【イライラ】 探すという新しい対処法 【02】


イライラへの対処の仕方。

探すという、新しい方法。


 [後編]

 [3] しない方が良いこと。
 [4] 一般的な対処法。
 [5] イライラする具体例。
 [6] 探すという方法。




イライラする時の対処法




よくないこと


エノキ
さあ、今回のテーマは何でしょうか?

ササミ
「イライラへの対処法」について。



イライラが 心身に良くない影響を与えることが 分かりました。

では、どうやって対処すればいいのでしょう。


その前に、しない方がよいことを書き出します。




 <イライラへのよくない対処法>

 ・ 何もしない。
 蓄積し、長期化するので、よくない。
 モヤモヤは、見えない所で溜まり続ける。
 無視するのは、イライラにエネルギーを与えること。

 ・ 抑圧する。
 無理に抑えつければ爆発する。
 圧力鍋を火にかけ続けるようなもの。

 ・ 爆発させる。
 保護された空間で、信頼できる人となら、理解できます。しかし、そのような状況はめったにない。
 一度成功したとしても、いつ破壊的に働くか分かったものではありません。人間関係や社会的な信用などを損なってしまう可能性がある。

 ・ 弱い立場の人にぶつける。
 いつかツケを払うことになります。
 このツケは、決して安くない。

 ・ やけ食い。
 ・ 過度の飲酒。
 続けると、健康を損ないそう。

 ・ 閉じた世界にいること。
 堂々巡りになってしまいがちです。


これらは責められることではありませんが、おススメもできない。




イライラへの対処法


ササミ
では、いったい、どうすればいいのでしょう?




 Q : イライラに対処するには、どうすればいいの?


 ・ 逃げる、離れる。
 「逃げるは恥だが役に立つ」というマンガと それを原作にしたドラマがありましたが、この言葉は真理ですね。不健康になるぐらいなら、ちょっと離れる方が健全だ。最悪を避けるために断るのは、ありだと思います。

 ・ 他のことを考える。
 考えれば考える程イライラするのだから、他のことを考えるようにする。

 ・ 身体を動かす。
 身体を動かすことで、あれこれ考えないようにする。運動でも作業でも、よい。

 ・ 深呼吸する。
 呼吸に集中することで、イライラから離れられる。自律神経のバランスを取り戻す。心拍数を落ち着かせる。

 ・ 数をかぞえる。
 意識をそちらに集中させる。イライラが怒りに変わりやすい人は、着火する前におさめる。


 <吐き出す系>

 ・ 日記をつける。
 ・ 誰かに話す。
 ・ 冗談にしてしまう。

イライラが続くと、溜まりに溜まって、うねり迄出てきそう。

そうならないように、吐き出す。

最後の「冗談にしてしまう」ですが、Twitter 界隈で時々見かけます。

嫌なことを、うまいこと冗談にする人。

マンガなど、画にする人もいる。

ホントにうまいな~、才能あるな~と思える。

同時に、共感が集まることも。

(ただ、公開すると、おかしな批判をする人も出てくるので、それはストレスになるかも)



と、いろいろ書いてきましたが、こういうのは割合、どこでも見かけるものだと思います。

なので、目先を変えてみましょう。
 



イライラする例


ササミ
そもそも、どういうことでイライラするのでしょうか?

例を紹介します。



 <イライラする時>


 すべきことをしない人を見る。
遅刻しそうなのに、ゆったりしている。
みんな忙しいのに、のんびりしている。

 自覚のない人を見る。
相手が嫌がっているのが分からない。

 分かってない人を見る。
間違った情報で、あれやこれや言っている。

 八方美人な人を見る。
どこでもいい顔をして、あっちとこっちで言うことが違ったりする。

 優柔不断な人を見る。
いつも煮え切らない。

 無神経な行為を見る。
騒音などの迷惑行為。

 TPOの意識が低い人を見る。
今、それをやるの? この場所で? なんのために? マジ?



こういうことをいつもやれると、イライラは募ります。

これは、ごもっとも。


さらに、やっている方は 割合 呑気なので、余計にイライラするでしょう。

イライラすると落ち着きませんが、その傍に「落ち着いた人」がいることはよくある。

これを周囲に理解されない時、余計にイライラします。
 



探すという方法


ササミ
探すって、どういうことなんでしょう?


おおざっぱに言えば、「見逃しているもの」を探すということ。

あるいは、「見方を変える」ということ。(別の見方を見つける)


それができた時、イライラに変化が生じます。




 <01> 新しい見方


例えば、「なんだ、あんなに怒って!」とイライラしたような場合。

理由を知ると、むしろ同情的になることがある。

「ああ、そりゃ、怒るかもな」「たいへんやったね」「気の毒だ」などと、イライラとは別のものに変わることがある。


「意識も動きも散漫じゃないか!」とイライラした時も、「(理由があって)徹夜したらしいですよ」と聞けば、変わってきそう。

「集中してないな!」とイライラしても、「家族が病気らしいですよ」と聞けば、心配になったりする。


やむを得ない事情ってものもあります。それを知らないとイライラするけど、知ると同情的になる。この時、怒ってしまうと、あとで後悔します。

(「淀川長治 講演 少年」で検索すると、エピソードが出てくる)


 なんであんなに汚い靴を履いているんだ? → 災害復旧のお手伝いをしたらしいですよ

なんてこともあるでしょう。



TVや新聞の中にいる「怒らせ屋」は、この事情をくみ取ることが嫌いなようです。

なので、毎日ニュースや番組を見てイライラするなら、それは健康に悪いので考え直した方がいい。




 <02>見逃しているもの

人といるからイライラするのですが、人というのは時に、鏡になります。

つまり、相手のことを言っているようで、実は自分について指摘している時がある。

なぜそれが分からないかというと、分かりたくないことだからです。


自分自身が何かにフタをしている時、盲点が作られる。

それは見えにくいのですが、相手のこととなると、途端に見えやすくなるのだ。

人間がそういう風に作られているんです。


よくある例)

 あいつは調子に乗っている ⇔ 調子に乗りたい(得意になりたい)

 あいつは自分勝手だ ⇔ 自由にしたい。



もちろん、単なる指摘の時もあります。

しかし、誰にでも言うような時は、あやしいですね。

モヤモヤの奥に、何か隠れていそう。



こうなると、イライラにも疑問が生じてきます。


前に書いた例を見てみましょうか。


 すべきことをしない。
 → あれ? 自分はしてるかな?

 自覚がない。
 → 自分は足りてるかな? 分からないまま、やってないかな?

 分かってない。
 → 分かってるんだろうか? 分かってるつもりじゃないだろうか?

 八方美人。
 → そういうことがないと言えるかな? いい顔してないかな?

 優柔不断。
 → 決断力、あるだろうか? 決められてるかな?

 無神経。
 → あれ? 気を配れてるかな?

 TPOの意識が低い。
 → おかしなこと、してないかな?


ベクトルが反転すると、イライラしている暇がなくなってきます。




 <03>落ち着ける場所

学校や会社でイライラしても、家に帰って安らげれば、少しは回復するでしょう。

イライラがなくなるわけではないにしても、少しは安らげる。

それがないからイライラする、というのもありますが。


ないならないで、外に出るという方法も。

(いや、家出の話じゃないですよ)

 ・ 森林浴。
 ・ 鳥の声を聴く。
 ・ 温泉。

 ・ 音楽会やコンサート。
 ・ 動物との触れ合い。
 ・ お笑いイベント。

こういう落ち着ける場所を、意識して探すんですね。

(意識してない時、暴走族に入ってた、なんてことになりかねないから、注意が必要)




 <04>「そもそも」ということ。

例えば、「そもそも無理だ」ということもある。

埃一つも ゆるせず、イライラする。これは無理そう。少なくすることはできても、ゼロにするには無理がある。

過度の期待も、そもそも無理。

その人の限界を無視すると、不毛なことになりがちです。

それよりは、「他にできること」や「他の方法」を探した方がよさそう。


「そもそも子どもには無理だ」とか「そもそもお年寄りには無理だ」ということもある。

前にはやれたが今は無理、ということだってあるでしょう。

つまり、現実を見ずにイライラしていることがあります。



「そもそも」についても、ベクトルを内に向けると、どうなるでしょうか?

イライラは、「思うようにならない」とか、「満足できてない」とかに関係します。


中には、「なぜ、してくれないのか?」とイライラし、怒っている人もいる。

でも、それが解決したとしても、また次に、「なぜ、してくれないのか?」とイライラしだす。

いろんなことに、「なぜ、してくれないの?」と憤慨している。

それでいろいろ探していると、「そもそも」が出てきた。


そもそも満たされたことなど、無かったのだ。


私たちは多くのことを、忘れています。

特に、昔のことは、そうでしょう。

満たされたことも、満たされなかったことも、昔になればなるほど、忘れがちなんです。

つまり、それを忘れて イライラすることもあるんです。

こういう場合、時間と場所を超越して、イライラしているわけですね。

目の前のことは、ただのきっかけ。





いろいろ書いてきましたが、イライラについても、探してみると意外なものが出てくるようです。

その意外な何かに注目すると、イライラする暇はなくなりそうですね。


いや、それができれば、ですが。


また、思いつくことがあれば、書き足そうと思います。













[備考] イライラと反対のもの

 ・ 安心できる。
 ・ 信頼できる、信頼される。
 ・ 信じられる、信じられている。





tag : 心身の健康




web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ





【イライラとは?】 健康との関係 編 【01】


イライラするとは、どういうことなんだろう?

身体にどんな影響が出るんだろう?

何回かにわたって、イライラについて考えます。


前編。
 [1] イライラとは?
 [2] 健康との関係。




イライラとは? 健康との関係




イライラとは


エノキ
さあ、今回のテーマは何でしょうか?

ササミ
「イライラと健康との関係」について。






 Q : そもそも、イライラって何なの? どういう状態?


まず、辞書を引いてみましょう。

漢字だと、「苛苛」と書くようです。

同じ漢字が2つ並ぶと、まるでパンダの名前のようですね。

でも、イライラなんだから、そんなにかわいいものではありません。



[大辞泉]
思いどおりにならなかったり不快なことがあったりして、神経が高ぶるさま。いらだたしいさま。



[精選版 日本国語大辞典]
気がせくさま。もどかしくじれったい。心がいらだち、じりじりしている。また、人の性格が、いらだちやすく、せっかちである。




試しに「イライラ」をGoogle翻訳にかけてみると、「 Frustrated 」と出た。

フラストレーション、欲求不満ということでしょうか。

確かに、欲しいものを(あるいは、得られるはずのものを)得られないと、イライラしそうです。

 バスが来なくて、イライラする。
 宝くじがいつも当たらないので~
 病院でいつまでたっても名前が呼ばれないから~



他には、「irritated」がある。

(「irritate」=イライラさせる、怒らせる、じらす)



同じような感情でも、怒りというのは、割合 ハッキリしてますよね。

ところが、イライラとなると、ちょっと違ってくる。

悶々とした、何というか、ハッキリしないモヤモヤしたイメージがあります。

それがまとわりついてくる感じ。

もちろん、対象や原因がハッキリしていることはあります。

でも、それだけじゃないモヤモヤしたものが、ついて回って来る感じ。

何だか、落ち着きません。



イライラするには、相手がいります。

ベテランの漫才師さんなんかも、よくイライラ・エピソードを披露することがある。

食べ方が気に入らないとか、タバコを吸ってるのを見るだけでイライラするとか。

話し方がどうとか、食べる音がどうとか。

頂点に達すると、存在そのものが赦せなくなるようです。

ただ、それを話せる「今」があるというのは、峠を越したみたい。

笑い話になっています。



兄弟の間でとか、夫婦間でとか、イライラはペアの中で生じることが多いようですね。

関係ないなら切り捨てられますが、そうもいかないし。

傍にいる時間も多いし。それだけ目につきやすいし。


辞書の話に戻ると、イライラには「思い通りにならない」要素がありそう。

つまり、本当は何かしてほしい。なおしてほしい。

このへんについては、また後で触れます。


辞書を引いても、明確な状態というのは出てこないですね。

「いらいら」=「いらだたしいさま」とあって、
「いらだち」=「いらいらする気持ち」とある。

堂々巡りです。

どうもハッキリせず、モヤモヤする。

というか、イライラというのは本来、ハッキリせず、モヤモヤしたものなのでしょう。

明確な部分は、ほんの表層にすぎないのではないでしょうか。

 あの人の××にイライラする。

そう主張するにしても、もっと奥に何かあるような気がする。




健康との関係


ササミ
イライラするのが身体に悪いことは、なんとなく想像できますね。



 Q : イライラして腹を立てると、心身にどんな影響が出るの?


イライラすると、腹が立ってきます。つまり、怒る。

また、ストレスも溜まるでしょう。

その点に注目して、見ていきましょう。




 ・ 血圧や心拍数が上がる。
 ストレスに対処するための、人間に備わった本能的な反応です。「戦うか逃げるか反応(攻撃・逃避反応)」として知られる。本能的なものなので どうしようもない上に、血圧や心拍数は健康の基盤といえるものなので、影響が大きい。

 ・ 頭痛。
 ストレス → 自律神経がうまく機能しない → 筋肉が緊張 → 頭痛。
 また、悩みや心配事、心労 自体を、「頭が痛い」と表現する。

 ・胃痛など胃の不快感 。
 ストレス → 自律神経が乱れる → 胃酸の分泌をコントロールできない → 胃酸過多 → 胃痛。
 症状が胃に出やすい人と、そうでもない人と、両方がいる。

 ・ 不眠。
 イライラは眠るのを阻害するし、眠れないこと自体がストレスになるので、負のスパイラルに陥りやすい。睡眠は回復と関係するので、これが阻害されるのはよくない。

 ・ 過食や拒食(摂食障害)。
 代償行動として、食べることが使われることがある。ストレス発散で食べることもあれば、意識化されない心の重みが食べること(あるいは、食べないこと)に走らせることも。度合いが大きいと、命に関わります。

 ・ 心臓。
 ストレスによる交感神経の乱れは、心臓のリズムの乱れにもつながる。平易な例だと、緊張すると心拍数は上がる。短期間なら問題ないですが、長期にわたり心臓に負担がかかるのがよくないことは、誰にでも容易に理解できます。

 ・ 脳卒中。
 ストレスは心拍数や血圧を上げるし、ストレスホルモンまで増加させる。これが血管によいわけがない。

 ・ 免疫。
 ストレス → 副腎皮質ホルモンの分泌が増加 → 糖質コルチコイド(コルチゾール)の濃度が増加 →免疫機能が低下。(コルチゾールが多量に分泌された場合、海馬を委縮させることもある)

 ・ 慢性疲労。
 長い緊張状態が続けば、当然、疲労は蓄積する。

 ・ 頭髪。
 過度のストレスが、円形脱毛症を引き起こすことも。(誘因の一つ)



このように、いろいろよくないことが起こるようです。

それが重なれば、寿命が短くなる可能性だってある。

また、イライラにエネルギーが使われると、他のことがおろそかになる。



イライラすることは誰にだってありますから、それ自体は問題ありません。

怒ることも、ストレスも、同じ。(多少なら問題ない)

ただ、それが長期間にわたって続くのがよくないのです。




 <その他の悪い影響>

 ・ 不機嫌だと思われる。

 ・ 弱い立場の者が、顔色を窺うようになる。













次回は、対処する方法について。




[4月14日に思うこと]

ニュースやワイドショーを見ているとイライラするから、見るのをやめてしまった。

そういう人を、一時期、よく見かけました。

そんな人が何を見るのかというと、時代劇を見るそうです。


時代劇というと、最後は悪い奴が斬られます。

特に、よくない者が高位にいると、人々が苦しめられる。

ということは、よくない者が斬られていなくなると、正常化が始まります。

だんだんとよくなっていく。


でも、誰が――あるいは、何が――「よくないもの」なのか、よく考えねばなりません。

時代劇では みな天の視点を持っているので、誰がよくないのか ちゃんと理解できる。

でも、現実では 必ずしも そうではありません。

なので、よく見て、よく考えないと。


それはともかく、よくない存在に気づければ、しめたもの。

それを取り除ければ、よろしい結果に落ち着きそうです。

(よ~く見ないといけませんが)





tag : 心身の健康




web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ







プロフィール (Who is)

荒巻ケンコー

 

管理人 : 荒巻ケンコー

50歳代に突入し、健康の話題を口にすることが多くなりました。老眼が始まったり、白髪もチラホラ。筋肉痛は、2~3日遅れる。

老化は止められないけど、緩やかにしたい。できるだけ健康でいたい。できれば、生活を楽しみたい。そういう気持ちで、情報を集め、分かりやすく記録に残しています。

おいしい食材や簡単料理にも、興味あり。


過去の病気 : 腰痛(椎間板ヘルニア 手術暦あり)
現在の病気 : 花粉症。  

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【トロトロ煮卵】 作ってみました 【ゆで時間は6分20秒】 Jul 15, 2022
【夕方ペシャンコ】 前髪うねり解消 【スロイジ shucoさん Part2】 Jun 21, 2022
【ヨガ10】 イスのポーズ 【Utkatasana】 Jun 19, 2022
【シャンプーの基本】 アホ毛を押さえる方法 【スロイジ shucoさん Part1】 Jun 16, 2022
【ブロッコリー】 新鮮復活方法 【茎も焼くとおいしい】 Jun 14, 2022
タグ リスト
  

 

  
食べ物   
      
認知症   
  
肩こり   
  
胃腸   
  
睡眠   
 
高血圧   
 
   
     
眼科   
 
糖尿病   
 
掃除   
 
便秘   
 
冷え性   
 
長寿   
 
脳卒中   
  
心臓   
 
肝臓   
   
栄養素   
 
頭痛   
 
美容   
 
ヨガ   
 
癒し   
 
花粉症   
  
皮膚科   
 
熱中症   
 
腎臓病   
 
目次   
 
がん   
   
   
  
バトン   
 
かゆみ   
 
下痢   
  
痛風   
 
Diet7   
      
洗濯   
 
更年期   
 
お茶   
 
   
 
   
  
   
  
弁当   
   
運動   
  

カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム Google

↑ 記事が見つからない時、こちらをどうぞ。
Google
注目記事 [1]
注目記事 [2]
忍者

注目記事 [3]
食べ物の記事
注目記事 [4]
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
FC2拍手ランキング
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター


QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村