【血管若返り】 NOを増やす運動と食事/ゲンキの時間


今回のテーマは、「血管」について。


<簡単に血管年齢を知る方法>

前屈するだけで、おおよそが分かる。


<老ける原因>

 ・運動不足。
 ・食生活の乱れ。
 ・ストレス。
 ・睡眠不足。


<若返らせる方法>

キーワードは、「NO(一酸化窒素)」。


[運動]

 ・かかとの上げ下げ。
 ・いばったポーズ。
 ・Oh! No! のポーズ。


[食事]

 ・野菜を先に食べる。
 ・ところてんと、タマネギの効果。



ドクネット:東京医科大学病院 高沢謙二 健診予防医学センター長。

ゲンキリサーチャー:深沢邦之。



2016年9月4日放送の「健康カプセル! ゲンキの時間」より、「~ 血管老化は万病のもと! ~ 血管年齢若返り大作戦」「血管若返り物質“NO”の秘密」からのメモ書きです。




ゲンキの時間 血管若返りのカギはNO




血管年齢


ササミ
いきなりですが、この画像、何だか分かりますか?


血管の断面


実はこれ、血管の断面の画像なんです。

ずいぶん、詰まってますね~。

黄色っぽいのは、「プラーク」と呼ばれる血管内に溜まった脂肪。


プラークは、血液の流れを妨げます。

つまり、血管を詰まらせる。

放っておくと、脳梗塞や心筋梗塞など、取り返しのつかない病気を引き起こす可能性も。


それを防ぐには、血管を若返らせる必要がある。


でも、どうしたら、いいのだろう?


というわけで、今回は、「血管年齢、若返り大作戦」

そのカギは、「NO」だという。

それを増やす方法を、学んでいきましょう。



まずは、ゲンキリサーチャーの深沢さんが、血管年齢が若いというお嬢さん方を訪問。

向かったのは、千葉県は南房総市だ。

白浜地区というところ。

目の前には、海が広がっています。


訪ねたのは、海女(あま)さんたち。

ベテランの方が多いようで、リーダーさんの年齢は、81歳。

貫禄があります。もちろん、現役ですよ。

でも、血管推定年齢はというと、29歳!

(測定した機器は、「加速度脈波 SDP-100」)


他のみなさんも、実年齢より血管年齢が若い人が続出。

平均すると、血管年齢は 10歳も若かったのだ。

驚きです。



そんな海女さんたちの血管年齢に注目し、調査を進めてきたのが、茨城県つくば市にある、産業技術総合研究所。

担当したという、人間情報研究部門の 菅原順 主任に、お話を伺いました。

「個人差は非常に大きかったんですが、中には、実年齢が65歳前後で、19歳という血管年齢という結果を出した方も、いらっしゃいました」


これは、すごいですね。




血管年齢について詳しく知るため、その分野の権威をを訪問。

東京医科大学病院 健診予防医学センター長の、高沢謙二 先生です。


血管はやはり、やわらかい方がいいようです。

硬いと、血圧が上がったり、破れやすくなる。


高沢先生は、血管の硬さの目安となるサンプルを、見せてくれました。

指でつまむと、ハッキリ分かります。

硬さが、全然違う。


血管の硬さサンプル


やわらかく柔軟性のある血管は、曲げたりしても、壊れません。

しかし、硬い血管だと、力に弱い。

血管が傷つき、外側に血液が漏れてしまうと、脳出血になる可能性が。

内側が傷つき、血小板が集まれば、脳梗塞や心筋梗塞になる可能性も。


「血管が硬い」=「老いている」ということなんです。


血管の内側には、知覚神経がありません。

なので、プラークができたり、血管が老けても、自覚症状は出ないんです。

ここが、厄介なところ。



では、自分で血管年齢を知る方法は、ないのでしょうか?


高沢先生が、いい方法を教えてくれましたよ。

なんと、「前屈するだけで分かる」のだという。

身体が硬い人ほど、血管年齢が高い


血管年齢を知る方法


理由を、高沢先生が説明してくれました。


身体が硬い人は、普段から、あまり身体を動かしていないことが多い。

すると、血流が滞って、血管が硬くなりがちなのです。



<血管年齢が老ける原因>

 ・運動不足。

 ・食生活の乱れ。

 ・ストレス。

 ・睡眠不足。



ストレスも、大きな原因の一つ。

ストレスで血管が縮む → 血圧が上がる → 内皮に傷がつく → 修復しようとして硬くなる。

これを繰り返すと、コレステロール値が高くなくても、血管が老化してしまうそうです。




ドクネット


引き続き、東京医科大学病院の 高沢謙二 先生に、教えていただきます。


なかなか避けることが難しいストレスですが、どう対処すればいいのでしょう?


先生の答えは、こう。

「大事なことは、ストレスを引っ張りすぎないこと」

「ストレスを受けた時は、早めに寝る」

「寝ると、副交感神経の働きで、血管が開きますから、リラックスできます」

「それから、大いに笑うといいんですね」

「笑うと、アセチルコリンが出て、血管を開いてくれます」



<ストレスの対処法>

 ・早めに寝る。

 ・大いに笑う。







実は、MCのお三人さんは、2年前に、血管年齢を測定しています。

さて、それが今、どうなっているか、再測定の機会が。


<血管年齢:2年前 → 今>


 渡辺満里奈さん:52歳 → 48歳。

 英玲奈さん:20歳以下 → 37歳。

 三宅裕司さん:68歳 → 51歳。


満里奈さんと英玲奈さんですが、実年齢より プラス5歳以下だったので、誤差の範囲内だとのこと。

年齢相応という判定です。


三宅裕司さんは実年齢65歳ですから、血管年齢がかなり若い。

この原因を、高沢先生はこう分析しています。

体重を落としたことで、血管周囲の負担が取れたのではないか?

悪玉コレステロールなどの沈着も減ったのだろう。

しなやかな血管になっているので、ぜひ、これを持続してほしい。




血管を若返らせる運動


ササミ
さて、ここからは、血管を若返らせる方法です。

できれば、簡単な方法がいいですね。



今、注目のキーワードが、「NO」

「一酸化窒素」のことですね。


車の排ガスなど、環境や身体に悪いイメージのある一酸化窒素ですが、身体の中で生成されるものは、血管にいい働きをするのだという。

血管を開いて、やわらかくする作用がある。


一酸化窒素「NO」は、血管の内側で作られる物質。

血流が増えると分泌され、血管を開いたり、やわらかくしたりするんです。


実は、海女さんたちも、「潜水によって、NOが増えたのではないか」と考えられている。

海女さんたちは、深いところで 20メートルも潜ります。

すると、当然、水圧がかかりますよね。

その水圧が、心臓を通常よりも大きく伸縮させるんです。

結果、1回で送り出される血液量が増える。

その分、NOが増加し、血管が広がって、やわらかくなり、血管年齢が若くなるのではないかと。



ここからが肝心です。

高沢先生が、NOを増やす方法を、教えてくれました。



<高沢式 血管若返り法>


[下半身]

 ・かかとを、上げ下げする。

(転倒に注意して行ってください)


[上半身]

 ・いばったポーズ。

腕を組んだ状態で、上下に動かす。


 ・Oh! No! のポーズ。

腕を開いて、肘をひき、肩を上げ下げする。

肩甲骨が動いているのを、意識しましょう。



この上半身と かかとの動きを、一緒に行います。

回数の目安は、「いばったポーズ」と「Oh! No! のポーズ」を、朝晩それぞれ、10回ずつ。



血管若返り運動


下半身では、かかとの上げ下げがポンプの役割をして、血液を上にあげてくれます。


この運動で、血流がよくなる。

血流がよくなると、内皮が刺激されて、NOが出てくる。

NOが血管を開いてくれるので、血管がさらに、しなやかに。
 



血管にいい食事


ササミ
続いては、血管年齢を若返らせる食事です。


ポイントは簡単、「食事の際、野菜を最初に食べる」


食物繊維が、先に腸の中に入ることになります。

これにより、脂肪や糖の吸収を、抑えてくれるのだ。

また、血糖値が急に上がるのも、防いでくれます。



実は、海女さんたちが食べている「ところてん」にも、同じ効果が。

水溶性の食物繊維が多いため、摂り過ぎた糖や脂肪を排出して、血管へのダメージを少なくしてくれるんです。



高沢先生のおススメは、「タマネギ」

ただし、食べ方に、コツがあります。

食べる30分前に、タマネギを切っておく

タマネギを切って、しばらくそのままにしておくと、成分が化学反応を起こして、セパエンなどの物質が作られる。

セパエン類は、血液の凝固を抑える働きなどがあるのだ。


切って30分も待てないという人は、「電子レンジで 15秒 温めるとよい」

これで、30分放置したと同様な効果が、あるそうです。





血管年齢の改善は、継続が大事

リバウンドすると、かえってコレステロール値が急に高くなって、たいへんなことに。

無理なく、自分に合った方法を、続けるようにしましょう。





「やわらかい血管」で病気にならない 血管博士が教える体の中からよみがえる方法 ((SB新書))



100歳まで切れない詰まらないタフな血管をつくる! (血管のアンチエイジングが寿命を決める)






[関係する記事]

 → 【夏の病気】脳梗塞と痛風 原因は脱水
 → 【毛細血管】ゴースト化を防ぎ増やす方法は、スキップ

 → 「血管に肺、若返りストレッチ」
 → 「糖尿病 食べる順番と血糖値」




関連記事




tag : 健康カプセル!ゲンキの時間 脳卒中 動脈硬化


<スポンサードリンク>



web拍手 by FC2

にほんブログ村 健康ブログへ


健康と医療ランキング




FC2カウンター

 RSSリーダーで購読する

 メールで購読する



アーカイブ
 ためしてガッテンの
 アーカイブ 過去記事


 → 2011年 前半
 → 2011年 後半

 → 2012年 1月~3月
 → 2012年 4月~7月
 → 2012年 8月~12月

 → 2013年 1月~3月
 → 2013年 4月~6月

 → 食べ物・料理

 [全記事表示]

にほんブログ村 にほんブログ村へ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

荒巻ケンコー

Author:荒巻ケンコー
カラダを労わるためのメモ帳。

栄養管理でメタボは脱出。
できるところから、他もメンテナンス。

最新記事一覧(サムネイル画像付き)
【体力作り だまトレ】 脳ポリスを騙せ/ゲンキの時間 Oct 15, 2017
【薬の使い過ぎによる頭痛】 チェックと予防、対策/きょうの健康 Oct 11, 2017
【疲れ目】 スマホで眼精疲労、うつに/ゲンキの時間 Oct 08, 2017
【高血圧サージ】 ベルト スリッパ 深呼吸で予防/ガッテン Oct 05, 2017
【咳】診断チャート&大人の喘息 治療法/ゲンキの時間 Oct 01, 2017
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
忍者

検索フォーム Google

記事内検索フォーム。
Google
注目記事
注目記事
忍者

注目記事
広告
食べ物の記事
健康の新常識
ダイエット 痩身
検索フォーム FC2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Flashゲーム&占いおみくじ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
にほんブログ村