【夏の病気】 ラクナ梗塞と腎臓病 【予防は水分補給】/ゲンキの時間


熱中症と間違えやすい、2つの病気。


<脳梗塞>

死亡率が上がる温度は?

流しそうめんで分かる、メカニズム。

脱水で赤血球が凝集塊となり、血管を詰まらせてしまう。

ラクナ梗塞の特徴。


<腎臓病>

脱水から、急性腎障害や腎結石に。

頻尿からくる、負のスパイラル。


「脱水の目安」と「予防のポイント」。

トイレとの関係。



ドクネット:東京慈恵会医科大学附属病院 腎臓・高血圧内科 横尾隆 主任教授。

ゲンキスチューデント:滝裕可里。

ゲンキリサーチャー:木本武宏(TKO)。



2017年7月23日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「熱中症と間違えやすい2大病」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 夏の2大病 脳梗塞と腎臓病




脳梗塞


ササミ
暑い日に気をつけたいのが、「熱中症」です。

でも、夏の病気は、熱中症だけじゃないようですよ。


「めまい」「吐き気」「倦怠感」「しびれ」

そんな時、熱中症だと自己診断すると、危険かも。

夏特有の2大病である可能性が!



その一つが、「脳梗塞」です。



まずは、恒例の基礎クイズから。


Q)脳梗塞による死亡率は、気温が〇〇℃を超えると、急上昇します。その温度は、次のうちどれでしょう?

 A:28℃。

 B:30℃。

 C:32℃。











答えは、「C:32℃」

海外のある研究では、死亡率が最も低かった「27~29℃」に比べ、「32℃」では 66%も高くなっていました。

暑い日は、注意が必要なようです。




夏特有の脳梗塞とは、いったい、どんなものなんでしょう?


東海大学 医学部 神経内科学の 瀧澤俊也 先生に、教えていただきます。


先生は5年前、50代男性を診察しました。

夏の暑い時期、最初に感じた違和感は、「めまい」「ふらつき」という、熱中症に似た症状だったらしい。


まだ暑さが残る9月上旬のこと。

当時53歳だったAさんは、仕事で外回りをしている最中、突然、めまいとふらつきを感じたのだそう。

「軽い熱中症にでも、かかったのかな?」

そう思ったAさんは、そのまま放置。

ところが、翌朝、顔を洗っていると、左手に軽いしびれを感じました。

何かおかしいと思ったAさんは、会社を休み、病院へ。

そこで判明した病名は、「脳梗塞」でした。


脳梗塞とは、高血圧や動脈硬化などによる血栓などが原因で、血管が詰まり、脳の神経細胞が死んでしまう病気のこと。

寝たきりや後遺症による長期のリハビリを強いられたり、一歩間違えば死に至るケースもある、危険な病気です。

脳梗塞は血圧の上がりやすい冬に多いと思われがちですが、最も多いのは、「6~8月」なのだ。


夏に多い脳梗塞



脳梗塞が夏に多い理由は、何なのでしょう?


その答えを解説するために向かったのは、東京都は板橋区にある「斉藤商店」。

明治22年創業の、老舗竹材店です。

竹で作った花瓶やザルなど、様々な商品が並んでいる。

中でも、「棕櫚箒(しゅろほうき)」が、おススメなのだとか。


今回の目的は、「流しそうめん」

でも、流しそうめんと脳梗塞が、どう関係するんだろう?


水の流れをゆるくし、スピードダウンさせると、そうめんはなかなか流れてきません。

実はこれ、「脱水状態の血管の中」を表現しものなのだ。


 竹=血管

 水=血液

 そうめん=赤血球


人間の身体の中は、何も問題がなければ、流しそうめんのように、赤血球を含んだ血液が、スムーズに流れています。

脱水状態になると、身体の水分が減ってしまうのですが、そのほとんどが、血液の水分なんですね。

すると、水を減らしスピードが遅くなった そうめんのような、ドロドロ血液になってしまうんです。


脱水状態になると、赤血球が固まり、「凝集塊(ぎょうしゅうかい)」を作ってしまう。

そうすると、血管の狭いところで引っかかってしまい、血液が流れなくなってしまうのだ。

結果、脳梗塞に。


夏特有の脳梗塞。

その主な原因は、「脱水」だったんですね。


脱水状態になると、時には、赤血球が固まる「凝集塊」ができてしまい、これが血管に詰まり、脳梗塞になってしまうことがあるんです。


先ほど紹介したAさんも、実は、大量の汗をかいていたにもかかわらず、仕事後 おいしくお酒を飲むために、水分を摂らずに過ごしていたのだそう。

結果、脱水状態になり、脳梗塞を発症してしまいました。



脳梗塞といっても、その要因は1つではありません。

中でも、熱中症のような症状になるものがあるのだそう。


熱中症のような症状になるのは、「ラクナ梗塞」と呼ばれるもの。

脳へ入っていく細い糸のような血管が、凝集塊などで詰まる、脳梗塞です。


一方、ラクナ梗塞ではない太い血管が詰まる脳梗塞では、周りにある多くの神経細胞が死んでしまうため、半身麻痺や意識障害、ろれつが回らない等、大きな症状が出ます。


細い血管が詰まるラクナ梗塞は、死んでしまう神経細胞が少ないため、熱中症のような小さな症状しか出ない場合があるんですね。


ただし、小さな梗塞だからといって放置するのは、危険です。

やがて、手足の麻痺が起こって、歩けなくなる可能性も。

非常に危険なことになるケースも、中にはあるんです。


決して侮ることのできない、ラクナ梗塞。

夏の脱水には、気をつけましょう。




脱水の目安


ササミ
脱水状態がいかに危険か、分かりました。

でも、自分ではなかなか気づけない場合もありますよね。


そんな時は、こんな方法を。

実は、ある程度、普段の症状で知ることができるのだ。



<脱水の目安>


(体重を基準にした場合の、水分損失割合)


 約2%=軽度。

 約5%=中等度。

 約7%以上=高度。



脱水の目安



[軽度の脱水]

約2%の水分損失。

症状は、のどの渇き、だるさ


[中等度の脱水]

約5%の水分損失。

症状は、口の中が乾きネバネバする、尿量が少なすぎる等。


中等度の時の血管内は、水を一番減らした流しそうめんと同じ状態だという。


[高度の脱水]

約7%以上の水分損失。

症状は、意識朦朧、血圧低下


この状態は、脳梗塞だけではなく、様々な要因で命の危険があるので、注意が必要です。



水分、ちゃんと摂れてますか?

1日の水分摂取量は「1.5リットル以上」が理想です。



<脱水予防の3つのポイント>


(1) 就寝前に、コップ1杯の水を飲む。

(2) お酒の飲み過ぎは避ける。

(3) 汗をかいた場合は、しっかりと水を飲む。





腎臓病


ササミ
夏特有の、2大病。

もう一つの病気とは?



[体験談]


45歳男性、Bさん。

現在は回復し、通常の生活を送っていますが、2年前の6月に突然、ある病気に襲われました。


Bさんの趣味は、マラソン。

当時、出場を予定していた大会があり、楽しみにしていました。

ところが、大会の2~3日前に、風邪気味の症状になってしまった。


マラソン大会に出場するため、Bさんは布団にくるまり、たくさんの汗を出して治そうとしたのだそう。

そのかいあってか、大会当日、熱は下がり、体調も問題なさそうだったので、出場することに。


参加したのは、5kmマラソン。

その時は、「このくらいの距離なら、病み上がりでも問題ないだろう」と思っていたそうです。


ところが、ラスト1kmぐらいの地点で、異変が。

スピードを上げようと思ったら、フラフラっと、ぼ~っとした感じになった。

けれど、「軽い熱中症かな?」と思い、あまり気にしないで、ゴールを目指して走ることに。


結局、Bさんはゴール手前で倒れ、救急車で病院に搬送されました。

気づいたらベッドの上だったといいます。


医師から告げられた病名は、「急性腎障害」でした。


夏特有の2大病。

2つ目は、「腎臓病」


東京都は港区にある、東京慈恵会医科大学附属病院。

腎臓・高血圧内科の 横尾隆 主任教授に、教えていただきます。


腎臓は、特に夏の暑い日に患いやすい臓器なのだそう。


そんな腎臓を理解するため、「人工透析器」を見せてもらうことになりました。

腎臓が働かなくなった患者さんの血液をきれいにする機械です。

筒状の部分が、腎臓の役割を果たしている。


今回は、牛乳を血液に見立てて、透析器にかけます。

すると、透明な液体が出てきた。

飲んでみると、確かに牛乳です。


実は、腎臓の働きをする部分には、細かな管が詰まってるんですね。

その管には、1ナノ程度の無数の穴が開いているのだ。(1ナノ=100万分の1ミリ)


この管を通ると、牛乳を白くしている たんぱく質や乳脂肪分などが、取り除かれるんです。

結果、味の成分だけを残した、透明な液体が出てくるってわけ。


人工透析器に牛乳を


本来の腎臓で、これと同じ役割を果たしているのが、「糸球体(しきゅうたい)」です。

これは、毛糸玉のようなに丸まった、毛細血管。

糸球体を通る血液が ろ過され、老廃物や余分な水分が、尿になります。



夏に腎臓病が多くなる理由も、実は「脱水」なんです。


脱水状態になると、血液量が減り、血圧も低下。

血圧が下がると、糸球体部分に当たる圧力も下がるので、老廃物が通過することができなくなり、尿毒素として、体内に溜まってしまうのです。


 脱水 → 血液量減 → 血圧低下 → ろ過する力が弱まり → 老廃物がたまってしまう。


この尿毒素が急に溜まった状態が、「急性腎障害」と呼ばれる状態。


マラソン中に倒れたBさんも、これでした。

布団をかぶって、汗をかいて治そうとした時、水分補給をしてなかったのだそう。

水分を摂らなかったため、脱水状態が続いていたんですね。




大きさによっては失神するほどの痛みが出るという、「腎結石」

地獄の苦しみと形容されることもあるそうな。

脱水によって、腎結石ができてしまうことがあるそうです。


脱水状態になり、体内の水分量が減ってしまうと、老廃物の量は変わらないまま水分が減るため、尿は濃くなります。

すると、腎臓の中で、カルシウムと老廃物のシュウ酸などが結合しやすくなり、腎結石ができてしまうのだ。

この結石が大きくなったり、尿管に詰まると、あの激痛が生じてしまう。



尿が濃くないから安心というわけでも、ないそうです。

そこには、頻尿が大きく関係している可能性が。


実は、腎臓は、体内の水分量を調整する働きもあるんです。

それが、「尿細管」と呼ばれる場所。

(水分量を調節する=尿の濃度を調整する)

この尿細管という部分が衰えてしまうと、頻尿に。


頻尿になってしまうと、尿を濃くできず、必要な水分も排出されるため、夜トイレに行く回数が増えてしまうんです。

原因は主に、加齢によるもの。


そして、夏の暑い日に、この頻尿状態を軽く見ている人が、一番危険だという。


これは腎臓だけではなく、他の病気につながる可能性も。

頻尿が引き起こす、もう一つの病気とは?


加齢などが原因で頻尿になると、夜トイレに行くのを避けるため、就寝前に水を飲まないで寝てしまいます。

しかし、尿細管の機能は低下しているので、夜中にトイレへ。

そしてまた、水分を摂らずに就寝。

さらには、夏の夜は気温が高いため、大量の寝汗を書きながら寝続けることに。

この状態を繰り返すことで、脱水状態になり、血液はドロドロ。

すると、前述のとおり、腎臓に老廃物が溜まり、腎臓の病気になりやすくなってしまいます。


そして、この状態からなりやすい、もう一つの病気がある。

それが、「脳梗塞」

夏の明け方は、一番脳梗塞を起こしやすいのだそう。


頻尿のみで命の危険はありませんが、脳梗塞になったら、話は別です。

命を守るためにも、水分を摂るよう、心掛けましょう。
 



ドクネット


引き続き、東京慈恵会医科大学附属病院 腎臓・高血圧内科の 横尾隆 主任教授に、教えていただきます。



<頻尿の目安は?>


人によって異なるので、一概には言えないのですが、一般的にはこう言われている。

1日のトイレの回数が7回程度なら、正常。

8回以上なら、少し頻尿を疑った方がよいかもしれません、とのこと。




<脱水セルフチェック>


起きた時の体重が、夜寝る前よりも、「0.5kg以上減っている」場合は、脱水の可能性あり。




人間は、1時間に2リットルまで汗をかくことができるのだとか。

外で作業をするとか、スポーツをした時に、(500mlの)ペットボトル2本くらい飲んで、十分水分は足りていると勘違いしている人もいるようですが、実は、全然足りていないというケースも。

それを見分けるためには、調子が悪いなと思った時に、体重をはかり、水分をしっかり摂っているはずなのに体重が減っていたら、その分の水分を補給した方がよいとのこと。



まだまだ暑い日が続きそうです。

脱水に気をつけ、しっかり水分補給しましょう!





イラストでやさしく解説! 「脱水症」と「経口補水液」のすべてがわかる本






[関係する記事]

 → 【夏の病気】脳梗塞と痛風 原因は脱水

 → 【隠れ熱中症】体験談&エアコン嫌い対策

 → 【食中毒】 BBQの注意点&ニラとスイセンの見分け方

 → 「尿の色 泡立ち トイレ回数 腎臓病チェックリスト」




関連記事




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間 動脈硬化 腎臓病


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ


健康と医療ランキング




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【体力作り だまトレ】 脳ポリスを騙せ/ゲンキの時間 Oct 15, 2017
【薬の使い過ぎによる頭痛】 チェックと予防、対策/きょうの健康 Oct 11, 2017
【疲れ目】 スマホで眼精疲労、うつに/ゲンキの時間 Oct 08, 2017
【高血圧サージ】 ベルト スリッパ 深呼吸で予防/ガッテン Oct 05, 2017
【咳】診断チャート&大人の喘息 治療法/ゲンキの時間 Oct 01, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村