【糖化 AGE】 チョイ足し&体操で予防/健康カプセル! ゲンキの時間


身体がサビるって、本当?

骨や肌、血管まで焦げちゃう?

認知症との関係も?

酸化とは違う、アンチエイジングの敵の正体とは?



<対策>

血糖値を急上昇させない生活習慣。

食べる順番でも、影響がある。

運動(簡単体操)で燃焼。

から揚げや焼肉には、チョイ足しすることで改善できる。



ドクネット:浦田クリニック スコール金沢 森田祐二 副院長。

 同志社大学 生命医科学部 糖化ストレス研究センター 八木雅之 教授。

ゲンキスチューデント:鈴木あきえ。

ゲンキリサーチャー:レッド吉田。



2018年3月4日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~ 知らないと老化する! ~ 身体がコゲる糖化とは!?」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 糖化AGE予防法




糖化の悪影響


エノキ
さあ、今回のテーマは何でしょうか?

ササミ
「糖化」です。




番組冒頭、衝撃の画像が!


糖化


肌の張りに、シミ、シワ。

双子の姉妹なのですが、こんなに違う。

なぜ、このような差が出てしまったのでしょうか?


その原因こそが、本日のテーマ、「糖化」なのだ。


同志社大学 生命医科学部 糖化ストレス研究センター 八木雅之 教授は、言いました。

「酸化が身体のサビだとすれば、糖化は身体のコゲなんです」



肌が老け込む原因として、「酸化」と並び、近年注目されている、「糖化」。

しかも、外見だけでなく、血管や骨の老化にもつながり、心筋梗塞や骨粗しょう症など、様々な病気の引き金にもなるのだという。



そこで今回は、糖化とその予防法について、学んじゃいます!



ちなみに、番組MCとゲンキスチューデントの糖化年齢は、こうでした。

( )内は実年齢です。


 鈴木あきえさん:34歳(30歳)

 渡辺満里奈さん:33歳(47歳)

 三宅裕司さん:45歳(66歳)


三宅さん、ご満悦です。

今週の放送では、最後まで自信満々だった。




ところで、そもそも、糖化って何なのでしょう?


同志社大学 生命医科学部の 八木雅之 先生に、教えてもらいましょう。


糖化とは、体内で たんぱく質と 余分なブドウ糖が結びつき、「AGE」という糖化物質を発生させること。

これが、老化を促進させる元凶なのだそう。




<糖化が身体に及ぼす影響>


それを再現するために、こんな実験を見せてくれました。

たんぱく質の塊である「豚の皮」を、「ブドウ糖を混ぜた水」と「水のみ」にそれぞれ浸します。

すると、こんな結果に。


糖化の影響


ブドウ糖を混ぜた水に浸した方は、色が濃くなってますね。


違いは、見た目だけではありません。

触ってみると、「水+ブドウ糖」の方は、硬くなってる。



番組冒頭で紹介した、双子の写真。


糖化


見た目に大きな差がありますが、悪影響は 肌の老化だけではないという。


骨を作る「コラーゲン」は、たんぱく質の一つ。

それが糖と結合すると、骨本来のしなやかさが失われ、骨粗しょう症の恐れが…。


さらに、糖化は血管の壁を傷つけ、動脈硬化を進行させると言われているのだ。

狭くなった血管が、何らかの原因で詰まってしまうと、心筋梗塞など、突然死のリスクも出てきてしまいます。


そして、認知症と関係するとの報告まで。

認知症の人の脳の中には、糖化した たんぱく質が溜まっている。

そういうことも、分かってきているのだとか。

アルツハイマー型の認知症と、そうでない人の脳を調べてみると、糖化物質に 約3倍の違いがあったのだ。




糖化を進める落とし穴


ササミ
肌、骨、血管、さらには、脳までにも影響を及ぼす、糖化。

では、どんな生活をしていると、糖化を進めてしまうのでしょうか?




<ポイント(1) 血糖値>


例えば、朝食を抜いて、昼まで何も食べない。

すると、昼食を食べた時に、血糖値がドンッと上がってしまう。


血糖値が高いというのは、糖が体内に余っている状態。

なので、糖化を進めてしまうのだ。


しかし、血糖値が基準範囲内の人も、要注意だという。

そう、近年注目されている「血糖値スパイク」があります。

急激な血糖値の上昇を繰り返す習慣が、糖化年齢を高めてしまうことも。


早食いや食べ過ぎも、要注意!

糖化が進んでいるかもしれません。




<ポイント(2) 糖質が多い食事>


麺やパンなど、糖質が多いものは、余分な糖が体内に溜まりやすい。

そのため、糖化の危険性が出てきてしまう。




<ポイント(3) 運動不足>


運動不足も、糖化が進む原因に。

糖が燃焼しきれず、糖化物質が身体に蓄積されてしまいます。




運動する時間が無いという人には、こんな方法も。


<簡単! 糖化ストップ体操>


(1) 手をグーにして、前にまっすぐ伸ばします。

(2) その状態で踵(かかと)を上げ、上下に屈伸する。

(3) 1セット 5回、1日に 朝昼晩の 3セットを目安に。


(転倒に注意して行ってくださいね)


糖化防止体操


身体の中で一番エネルギーを消費するといわれる、大腿筋。

そこを鍛えることで、糖の燃焼を促すことができます。




<ポイント(4) 食べる順番>


八木先生のおススメは、こんな順番です。


野菜 → 肉・魚 → ごはん。


野菜を先に食べることで、糖の吸収が抑制されるんですね。

食べる順番で、血糖値の上昇が抑えられるのだ。


食事は野菜から、よく噛んで食べましょう!




<ポイント(5) 睡眠>


睡眠は新陳代謝を上げ、糖化物質を排出してくれるのだとか。

1日 7時間以上は、とるようにしましょう。




<ポイント(6) お茶>


緑茶に含まれるカテキンは、糖化によって発生する「AGE」の生成を阻害する働きがある。

カフェインが苦手な人は、ルイボスティーでも同じ作用が期待できるとのこと。





<糖化チェック>


 ・朝食を食べない。

 ・早食い 食べ過ぎ。

 ・麺類やパンをよく食べる。

 ・スイーツや甘い飲み物が好き。


 ・食事の時は、ごはんから手をつける。

 ・野菜はあまり食べない。

 ・運動はあまりしない。

 ・睡眠は6時間未満。



3~5個 当てはまる人は、黄色信号。

6個以上の人は、赤信号です。

今すぐ、生活習慣を改善しましょう。




ドクネット


浦田クリニック スコール金沢 副院長で、同志社大学 糖化ストレス研究センターの研究員、森田祐二 先生に、教えていただきます。


「AGE」ですが、体内で作られるものと、体外から摂取するもの(食事)、2種類があるのだそう。

その多くは体外に排出されますが、約7%が体内に残り、糖化を進めてしまいます。


食事で取り込むAGE値ですが、大まかに見分けるには、このような表がある。


AGE値


生ものの方が、AGE値が低い。

揚げるのが、一番高いようです。





さて、食べるもので、糖化予防できないものか…。


そこで、レッド吉田さんが向かったのは、東京都は新宿区にある「タヒチアン・ノニ・カフェ」です。

なんでも、糖化を防ぐ身体にやさしいメニューを取り揃え、店内では、糖化年齢を測定することも可能なのだとか。


一番人気は、「トマトとひよこ豆のAGEカレー」。

具材を焼いたり揚げたりせず、すべて煮込むことで、AGEの生成を抑えている。

6種類以上のハーブで炊いた玄米も、人気のポイント。


AGEカレー




さらには、こんな方法も。

定番料理にあるものをチョイ足しするだけで、糖化防止になる。



<チョイ足しで糖化防止>



[ から揚げ+レモン ]

レモンのクエン酸が、糖の吸収を緩やかにしてくれる。


搾るだけでもいいのですが、揚げる前に肉にかけておくと、なおよい。

レモンをより多く摂取でき、糖化防止になります。

レモン汁に浸した肉では、通常の調理法に比べ、AGEの生成率がおよそ半分に減るとのこと。




[ 焼肉+ヨーグルト ]

ヨーグルトには、食後の血糖値上昇を抑える作用が。

さらに、糖化を抑える働きがあることも、分かってきました。

ヨーグルトのホエー(透明な上澄み部分)に含まれている成分が、糖化を抑制してくれる。


先生のおススメは、肉をヨーグルトに漬け、もみ込むこと。

そうすることで、乳酸菌がたんぱく質を分解し、お肉をやわらかくしてくれます。






最後に、糖化クイズを。


Q)糖化しにくいのは、次のうち、どっち?

 A:おにぎり。

 B:牛丼。











答えは、「B:牛丼」

おにぎりは米そのものなので、血糖値が上昇しやすい。

牛丼の場合、たんぱく質や脂質があるので、血糖値の上昇が緩やかになるとのこと。





アンチエイジングに興味がある人は、糖化も気にしてみては?





自分の年齢は自分で決める! ―エイジングケア30のメッセージ



美しくなりたければ食べなさい: 「体の糖化」を防いで太らない、疲れない、心もスッキリ! (単行本)






[関係する記事]

 → 【糖質制限ダイエット】 ロカボでお腹いっぱい痩せる
 → 【いつの間にか骨折】 対策は、片足立ち&骨パーフェクトドリンク

 → 「血管に肺、若返りストレッチ」
 → 「老化の原因はAGE」




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間 スキンケア ビューティー





web拍手 by FC2

にほんブログ村







FC2カウンター


アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【イチゴ もやし】 傷んだものを復活させる方法/ビーバップ 後編 Sep 20, 2018
【野菜】 栄養を効率よく摂る方法/ビーバップ 前編 Sep 19, 2018
【たんぱく質】 1日の必要量と目安 Sep 11, 2018
【スタンフォード式(2)】 寝付きを良くする4つのコツ Sep 07, 2018
【脂肪肝とメタボ解消】 体重マイナス3%の効果/ガッテン Aug 30, 2018
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
注目記事
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
FC2拍手ランキング
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村