調べてもらうだけって、本当なの?

「あなたは受けた? “がんにならない”検査」。





 前編 → 【慢性痛】 原因は脳の中?





[関係する記事]

 → 「腰痛の原因はストレス? 側坐核の働き」

 → 「天気痛に酔い止め薬&痛み日記」

 → 【不眠対策】 認知行動療法+筋弛緩法




tag : ためしてガッテン 腰痛・関節痛





web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ





【慢性痛】 原因は脳の中?/ガッテン


ハッキリした原因がないのに、ものすごく痛い。

そんな人たちが、全国で 2300万人もいるのだそう。


アメリカのヴァーニャ・アプカリアン教授が教えてくれました。

痛みの強さは、頭の中にある!

そして、和らげる場所もまた、脳にある!

カギとなるのは、中心近くにある「側坐核」だ。


体験談も、紹介します。



2018年5月9日放送の「ガッテン」より、「痛みを“脳”で克服! “慢性痛”治療革命」からのメモ書き。

その前編です。




ためしてガッテン 慢性痛治療革命




原因の無い謎の痛み


エノキ
さあ、今回のテーマは何でしょう?

ササミ
ズバリ、「痛み」について。


今まで紹介してきた「痛みの解消法」、覚えてますか?


腰痛には、「寝返りを増やすストレッチ」。

肩コリには、「筋膜のばし」や「ふりふりストレッチ」。

股関節痛には、軟骨を修復させる「貧乏ゆすり」。

その他、いろいろな方法がありました。


でも、中には、マッサージやストレッチが効かない人も、いるようです。

薬を飲んでも、痛みが ぶり返してしまう。


その原因は、意外にも、「脳」にありました。

ということで、今、脳に直接働きかけることで痛みを取る方法が、大きな成果を上げているらしいのです。


ある女性は、腰の痛みで歩くのさえ難しかったのが、治療後には、スキップできるほどに回復。

長引く痛みの最新治療とは、どんな方法なんでしょう?




と、その前に、復習です。

「靴下」「牛乳」「ラップ」、これらが何の痛み解消に役立つか、覚えてます?



 「靴下」 → ひざ痛。

靴下を履いて、イスに座った状態で、床の上をゆっくりと、前後に動かす。

ただそれだけ。

ゆっくりした動きなんですが、ヒザの炎症を和らげる効果が、期待できるんですよ。


ヒザ痛に、靴下スライド運動&お皿ストレッチ




 「牛乳」 → 痛風。

血液中の尿酸が多くなり過ぎると、トゲトゲの結晶になって、痛風の原因になることがあるのだ。

そんな時に役立つのが、牛乳!

尿酸をオシッコとして出してくれる働きがあります。


【尿酸値を下げる食材】 牛乳、食事が原因なのは2割?




 「ラップ」 → 傷。

擦り傷の半分に、医療用のラップを貼ってみると、どうなるか?

実験では、10日ほどで、違いが現れました。

何もしてない方は、かさぶたの状態。

でも、ラップありの方は、新しい皮膚が生まれて、ほぼ元通りに。


傷とラップ







さて、本題に戻しましょう。


痛みには、様々なものがありますよね。


頭痛、歯痛、アゴの痛み、首の痛み。

肩コリ、五十肩、腹痛、腎臓結石。

胆石、腰痛、手首の痛み。

股関節痛、ヒザ痛、足裏の痛み。

帯状疱疹、けが、ねんざ、痛風など。


これらには、原因があります。

そして、基本的には、原因を取り除けば、痛みを解消することができる。


でも、世の中には、そう簡単にはいかない人たちが…。

なんと、原因がないのに、なぜか身体が痛む。

そんな症状に苦しむ人が、増えているらしいのです。




[体験談(1)]


大阪府に住む58歳の女性、Aさん。

頑固な歯の痛みに、悩まされているといいます。

顔の半分が激痛で、顔がバンッて破裂しそうな感じの痛みが起こる。


きっかけは、親知らずでした。

しかし、すぐに治療したにもかかわらず、なぜか数日後、再び痛みが ぶり返しました。

虫歯がズキズキするような痛みだったという。

その痛みが治まらない。

もう、24時間、ずっと、毎日、毎日。


歯医者に行っても、悪い所は見当たりません。

もう、歯には問題ないはずなのに、なぜか、痛みだけが残ってしまいました。





[体験談(2)]


愛知県にお住いの41歳男性、Bさん。

昨年、腰痛を発症し、歩くのもつらい状態になってしまいました。

痛い時は、起きるのもつらいという。

四つん這いにならないと、歩くこともできません。


ところが、病院でどれだけ検査しても、異常なし。

痛みを引き起こす原因が、見当たりません。

原因は無いはずなのに、なぜか、ものすごく痛い。


Bさんは、原因を求めて病院を転々としました。

しかし、痛みの原因は、見つかりませんでした。





ハッキリした原因がないのに、ものすごく痛い。

これはいったい、どうなっているのでしょうか?



実は、日本には、このような人たちが、推定で 2300万人もいるのだとか。


病名を、「慢性痛」という。


AさんやBさんは、特に重症の方たちだといいます。



以下のような場合、慢性痛が疑われるとのこと。


 ・特に理由はないのに、身体が時々痛む。

 ・薬を飲んだり、マッサージしても、なぜか痛みがぶり返す。


こうした痛みが 3か月以上続く場合、慢性痛と位置づけられているのだとか。




実は今、社会的な問題になっているという話も。

このような長く続く痛みで、仕事を休まねばならなかったり、仕事を辞める(辞めざるを得ない)といったケースも、増えているのだとか。

(中には、周囲に理解してもらえず、心まで苦しむようなケースも)




痛みの最新研究


ササミ
ここで、朗報!

腰痛で一時 歩けなかった Bさんですが、今では、重いバーベルを持ち上げられるまでに回復しているといいます。

また、激しい歯の痛みに苦しんでいた Aさんも、あることをきっかけに、痛みが驚くほど改善しました。


いったい、何がお二人を、痛みから救ったのでしょうか?

なんでも、Aさんは習字で、Bさんは本屋に行くことが、関係するらしいですよ。


実はこの2つ、痛みを改善するための、れっきとした治療法なのだ!


「腰痛診療ガイドライン 2012」

ここにも、記載されているようですよ。

「腰痛に患者教育と心理行動的アプローチ(認知行動療法)は有効か」という項目。


お二人のような方法は、慢性的な痛みに対して、薬などよりも重要な治療法と認められてるんですって。


でも、具体的に、何をしてるんでしょう?



アメリカの例を見てみましょう。

ものすごく強い腰痛で、歩くのもやっとだった女性。

それがあることをしたら、スキップできるまでになった。



ここで、慢性痛の人の脳を見てみましょう。

この人に、あることをしてもらうと、こんなに変わったんです。


慢性痛の人の脳


赤く変化したのは、脳の血流がアップしたから。

研究に協力した 17人の患者さん全員が、同じように、脳の血流量がアップしたとのこと。



アメリカはシカゴ。

ノースウエスタン大学に、痛みに関する最先端の研究施設があります。

30年以上、ここで研究を続ける痛みの世界的な権威、ヴァーニャ・アプカリアン教授。

先生は、人が痛みを感じるメカニズムを、詳しく調べてきました。

その最大のポイントを、アプカリアン先生に教えてもらいましょう。


「実は、痛みとは、あなたの頭の中にあるものなのです」

「痛みの解明は、脳の働きを解明することと一緒です」

「脳の活動が、痛みの強さを決めているといっても、よいでしょう」



そう、痛みを解消するカギは、脳にあったのだ。

脳は、1000億個もの神経細胞の集まり。

例えば、腰痛がある場合、電気信号が 腰から脊髄を通って 脳に辿り着きます。

ものすごい速さで、痛みの信号が神経細胞たちに伝達される。


実は、痛みをつかさどるのは、脳の1か所ではありません。

非常に広い範囲が関わっていることが、分かっています。


最新の研究で分かってきたのは、「脳には意外にも、痛みを和らげる働きを持つ場所がある」ということ!


アプカリアン先生のお話。

「(その場所とは)側坐核(そくざかく)です」

「この側坐核こそが、痛みを和らげる重要な場所なんです」



側坐核があるのは、脳の中心近く。

ひとたび痛みの信号が脳に伝わると、痛みを和らげる物質を放出してくれるのでした!


側坐核


アプカリアン先生は言います。

「側坐核を利用することができれば、私たちは、多くの人の慢性痛を治すことにつながると考えています」




でも、側坐核と本屋や習字が、どう関係するのでしょうか?

志の輔さんは、「そくざかく」=「即座(に)書く」と思ったらしいですけど。



その前に、先ほどの画像をもう一度、見てみましょう。


慢性痛の人の脳


これは脳の表面近くの血流を見ているものなのですが、研究では、側坐核も同じように活動していると考えられているとのこと。



脳の中を直接触ることはできませんが、何をすればこういう状態になるかが分かれば、治療の道が開けそうですね。

ということは…。





NHKガッテン!  2018年 春号



人生を変える幸せの腰痛学校 ―心をワクワクさせるとカラダの痛みは消える


 



後半では、側坐核を元気にする方法、認知行動療法について、詳しく紹介します。




tag : ためしてガッテン 腰痛・関節痛





web拍手 by FC2

ブログランキング・にほんブログ村へ








FC2カウンター


アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【新 すい臓がん検査】 エコーで早期発見/ガッテン Oct 18, 2018
【たるみ解消エクササイズ】 おなか 二の腕 お尻 編 Oct 13, 2018
【丸焼きピーマン】 丸ごと肉詰め レシピ/ガッテン 後編 Oct 11, 2018
【福岡のパリパリピーマン】 苦い理由も/ガッテン 前編 Oct 11, 2018
【血糖値を下げる体操】 桃色筋肉を増やすピントレ/ガッテン Oct 04, 2018
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
FC2拍手ランキング
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村